日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


海での豊かなひと時

夕暮れの海に入りたいな~ということで、

鵠沼のツトムさん(10年来お世話になっているシャワー屋さんのお兄さん)

のところに行ってきました♪

P7140861.jpg

暑い毎日、このシーズンは水も熱い、日焼けする、人が多いので

日中の海にドブーンと浸かりに行くことはありませんが

夕方だと、すこし落ち着いて 日焼けも気にならないので。

(和服を着るようになって、日焼けは似合わないと気づきました☆)



そして何より、夕暮れの黄金色に染まる海に身を浸して

「世界は素晴らしい!」という感覚に包まれたいんですよね~。



この日はちょうどツトムさんのところで着替えている間に雨が降りはじめ。

雷も鳴った後のようで。

わらわらと人が引き揚げてきて

晴れ間が見え始めた瞬間をキャッチできました!

P7140858.jpg



海に入っていると、不思議なもので……


ふだん自分が無意識に行っている“行動のシステム”が見えてきます。



波を発見する、

そこに体を合わせるようにバタ足をする、

そのタイミングやあきらめ、

漕いでいるつもりで、波に置いて行かれる感じ……。

P7140867.jpg


忙しいという思いにとらわれながら、なんとなく動かす手足は

「とりあえず、やった」という自己満足で終わる。




自分のペースでやりたかったら、これからやってくる波を見越して

目の前の小さな嵐の向こうへ顔を出し

態勢を整える必要がある。


~そのためにも、何かを追われている気がしているけれども

視点を「今」から「俯瞰」に持って行く必要がある。



……とはいえ、

パワーのあるところでこそ、力を抜けるようになったのは一つ成長かな☆

これまでは、力の強いところでこそ(波のなかで力の強い部分)

怖さから力んでしまい、ぶつかってパワーゾーンを逃していた。



こういうのって、頭でどう理解しているかというよりも

「体が分かって、動けているか」が大事ですよね。

実際の場面では体が反応しますから。




~というわけで、

ときどき腰くらいの波の来る

小一時間ほどのタラソテラピーでしたが

海上がりは爽快♪


幸せなひと時だったのでした。


IMG_0044.jpg

P.S 

ボードを背負って駅を歩いていると、

おばさまから「あなた……中に何が入っているの?」と質問が。



「えっ?ボディボードですけど?」というと、

「あらっ?!エレガントな格好だったから…まさかと思ったのよねぇ…。」

~とのこと。



じつは、以前も言われたことがあります。



海上がりは着替えがしやすいようにワンピースにしているんですよ。

雰囲気が海っぽくないのかな~?


  1. 海。
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

赦しと解放されていく自分を感じる、海

先々週は初富士登山にチャレンジしてきましたが、


山派か、海派か---?


尋ねられたら、間違いなく「海!」と答える私。



愛しの海に逢いに行ってきました


P9160636.jpg


P9160647.jpg


P9160685.jpg


P9160665.jpg


P9160734.jpg


P9160762.jpg


P9160775.jpg

海に入っていると、無意識に選択している行動のクセが見えてきます。

最近は、「行動していること」に安穏として、

成果にコミットしていなかった自分がいたかもしれません。



ショックな気付きとともに、

じゃあ、どうするのか?

私は何を意識的に選んでいきたいのか?


~それを即座に決めて、チャレンジできるのも 海の素敵なところ。







揺らめきながら、寄せては返し。

永遠に続いていくリズム。




地形によって、訪れる波の形によって 

現れる波の模様は無限に広がる。



この中に立っていると、

とてつもない安心感とともに

もっともっと自由な自分でいることにOKが出せるような

“赦し”と解放されていく自分を感じることができました。





  1. 海。
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「ただいいま」の海

鵠沼海岸 河口付近にボディボードで入ってきました。

P9190022.jpg

物持ちが良いな…とは思っていましたが、

振り返るとこのスプリング(ウエット)も12年目。



かつて、お姉さんに連れてきてもらってハマって以来、

自分で一式道具を揃え。



雑誌を調べ、海のショップに通い。

(シャワーを借りたり、お友達ができたりするんですね~。)



ドルフィンができるようになり。

(波に乗るためには、波の向こう側へ行く必要があります。

 その時に、無理矢理超えると波のパワーに押されてしまうので、

 全体重を掛けてボードを海中に沈め、波の向こう側へ、えぐるように出るんですね。)


P9190027.jpg

休みの日はひたすら海に通い、友達とおしゃべりをしながら波待ちをし。

おなかが空いて、上がっても

いい波が来ていると聞けば、また水着で入りに行く。



~仕事で深刻なケースを扱うことが多く、日々葛藤を感じていた私には

そんな時間が、あの頃の救いでした。

P9190031.jpg

渡辺美里の大好きな歌で、「10Years」という歌があるのですが、

私も10年通っちゃったなぁと。ふと、気が付きました。

(しかも、越えていた!!)

あの頃よりも、頻度は少ないけれど……。


P9190038.jpg

海に入ると、「ただいま」という感じがする。

「おかえり」と迎えてくれる感覚がある。



そしていつも感じている、「恐れ」の感覚。



これだけは持ち続け、波の状態と自分の体調を過信せず

これからもいい関係を続けていきたいな、と思いました。


P9190047.jpg
  1. 海。
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

モノクロの海

今日は江ノ島水族館へ、園外保育の下見に行ってきました!


ほほえましいイルカのショー、思いがけずワクワクな仕掛けのある体験学習など

これならきっと、子どもたちがキラキラした笑顔で喜んでくれるに違いない!

という確信を持ちました。




下見の様子は園の玄関に張り出すとして……。

(そして、イルカのショーもYoutubeにUPして園のHPにUPするとして…。)



江ノ島水族館の裏手の海は

台風の近づいた海、幾重ものうねりを連れて

美しく輝いておりました。



P9010250.jpg

朝は「土曜朝に直撃」と言われていた台風ですが、

このうねりはちょっとちがうような…。


なかなか割れずに、厚いままでブレイクするため

サーファーたちもなかなか乗れずに波待ちをしていました。



後で天気予報をCheckすると、直撃の予定が西の方へ抜ける経路へと変わった模様。


どおりで……。



もしも直撃なら、壁のような波が連続して立ち上がり、

きっとクローズになるはずなのです。



天気の行方と、海の変化。私たちの生活。



とっても密接にかかわりあっています。

  1. 海。
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

波は知っている。

今日は久しぶりに、海に入ってきました!


背筋が心地よい筋肉痛です~。


「波があっても無くても、行ける時に海に入る」

~という姿勢は昔からなのですが……。



気が付けば、スプリング(ウェット)は13年目。

モノ持ちいいなぁ、と自画自賛。

その間、

寝ても覚めても海のことばかり考えている時期があったかと思うと

着物にハマって「日焼けは厳禁!」と3年ほど離れていた時期も。



何はともあれ海に行くと、

意外にも午前中は頭くらいまで波があったとのこと。

午後は波が良い時で腰くらい、そろわないとぐしゃぐしゃな感じの波でした。




海に行くと、いつも自分の取り巻く世界の投影に気が付いて

自然システムの偉大さに感服しては日常に戻るのですが……。



今回も、たくさんの気づきや学びがありました。



・力んで練習をする、目標を決める、課題を決めるのも大切だが……。

 波は知っている。この波にあった乗り方があるのを。

 

 (私はスピン→波に戻るのが課題で、入るなり徹底練習していたところ

  まんまと足の裏とふくらはぎの裏が攣りました。)


・部分的に、そこだけを強化するのではなく、

 体全部を使って波を楽しむこと。

 (ほら、“スピン!”とか思っているから、足が攣るわけで。

  体全部を使って波と共に在ろうとすると、自然にライドが出来たり。

  ふっとスピンが出来たりするわけです。)



・海の中にいるだけで、カロリーを消費している。(波待ちの間であっても。)

 ただ居るだけで、意味がある。



・「私の波!」と血眼で波を追ってる時には気が付かないのですが…。

 海にいる人が、みんなつながった一員なんだと思うと、

 上手い具合に順番が回ってきていることに驚かされる。



 そして、私の代わりに乗ってくれた人の 気持ちの良いアーチを見ていると

 自分がその波に乗っているような気持ち良さを、体感覚として感じることができる。

 「わたしはあなた。あなたは、わたし。」

 ~そんな感覚。

  (この感覚は初めてでしたねぇ~。)


・昔の「私の波」は、今の「私が乗る波」ではない。


・波・自然のペースに一体化することの大切さ。




う~ん、深い。


新春2011 015



無条件の愛に満ちた海に身をゆだねたおかげで、

今日は気持ち良く眠りにつくことが出来そうです♪



おやすみなさい!


  1. 海。
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。
「子どものために、大人が輝く背中を見せる」をモットーに保育やコーチング・コミュニケーションを切り口に・講師・執筆・監修を通じて日本を元気にする活動をしております。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長の傍ら、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行っています。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中♪

【認定こども園エクレス】
 認定こども園、新制度へ移行しました!私は保育園部の施設長です。

【保育士コミュニケーション講座】
DVDの販売を行っています。お役立てください♪

【講演依頼・取材・お問い合わせ】
   ~Imfomation~
こちらからよろしくお願いします。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・コンサル・アドバイスは、こちらからどうぞ!

【梅花ブログの楽しみ方】   
 ~About Blog~

詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

人気記事ランキング

謳歌日記人気記事ランキングです!

こちらも合わせてお楽しみください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー