FC2ブログ

日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


まいにち帝王学:成果を作るポイントを探究する

今年度お役目をいただいておりました藤枝市保育協会研修会 

4回シリーズの最終回、主任・主幹教諭研修

「職員間のコミュニケーションを高めるには」を担当してきました。


新人研修の様子・ドキッとする感想の共有から苦笑いをしつつ、

中堅保育者研修での保護者とのかかわり方の振り返りを踏まえて

園内の保護者とのコミュニケーションの

多様な関係性を尊重する大切さを実感する場面も。


主任の皆さんからの事前アンケートや

リクエストを踏まえての共有の時間では、

「人間だもの」Byあいだみつを、な人間関係のさまざまはお話に

グループ内での語り合いにも力が入っていきました。


悩ましい雰囲気が深まってきたので・・・

最後は腕ずもうから気付きを得るワークにて、笑いとともに終了。


みなさんの明日につながる一歩になりますように!


202001141.jpg

まいにち帝王学は、こちら!


 * * * * *


成果を作るポイントを探求する


成果を作り出すポイントを探求すること。

成功するために何か特別なことをやる必要はない。

シンプルなそれに気がつけるかどうかだ。


成果を作り出していくポイントは、

往々にしてシンプルである。


凡人はそのシンプルさ故に大切だと認識できず、

積み重ねることもしない。


 * * * * *


成果を作るポイント・・・

・・・って、何でしょう。


何が成果なのかはわかりませんが、

大切にしているのは本質を探究し続けることです。


禅問答のようですが、

「悟った!」と思った時にはもうそれは悟りではないという、

つねに悟りを目指して問、向き合い続ける姿勢によって

悟りに近づいていくーーーというあの感覚に近いと感じています。


保育も、人も、奥が深い。


だからこそ、分かった気にならず

つねに学び続ける姿勢が大切だと感じています。


  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト




まいにち帝王学:断られても諦めない

今日は妹と、バスに乗って「カフェ7つの海」へ・・・
と思いきや、バスが行ってしまったので♨

久々に懐かしの高校のある向陽の坂を、
往復歩いてきました。

202001052.jpg

着いたら、やはり絶景ですね♪
こちらの七つの海さんは、私がこの景色にほれ込んでマスターに相談し
ミニコミ紙LOVEあばしりにも広告を出していただいております。

ぜひぜひ足を運んでみてくださいね♥

202001051.jpg

妹と話していて、
「趣味がない」という人の意味が理解できないよね・・・?
~というお話。

私たちなら、時間があったら好きなアーティストの動画を見たり
漫画読んだり(読みたいのはまだまだ山のように)
LOVEあばしりのことを考えたり根回ししたり
(妹はビーズでアクセサリーを作るのが好き)
時間が足りないくらいなのに・・・と。

趣味って、小さい時に好きだったことの延長線上にあるので
暇になったからと言って急に取り出せるものではなく
日々を丁寧に自分のすきを大切にしていく中で
育んでいくものなのではないかというお話になりました。

時間が足りな過ぎて悩ましい感じですが、
やはり趣味や好きなことというのは大切ですね!

まいにち帝王学は、こちら!

 * * * * *


断られても諦めない


想いをわかちあったとしても

上手くいかないことがほとんどだ。


1回や10回や100回程度断られて、

諦めてしまうのは凡人である。

どれだけ批判されようが無視されようが、

何千回も何万回も想いをわかちあい続けていくこと。


するとある時突然、才能が開花し、

世の中で活躍できるようになる。


 * * * * *


断られるのが怖いーーー


というのは、ずっと感じています。


そんなわけで、個人事業主になった最初のころは

自分でイベントを立ち上げても 

チラシを配るのも怖かったですし
声をかけるのもイベントページを立ち上げるのも、

招待をかけるのもすべてが怖かった。


断られると自分の存在を世の中から否定されたような気持になるから。


ですが、うだうだしながら結局

自分の立ち上げた企画になかなか人がきてくださらないと

ショボーンとして、がっかりして、

無力感に苛まれます。


そして、

「もっと声かけ、行動を起こしておけばよかった・・・!!」

~と、悔し泣きをすることを

何度繰り返したか、思い出せません。


そんな屈辱感と怖さとのはざまで

苦しくて動けなくて気絶していた時期もありました。


が。

そんなことしている暇があったら行動せい!!

~というセルフ突っ込みを入れるようになり。


「ふん。スルーされたって死ぬわけじゃないわ。」

・・・とだんだん、たくましくなっていくんですね(笑)


大切なのは、スルーする人ではなく、

必要としている人のもとに情報が届くこと。


その光だけを目指して、

ひたすら恐怖と向き合いながら行動を重ねていくと
忘れたころに人につながり始めたり、

蓄積の上にご縁が重なって信頼になってきたりーーー。


企画している飲み会も、

毎回80人くらいの方にメッセージを送ってますし
(時間の許す限り。

 その時はタイミングが合わなくても、

 近況のやり取りが知れたりして心が通うきっかけになったりもします。


 考えてみたら織田信長もいろんな方にまめにお手紙を書いていましたし、

 やっぱりまめなやり取りって大切だなと感じる今日この頃)


イベント系も打てる手をすべて打つにはどうしたらいいかと考え
その人手をいかに確保し工夫していくかを考え。


LOVEあばしりの企画では、コアメンバーでそれを分担しながら

ワイワイ進めております。


陰陽五行論塾に行くようになって目からうろこだったのは、

「傷つくことを許可しているのは、自分」であるということ。


断られたり、スルーされたりしても

「傷つく」ことを許可しなければいいだけの話なのです。


そのあたり、大切にしたいことを真ん中に据え

どうでもいいことには鉄のハートで向き合っていけるといいですね♪

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:人生にはアップダウンがある

 昨夜の雨が上がり、晴れ渡った空の下 清々しい空気が広がっております。


201912271.jpg


今日が仕事納めの機関も多いのではないでしょうか。

みなさま、一年間お疲れ様でした💐


12月はマネジメント研修を中心に 
プログラムを元に場とともに深め気付き合う時間でしたが
年明け以降は 新たなご相談やチャレンジのお話もちらほらあり

そこへ向けて、レジュメ等の作成に取り組んでいきたいところです。


場を作るエネルギーと、

プログラムを創るのに使うエネルギーは少し違いますね。


頭を切り替えて、取り組んでいきたいと思います♬


 * * * * *


人生にはアップダウンがある

人には執着があり

一度登った山の頂上から降りようとしないものである。


しかし人生にはアップダウンがある。

目先の変化に動じずにどっしりと構えることだ。


頂上に近づいたら次は下りだと身を引き締めること。


下っているときは落ちぶれているとは思わずに、

新たな高みに登るためのステップだと受け入れることである。


 * * * * *


「諸行無常」を詠う平家物語の一節の美しい響きに
うっとりしつつ・・・

(かつてUPしたこんなものがありました)
儚い栄華への教訓も感じさせていただくあの一節が大好きです。


一度登った山・・・
という表現をしたときに、たとえば

施設長をやらせていただいた後

退職して引っ越しをし、名前が変わった時期。

ある人に「捨てることに、怖さはなかったんですか?」

と尋ねられたことがありました。


全然。もしかしたら周囲からは華やかに見えたかもしれませんが

苦悩の連続の中で必死でLOVEあばしりも研修依頼も

自主開催の講座も(集客も)行っており

あれが、自分にとっての限界だったので。

「ああ、これ以上やると、どこか切れそうだな」

という危険な気配を感じていました。

とはいえ、また別の幸せ:生活基盤の安定とは裏腹に

実際に「自分は誰なんだろう」という感覚を味わい

体重がどんどん増えて空回りをしながら模索をしている時期は

自己嫌悪に陥りまくりで暗闇を手探りするような感覚がありました。


今思うと、その時期にいろいろな昔の仲間にご縁のつなぎ直しがあり

(二度の結婚式で、さまざまな仲間と連絡を取りまくる中で)

ラブリーさん(ファンクラブコンサルタントの中村悦子さん)に相談に乗ってもらい

HPのリニューアルとうめちゃんねるの構想を温めて行ったり。


これまでは自分一人でてんてこ舞いになりながら

「進まない…!」とやってきた事業を

元事務長に相談する中で棚卸しを手伝ってもらい、

人にお願いする方向で仕組みづくりができるようになったのも大きかったです。


周囲からどう見えるか、はどうでもいいのでしょうね。


日常の中にある豊かさを大切に、

自分にとって、今大切なことは何か。

本質を見つめて コツコツと向き合っていくことを重ねていきたいですね。




  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:何も起きないことが幸せ

昨日は、2019年最後となる
12月の陰陽五行論塾に参加してきました。


<印象に残った言葉たちを、シェア>
・親が子どもにできることは、衣食住と環境だけ。
 ~孟母三遷。
 不完全な親がかかわるほどに、子どもの可能性をつぶしてしまう
・子どもにとって困難なこと:親はつらいが、起きれば起きるほど運気が伸びていく~心のケアをしっかりして、自立を支えていく
・本人の課題:問題を解決してはいけない。
 私たちにできることは、感情に寄り添うことだけ。
・異常性ーー天才性
・不信の業をお持ちの方は、「真じる」こと。
・条件を超えた人間関係を作る。分かったうえで、切り込むこと。「一緒に乗り越えましょう」「私たちにできる最善を尽くしましょう」
・「わがまま」?「自ら感じるままに生きる」の違いは?
~ただ手を抜いていると、代償を払う。
調子を合わせることをしなくてもいい。今ある目の前の環境に一生懸命に生きる。
・やりたいことをやるために、生きる力をつける。力をつけたほうが、生きやすい。
 勉強する?→生きやすいから!
若いうちは、学歴がアドバンテージになる。食べ物・人・書物・・・本物に触れる体験をして、見る目を肥やしていくこと。
・「道徳を忘れた財は、罪悪だ。経済のない道徳は、寝言だ。」By二宮金次郎 目の前の仕組みに、ちゃんと適応しなさい!
・環境や状況がどうかではない。自分がどうか?
・「意味が分からない、意味が分かったらーーー」と言っている人は、一生やらない。やりながら、意味を見出すもの。
 生きていることそのものに意味がある。とにかく目の前のことを一生懸命にやること!
・自分は傷ついた、ということを直視する。
 この人でなくちゃ・・・は執着であり、虚構である。
 感情に触れると痛い。ーーーただ、その事象が起こっているだけかもしれない。
 禁止令はみんな、破りたい。
・条件で選ぶと、条件でさえも壊れてしまう
・理由なんてない。ただ、縁があるだけ。
 意味はない。ただ、その体験が必要だった。
・自分が傷つくことを味わう暇がある。
 不平不満を言う人(暇がある)、言わない人(やること・できることがある)ーーーやることをやるだけ!
・事実は一つ、けれども人によってちがう真実と真実を突き付け合うと、ぶつかってしまう
 ~この捉え方で苦しいなら、どの捉え方?やりながら見つけていく
・未来のことを扱わない。いま、ドシッとする。
・我欲・エゴ・・・持った瞬間に、自分が苦しい。
・自分の偏ったものの見方を変えると、結果が変わる。
・「出会わない」・・・それは自分に魅力がないから。
 探し求めるのではなく、自分を磨いていく。
・仕事で売り上げを上げてはいけない(稼ごうとしてはいけない。稼ぎたい、ラクしたい、はアウト!)。人脈を作ってはいけない。
 仕事は、あるタスクに対してお尽くしする場所。
 能動的な仕事を。自分から、尽くしていく。
 信徳が動くまで、尽くしなさい。わがことの痛みを扱わずに。相手を守る。尽くす!
 ー信用:スキル・知見。若いうちは、信用されることを目指しなさい。ただし、スキルや知見は陳腐化する(ほかの人や新しいことにとってかわられる)
 ー信頼:存在そのものに対して。不変。生きている間ずっと、お尽くししなさい。
~ある飽和量を超えたときに、結果的に、他者からの信頼が得られ、愛情・人脈・チャンス・お金が入ってくる
・生きる実感はどうやって作るのか?
~誰かのお役に立った時、初めて実感が湧く。
・私たちは人の期待にはこたえられない。(問題解決をしなくていい)愛する側、尽くしている側が唯一、満たされている。The giving tree
・平均年収:420万円、
 1000万オーバーは4%(一億overは0.03%)、
 上位10%:批判・枠を超え続けさせられる・孤独
   80%:不平不満を言う役割、批判する側(350万円)
   10%:セーフティネット
 ~どのレンジでも生きづらさはある。上を目指せ!
 やり続けること、尽くし続けること。手段は何でもいい。人の役に立った時に初めて、結果につながる。ご縁。一生懸命に生きるしかない。不平不満を言わないこと。
・相手のかゆいところに手が届くこと。相手の感情に寄り添い、感情掌握ができること。信頼されるトレーニングを。意図・気持ちを読み取る練習を!
・部下への不満?ーー自分の無能さを棚に上げている。
 無能なリーダーについてきてくれる部下への感謝の念は?
 自分の無能さに気付くこと。見下している目線は相手に伝わっているので、人間関係が崩れる。不平不満を言わない。
 ~あなたの課題です。先に謝る。受容した方がうまくいく。きれいな言葉を使いなさい。こちらから与えたほうが、うまくいく。ありがとう、という言葉を与えたほうが豊かだ。~どうせ言葉を与えるなら、相手の感情に寄り添った言葉を。
・Take Take Take……のループから抜け出し、Give Give Giveの側へ。課題は、あなたが本来のあなたになるためのレッスンだ。
・人間関係の課題は、50/50
いやあ、今日も濃厚な4時間半でした。
~懇親会でも、さまざまな話で盛り上がりました

https://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/teb/1/16/2763.png?_nc_eui2=AeF9_yfrz5FNOaYnBi7YLvsgIv_Nnf7WHhrPCk0Ir4va32T3FVXoeNo5MDZIKLGwDCKRV3bOQPxjEv7AGxSqNj0B9ZqQMYKTa-sS7CayiJ3_fA");">❣️

201912211.jpg


P.S 陰陽五行論塾 東京第4期が間もなくスタートします。
 https://inyou5.com/tokyo4/
 説明会がありますので、足を運んでみてください~♪
 タイミングが合いますかね~?


* * * * *


何も起きないことが幸せ


幸せと云うのは

いま自分がおかれている常そのものである。


何も起きないことがどれほど幸せかということ

私たはなかなか気づかないものだ。

悪いことが起きた時だけ、

常の幸せ気がつくのでは不十分だ。


普段から幸せ気がつけるようすること。

幸せの定義を捉え直してみることだ。


 * * * * *


たとえば・・・


最近だと、ひどい口内炎が続いた時に

「ああ、何にもない状態って、有難いことだったんだなぁ~!」

・・・としみじみ思いました。


あと、ぎっくり腰になった時も♨

元気なのが、当たり前ではない。

だからこそ、日頃の配慮や工夫も大切だなぁと最近感じております。



何かがあった時にいつもの日常を眩しく思うなら、

今ある幸せ・両親や祖母が生きていてくれること・

大切な人たちと一緒に過ごせる

「今」の時間を大切にしていきたいと思います。



  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:報われなくても努力する

今日からグランシップにて、

静岡県中部の保育士キャリアアップ研修 マネジメントがスタート!


みなさんのところの職員さんをお預かりさせていただきます。

いつもお世話になっている先生方が運営をサポート下さり、心強い限りです。


201912194.jpg


7時間を通してじわじわとあたたまった場を後に、

明日は沼津でのマネジメント3日目。


グランシップのみなさんとはまた、

月曜日にお会いできるのを楽しみにしております。


まいにち帝王学は、こちら。


 * * * * *


報われなくても努力する


努力が必ず報われると考えていると上手くいかなくなる。

報われる、報われないに関係なく、

ただ淡々と努力し続けることだ。


努力をして、成長したからと云って、

必ず報われるわけではない。


必ずしも報われはしないが、

努力や成長をしない限りチャンスのステージにさえ立てないのだ。


  * * * * * 


報われる、結果が出るーーーということを

目に見える成果として求めるのは

ちょっと違うなぁと。


個人事業主になってから

やみくもに手を打つ中で、気づいて以来

報われることではなく


種をまき続けること・

土壌を耕し続けることにフォーカスをして

コツコツとできることを重ねていくことにしました。


なぜなら、ものごとにはタイムラグがあるから。


一時期猛烈に発信をしていても

その時に反応が返ってくるのはほとんどなくて

実際には、忘れたころにひょんなところで芽が出ている。


逆に、まったく発信をしなかった時期もあるのですが

そうするとアクセス数やアプローチが本当に減ってきます。


大切なのは期待せず、自分のペースでコツコツとやっていくこと。


一見、他人の芝生は青く見えるんですが。

チャンスのステージに向かうべく、できることを積み重ねるだけですね。




  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長を経て静岡県を中心に各地へ、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行いながら、保育コミュニケーション協会 代表をしております。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中

虹募集中認定ファシリテーター講師育成講座 4月スタート園内ファシリテーター育成講座 4月スタート (関東・関西)・保育コミュニケーション協会 オンラインサロン 担当

虹公開講座

12月8日「意見を出しやすい会議のポイント 会議ファシリテーション

1月19日「保育はたら方カフェ~変化する保育とその葛藤

キラキラベルその他詳細はこちらをご覧ください


TVうめちゃんねる

 ゲストとの対話を通じて保育・子どもへのまなざしなどお話しています。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・研修依頼は、こちらからどうぞ!
【梅花ブログの楽しみ方】 ~About Blog~
詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

« 2020 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー