FC2ブログ

日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


まいにち帝王学:生き金を使う


おかげさまで・・・
怒涛のマネジメント研修5Daysが終了しました。

201912211.jpg

月曜日:静岡県東部(沼津)1日目
火曜日:静岡県東部(沼津)2日目
水曜日:東京都マネジメント3日目
木曜日:静岡県中部(グランシップ)1日目
金曜日:静岡県東部(沼津)3日目

みなさんの信頼によって支えていただき
いただいているご縁なので
倒れるわけにはいかないなぁとじりじりした思いを感じておりました。

「一日、話をすること」ではなく、
「会場の参加者と場に意識を向け、ホールドし続けること」
による精神的な緊張感を
「大丈夫だろう」と気合で乗り切れない年になってきていることにも気づいたり。。

自己管理の甘さを痛感し、深い反省に陥ったり。

場の声を聴いているうちに
プログラムを横断してダイナミックな語り合いの場になったり。

最終日のアンケートによる皆さんの感想から
エネルギーの循環で元気をいただいたたり。

よい経験をさせていただきました。

今日はこれから陰陽五行論塾で学びとセンタリングをし
エネルギー充電の時間を経て
週明け中部の2日間を充実した時間にしてきたいと思います。

まいにち帝王学は、こちら!

 * * * * *

生き金を使う


お金の切り方で、その人物の器がわかる。


お金を嗜好品や贅沢など

自分のエゴを満たすためだけに使っているとすれば、

それは死に金となる。

相手の成長のために使うお金は生き金となる。

生き金を使う人は、より大きな資金、人脈、

チャンスを引き寄せる魅力を放つ人物となっていく。


 * * * * *


生き金にしたい・・・!

と、切に願います。


一方で、自分はどんな服でもいいからーーーとすると

配信時や研修など 相手のある仕事場において

不快感を与えてしまうこともあるため、

私の場合は「相手がうれしくなる出で立ち」であることを踏まえて

着物や日常の衣服を追加するようにしています。


(特にこだわりはないので、

 いいと思ったらリサイクルショップもairclosetも

 必要なもので似合うものであれば、

 色違いで大量買いしたりします)


一方で、相手の成長のためにお金を使うーーーということを、

どれだけできているでしょうか。


お先に失礼する場で、

「うちの子」の場合はお金を置いてきたりしていますが・・・

あ、そういえばY(うちの子の筆頭)に入学祝を送ったりもしていました。


損得ではなく、「この人を応援したい」という思いで行動する。


~そういう思いでご飯の場を設けてくれている

恩師:直人師匠や 粋なおもてなしをしてくださるのっしーさん・

おもてなしのお金の使い方をする夫など、

見習いたい人が周りにたくさんいることに気が付きます。


素敵な「生き金」の使い方ができる人になっていきたいですね~。





  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト




まいにち帝王学:遠回りや無駄足も必要

最近外に出ることが多かったのですが、

久しぶりに、まとめる時間・振り返る時間が持てました。


202012123.jpg


おかげさまで

いろいろな気付きが湧いてきたり。

波及してヒントにつながってきたり。

もやもやしていたことの濃度が変わっていくような感覚があります。


次年度の保育コミュニケーション協会主催の研修を、

よりみなさんにお役に立てるようにするにはどうしたらいいかな?など考え中です。


1年目をやってみて、まずは土台を作ったのはGood!でした。

足かけ10年つづけてきて、ずっと形にしたかったものなので。

これからさらに、必要としている人に届けていけるように

中身を濃くしてすそ野を広げていくことを目標にしたいですね。


そしてーーー課題は、

「必要としている人が受け取りやすい形で発信されているだろうか?」

ということです。

そのあたりも試行錯誤しながら取り組んでいきたいと思います。


≪ 保育コミュニケーション協会、

2020年のオンラインサロンのテーマと

来年度途中までの自主開催研修の日程をこちらに載せております≫



そして夜は、

認定ファシリテーター講師育成講座
 ZOOMの3回目「気付きを引き出す」が終了しました。
・どんな時に、人は気づくのか?ーー客観視・体験
・「ただ、やっただけ」にならないための振り返り
・気付きにどうブリッジを掛けていくか?どう問い掛けるか?
 ゴールはどこか?目的を明確に
・聴く=感じる
・相手の心の動きに気が付くのは、難しい・・・。
今回は園内をより良く変革していく


気づきーーー揺れる体験、自分の中の何かが気付き始めている時。

 辛くて痛いときもあるが、気づけたときに新しい世界が待っている。

~これらを踏まえて 今月末は実践の3回目です。


園内研修を現実的に進めていきたい方たちなので、

より実践的にどんな体感を持ち帰れるといいのか、

またプログラムを練り練りしてみたいと思います。


* * * * *


遠回りや無駄足も必要


人生はドミノ倒しと同じで、

偶然という必然の連続である。

一見、遠回りに見える体験も人生には必要なことなのだ。

無駄だと思っていた体験が

後になって役立つ、ということはよく起きる。


つまらないことと思わず、

一所懸命に取り組むと次につながっていく。


 * * * * *


ほんとうに・・・!

今日に至るまで、
・保育園・児童養護施設・派遣の保育士
・All About育児の基礎知識
・さまざまな接客業
・派遣会社に登録、一般事務の仕事は不向きだった。
・企業の人材採用スピーカー
・青山・恵比寿でタイの化粧品のフラッグショップの店員
 ~ハンドマッサージ→整体セミナー受講
・コーヒーを作ってもらう
 (自分のブランドとして)
・六本木のBARでランチカレーバイト

・・・などなどしてきましたが、
ご縁をいただいたものはいろいろチャレンジをさせていただきましたが
不思議なもので、
後々仕事の中で「あのスキルがあって、助かった!」
~ということがちらほら出てきたり。

会を主催するときなどに
12年来のご縁で来てくれるようになったり。

思いがけないご紹介をいただけたりと、
予測不能な化学反応を生み出しています。

その時には見えないだけで、それぞれに意味がある。
きっと無駄なんてないのでしょうね。

計り知れない天の采配に身を委ねて、
与えていただいた機会を大切にしていきたいですね。

  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:不平不満を言わない

浜松でのマネジメント研修3日目を終えました。

休憩時間に相談に来て下さったり、感動を伝えて下さったり。

運営をして下さっている先生たちから
取り組みのお話を聞かせていただいて
ネタが増えたりと、凝縮した一日でした。

201911264.jpg

帰ってからは、
近所の無人販売でGETした
青パパイヤとブロッコリー🥦をいただきました♬

まいにち帝王学は、こちら!

* * * * *

不平不満を言わない

不平不満を言うことは、
天に向かって唾を吐くようなものだ。
吐いた唾は自分に返ってくる。
だから、どんな状況であっても不平不満は言ってはいけない。

嫌なこと、辛いことがあったとしても、
それは今のあなたに必要があって起きていること。

今その体験をする必要があるのだと
受け入れることである。

* * * * *

先日、「なぜ、私がこんな目に!?」
~ということが募り積もって
「もういやだ!!」と思ったことがありました。

(そういう時期が続き、対応に必死過ぎて
 不満が止まらなくなりました。)

ですが、痛いご指摘をいただき
見たくない現状を振り返った時に
たしかに自分にも、逃げの対応や、落ち度がありました。

不満を言っているときは、向き合いたくないとき。
現実が痛すぎて、受け入れられないときかもしれません。

もしかするとーーー不平不満を言いながらも、
自分を正当化したりして、何度もそのドラマを再現し
「まさかーーー」
「まさかね。」
「いや、まさか、私か!?」
~と、現実を受け入れる準備をしていくのかもしれません。

おっしゃるように
「今その体験をする必要があるから、起きていた」のでしょう。

今起きているなにかも、きっと後々振り返ってみたら
「その体験が必要だったから、起きていた」
~ということがあるのではないでしょうか。

不平不満を言うことは、天に唾を吐くようなものーーー

そう思うと、恐ろしくて言えなくなりますね♨

まずは、起きていることと向き合い、受け入れて前を向く。
いう暇があったら、痛みをじっくり味わい
コツコツと自分なりの一歩を見つけていくことですね。
  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:ものの見方・捉え方を変える

保育法人さんの全体研修 2回目の前半。
今回は、保護者とのコミュニケーションを通じて

子どもを真ん中に保育への理解を深める支援を切り口にした4時間。

参加された皆さんが主役ということで、あっという間の時間でした。


今回は、保護者の「うまく行っているところに目を向ける」

をテーマに心があたたまるEFカードを初導入してみました!


201911232.jpg


盛り上がる盛り上がるhttps://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/tf4/1/16/2728.png");">✨
そして、室内がhttps://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/t68/1/16/1f495.png");">💕であふれていました。


お互いへのあたたかいエネルギーの循環で、

子どもたちのまわりの大人の信頼関係を育んでいきたいですね。


201911234.jpg

やっぱりEFカードの威力は莫大ですね。


時間の関係で❶と❺だけにさせていただきましたが、

フルversionは岡崎 克哉 (Katsuya Okazaki)さんが

12月8日に保育コミュニケーション協会でやって下さいますので、

是非体感してみて下さいね♬


*****


ものの見方、捉え方を変える


凡人は得てして不毛な領域に可能性を観ない。

一方で天才は一見不毛に見える作業を誰よりも積み重ねていく。

ものの見方、捉え方が違うのだ。

凡人と天才の違いは、些細なことだ。


だが、そのほんの少しの違いが、

物事を成し遂げていく差になっていく。


そこに気がつけるかが重要だ。


*****


一見、無駄に見えることの積み重ねの中にこそ

鍛錬のプロセスが存在したり、

目に見えない信頼関係がじわじわと育まれていくもの。


先日、コワーキングスペースで

医大の受験生と家庭教師が

マンツーマンで指導をしているのが聞こえたのですが


「最初から効率のいい道を探してはダメなんだ。

 何が本当に効率がいいかは、やってみないとわからない。

 愚直にできることを全部やる中で、

結果的に "これが近道だった” と分かるもので、

やってないのに近道を求めるのは、ただの怠惰だ」


~と話をしていて、

なるほど・・・!たしかに!!と深く納得したのでした。


効率化、はたらきかた改革・・・

大切なことですが、それは結果であり

「どんな状態が理想で、そのためにどんな工夫をするのか」

といったプロセスが大切なのに似ているなぁと感じました。


=====


【陰陽五行論塾 東京 第4期スタート!】

 まいにち帝王学の大元となる、本質的な学びの場にご興味がおありの方、
 スタートのチャンスです。

 詳細はこちらから

toukyou4kki.gif



【保育コミュニケーション協会 12月8日オープン講座】

「人の素晴らしいところを伝えたい・・・でも、語彙力が!!」

「もっと言葉の引き出しを増やせたらいいなぁ」

~そんな風に感じている方。

「もっと職員が話しやすい会議の場作りをするには、どんな工夫があるといいの?」

と考えている方。

ぜひ、お役立てください。


e497e8048ecfe52342423f1f8601d374-768x512.png


【第一部】講師:岡崎克哉

「信頼を生む言葉の引き出しを増やすために

~EFカードワークショップ~」

人の価値観をあらわすポジティブな言葉が書かれた

EF(エナジーフィーリング)カードを用いたワークを交え、

円滑なコミュニケーションの秘訣を学びます。

ほめ言葉のボキャブラリーが増え、長所を見つける力も伸ばせます。

同時に人からほめ言葉を送られる嬉しさも体感できます。


【第二部】講師:松原美里

「意見を出しやすい会議のポイント

会議ファシリテーション」

人が集まる場で声を上げるのはなかなか勇気が要るもの。

とはいえ、新指針に沿った保育を実践していくためにもさまざまな視点から

「子どものために」と意見を出し合う中で生まれる答えが、保育にとっては宝物です。

大切なのは、発言のハードルを下げ、自分の内側から湧き上がってくる思いを分かち合う楽しさを感じられることです。

そのためのヒントを一緒に見つけて行きましょう。


【日時】2019年 12月8日(日)

 第一部13:00~15:00 第二部15:30~17:30

【場所】みんなの会議室

 東京都 千代田区 神田神保町 2-7-15 芳賀書店ビル 5階(神保町駅徒歩3分)

【料金】一般:4000円/1講座

 保育コミュニケーション協会会員:3500円/1講座

 2講座同時受講 一般:8000円 会員:7000円

 ※2講座お申込みのお客様には講師との質問・

 座談タイムが付きます(お菓子付き)


▼お申し込み・詳細はコチラからご覧ください


  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:他人の力量を借りる度量を持つ

園内全体園内研修 

後半の2回目を担当させていただきました。


ゲームから気づきを深めつつ、

自分を知り、相手を受け入れ、相手の視点に思いを馳せ

 「ともに創る」体験を通して語り合いの時間へ。


それぞれの立ち位置や経験によって見えること・

見えないこと・気づき合いが生まれ、

「明日への一歩」では、

小さいながらも大切なきっかけによってみなさんの表情が輝いていました。


言葉によって誤解や行き違いになることもあれば、

言葉があることで思いを見える化し、分かち合うこともできる。


コミュニケーションは奥深いですね♬


201911221.jpg

まいにち帝王学は、こちら!

 * * * * *


他人の力量を借りる度量を持つ


エゴが強い間は他者の力量を借りる度量を持つことができず、

独りよがりで、不器用な生き方になってしまう。


所謂、「井の中の蛙大海を知らず」の世界で生きる事になる。

自分が傷付きたくない、批判されたくない、

不安定に入りたくないという

表層的な守備本能のままで生きている間は、

独りよがりで、頑固なままで人生が終わる。


 * * * * *


焼津に引っ越してきて、

自分の事業に本格的に力を入れ始めた時期、

私は「仕事が追い付かない・・・!」

ということに悩んでいました。


時間があるはずなのに、

やってもやっても前に進まない。


何で私ってこんなに、

効率が悪いんだろう・・・!!


~そんな時、エクレス時代の事務長と飲む中で

「先生、抱えている仕事を

 一覧表にして書き出してみたら?


 先生にしかできない仕事と、

 託せる=システム化できる仕事に色分けしてあげるよ」


・・・というナイスな提案をいただきました。


なるほど・・・!!

さすが事務長!

私の苦手なことを見通す目をお持ちです♪


そんなわけでエクセルに書き出し。

お手伝いいただける方を募る中で

お一人・お二人・・・とサポート下さる方があらわれて

日々走りながら武器を拾うような形で役割分担を進めてきました。


最近、依頼をいただく研修のほかにも

自己主宰のもの・保育コミュニケーション協会の講座や

園内ファシリテーターさん/認定講師のフォロー・

事業構築勉強会のレジュメ作りなど、

やることが多くなってきて

スーパー秘書さんにもお手伝いいただく流れになってきた中で

かつて、事務長に色を付けてもらったシートを見返したところ・・・


「できてる!!」


~なんと、当時かき分けた業務の中で

自分がやらなくてもいいと判断されたもののほとんどを

どなたかに託させていただける流れになってきていたのです。


うまく行っていることでも状況が変わってきて

見直しの必要なことも出てきていたりと

依然として新たな形を模索し続けてはいるのですが

人生は一生ずっと変化し続けるもの。

チャレンジが常だと思っておけばいいですね。


いずれにせよ、人様の力を借りたことで

頭の中で思い描いたことを形にする

心の翼を手にしたことは確かなのです。


本当に、有難いことです。



=====


【陰陽五行論塾 東京 第4期スタート!】

 まいにち帝王学の大元となる、本質的な学びの場にご興味がおありの方、
 スタートのチャンスです。

 詳細はこちらから

toukyou4kki.gif



【保育コミュニケーション協会 12月8日オープン講座】

「人の素晴らしいところを伝えたい・・・でも、語彙力が!!」

「もっと言葉の引き出しを増やせたらいいなぁ」

~そんな風に感じている方。

「もっと職員が話しやすい会議の場作りをするには、どんな工夫があるといいの?」

と考えている方。

ぜひ、お役立てください。


e497e8048ecfe52342423f1f8601d374-768x512.png


【第一部】講師:岡崎克哉

「信頼を生む言葉の引き出しを増やすために

~EFカードワークショップ~」

人の価値観をあらわすポジティブな言葉が書かれた

EF(エナジーフィーリング)カードを用いたワークを交え、

円滑なコミュニケーションの秘訣を学びます。

ほめ言葉のボキャブラリーが増え、長所を見つける力も伸ばせます。

同時に人からほめ言葉を送られる嬉しさも体感できます。


【第二部】講師:松原美里

「意見を出しやすい会議のポイント

会議ファシリテーション」

人が集まる場で声を上げるのはなかなか勇気が要るもの。

とはいえ、新指針に沿った保育を実践していくためにもさまざまな視点から

「子どものために」と意見を出し合う中で生まれる答えが、保育にとっては宝物です。

大切なのは、発言のハードルを下げ、自分の内側から湧き上がってくる思いを分かち合う楽しさを感じられることです。

そのためのヒントを一緒に見つけて行きましょう。


【日時】2019年 12月8日(日)

 第一部13:00~15:00 第二部15:30~17:30

【場所】みんなの会議室

 東京都 千代田区 神田神保町 2-7-15 芳賀書店ビル 5階(神保町駅徒歩3分)

【料金】一般:4000円/1講座

 保育コミュニケーション協会会員:3500円/1講座

 2講座同時受講 一般:8000円 会員:7000円

 ※2講座お申込みのお客様には講師との質問・

 座談タイムが付きます(お菓子付き)


▼お申し込み・詳細はコチラからご覧ください


  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長を経て静岡県を中心に各地へ、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行いながら、保育コミュニケーション協会 代表をしております。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中

虹募集中認定ファシリテーター講師育成講座 4月スタート園内ファシリテーター育成講座 4月スタート (関東・関西)・保育コミュニケーション協会 オンラインサロン 担当

虹公開講座

12月8日「意見を出しやすい会議のポイント 会議ファシリテーション

1月19日「保育はたら方カフェ~変化する保育とその葛藤

キラキラベルその他詳細はこちらをご覧ください


TVうめちゃんねる

 ゲストとの対話を通じて保育・子どもへのまなざしなどお話しています。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・研修依頼は、こちらからどうぞ!
【梅花ブログの楽しみ方】 ~About Blog~
詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

« 2020 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー