日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


喜連川温泉と、震災の傷跡

宇都宮での研修が二日間だったので、

せっかっく泊まるなら・・・ちょいと足をのばして喜連川温泉へ

k14695361_1469898386359585_5151610641716322407_n.jpg

k14641921_1469898256359598_2579154826706510908_n.jpg

温泉・地元の日本酒・朝のお散歩という幸せ。

k14502748_1469898249692932_3531853801205527666_n.jpg

アンケートから昨日の講座の振り返りを行い、

LOVEあばしりの今後について考えるひとときでした。





じつはこの辺り、朝のお散歩で気が付いたんですが

青空市場や老人施設・温泉施設の跡地があり。

k14633054_1469898353026255_2354558848493180329_n.jpg


今は草むらになってしまっている素敵な遊歩道があったり。

高台地から河原に広がる光景を見渡せる

タワーがあったりしたんです。


設立日らしきものを見ると、昭和60年とあって、30年あまり前。


もったいないな、こんなにいいところなのにーーー

このあたりに、何があったんだろう?


~そんな疑問を、

帰りの送迎者の中で運転手さんに聞いてみると・・・。

k14671198_1469898299692927_2256222980827306434_n.jpg


「地震で、崩れちゃったんですよ。それ以来。」

この辺りはつつじや桜など、季節の花が咲く美しい観光の名所だったそうな。

それがなんと、3.11の大きな揺れで先にある崖が崩れて

その下の方にった宿泊所も閉じざるを得なくなり・・・


経営的に大打撃を受け、

修復の目途もつかず荒れた状態になってしまっているのだそう。


このあたりの営業を再開したのも、ここ数年だそうな。



「遊歩道、お散歩したかったです・・・。」


かろうじて桜の名所であったこの先の地域は

桜の季節だけ解放をするそうなのです。

震源地からはかなり離れているはずなのに、

やっぱり温泉があるということは山脈は地下でつながっているということ。


地震の影響を受けるのは、恩恵の裏側にある自然の摂理か・・・

なんとも切ないですね。

k14721524_1469898346359589_7271946402446360675_n.jpg


3大美肌の湯に数えられるしっとりうっとりな泉質の

とても気持ちの良い温泉地、喜連川温泉。


私が泊まったのは、ニューさくらというホテルでしたが

古くからの建物を大切にケアしながら暖かなたたずまいと

丁寧なおもてなしを感じる場所でした。

http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/144481/144481_onsen.html


朝食バイキングでは、

地元のゴボウやタケノコのお惣菜の味付けの素晴らしさに感激!

地のものの良さを生かす術をさすがご存知です♪

(私も家でトライしてみよう。)

k14666200_1470001976349226_7197979007188797275_n.jpg


ぜひまた、行きたいですね。


これからの季節、秋の紅葉を見ながら

喜連川温泉を楽しんでみてはいかがでしょうか。
  1. 地域とのご縁
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

沖縄にて、過去・現在・未来への懸け橋に思いを馳せる4日間。

今回、ご縁をつないでいただいて 

沖縄の園長先生に企画いただいた研修会を

土日で担当させていただきました。

oki7413.jpg

oki754.jpg

講座の様子は、また後日UPしますね!



そんなわけで・・・

金曜日の午後から保育園のお休みをいただき、沖縄へ。

台風の影響も懸念されていたのですが、大雨の東京から

お天気に恵まれた3日間を過ごさせていただきました。

okisea75.jpg

(正確に言うと、ところどころ雨は降っているのですが、

 移動中だったり、特に影響なく過ごさせていただきました。感謝。)


企画くださった園長先生たちのご配慮で、

沖縄料理や音楽を楽しめるお店・

国際通りの奥にある老舗のお洒落なBarに連れて行っていただいたり。

oki743.jpg


oki741.jpg

oki744.jpg


南風原の野戦病院後~歴史資料館で 

戦時中の様子やその後の変わりゆく沖縄の様子を学ばせていただいたり。

oki7410.jpg


oki748.jpg


oki749.jpg


講座後に地元の居酒屋さんで懇親会をしていただいたり。

絶景スポットで写真を撮る機会をいただいたり。

oki758.jpg


斎場御嶽という祈りの場へ、連れて行っていただいたり。


oki7510.jpg


oki7512.jpg


oki7516.jpg


地元の方がお祝いの時に訪れるという

アメリカンなステーキハウスで打ち上げをしていただいたり。

samus1.jpg


samus2.jpg

保育園と地域とのつながり・

取り組や子どもたちの様子を見せていただいたり。

mituwa1.jpg


mituwa2.jpg


平和祈念館・資料館でお祈りさせていただいたり。

heiwaki2.jpg


seiwaki.jpg


沖縄は以前 二度訪れたことがあったのですが、

(一度目は愛児園時代の職員旅行で、宮古島へ。
 
 二度目は3.11の前後に家族旅行で。)

そこで生活するみなさん・土地・地域・歴史背景を知ることで

風土や生きざまといった沖縄の空気感を感じることができました。




歴史好きな私としては、

琉球王朝・島津さんに侵略支配された時代・

日本になってから、戦時中・沖縄戦・戦後のアメリカ支配下にあった時代・

沖縄返還ーーーーと、

縦の時代の流れとしての歴史パネルがつながり、

沖縄の歴史地図がリアルに浮かび上がってくるのを感じました。



じつは 沖縄には、

ガイドブックに載っているウキウキな観光風景と、

日本語の通じる海外に来てしまったような不思議な感覚と

壮絶すぎる70年前の記憶ーーーーがどうしてもパズルとしてはまらず。

不思議な感覚を持っていたのです。

それが、今回、ようやくつながった気がしました。



野戦病院のあった山が遊び場だった先生のお話から、

骸骨や銃弾の残骸を遊び道具にしていたという朗らかなお話を聞いて、

おったまげました。

(↑超驚いた!って意味です。)



観光ガイドで紹介されている、ウキウキな沖縄は、

地元の方たちが、痛みを現状を受け入れて

生きて、そこから創り上げた延長線上にあるんですよね。



地元の皆さんの懐の深さと受容力・たくましさに、心からの敬意を抱きました。




光と、影が共存する場所。


なんだか、網走と似ているなぁと。


そしてちょっと、言葉のアクセントも似ているんですよね~。


親近感の湧く場所でした♪



戦後70年の節目。

いま、この時に沖縄とご縁が持てたことに感謝しています。



みなさま、どうもありがとうございました。


そして、これからもよろしくお願いします!

  1. 地域とのご縁
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。
「子どものために、大人が輝く背中を見せる」をモットーに保育やコーチング・コミュニケーションを切り口に・講師・執筆・監修を通じて日本を元気にする活動をしております。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長の傍ら、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行っています。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中♪

【認定こども園エクレス】
 認定こども園、新制度へ移行しました!私は保育園部の施設長です。

【保育士コミュニケーション講座】
DVDの販売を行っています。お役立てください♪

【講演依頼・取材・お問い合わせ】
   ~Imfomation~
こちらからよろしくお願いします。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・コンサル・アドバイスは、こちらからどうぞ!

【梅花ブログの楽しみ方】   
 ~About Blog~

詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

人気記事ランキング

謳歌日記人気記事ランキングです!

こちらも合わせてお楽しみください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー