日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


保育力コーチング 後編

本日は、保育力コミュニケーション 後編


第5講 シフト・園ごとのルール

第6講子どもとのかかわり方

第7講安全・健康のために

第8講 子どもと共に成長する心理学



〜を担当してきました。

hk1.jpg


<参加者の感想を一部、ご紹介します>

現場の一日の流れに沿って保育士としての心構え・

立ち位置・子どもとの様子等を聴くことができ、勉強になりました。



保育士の勉強を通して自分の人生の学び直しにもなりました。

学んだことを次世代に伝えつつお手伝いができるようになれれば…と思いました。



すべての授業内容・テーマにおいて 興味深かったです。

「信頼関係の築き方」と「子どもと共に育つ保育の関係性」のテーマに魅かれました。

現場にいて、若年層を見守る立場ではありますが、

時々こうして立ち止まって学び直すことは本当に大切だと思うし、

自分の保育を見つめ直すいい機会となった。
  1. あさか保育士養成学校
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

保育力コーチング 前編

本日はあさか保育人材養成学校にて、保育力コーチング 前編でした。

「現場に入る前に、教えてほしかった・・・!」

~という声の多い“保育業界のコミュニケーションあるある”。


それはつまり、どういうことで、何を大事にしたらいいのか・・・

第1講:保育は感情労働

第2講:子どもにかかわる視点「見る」「観る」「診る」

第3講:保護者へのねがい・かかわり方

第4講:保育はチームワークで回っている


~にて、ワークを交えてお伝えさせていただきました。

ピッコロ体験のエピソードも、とっても好評でしたよ~♪



失敗からの気づき・体験・学びが増えるごとに、

伝えていけることが増えるのはとっても豊かなことですね。


直前まで、これまた

「レジュメは、投影資料はこれでいいのか?!」

と悩んでいましたが、今の私にはこれがベストだったようです。



来週12日(土)は保育力コーチング 後編。

第5講:保育者の一日の流れ・シフト・園のルール

第6講:子どもへのかかわり方・信頼関係の築き方

第7講:子どもを中心とした保育~健康・安全を守るため

第8講:子どもと共に育つ保育の関係性


~を担当します♪

hoikuryokuko-3.jpg
  1. あさか保育士養成学校
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

菊地先生と「心育会議」にて、人生と保育を見つめ直す

菊地先生とのコラボ企画、「心育会議」終了いたしました♪

si13532792_1014880858608516_6635688693450184363_n.jpg

今回のテーマはこちら。


目に見えない心の育ちと成長。それが「心育」。
心の豊かさがその尺度となり、心豊かに育てるために私たちは、
何をしなければいけないのか。

日々、保育現場で頑張る保育士の皆さんへ、私からのメッセージ。

<テーマ>
「保育は、筋書きのないドラマ」


<プログラム>

●オープニングメッセージ(菊地政隆)>
「保育には、答えがない。だからドラマ。」

ひとりひとりの子どものドラマに寄り添うのが保育士のお仕事。

●第1部 「松原美里(まつばらみさと)さんのご紹介」
・私が保育士を目指した理由
・保育園の施設長を5年間行う中で学んだこと
・「保育士コミュニケーション講座」について
・これからの私

●第2部 「保育は、筋書きのないドラマ」
キャストは、子ども、親、そして保育士。

●第3部 「会場とのディスカッション」


菊地先生とは、

仙台での保育士採用イベントや、

東京都での保育士のお仕事を知っていただくイベントなどでご一緒させていただき、

最近では夫とも仲良しで、静岡で一緒に飲んだりしております。



そんな中で進んで行ったやり取りの中身を

こちらで少し、ご紹介します!


●自己紹介コーナー

・保育を目指した 学生時代。

・横浜人になりたくて、横浜女子短期大学へ入学。

・盲・聾唖児施設、児童養護などが気になりながらも、

 横浜に憧れて、緑区の保育園へ就職。

・あふれる愛を子どもたちに届けたくて、児童養護施設に転職。

・子どもにとって、一番大きな支えである「親」の支援のため
 退職し、コーチングを学ぶ

・手探りながら独立し、コーチングやワークショップを開催。

・施設長のお役目を頂戴し、5年間 任務を全う。

・結婚を機に、静岡へお引っ越し


●施設長業務を通じて、学んだことは?

コーチングを学び、自主開催で講座を開催する中で

「こうすれば役立てるんじゃないか?」と手探りで作っていた講座の内容を

自分自身が試される体験が、たくさんあったこと。

立場が変わる中で、机上の空論ではなく、

現場にこそ答えがあること。

みんなで見つけていくためにも、

コミュニケーションや関係性をいかに作っていくかが

重要であるということを実感しました。
 
●施設長になったきっかけは?

2009年に開催されたイマジンヨコハマという

横浜市の150周年イベントでのワールドカフェを機に

米国国務省日本語研修所の方と仲良くなり、

歴史の会などでご一緒する中で、クリスマスパーティに呼んでいただき

そこで、園の母体である岩谷学園の理事長夫妻と出会いました。

●新しい生活へと舵を切ったきっかけは?

1.地元 網走に帰ろうと思っていたが、

今は帰るタイミングじゃない、とアドバイスをいただいたため。

離れた場所から、てこの原理で地元を盛り上げようと思った。

2.施設長と講師としてパツンパツンの生活を送ってきたが、

 このままそれが続くとは思っていなかった。

女性として、結婚や出産を体験してみたいという思いもあり、

「自分が最前線で行う」のではなく、一歩引いて 

思いがある人が活躍できるような仕組みづくりをするなど、

自分の人生の次のステージへと自ら舵を切ろうと思った。

●静岡での生活は?

はじめは、名前が変わる~アイデンティティの喪失に落ち込み、

自分が分からなくなる日々が続きました。

が、そういった状況を受け入れ、慣れてくると

自然が豊かで食べ物も美味しく、思っていた以上に暮らしやすい。

拠点が東京ではなくなったことで、より身軽に移動が出来るようになった。

見かけによらず出来ないことが多いため、

夫のフォローによって生かされています。

●性格は?

ネクラです。

行動を起こすときは、最悪の事態をまずは想定して

怖くて動けなくなって、

それらをすべて受け入れると腹を決めた後で

そうならないように、何ができるのかを考え、行動を起こします。

人から見ると、行動している部分のみなので

明るそうに見えるかもしれないのですが・・・

じつは、けっこう家で気絶しています。


~こんなやり取りを経て、

参加されたみなさんからの質問コーナーへ!



60代で夢の保育士の資格を取り、現場に入ったものの

理想と現実の違いに打ちのめされたというお話があったり。


菊地先生からも、

現場にはいろいろあり、本当は子どもの心を大切にしてあげたいと思いながらも

日常にもまれる中で麻痺していってしまう人もいる現実がある、とお話があったり。



公立・私立に関わらず、

思いを持って現場に立っている保育者もたくさんいるというお話が出たり。


個を大事に・・・といいながらも、集団を見る「保育」の観点の中での

「意識のむけ方・見方」にもじつは職人技がありますよ、というお話をしたり。



会場にいる人それぞれの人生と保育とがリンクするひと時となりました。


貴重な機会にお声掛けいただき、ありがとうございました!

  1. あさか保育士養成学校
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

講座を通じて、最新の知恵を分かち合う機会

あさか保育人材養成学校にて、

現場で心掛けていることや意識を共有し、

保育士として力を発揮していける心の状態へと

セットアップすることを目指す

「保育現場コーチング」

 5.シフト・園の方針

 6.子どもへのかかわりかた・試し行動

 7.健康・安全を守るために

 8.子どもと育つ心理学

~を行いました。

参加者からの

「いくつになっても、教育は人生をやり直すチャンス」

という感想がまぶしく響いていました。

13423999_1356321067717318_7315377837247745452_nh.jpg

13432376_1356165674399524_4312281826603412927_nh.jpg

13445234_1356321154383976_7869829353279913635_nh.jpg


現場にて先輩のかかわりに疑問を感じていた方、

学童保育に生かすための知恵を…と思い、

学びに来たけれども

保育の現場の魅力に気が付き、

前向きに考え始めた方など

それぞれの保育人生において

新たなスタートの日となったようです。



「子どものために」が入り口ですが、

自分のペースや価値観を大切にするなかで

園のお役に立てる・

お互いが生かしあえる場所で輝けますように!



そして…余談ですが、

講座のやり取りの中で自然と、最近のこども環境学会でのお話や

研修や情報交換で得た様々な切り口を自分なりの言葉で共有していることに

我ながら、ビックリしました。



得た情報は、自分の知恵となる。

それを、現場で頑張ろうとしている人に生かしてもらえる機会があるのは

本当に有意義なことです。



さらに邁進したいと思います♪


  1. あさか保育士養成学校
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

保育業界セミナー「児童養護施設のお話」ご報告

あさか保育人材養成学校 保育業界研究セミナーにて

「児童養護施設のお話」をしてきました~。


11214049_1109113605771400_9009919343791188622_n.jpg

思い出して、当時のアルバムを引っ張り出しては

あの子たちの可愛さにキュンキュンしながらの、資料作成。

(この間会った、高校生になった姿と照らし合わせて感慨にふけりつつ・・・。)



思いがありすぎるだけに、言葉に上手に込めることが出来たか?

どう伝わったのか、心配ではありましたが・・・



みなさん真剣なまなざしで参加して下さり、

それぞれの心の中に 新たな風景の火を灯したようです。



当日の流れは、このような形でした。

-----------

1.当時の様子(授業にのっとった形であてはめて)

 在園児 

 入所経路

 理由

 保護者への面会

 引き取り

 学校・関係機関

 進路進学

 就職・自立

 職員の勤務状況

2.関係性

 子どもとの関係性

 保護者との関係性

 職員との関係性・チームワーク

3.児童養護の魅力

 ●幸せを感じる瞬間
  
 ~ 日常生活の中の宝物・お盆・お正月のスキンシップ

 ●子どもの特徴
 
 ~ 愛着関係・試し行動・境界線・・・手のかかる子ほど、愛おしい!

 ●感じたこと

 ~  子どもたちが人生を受け入れて、生きていくために 何が必要か?

    ・・・児童養護施設は、背景を踏まえて、前向きな人生を生きるための場所

 ●葛藤 

 ~ 子どもには罪はないのに、なぜ? 保護者も葛藤している。

    ・・・子どもたちが“人生の課題”を全うするためのサポートをするのが、

    プロとして子どもに寄り添う使命

 ●衝撃的だったこと ・ 使命感

4.人生は続いていく

 これからを作る人たちのために、何が出来るか?

 それぞれの場所でできる関わりをし、子どもに輝く背中を見せること!



-----------

プログラムを組んでみたものの、参加者のみなさんに語りかけるうちに

いろんなお話をしていました(笑)


参加者よりいただいた感想を一部、ご紹介します。


<感 想>

・保育士資格取得のための勉強中ですが、「児童養護施設」という単語だけではなく

 保育に関わる生の大切なお話が聞けて良かった。

・一時間という限られた時間の中で、エピソードなどを織り交ぜながら

 様々な観点からお話を伺えたと思います。

・お話にスピード感があり、自分がその場にいるように感じました。

・入所経路が様々で、問題を抱えている子どもや施設内の状況を知ることが出来、

 児童養護施設が身近に感じました。 

・対児童だけではなく、職員の方々の関係性などに目を向けた内容が

 児童養護施設を知るうえでとても参考になりました。

・試し行動やそれに向き合うことの大切さ・チームワークがとても大切であること、

 先生が子どもに深い愛情を持って接していたことが伝わってきました。

・子どもを預けている親御さんも葛藤していて、育ちの連鎖があること。

 世の中にはいろんな方がいることを知りました。

・いろいろな家庭環境の中で生まれた子どもたちがいるということ。

 人とかかわっていくことでどう変化していくか、考えるきっかけになりました。

・人生に寄り添うことが大切であるということ、

 客観性が大事であるということを感じました。

・実際に働かれてた現場側から見る子どもへのまなざしが、特別感ではなく、

 個々の人生を支える当たり前の日々を知れてよかった。

 どこにまかれた種も、次に成長するための作業を一つ一つ重ねるんですね。

・実際の子どもたちとのかかわり合いや、先生の気持ちもうかがえて、

 共感を持って聞くことが出来た。

・子どもたちは職員の関係性を見ている。

 子どもにとってのロールモデル、いろんな大人の姿を見せるということが

 本当にそうだなぁと思いました。

 子どもたちに関わる考え方の上で、意識していきたいです。

・今も会いに行って気に掛けている、というお話が聞けて良かった。

・メディアだけでしか知らなかったのでリアルに聴けて良かった。

 イメージとは違っていました。

 施設とはいうけれど、本当に親子のように家庭的なんだ、と思いました。

・児童養護施設について、マイナスイメージだったのですが、

 とてもやりがいを感じることのできる、

 人の人生を変えることのできる素晴らしいお仕事なのだと感じました。

・子どもにとって親がどういう存在であるかと、その影響の大きさを感じました。

・子どもたちが大人になることを楽しみになるような、

 大人の姿を見せることが本当に大切だと感じました。

・松原さんが経験を経て、前の段階のサポートをしたいと思うようになった

 というお話しに共感しました。

 国とか大きな組織に頼るだけでなく、市民レベルなど社会全体による

 親・保護者のサポートがもっと充実して、

 良い環境で子どもたちが過ごしていける世の中になったらいいなと思いました。


-----------------

日々、児童養護の職員として子どもと向き合うことは、大切な仕事。

~という思いと、

子どもにとっては、大人が人生の柱。

親の状態として、“怪我した後の手当て”ではなく、“そうなる前の予防”として

たくさんいるであろう前段階の人たちをケアしたい。

親が周囲の諸状況の渦に巻かれるほどに、子どもが悲しい思いをする。

子どもの幸せのためにも、親の地に足が付く支援がしたい---


・・・そんな思いから、天職だと思っていた(当時は)児童養護の仕事を辞めて

「コーチング」に一縷の望みを託し、

事業と技術の違いも分からないのに

明日をも分からない個人事業主の世界に飛び込んだ私。



とはいえ、辞めた後もご飯を食べに行ったり。

クリスマス会で成長する子どもたちに会いに行ったり。

Yの個人ボランティアとして、一緒にご飯を作ったり 食べに行ったり

直人さんのWSにYを連れて行ったりしていました。



そんな中でも児童養護には本当に思いがあって、

個人事業主になって、なかなか陽の目を見ない日々に 

あの子たちと過ごしたSWEETな時間を思い出しては、涙していたこともありました。

(まだ鷺沼に住んでいましたからね~。元先輩とバッタリ会ったりして。)



・・・じつはもう一回、愛児園に「職員として働きたいんですけど・・・!」

~と、勇気を出して行ったこともあります。


「あ、間に合ってるから。」

~って言われましたが☆ 


いや、だから今があるんですが・・・。

(いまは認定こども園エクレス 保育園部の施設長として、

 保護者・子どもの支援をさせていただけていますし。


 たくさんの子どもや保護者を支援するカギとなる保育士さんを支援することで

 子どもを包み込むネットワークを強化したいという願いがあり。

 保育士コミュニケーション講座をしています)



今現在は、東日本大震災の影響などもあり、

10年前よりも40園ほど施設が増えて

(当時、550だったんですよ。 でも、今は599あるようです。)

職員採用やボランティアをつねに募集している業界でもあります。



興味のある方は、ぜひ お電話をするなどしてみてくださいね。

あ、その前の第一歩として、児童養護施設や子どもたちを応援するプログラムを行っている

NPOBridge For Smileに登録をしてみるのもおススメかもしれません♪


児童養護施設のみなさんの頑張りや、子どもたちを応援するためなら

私はいつでもお話をしますので。

メッセージなどで、気軽にお声掛けくださいね~♡



みなさんの毎日が、報われますように。



  1. あさか保育士養成学校
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。
「子どものために、大人が輝く背中を見せる」をモットーに保育やコーチング・コミュニケーションを切り口に・講師・執筆・監修を通じて日本を元気にする活動をしております。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長の傍ら、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行っています。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中♪

【認定こども園エクレス】
 認定こども園、新制度へ移行しました!私は保育園部の施設長です。

【保育士コミュニケーション講座】
DVDの販売を行っています。お役立てください♪

【講演依頼・取材・お問い合わせ】
   ~Imfomation~
こちらからよろしくお願いします。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・コンサル・アドバイスは、こちらからどうぞ!

【梅花ブログの楽しみ方】   
 ~About Blog~

詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

人気記事ランキング

謳歌日記人気記事ランキングです!

こちらも合わせてお楽しみください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー