FC2ブログ

日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


まいにち帝王学:ただ淡々と積み重ねていく

山伏修行から帰ってきたら、

翌日は魂が抜けているであろう…ということを想定して

一日取っておいたのですが。


気が充実しているので

そんなことは、どこ吹く風。


むしろ インターネットやPCなどとの距離の取り方について

考え始めるようになったり。

ダラダラとしたライフスタイルや

自分への甘さのようなものに気が付き。


朝の散歩から、家事・仕事の仕方・休息の仕方など

見直しをしはじめました。


貴重なギフトに感謝です。


201908191.jpg


 * * * * *


だた淡々と積み重ねていく


目の前の方のお役に立つ縁を飽和量が超えるまで、

結果として人生に表象されるまで、

淡々と縁を積み重ねればいいだけである。


人生の本質はパラドックスである。


自分を満たしたければ、まず他者を満たしなさい。

すると複数の縁が重なり、結果として自分にも返ってくる。


 * * * * *


ただ淡々と・・・。


そうなんですよね。

目に見える成果というのはなかなか出てこないもので。


いつ出るか、出たらーーーと

「もし」を追及しても仕方がないので。


打てる手はすべて打っておきたいと思います。


「あの時、こんなことをしておけばよかった・・・。」

~というへタレな後悔は何度もしてきたので★


そのためには、

自分がやりたいこと・苦手なことといった

自分のエゴや弱さで考えると

どうしても避けてしまうことが出てくるので

主語を「必要としている人」に置き換えてみる。


「必要としている人に届くためには、どんな工夫があるといいかな?」

~そこには自分を介在させず、ひたすら「行なんだ」と思って向き合っていく。


「余計なことを考えているから、体が重くなるんだ。

 山に委ねろ!」By星野先達


本当に。

振り返ると、私は余計などうでもいいことにとらわれて

自分で自分の手足を重くしていたように思います。


手放そう。

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト




まいにち帝王学:心配り、気配りを念頭に置く

山伏修行体験に、行ってきました!
今年のご褒美チャレンジではあったものの、
耐えられるのか!?終始不安な3日間でした。


湯殿山で滝に打たれたり、
月山頂上の神社へ強風と濃霧の中お参りさせていただいたり。


羽黒山へ辛すぎる階段を登った先にある素晴らしい体験をさせていただいたり。


「祈りを捧げる」という日常が、こんなに気持ちがいいものなのかと。


何より、先達の圧倒的な気の密度の濃い存在感に

絶対的な安心感を感じさせていただきました。


201908184.jpg


<その他の気付きは、こちら>
・「受けたもう」の精神。
 まず、受け入れてみる。
 ~そもそも、私は待ち蹴りをすることが多かったかも。。反省。
 分からないこと、はじめてのことが世の中にはたくさんある。
 今回の山伏体験も怖さもあったけれども、先達に委ねてやってみたら
 その先に、清々しい気付きがたくさんあった。
 「受けたもう」で広がる世界を、これから広げてきたい。
・私は妙なこだわりを、たくさん持っていたようだ。
 (分かっていたけど、手放せなかった)
 制約のある工程、出来ることが限られている中での自由によって
 それらがじつは、どうでもよかったことに気が付く。
 なぁんだ。
 そして、ラクになった。
・祈り~災害で亡くなった方たちの魂が救われるよう願う祈り。
 ご先祖様に感謝をする祈り。
 こうなってほしいなぁという願いを掛けた、祈り。
 ---さまざまな祈りがあるけれども、
 祈りをただひたすらに唱え、ただ黙々と行を行う。
 祈りに導かれるように、力が抜けて目の前のことに没頭できる。
・「余計なことを考えているから、体が重くなるんだ。
  前に進むことだけを考えて山に委ねろ!」
 余計なこと・自分自身の守りに入ること・恐れ・・・
 ~どうでもいいことを考えると、たしかに歩幅が狭まり、体が重くなる。
 一方で、大いなる力に委ねて信じて手放すと 足取りが軽くなったり。
 ひたすら前に進むことを考えていると、不思議と転ぶことも少なくなる。
 大いなる力に委ねる感覚、素晴らしい。


~などなど。


はじめさん、博さん、あゆからのご縁に感謝です!


祈りの気持ちよさに目覚めてしまったので

般若心経、さっそく夫に読み方を教わり始めました。
(夫は夏限定のお坊さん)


山伏体験に興味が湧いた方は、是非 来年の
大聖坊 夏の山伏修行体験へ!
身体はあちこち痛いですが、気は充実しています✨


まいにち帝王学は、こちら


* * * * *


心配り、気配りを念頭に置く


引力本能を発揮するには、

自分の事は一旦脇に置いて、自我を手放し、

目の前にお尽くしする在り方を常に意識する事である。

如何に目の前の方に喜んで頂けるか、

如何にお役に立てるか、

どの様にその方に寄り添っていくのかを

常に念頭に置きながら生きていく事だ。


 * * * * *


引力本能を発揮するためには、
つまり、いいことを引き寄せていくためには
「目の前の人にお尽くししなさい」ということ。

どうしても損得勘定が動いてしまったり、
出し惜しみをしてしまったりするのですが。
ここで止めてしまうと、その先につながらないと。

受け手の気持ちになってみるとそれは当たり合えのことなのですが、
自分が何かを提供する側になると
いろいろな気持ちが湧いてきて躊躇が生まれてしまいます。

これまでの私は、おそらく見える範囲の
「損しないライン」まででとどめていたことでしょう。

ですが、陰陽五行論塾の先輩の実話を聞かせていただく中でも
「ゆだねて、お尽くししてみよう」と決意をし、
私自身が出合った人とのやり取りの中でお尽くしさせていただくうちに
人のつながりや、機会など、目に見えない形もあれば
実際に見える形もあったりして
気が付けばたくさんの恩恵をいただいていたーーーということが何度もあります。

如何に目の前の方に喜んで頂けるか、

如何にお役に立てるか、

どの様にその方に寄り添っていくのかを

常に念頭に置きながら生きていく事だ


ぶれたり、エゴが出たりで揺れ揺れになることも少なくありませんが
「人間だもの」By相田みつを。

~ブレテもまた自分の軸に戻ってこれるよう、心を鍛え中です。

自然と習慣付き、いい流れが生まれるよう
この視点を大切にしていきたいですね。

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:言葉の与え方は自分で決められる

連続でお邪魔させていただいている、
新潟県自治会館での保育士、

幼稚園教諭のためのコミュニケーション力向上研修を

今年も担当させていただきました。


201907224.jpg



最初から打ち解けていただき、

現場でのいろいろなお話を通じて 悩みを打ち明けあったり。


共感したり。

私のうっかりをあたたかくフォローいただいたりしながら、和気藹々の5時間半でした。



「ロールプレイで気付きが多かったです」
「一度も眠くなりませんでした」
「思いを受け止めてもらえて、安心しました」


とほぐれた笑顔が素敵なみなさんでした。
明日からのご活躍を心より応援しておりますhttps://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/te3/1/16/1f490.png");">💐


201907221.jpg


まいにち帝王学は、こちら!


*****


言葉の与え方は自分で決められる


ものの本質とは、そのものの名称、

つまりは言葉である。


言葉は曖昧であり、実態ではない。

同じ事象も言葉の与え方で全く異なるのだ。

この人のことを好きと思うのか、嫌いと思うのか、

どのような言葉を与えているのかで決まる。

どんな言葉を選ぶのかは、全て自分次第だ。


*****


ものの本質とは、「与えた言葉」で決まるーーー。

どんな意味付けをその物事にして、
どう捉えていくかによって
その後の展開や関係性が変わっていくということですね。

これは逆に、
「どうなったらいいか」を先取りして
結果から視点を選び、意味付けを踏まえて
言葉を与えていくというアプローチでもいいのかもしれません。

そう思うと、ネガティ部に捉えている場合ではなく。
リスクマネジメント・最悪の状態への根回し準備をしたうえで
「一緒に喜び合える関係性」へ向けて
物事の捉え方をセットアップしていきたいですね♪


  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:ちがう角度から物事を見てみる

この日は、徳島県 市町村保育士等の
保護者対応研修を担当させていただきました

201906264.jpg

ちょうど今月初めに保護者講演会を担当させていただく中で感じた
保護者の葛藤や不安などを
「保護者の声」としてお伝えさせていただくとともに
日々、現場で葛藤されているみなさんの
事前アンケートの声や事例をもとにプログラムを再構築する中で
気付きが深まる場をファシリテートさせていただきました。

保育士の当たり前」と「保護者目線」のちがいは
戸惑いとしてある一方で
じつは子育て支援として役立つ大切な情報である・・・
・・・という気づきに一同、ハッとし
「当たり前だと思っていたけれども、
 保護者に役立ちそうな保育エッセンス」
をたな卸ししてみるワークを急きょ入れてみたり。

「違和感を園内共有の機会にする」、
「正論よりも共感を」などなど、
グループシェアの時間との相乗効果で
それぞれができることを持ち帰る時間となりました。

* * * * *


物事を違う角度から見てみる


狭い視野で物事を見て、

自分の考えが正しいと思い込み、疑いもせずに

その考えに沿って行動してしまうことは愚かである。

何度となく襲ってくる悪い考えも

『真実』とは限らない。


物事を違う角度から見て、

何が真実なのかを見極めることだ。


 * * * * * *


TVや新聞・ニュース・誰かのお話・・・


そもそも自分たちの物事をとらえる前提は

自分たちの生きてきた体験からの価値観によって判断されていることが多く

「ええっ!?」というアクシデントによって簡単に覆され、

気づきによって視野を広げさせていただくといった体験は日々あります。


最近は、それがちょっと怖くなってきて

自分の視点は本当にそうなのだろうか・・・?

~と不安を感じて、ディベート道場に通い始めました。

(ZOOM参加ですが)


物事は立ち位置によって見え方が全く変わってくるので、

賛成だと思っていても、あえて反対の立場から物事を捉えてみる。


反対側に回ってみたら、

また別の気づきや視点があった・・・ということもたくさんあります。


でもそもそもは、対立することが目的ではなくて

Happyに生きることが目的なんですよね。


そこを大切に、様々な角度から物事を捉えていく筋トレを続けていきたいと思います。



  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:自分の枠を超える

この日は麹町にて、

東京都キャリアアップ研修マネジメント 

6月の一日目でした。


リーダーシップと園内の役割の話で

気付きの表情を浮かべる方、

マネジメントの概念を踏まえた上で

親子へのアプローチを見つけていく場面もあり、

当たり前の中にある 資源に気がつく場面あり。


不審者を見極める第六感アンテナは

共通の感覚を持っていたことが事例から分かったりと、
あっという間の一日目でした。


その後は場所を目黒に移し、

はじめさんと「うめちゃんねる」

イノベーションを成し遂げるチームのリーダーシップ

~を放送させていただきました。


201906052.jpg


14年前、CTIのお友達が「滝行があるんだけど、行く?」

と声を掛けてくれた先でご縁をいただき、

その後も七転八倒な時代からずっと

気に掛けて下さっていた、はじめさん。


LOVEあばしり 

冬の流氷ツアーに来てくださったこともありました!


・大切なのは「やること」ではなく「デザイン」

・人間の特性を知っておく

・このリーダーについていったら大丈夫だ、という安心感

・イノベーションの定義とは?

・イノベーションが起こるチームとは

・リーダーの在り方

 ~などについてお話を聞かせていただきました。



一度お会いすると、老若男女誰もが目がファンになってしまう

はじめさんの思考回路をシェアさせていただく、貴重なチャンス。 


はじめさんのような素敵な

大人になりたいなぁとしみじみ思いました♪


 * * * * *


自分の枠を超える


今までの自分の枠を捨て去り、

新たな可能性飛び込んでいくか、

行動変革をするかで、人生の体験が大きく変化する。

今までの自分では決して選択しないものを選び、

好奇心を持って取り組むこと。


今まで話したこともないような人

興味を持ってみることだ。


 * * * * *
私は基本、ネガティブで安全欲求が強いので
危険なチャレンジはしたくないですし
苦手なことはしたくないタイプです。

けれども・・・・・・

自分の枠の中にいるーーーというのは、
安心なようで、つまらないこと。

失敗をして、閉じこもり。
傷ついた気になっていじけても
その時は安全なようでいて
それ以上前にも進めなければ何にもならないことに、
だんだん気が付いてくるのでした。

というか、
個人事業主という生き方を選んだ時点で
それは無理なお話でした。

陰陽五行論塾で私のネガティ部に雲が開けたのは、
「傷つくというのは幻想だ」という先生の言葉でした。

えっ、幻想じゃありませんよ。
あんなに胸が痛んだりあちこちが重くなったりするのに・・・。

~と思いましたが、それを通り越して考えてみたら、
たしかに「思い込み」だったのかもしれない・・・と今は思います。

そうすると、怖いけど、
目をつぶってチャレンジしてみるのもありかもしれません。

あえて、自分が選ばない選択肢へ。

結果的に気づいたのは、
・反応は選べるということ
・失敗しても生きている
~ということでした。

自分の枠を超えること。

それは、まだ見ぬ可能性の扉を開くことに
つながるのではないでしょうか。

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長を経て静岡県を中心に各地へ、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行いながら、保育コミュニケーション協会 代表をしております。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中

虹募集中認定ファシリテーター講師育成講座 4月スタート園内ファシリテーター育成講座 4月スタート (関東・関西)・保育コミュニケーション協会 オンラインサロン 担当

虹公開講座3月17日 発言しやすい会議の場を作るファシリテーション講座@西宮

4月13日 子どもと心が通う声かけ』&『気になる子への対応のポイント@東京

5月24日~5回講座 保育リーダーのための育成勉強会@静岡キラキラベルその他詳細はこちらをご覧ください


虹出張研修

3月 13日(長野)・14日(松本) 16日 秋田県 4月M園 園内研修・4月23日 栃木県・5月 島根県 ・6月東京都・徳島県    7月新潟県・藤枝市  9月府中市

10月 徳島県


TVうめちゃんねる

 ゲストとの対話を通じて保育・子どもへのまなざしなどお話しています。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・コンサル・アドバイスは、こちらからどうぞ!

【梅花ブログの楽しみ方】   
 ~About Blog~

詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー