FC2ブログ
  • 2020_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2020_08

日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


まいにち帝王学:心の在り方を見直してみる

今日はとうとう、日中は全く上着のいらない一日でした。

すごいなぁ。


人間界では(細胞界も含めて)いろいろなことが起こっていますが

自然界では、ちゃんと季節の移り変わりとともに営みが進んでいる。


リーマンショックの時に行った曽我梅林で

閉鎖になったたばこ工場のおじさんたちが酒盛りをしていて

「お姉ちゃん、飲んで行けよ。」

と声を掛けてくれたのを思い出します。


まずは、「生きている。」

「生かされている」ことに感謝をして、

日々と向き合っていきたいですね♪


202003181.jpg


まいにち帝王学は、こちら!


 * * * * *


心の在り方を見直してみる


世の中には常に悪い結果のみを引き寄せる人と、

何をやっても常にいい結果を残す人とがいる。

この違いは、自分の心が原因となっている。

心が否定的だと、

ものごとの陰要素のみを捉えるようになり、

成果結果も悪くなる。


悪い結果が続くときは、

心の在り方を見直してみることだ。


 * * * * *


前に進もうとしているのになんだか反発を受ける・・・

やることなすこと、足止めをもらう感覚がある・・・


そんな時は、

自分に感謝が足りなくなっていたり

エゴが肥大しすぎて、周りに感じの悪い態度をとってしまっている時かもしれません。


残念なことに、物事がうまく進んでいくと

支えてくれていた周囲のことが見えなくなることがあります。


そのことに気が付くと、ちくっと刺されたような。

穴があったら入りたくなるような気持ちになります。


が、それでいいのでしょうね。


上手くいかないときは、

自分のあり方の何かがずれている時。


いただいたサインを謙虚に受け止め、
コツコツとできることを積み重ねていきたいですね。


  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト




まいにち帝王学:陰極まれば陽になる

ひそかに。


研修や打ち合わせに行くときに、
打ち上げが落ちていると報じられているお花屋さん応援で
ミニブーケを園にもっていったり。


網走のお土産産業を応援すべく
大人買いした食べ物などをお裾分けすることにしています。


ほんの少しでも、分かち愛(合い)
喜び愛(合い)の循環を回していけるといいですね~。


202003171.jpg


まいにち帝王学は、こちら!


 * * * * *


陰極まれば陽になる


陰陽は必ず等価交換する。

悪い事の後には、必ず良い現象が現れる。


夜の次には朝が必ず来るのと一緒だ。

明けない夜はないのである。

過ぎたことを後悔しているのは、時間の無駄のみならず、

こだわっていると更に運気が悪くなってしまう。


次はいいことがある!と開き直ることだ。


 * * * * *

研修のご依頼をいただくと、
基本的に、いつも事前アンケートを取らせていただいて
その声にちなんだお話をちりばめるように
活用させていただいているのですが・・・。

園内研修のご依頼をいただいた時に、
テーマと担当の方の覚悟によっては
「こういう声がありましたよ」
~というのを、

●うまくいっていること
●課題と感じていること
●理想の状態

・・・という観点からレジュメにまとめ、
職員さんと共有をさせていただくことがあります。

じつは、この声自体が 
園内の職員さんたちにとって目が覚めることも多く。

園長先生に至っては、衝撃を隠せない中でも
「この声を聴けただけで、研修をお願いした価値があった」
~という声も頂きます。


…これは、私自身のTLC体験
(360度フィードバック)にも由来します。

長(園長・施設長)の持つ心や行動傾向のシステムが
組織に大きく影響を及ぼすーーーというのを勉強してきており
うすうす、嫌な予感がしていたのですが・・・

かつての施設長時代、
なんだかわからないけれども人が辞めていく、
病気やケガが増えていく、
不安の声から、不思議な現象が重なる・・・
~といった事態に陥ったことがあります。

その時、藁にもすがるような思いで受けたTLC。
「自腹で〇万円払うので、率直に聞かせてください」
とお願いして無記名でネットを通して入力してもらったのですが・・・

結果のフィードバックを受けて、
あまりのひどさ憤りを感じるやら、
消えてしまいたくなるやら、
本当に出勤が怖くなりました。

「私これから…どうやって生きていったらいいんでしょうか?」
~担当してくださった先輩コーチに振り返りのセッションで相談をする中で
「痛いけど、全部受け止めて職員さんと向き合ってみたら。」
~とアドバイスをいただき。

腹を据えて受け入れていく中で
声が上がるのは、みんなが本当は
園に良くなってほしいという
願いを持っているからだということに気が付きました。

すぐに都合の良い解釈をして
暗い海底から少しでも光のある世界へと
浮き上がりたくなるというか
腹が逃げたくなるんですが・・・

もう、開き直ったもん勝ちです。
あとは、良くなるしかないですよね?

言い訳してもしょうがないし、
「じゃあ、どうしていきましょうか?」
「何ができそうですか?」

~と、みんなで考えていくプロセスに
園全体が育てられて行った感じがありました。


園内研修をしていると、
日ごろの人間関係の利害関係が研修後にも直結してくるだけに
直視できずに無理に明るく盛り上げるような、
茶を濁すような雰囲気になることがあるんですが・・・
「ゴールがどこか?」にもよりますが、
もしも本当に覚悟を決めて変化を選びたいという思いを感じる時には
安全な場を創り、その場の感情にアクセスをして、
伝わってくる恐れを代弁するようにしています。

そうすることで場に「自分だけじゃないんだ・・・。」と気づきが起こり
結果的に全体の自己受容が深まるような感覚が生まれ、
ポジティブなエネルギーへと変化していくのを
何度が体験させていただいております。

陰と向き合い、受け入れることで
はじめて光が見えるのかもしれません。

陰陽の等価交換って、本当ですね!

そう思うと、今 世界的に起こっていることにも
しっかり向き合い、受け入れていくことで
光へと転じるきっかけにつながっていくのかもしれません。

  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:未来は自分で選べる

今日は、1か月前に購入してそのまま放置にしていたニトリの棚を

意を決して組み立てました。


それが嫌で嫌でしょうがなかったので、

景気づけにうめちゃんねるの編集を強化すべく

Youtuberの方の「動画の編集の仕方」という動画を見ながらやっていたのですが

やはり人気のある方の工夫の視点・努力の仕方が素晴らしいですね。

とっても勉強になります。


棚はあっという間に(思いがけず)組み立てられたので、

今度は趣味と自分の成長のために

Youtube動画の編集動画をまた見ようと思います♪


202002201.jpg


まいにち帝王学は、こちら!


 * * * * *

未来は自分で選べる


全てのものごとには表と裏がある。


“未来”という一極にも陰と陽の二元が存在する。

すなわち、明るい未来と暗い未来だ。

夢や希望のある未来を見たいのか、

不安や恐れのある未来を見たいのか、

そのどちらを垣間見るのかは本人の意識一つである。


 * * * * *


これ、つい・・・引っ張られてしまいますよね。


どちらかというとーーー

不安や不満など、ネガティブな方向に。


私も基本、根暗なので 

昨年くらいまで、朝起きてすぐは

懺悔と後悔の気持ち悪さで

自責の念の中目を覚ましておりました。

(夢の中で飲み会の反省会を寝言でしてました♨)


当然、そのまま引きずるので

一日のセットアップも最悪です。


あるとき、それが

自分の持っているシステムなんだなと気が付き

意識的に切り替えるようにしました。


~そうして気が付いたのですが・・・

後悔をしたり。

誰かのことを気にしたり。

誰かのことを批判したりしているほうが、楽なんですよね。

自分と向き合わなくて済むので。


「どうなりたいのか?」

「どんな未来を選びたいのか?」

~ここに向き合うほどに、じりじりとストレスがかかります。

なぜなら、自分の至らないところを直視せざるを得ないから。


ああ、私って未熟だなぁ~。。。

穴があったら入りたいなぁ~。。

でも、結局隠れてばかりもいられないし

そもそもほかの人には駄々洩れですよね・・・・。

~と、痛い現実と向き合うことでもあるのです。


だからこそ、ここと向き合うとご褒美があります。

一歩ずつ、現実を積み上げていく中で、

本当に向かいたい未来への階段ができてくるから。


せっかく選べるならば、わくわくする未来を!

腹を据えて、見つめていきたいですね。


  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:結果が出るのを焦らない

いや~、今日はスーパー秘書さんに相談に乗ってもらい、

事業の整理をさせていただきました。


現在、お願いしたいことが山ほどあって

(強み:戦略性なので、頭の中で考えることは山ほどあるのですが

 現実的に手が回ることが追い付かないもどかしさが満載です)

それをどこまでどのような形で整理していけばいいのか?


話しながらも自分の事業の見直しにもなり、

手を付けられていなかったことが前に進んでいく感覚もあり

とってもありがたいですね~。


まずは、目下のレジュメに取り掛かります!


20200206.jpg


まいにち帝王学は、こちら!


 * * * * *


結果が出るのを焦らない


結果には時系列がある。


すぐに現れるものと、ずっと後に現れるものがある。


一般的に、すぐに実になるものは非常に小さい結果となる。


忘れた頃にやってくる結果は、
何故こんなに良いことが起こるのだろう?
と考えてもわからないくらい大きくなる。


結果を焦らないことだ。


 * * * * *


そうですよね・・・!


じつは、2008年に保育士さんのShaberi-BA☆
(保育士コミュニケーション講座の前身となるもの)
を始めた頃・・・

ぜんぜんお知らせがヒットせず、

東京の保育園に80通くらい

当時のパートナーだったゆうちゃんと一緒に

自分で印刷したチラシをせっせと郵送しても

何をしても、アクションがありませんでした。


保育関係者に出会っても、

「うち、人間関係いいので。」

「コミュニケーション取れてるので。」

~といわれるばかりで、自分でも何をやっているのか分からなくなり


「必要としている人」はいるはずなのに、なかなか届かな過ぎて、

自分の独りよがりなのではないか・・・。

私が思っているほど、困っている人・

必要としている人はいないのではないか・・・。

~と、地球上の生物から自分の存在を無価値だといわれているような

心細くて、怖くて、そんな思いを抱えながら

日銭を稼ぐためにアルバイトに行っていましたね。


当時の仲間にふにゃふにゃ泣き言を言っては

「あんたがやらないで、だれがやるの!」と喝を入れられ。


どこにも逃げ道もなくて、もう、やるしかないと腹をくくって

ブログで発信を続けてきた中で

ちらほらと参加者に届くようになり、

外部からの依頼も頂けるようになり
「やっていることは間違いではなかった」

~と、思えるようになりました。



これは、LOVEあばしりのときもそうで。

(網走、と書いてある人に

 片っ端からメッセージを送り続ける中で

 少しずつ参加者が増え、仲間が増えていきました)


保育コミュニケーション協会に至っても、

同じプロセスの繰り返しです。


「いま」目の前の結果を焦ると、わたわたしてしまいますが

大切なのは、今、打てる手を全て打っておくこと。


人事を尽くして天命を待つ。


タイムラグがあって

忘れたころに 本当に必要としてくれている人とつながることがあります。


ちなみに、10年来の飲み仲間やお楽しみ仲間たちは、

だいたいこの、私の
プスプスしていた時期を共にしてきた人たちです(笑)


「あの頃は六本木で・・・」なんて、

カレーランチバイトのチラシ配りをしてましたので♪




  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:できるかどうかはやる気次第

2月4日の記事ですね!

この日は、東京で研修があるということで
その前に恩師のお見舞いに行ってきました。

手から手へと伝わる「生きる」エネルギーの伝播を
体感するひと時でした。

やっぱり、体温って大切ですね!

その後は、
「輝く保育者のコミュニケーションスキル34」
~をテキストにした保育法人さんの新人研修を担当させていただきました。

そして終了後は・・・
バタバタと、認定ファシリテーター講師育成講座
ZOOMの5回目となりました。

今回で終了となるメンバーもいて(集中実践・テスト済み)
なんとも感慨深いひと時でした!

202002104.jpg

まいにち帝王学は、こちら!


 * * * * *

できるかどうかはやる気しだい


才能が無くて辞めた、

他者や環境が合わないからできない、というのは、

ただ単にやろうとする気持ちが足りないだけである。


どんなに才能が無くても、

どんな悪環境に置かれても、

成果を出す人は出すし、出さない人は出さない。


 * * * * *


言い訳は、いくらでもできる。


~というか、基本 言い訳が大得意です!!


グダグダしてますし、

ダラダラしているうちに一日が終わってしまいますし

お気に入りの動画を見つけると、

関連動画からずっと見ていて気が付くと日が暮れていたりもします。


だって・・・気が乗らないから。

だって・・・準備ができないから。

だって・・・苦手だから。

だって・・・不安だから。


で、グダグダしていて---
損をするのはだれかというと、自分なんですね♨


そうなんです。
弱い心と、日々対峙しています。

環境や状況を、言い訳にしない。
今できることは何か?

こんな状況だからこそ、考え抜く。
そのためには視野を広げて、状況をとらえて。

言い訳せず、「やる」と決めるところから
全てはスタートするのだと思います。


  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長を経て静岡県を中心に各地へ、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行いながら、保育コミュニケーション協会 代表をしております。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中

虹募集中認定ファシリテーター講師育成講座 4月スタート園内ファシリテーター育成講座 4月スタート (関東・関西)・保育コミュニケーション協会 オンラインサロン 担当

虹公開講座

12月8日「意見を出しやすい会議のポイント 会議ファシリテーション

1月19日「保育はたら方カフェ~変化する保育とその葛藤

キラキラベルその他詳細はこちらをご覧ください


TVうめちゃんねる

 ゲストとの対話を通じて保育・子どもへのまなざしなどお話しています。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・研修依頼は、こちらからどうぞ!
【梅花ブログの楽しみ方】 ~About Blog~
詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

« 2020 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー