日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


秋冬の装い準備

先日、お世話になっているミカさんと

秋冬を見越したお買い物に行ってきました!



服の合わせを考えたり、

ファッション雑誌で流行を感じるなどがとっても苦手な私。

放っておくと、どんどんダサい人になってしまいます。


どうしても、便利だったり楽だったり、もうちょっとイケるんじゃないか?

・・・という、だらしない気質の方に流れていくんですよね。



けれども―――

講師として人の前に立つこともあり、

施設長として見ていただくこともあり。



せっかくならば、いただいたこの身体と個性。

生かす方でコミットしよう!と思うのです。



最近感じるのは、

人の目を通して見たほうが自分に似合うものが分かるということ。

人は人の間で生きていますし、

どうでもいい服を着ている自分も見られているわけです。



どうでもいい服を着ている、身なりをしている---というのは、

「自分はどうでもいい存在ですよ」

というのを、暗にメッセージとして伝えていることでもあり。


じつは、自分もすがすがしくないわけです。



心地良い状態でいるために、風を入れる作業が

ミカさんとの時間だったりします。


じつは、お買い物に際して 自分の持っている服をすべて出して

写真を撮り、客観的に見てもらうということをしているんですが

これがまた いい整理の機会になるんですよね~。


おかげさまで、ミカさんと6年前に買ったワンピースは今も活躍中です♪

自分を生かすものを、長く着れるようメンテナンスしたいと思います。



  1. ファッション
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

見た目も大事☆

「先生、先生は本当に保育士さんなんですか?

  どうしてそんなふうに身なりに配慮されてるんですか?」


~というような質問を、先日 東京都のイベントの時に頂きました。


はい、着物を着ていたからですね~。


着物は、大好きなのと、

着ると周りの人が喜んでくれるからなのですが・・・。


保育の中でも、ある程度の身なりは大事だと思っています。

つい、ラクチンな格好

必殺仕事人な格好に逃げてしまいそうになりますが・・・。

(基本的な気質が職人なので・・・。)



じつは以前、こんなことがありました。



あれは、22歳頃のこと。

愛児園(児童養護施設)にて、幼児さんの担当をしておりました。

当時、シフト制で 

6:30-16:30、9-12・17-22、12-9、泊りといった勤務があり。

子どもたちのために走り回り、必死で仕事をしていた頃のこと。


洗面所でごしごしと、子どもたちの脱いだ

しましまに土の模様のついた靴下を洗濯板で洗っていると・・・


中学生の男の子が、私のところに来て言いました。

「お姉さんさぁ。」

 ↑先生ではないので、呼び方は“お兄さん”か“お姉さん”。

「なに?」

「なんで、そんなにオバサンくさいの?」

「は?!」

「だってさ~、Tお姉さんとか、いつもきれいにしてるじゃん。

 お化粧してさ。でも松原さんはなんか、おばさんくさいよね。なんで?」


~ががーん!!

まさか22歳でオバサンくさいと言われるとは!

「うるさいよ!あっちいけ!!」

・・・とは言ったものの、よくよく自分を振り返ってみると

言われた意味も分かります。


当時、必要最低限のメイクはしていましたが、

仕事しやすいことが最優先で、髪の毛もビシッと結び

(仕事するときは業務に集中したい。イラッとするので。)

ジーパンに、よれた古着のTシャツを着ていました。

(当時、古着屋やフリマにハマっていたため。)



比べて、その子が言ったTお姉さんは---

カジュアルでありながらも気品のある服とメイク



そうか・・・

おばさんくさいって、年齢じゃないんだ



自分の在り方なんだ!!



~ということを、身をもって感じたのです。



それ以来、つい ラクに逃げてしまうことは多々ありますが

一応見た目を気にするようになりました。



とはいえ、元々センスが悪いので


本格的に見た目を意識し始めたのは、着物が好きになってから。


普段着を改善したのは、

カラーコーディネーターのミカさんに

アドバイスをもらえるようになってからですね。



うん、見た目も周囲のモチベーションに影響します。


一人で生きているわけではないので。


たとえば今回も、

東京都のイベントでは着物を選んだのは

景気づけの意味もあってのことです。


(とはいえ、他の人を立てる意味でも奇抜な色ではなく
 
 共に生かし合える私らしい小紋の着物を選びました)




せっかくなら、お互いに

モチベーションの上がる在り方を選択したいな、と思う

今日この頃です。
  1. ファッション
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

秋冬をHAPPYに過ごす、道先案内服

今年の秋冬をHAPPYに過ごすべく、

カラーやスタイリングにアドバイスをいただいているミカさんと

お買い物に行ってきました!

2014aki.jpg

これまで、「施設長らしい服」

「仕事の中で信頼される印象を持ってもらえる服」

「仕事もプライベートも両方活用できる服」

~など、毎回テーマを決めて服を購入してきて・・・今年で、5年。



おかげさまで、引出しの中に 

活用できる服だけが残っている状態です。

すっきりして気持ちがイイですね~。


~なのですが、どちらかというと白黒水色青緑・・・

といった寒色系の色が多かったので。

今回は、HAPPYになれる暖色をプラスすることになりました。



服や色のテーマを決めることは、

私にとっての許可であり、コミットメント・・・“道先案内”のような意味があります。



施設長のお役目をいただいた時は、

恐れ多い“役”を全うできるように

個人事業主から 生活をガラッと変えました。



これからきっと、さらにHAPPYなフェーズに。


今年の秋冬、楽しみたいですね~♪
  1. ファッション
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

見えないお洒落

IMG_7200.jpg

「ありのままの自分~

 自分の中の女性性を受け入れたときに、起こすアクション」

・・・という話題で、先日も盛り上がっていたのですが---


その気持ち分かるなぁ♪

ってことで、久しぶりに下着を買いに行ってきました。

(A:いい下着を買いに行く、というのが女性たちの答えでした。)




いえ、私も今までも買っていたんですよ。



ただ、わりと適当に・・・。

サイズさえ合ってればいいかな~というかんじで☆

(ネット通販とかで買っていました。

 ただ、ジャストじゃないのでワイヤーが痛かったりするんですよね。。)



今回は、久しぶりに店舗へ行き。

サイズを言って、その中からFitしたものを・・・と思っていたのですが。



「お客様。

 失礼ながら、サイズをお計りになったのはいつですか?」

「えっと・・・6年前くらいですかね?

 (本当は10年前だけど・・・。)」

「それでは・・・もしかすると・・・」

「サイズが変わってしまっている恐れが・・・?」

「はい・・・。その可能性は、大いにあるかと。」

「ですよね・・・。」

「お計りして、よろしいでしょうか?」

「どうぞよろしくお願いします(まな板の鯉状態。)」



計ったところ、サイズ---変わってました。

良い方に。




セーーーフ!!!





というわけで、晴れてフィットしたものを選んでみると、

心が変わりますね。



「この下着に恥じない自分でいたい」

~と、背筋が伸びる思いで、背筋がシャンとします。




なかなかいいお値段ですが・・・、

丁寧に、長く愛用したいと思います♪







  1. ファッション
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

買い物苦手女子のための、心晴れる春物ショッピング

昨日あたりから、急に春めいてきましたね~。

そんな季節を先取り!

・・・ということで、春の服を入手してきました!


1544448_841905339158896_812403945_nf.jpg


休日の楽しみに、「ショッピング」という文字は存在しない・・・。

はい。買い物が苦手な女、松原美里です。




よく女子の会話の中で、

「買い物、どこでしてる?」

~なんてやりとりがありますが。



基本、私は休みの日にわざわざストレスが溜まることはしません。

好きな服・似合う服が、よく分からないのです。





でも、カラー&スタイリストのミカさんが一緒に選んでくれる服は、別です。


今回、これまで少しずつベーシックなところを揃えてきたので

今年っぽさの出るものを少し・・・ということでお願いをしたのですが。

一見、

「え~!!これはちょっと!」

「ブリブリして、有り得ない!」

~と思うものであっても、

私のカラー(肌の色や個性)・体型などを踏まえた上での提案なので

着てみると「なるほど、似合う!」というのがよく分かります。




今回も、だいぶ 目からうろこが落ちる時間でした。



何よりうれしいのは、服によってセルフイメージが上がることですね。



ミカさんと出会うまでの私は、

買い物に行って気持ちが悪くなり、

かろうじて買って帰っては来るものの

その日の服を着ようと引出しを開けると

「何を着ても、似合わない!」

~と、半ベソをかいていた ブルーな日々。

(あの、絶望的に吐きそうな気持ちは いまだから笑えますが☆)

外へ出ても、似合っていないのが分かるので

どんな顔をして歩いていいのか、分からなくなったり。



いまだに、一人で買い物に行くと(特に洋服は)

その頃の絶望的な気持ち悪さを思い出して吐きそうになるため

つい、本屋さんとかに、フェイドアウトしてしまいます。





いまでは、

「あ~、ミカさん。

 この辺は私、イケてないゾーンです。」

「これ、ダメですよ。おばさん臭くなっちゃう色だから。

 なつかしいダサさです。」

~と、自分で似合わないものが分かるようになりました☆





ミカさんという存在に出会えたことに感謝。




自分のことを客観的に見る視点って、貴重だと思います。




人には得手不得手があり。

私は洋服以外のことで出来ることもあるので、

この不得手さを謙虚に受け入れ、プロのアドバイスを受け 

「自分の見えていない可能性」を引き出していただいております。




そして、こうしてそろえていく服たちは、私にとって 一生モノ。




長~いお付き合いで活用させていただこうと思っています。




さ、これから春夏がたのしみだな!





  1. ファッション
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。
「子どものために、大人が輝く背中を見せる」をモットーに保育やコーチング・コミュニケーションを切り口に・講師・執筆・監修を通じて日本を元気にする活動をしております。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長の傍ら、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行っています。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中♪

【認定こども園エクレス】
 認定こども園、新制度へ移行しました!私は保育園部の施設長です。

【保育士コミュニケーション講座】
DVDの販売を行っています。お役立てください♪

【講演依頼・取材・お問い合わせ】
   ~Imfomation~
こちらからよろしくお願いします。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・コンサル・アドバイスは、こちらからどうぞ!

【梅花ブログの楽しみ方】   
 ~About Blog~

詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

人気記事ランキング

謳歌日記人気記事ランキングです!

こちらも合わせてお楽しみください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー