日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


憧れの場所へ、これからの私へ。

横浜に憧れて上京したわたしにとって、

みなとみらいのインターコンチネンタルホテルは憧れの象徴。


「え、あそこ ビジネスホテルみたいに泊まれるよ。」


えええ〜⁈


…というわけで調べてみたら、

平日の食事なしなら

旅行先のホテルに泊まるのと変わらない値段で

泊まれることが発覚。




お茶をしに行くだけでもときめきまくりなあの場所に、

泊まってきました!


IMG_2175.jpg


「この場所に立ったら、どんな景色が見えるんだろう?」

「その時の自分は、何を感じているんだろう?」



~そんなことをイメージする対象だった場所にて、

夜景から、時間とともに移り変わる景色を満喫。

IMG_2176.jpg

IMG_2178.jpg

IMG_2180.jpg


思い入れがあるだけに、すご〜く豊かな気持ちになりました。




この場所は象徴ですが、横浜に憧れたことで出会えた

たくさんの人たちや時間を思うと、感慨深いですね。




いい気分を これからにつなげたいなぁ……というわけで

5年後の私、10年後の私、15年後の私へ手紙を書いてみました。


(っていっても、思い浮かんだことを数行ずつ書いただけですけどね☆)



何年後---というタイムラインで想像をするのが苦手な私ですが、

数年後の自分へ向けての声掛けや問いかけをイメージすると

不思議なもので、世界がどんどん広がって行き。


これまでの私の考え得る“数年後の構想”にとらわれて

自分の枠をせばめていたかもしれないなぁ。


~ということに気が付きました。



もっと、おおらかに。

目的を手放すくらい、身を委ねてみてもいいのかもしれません。




今度は「食事付き」を目標に、

新たな一歩をるんるんで踏み出したいと思います♪
  1. ドキドキ。
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

繊細なJewelyの如く

スカイツリーのお膝元にお邪魔してきました!


P7300484.jpg

一昨年から、こちらにときどきお邪魔しては

完成までのドキドキを感じていたのですが

こうして夜空を照らす繊細な輝きを目の当たりにするのは、初めて。

見上げても見上げても上がある---その存在感に

ひたすら感嘆する私なのでした。



Jewelyのような繊細さとともに、

3.11の地震でもビクともしない 強靭なしなやかさ。




美しさの中には“強さ”も含まれているのかもしれません。






おススメは、空気の澄んだ冬とのこと。




今度は下からの眺めと 一面を見渡す景色、

両方を堪能してきたいと思います。



  1. ドキドキ。
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

裁判所へ行ってきました。

こんにちは、梅花です!


「裁判所の傍聴…って行ったことある?」

「ない…。けれども、行った人がすごくおススメしていた。

 一回行ってみたいんだよね。」

「行ってみようか。」


~そんなわけで先日、裁判所へ行ってきました。



よくよく調べると、東京地方裁判所では

毎日のように何らかの裁判が時間ごとに

いくつも同時に行われており。


まずは傍聴券が必要なもの…ということで。

9:45の傍聴券配布を待ち、

物々しい建物の中へ入って行きました。


何が物々しいか…というと、入り口で

空港のような持ち物検査があるんですね。

あと、刑務官の方の制服が深緑色なのです。


(懐かしい感じがしたのは…

 網走刑務所博物館によく行っていたからかもしれません。)


私たちがまず傍聴したのは、

暴力団同士の抗争で白昼に銃撃殺人が行われた事件の

直接犯行に及んだわけではないけれども

糸を引いた疑いがあるとして被告として出廷していた

参考人への質問の裁判。




お昼は食堂があるので、おそばを食べ…。

101210_1226~01

↑たくさん職員・傍聴人がいるんですね。

列になっていましたよ。



次に、足立区の強姦・強制わいせつ事件

その後、無銭飲食事件

その後、公衆わいせつ事件の判決

そして、わいせつDVD販売事件

そして、大麻保持で逮捕された被告の事件



~どうしてこういうラインナップになったかというと…。



私たちが(3人で行ったうちの、2人)が寝ないため


ちょっと刺激的な裁判の方が好奇心が沸くのでは?

~と、時間的にちょうど合うものを探したからなんですね。





「なんで眠くなるのかな~?こんなに興味があるのに」

…と思っていたのですが、理由は明白。

被告人が、本音を話しているか、

うわっぺりをウダウダ話しているか。




サボタージュだったり、

話すには都合の悪いことをカムフラージュするために

わざと関係のない話を引っ張り出してきたり。

そういう、意識上・言葉の上での現象と

意識下・無意識下のブロックとが場の雰囲気を支配し

もやっとした感覚になっていたんですよね。



コーチングでは、絶対にあり得ない。

(私は見過ごしません。)

でも、ここは法廷の場で。

本人に本音を話す気がないんですから、しょうがないですよね。



暴力団のケースで特に思いましたが、

ここにはきっとたくさんの人の利害がからんでいるんだろうな。

この人が本音を言ったら、

一体どれだけの人の人生に支障をきたすのだろう?



私たちが生活をしている同じ時間軸で、

こういった人たちも、同じように当たり前の毎日を生きている。

~それは…なんだか感慨深い、再発見でした。




「被告人」と呼ばれる人を、こんなにも間近で

まっすぐに見つめられる機会というのは初めてで。


ケースによって、それぞれの世界の住人という表情はしていましたが

私には、町ですれ違ってもきっと気がつかない…普通の人間に見えました。

むしろ…自己肯定感が低そうな人。



傍聴人の視線を、痛そうに眼をそらす人。

(私がガン見し過ぎ?)

傍聴席で、奥さまが泣いているケース。

はたまた、言葉ではどんなにきれいなことを並べても

本当はそんな気がさらっさら無い…

ということが分かるケースもあったり。



一日で、本当にさまざまな人生模様を体験させていただきました。




小学生がたくさん見学に来ていましたが、

傍聴には誰でも、法廷がやっている限り、身に来ることが可能だそうです。



私がボランティアをしているYは中二ですが、

連れて来てあげたいな。


多感な時期だからこそ、社会に触れさせてあげたい。


TVの中から流れてくる、“ニュース”の一部ではなく…。

生身の、生きている人間の人生に触れさせていただく機会。

そして、私たちだって…いつ、どこで当事者になるか、分かりません。



あらためて、

人の成育歴やシステムに関心を持つ機会となりました。


  1. ドキドキ。
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「未来に近づくよりも先に、未来が私たちをキャッチしている」

CA14PY4J.jpg


先日北海道会議(東京会議 Hokkaido)でお話くださった

山本先生のイタリアのお話が興味深く、

イタリア文化会館で行われていた

「創造と再生」

日本ーイタリア国際シンポジウムにお邪魔してきました!




昔の有名な絵を修復する、修復師という仕事があるということを

「冷静と情熱の間」で聞いたことがあったのですが、

その“再生”を、最新の機械やインターネットを駆使して“創造”しているそうで。




その、想像もつかないようなハイテク技術~これからの未来への考察を

午前からさまざまなプレゼンターを介して紹介下さる場がこちらのシンポジウム。

HITACHIではこういった研究を続けてきたそうで、

本当に、本物みたいに見えるんですよ~!




CAG2033P.jpg





よくよく見るとでこぼこがない!不思議ですよね。


私は後半の参加だったのですが、

休憩時間に北海道会議のみなさんがちらほらいて

「わぁ~♪」と異空間での再会を楽しんでおりました。




山本先生のお話はイタリアの方のプレゼンの中でも何度も取り上げられていて

さり気ない、それでいて堂々たる存在感が浮かび上がっていました。




中でも印象的だった言葉が、座長を務める女性の


「未来に近づくよりも先に、未来がわれわれをキャッチしている」


という言葉。


時空が混ざり合うというか…、




過去と現在が融合することで、


未来が生き物のように意思を持って近づいてくる。


そんな、不思議な感覚を覚えました。





終了後は、九段下の中華料理屋さんで、

円卓を囲んでミニ北海道会議。



みなさんのおかげで、今日もまた新たな世界に一歩


足を踏み出すきっかけをいただきました。





ここにも、そしてあなたにもーーー



未来が今のあなたをキャッチしに来ているのかも、しれません。


未来に近づくと同時に、


未来からの使者を迎え入れていきたいですね。











  1. ドキドキ。
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

メディア・社会・つながる私たちの未来への可能性~Social Desginers Drinks8.26

昨日、Twitterの告知で知ったイベント「Social Desginers Drinks8.26」に参加してきました。

当初、社会起業家、Twitterというキーワードがあったので

「今までとはまた違った世界が広がるかも?」

・・・とドキドキしつつ、六本木へ。


行ってみると、Twitterを見てきた人は10人くらいで

社会起業に興味があって、実際に活動をされている学生さんや

支援する社会人、そして自らがそういった活動を

最先端でされている人たちの集まる場でした。


SSD 001

ユナイテッドピープル株式会社 代表取締役の 関根健次さん

 「イーココロ」「ワンクリック募金」などで雑誌でも注目を集めている、関根さん。

 後ほどお話をさせていただいたのですが、ご自身の衝撃体験を原点に、

 「奪い合いから分かち合いの世界を目指す」活動をされています。


特定非営利活動法人チャリティ・プラットフォーム理事長 佐藤大吾さん

「良いことをしたい、でもどうすればいいのか分からない」という人と、

支援があるとさらに活動が推進される

NPOなどをつなぐ仕組みを作っています。


greenz.jp クリエイティブディレクター 兼松善宏さん 

 「世の中には、本当は素晴らしい情報がたくさんある。そのことをもっと伝えたい。」

 ・・・というポジティブな発言、すてきでした!

 昨年のアメリカ選挙時に、オバマ大統領のSNSやブログ・Twitterを駆使した戦略を調べていたら

 Twitterでオバマ大統領のアートでぃれくションをしている人から「日本に来るので会わないか」と

 ダイレクトメッセージが来て、ご縁が広がったとか。

2025PROJECT 発起人福井崇人さん
 
 「公害のデパート、尼崎で育ったので

 環境問題や社会に目が向くのは自然なことだった」

 ・・・と、とってもナチュラルな語り口調で

 20年後の未来:2025年が持続可能な未来であることを目指して

 カンボジア・アフリカ・ネパール・インドをはじめとする

 世界のさまざまな状況を伝えつつ

 「何ができるのか?」→足りないピースを見つける活動を

 宮崎あおいさん、川嶋あいさんなど、世の中に影響力の大きな人と共に

 メディアを通じて行っています。

●映像作家 丹下 紘希さん 

 湾岸戦争が起こっている頃に、

 「テストなんかしている場合じゃない!」と白紙で出して

 単位を落としたことがあるんだそうな・・・。

 ミスチルや絢香など、アーティストのPVなどを手がけて

 熱烈なファンが多い丹下さんですが(ネットで検索して、そのすごさが分かりました)

 「障害者があたりまえにはたらけるニッポンへ」がキャッチフレーズの

 あたりまえプロジェクトなどに携わり、活動を展開されているそうです。

 熱くこみ上げてくるものを言葉にして空中に置いていく真摯な語りに

 惹きこまれ、思わず釘付けになってしまいました。

Warner Music Japan 四角大輔さん

 「アーティストたちは社会や世の中の仕組みにとても敏感であり、

 つねに何かを生身の自分を通して発信していこうとしている。」

 ・・・その社会に向けた感性に惚れ込み、ファンだけではなくもっと広く、

 グレーゾーンの人にも届くメッセージとして広めたい、と。

 興味のない人に、どう興味を持ってもらえるか。

 そこにはメディア+実感が大切である、と感じているとのこと。




~といった方たちが、

一部「社会企業家という生き方」

二部「メディアとクリエイティブの未来像1-今後の目であのあり方と社会の関わり」

三部「メディアとクリエイティブの未来像2-アーティストと社会的活動」ということで

とても気付きと学びの多いトークを繰り広げてくださりました。



こんなにたくさんの方が、素晴らしいことをしているのだと

知る機会をいただけたこと、感謝です。



そして、それまでは「だれかのもの」という遠い意識にあったメディアの存在が

TVや音楽・アート・そしてブログやSNS・Twitterなどを通じて

私たち一人一人に開かれている。



窓を開くと、広大に広がる海を目の前にしたような・・・

不安と期待と未来の入り混じる不思議な感覚。

これが、「私たちの未来への可能性」なのだろうな、と感じました。



自分の仕事のスキルを、世の中をよくしていくことに役立てていく。

このスタンスって、とても大切なんだなということを感じると共に、

社会にとっていいことって、じつは

自分サイズからいろいろできるのだということをあらためて感じました。



それを私に置き換えるとーーー

社会を元気にする活動として

コーチングでクライアントさんの可能性をサポートすること。

講座で「女性部下の力を引き出し、上司をメンターにする方法」

「保育士さん向けコミュニケーション講座」を通じて

お互いを生かし合い、循環の良い社会を作っていくこと。

ハンドマッサージで人の心と体をつなげていくこと。

歴史の会で、「勉強っておもしろいのか!

しかも、ついでにめちゃめちゃ学べちゃうよ~!!」

…という体感をお裾分けしていくこと。

(野望は、中学か高校での授業で、マキ山さんに講義をしてほしい。

 受験のための歴史じゃなく、より良く生きるための歴史に変わるから。)

あとは、私自身がやりたいことをちゃんとやって、

「大人も楽しいんだな~。」という背中を子どもに見せたい。

(月一ボランティアのYには話しています。)

これらは少しずつ浸透してきていることもありますが、

さらに深く・・・本当に必要としている人に

届くような工夫をしていきたいんですよね。




で、これから。




さらに視野を広げて行きたいと思っているのが、

やっぱり児童養護施設の子どもに関することなんですよね。

児童福祉出身の私だからこそ、伝えられることがあるんじゃないか。

アンテナを持っていなかった人にも。


ここは、今自分がやっている

月に一度の子どもとご飯を作って食べるボランティアの他に

どうかかわっていけるのか。どう切り込んでいけるのか。

自己満足ではなく、本当の意味で彼らの役に立てることはなんなのか。

社会福祉協議会で、里親の育成プログラムにかかわらせてもらうのか。

「里親の一歩手前の、人生のパートナーみたいな大人がいたっていいじゃん」

(~いま、私がやっているようなことですが。)を形にしていくのか。

ボランティア育成を手伝うのか。

(また、園によっても需要とその中身が違ったりするので微妙ですが。)

まだ、人がやっていないことで、見落としがちなこと。

私ならではの何かができないだろうか・・・。




そこを模索しつつ、何かの形にしていければいいなあと思っています。


これも、アンテナ立てておけば何か引っかかるでしょう(笑)




SSD 002

特記しておくべきは、

これらのイベントを立ち上げたのは

●慶應義塾大学環境情報学部一年の鶴田浩之さんと

●駒澤大学社会学部3年の江口晋太郎さん

…だということ。若いんですよ~!!


2週間前に思いつき、声を掛け始めて

これだけのゴージャスなゲストと共に

100人弱が参加したというからすごいです。

「世界一斉同時ゴミ拾い」を呼びかけたりもしています。



この、若いまっすぐなエネルギーが

さらに自由に羽ばたける社会って素敵だと思いませんか。

私はとっても感動いたしました。



それにしても、Twitterの書き込みでこれほど世界が広がるとは・・・。

おそるべし?!

・・・いえいえ、

「無限の可能性を秘めているものだ」

と、あらためて感じました。


  1. ドキドキ。
  2. / trackback:0
  3. / comment:3
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。
「子どものために、大人が輝く背中を見せる」をモットーに保育やコーチング・コミュニケーションを切り口に・講師・執筆・監修を通じて日本を元気にする活動をしております。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長の傍ら、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行っています。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中♪

【認定こども園エクレス】
 認定こども園、新制度へ移行しました!私は保育園部の施設長です。

【保育士コミュニケーション講座】
DVDの販売を行っています。お役立てください♪

【講演依頼・取材・お問い合わせ】
   ~Imfomation~
こちらからよろしくお願いします。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・コンサル・アドバイスは、こちらからどうぞ!

【梅花ブログの楽しみ方】   
 ~About Blog~

詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

人気記事ランキング

謳歌日記人気記事ランキングです!

こちらも合わせてお楽しみください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー