日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


胸に染み入るICFシェア会

Let's go ICF幹事団の最後の仕事、

ICFシェア会を行いました~。

20081126234443.jpg


最初は13人という参加者でしたが

せっかくなので、とみんなで呼び掛けて

28人の参加になりました。

続々顔を見せてくれる参加者に

ジーンとしつつ、会は神奈川チャプターでのシェア、

まちゃぴー撮影+ひとりさん編集のビデオ、一言シェア、

なをちゃんの「東からの風」シェア、

なべゆきさんの組織開発ワークシェア、&ご歓談を入れての三時間。

プラットフォームカフェの皆様には大変お世話になりました!

20081126234448.jpg


あぁ、こうして見るとあらためてこれが私たち幹事団としての最後の大仕事。

みんなで喜びを分かち合えて本当に良かった。

みんな、ありがとう!

↓来年度の幹事のはらぼーですよん♪

20081126234446.jpg


  1. I☆C☆F
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

ICF(世界コーチ会議)シェアの会に来ませんか?@11月26日

私たちが参加してきた2008年世界コーチ会議。

シェアの会を、11月26日(来週の水曜日)19:00~行います。

ICF2008 049


私は今年、なをちゃん・あやぱんちゃん・まちゃぴー・

ひとりさん・りゅうちゃん(Japan Nigth前日より、はらぼーも加わってくれました)

と共に、Let's Go ICFの幹事をさせていただきました。

昨年のICFに迷いに迷って参加したあとの、充実感・エネルギーの高さを、

一人でも多くの人に味わってもらいたくて名乗りを上げた幹事でしたが、

おかげでたくさんの人とのつながりが持て、

それぞれの人がICFに関心を寄せいてる思いや人生を身近に感じることが出来ました。

直前に行けなくなってしまった方も数名おり、残念に思う気持ちもありつつ、

なかなかじっくりと一緒に過ごすことの出来ない方たちと

大人の修学旅行のように楽しんできました。



私的には今回のICFので心に残っていることは

○着物美人を世界の人たちに見せてあげられたこと

○着物で賞賛を受ける喜びを美女達に味わってもらえたこと

○おかげさまで(いじけずに)つたない英語&ジェスチャーで

  外人さんとセッションが出来たこと 。

○Japan Nightでコーチングスクールの枠を越えてコーチたちが夢を語り

 肩を抱きあう光景に立ち会えたこと。

○「Wind From the East」で国を越えて

 日本の精神が世界のコーチたちの心に響く光景を体感できたこと……。



……などが、特に印象的でした。


ICF2008 158


幹事をしていたことで、こんなに素晴らしい皆さんと

より深くつながることができたことを、とっても幸せに思っています。

そして、こういった体験・学んできたこと感じたことを

行ってきたコーチだけではなく、

これからの未来を共に創っていく皆さんと一緒に

ぜひシェアをしたいと思っています。



せっかくなので、お料理を食べ、

ビールやらワインやらウィスキーを飲み放題で楽しみつつ。

ひとりさんビデオやみんなの撮ってきた写真をスクリーンで見て。

一人一人の体験談をシェアーする時間にしましょう!


日にち:2008年11月26日

時 間:19:00~21:30

場 所:プラットフォームカフェ (最寄り駅:竹橋)
http://gourmet.yahoo.co.jp/0007673201/

料 金:4000円前後



お申し込みはこちらから!

http://my.formman.com/form/pc/SrXjCOfK7bwUSDVD/
  1. I☆C☆F
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

Japan Night&東からの風バンザイ!~ICFフォトグラフ③

二日目の夜はJapan Night!

ICF2008 143


モントリオールへ来ていた日本人コーチはおよそ60名。

アメリカ・カナダに次いで多いそうです。


普段日本にいると、なかなか時間が合わなかったり

場所(心も体も)が離れていたりして

一堂に会する機会のないコーチのみなさんですが、

ここはいっちょ、コーチ養成機関の枠を越えて

みんなでつながろうではありませんか

ICF2008 142

……というわけで、「お友達になろう大作戦☆」と銘打って

あえて、知らない人同士でとなりに座ってもらい、

45秒自己紹介やインフォメーションタイムを設けて盛り上がりました。

ICF2008 144


ICF2008 152


ICF2008 153

あっ?!なんだか似ているこの二人……

ICF2008 154

あらためて、こうしてPもIも越えてつながれる場というのは本当に貴重で。

「こういった機会が来ることを夢見ていた」という言葉を何人もから聞きました。

当初2時間の予定でしたが、あまりの大盛り上がりに

3時間半まで延長しちゃいました

ICF2008 156


そしてその後はニ次会のお部屋へ移動。

ICF2008 166

ICF2008 167

こういう時間って、めっちゃ楽しいんですよね~。

美女がいっぱいテーブルを囲んでいて、ちょっとクラブみたいでした


……そして、翌日は……「Wind from the East」=東からの風。

ICF2008 193

昨年のICF@ロングビーチで

「日本のリーダーシップを、世界に伝えたい」と男:島村剛さん(CTI Japan代表)が言って

「いつ?」「本当にやるの?」「何から?」と酔っ払ったなをちゃんが強烈なコーチングをし、

今年になってからも決意は変わらず。

二人で二人三脚で、日本のコーチたちを巻き込みながら智恵を終結させ、

作りこんできたブレイクアウトセッション。

ICF2008 192

着物を着た人、大勢の日本人が見守る中、さまざまな国のコーチたちが

興味津々に剛さんを見つめます。

ICF2008 205

「礼」

相手を敬う心で、礼を尽くす。実際にペアになり、やってみました。

ICF2008 202

「間」

この概念をどう伝えるのか……?!

……と思ったら、この絵を使って、また漢字の図解をしながら

剛さんのエネルギッシュでお茶目なキャラクターと

みずみずしいけれども力強くホールドするなをちゃんの英語力で。

「なるほど!」という説明が。(※私には再現できません)

ICF2008 203

「志」

これまた……!

なんと言うのかと思いきや、“自分を越えた、社会のためのリーダーシップ”

……そんなニュアンスで説明をしたんです。

ICF2008 210

「あなたの志はなんですか?コーチングセッションでお話してみてください」

……ということで、ペアの人と向き合った瞬間、

「あなた、英語あんまり話せないでしょ?悪いけど私、交替してもいいかしら?(英語で)」

「(えっ)……。」

「ま、どうしてもやりたいっていうなら、やってもいいわよ?どうしたい?(同じく英語で。)」

「……(くそう…。)I want to do!」

「……(しょうがないわね)……What's your Kokorozashi?」

~こんな感じで始まったセッション。


「私は前職で、親に不自由する子ども達の保育士をやっていて、子ども達をとても愛していた。

 でも、児童養護施設の子どもたちは、夢を見ることが出来ない。

 なぜなら、希望を持てるモデルがいないから。

 私は、子ども達がみんな平等に夢を見られる世界を作りたい。」

……こんなことを英語にしようと探すうちに、ものすごい思いがこみ上げてきて、

最後の方は泣きながら話していました。

ふと見ると、相手も涙をぬぐっていて

「You are Brave.In your English」

(あなた、勇気があるわね。その英語で。)

……と言われたときには、けなされてるけど讃えられている想いが伝わってきて

ちょっと心が温かくなりました。



ICF2008 217

そして……。

剛さんとなをちゃんの「Wind from the East」は

たくさんの人の志を包みこんで、

「みんなが一つの地球の中で

 力を合わせて笑顔で暮らしていける世の中を作ることが

 私たちの志すところです。」

……と言い、会場をスタンディングオベーションの渦に巻き込みました。

ICF2008 219

「私たちの文化ではハグは日常的だけど、形式的になりがちな一面も。

 間と礼を大切にすることで、人との付き合いがより深くなるにちがいない。」

「これを、日本で働いているときに知っていれば

 あんなに確執を残さず、うまくやっていくことが出来たのに……。」

……などなど、文化の違う国の人たちが次々にマイクで話し、

終了後も剛さんとなをちゃんの前には長蛇の列が出来ていました。




今回私が感じたのは、

日本がどれだけ素晴らしい文化を持っていても、それを表現する力や努力がないと

回りの国には伝わらないんだ、ということ。

逆に、本当に分かってほしいと思ったら、それほどの努力や情熱が必要で

それがあって初めて、

文化の違う他国の人に伝わる架け橋が出来るんだということ。



今回着物を着ていて話しかけられることが多かったんですが、

あえて違いを明確にすることで、それが

お互いを知るためのきっかけになるってことがあるんだと思うのです。



違いを知って、歩み寄ると

さらに素晴らしい世界が待っているのかもしれません。


  1. I☆C☆F
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

2008 ICF キーノートスピーチ ~ICFフォトグラフ②

毎朝9時から、全体朝礼のようなものがあって、

その後にキーノートスピーチ(基調講演)の方を迎えるという流れになっています。

ICF2008 122

1日目の朝には、2008年の開催を祝して、

ワクワクするような音楽と共に各国のコーチが国ごとに呼ばれ、立って合図をしました。

ICF2008 123


ICF2008 124


ICF2008 125

49カ国、1400人のコーチたち。

アメリカなど、大勢が来る国もあれば、一人で国を代表して参加する人もいる。

これだけの大舞台に、どんな使命を背負って参加しているんだろう?


この気迫を感じながら、思わず涙が出てきました。



ICF2008 128


そして、一日目のスピーカーのシバさん。

世界は急成長・変化をする中で、経済の破綻など、かなり危機的な状況に来ている。

これまでの経済やお金に依存する世界から、それぞれの価値観に基づき

地球と共に生きていくための土台を見直す時期が来ている。

多様性を尊重し、人間の本来持っている能力を引き出し、共に生きる世の中を。

そこに、コーチングは有効なのではないか?

……というようなメッセージを発してくださっていました。

ICF2008 139

二日目のスピーカーの ピーターセンゲさん。

企業のトップだけが変革し成長しても、社内が追いつかないと成長はありえない。

内と中が一体でなくてはならない。

今までの経済を中心とした改善の動きはではなく、

個人の幸せ指数に着目してもいいのでは?

今までは大量生産を目指してやってきたが、

コカ・コーラを初めとする各大企業ががそれぞれ有限の資源に気がつき、

方向転換の時期を迎えている。ビジネスは環境問題を無視できない……。

内面的なものと外面的なものを今こそ統合し、協同して生きていく時代が来ている。

……そういったお話をしていました。

ICF2008 140


ICF2008 141


3日目はダライラマの通訳のリカーさん。

ICF2008 177

「世界で一番幸せな聖人」といわれているそうな。

ICF2008 178


……その理由は、物事の見方を換える筋肉を持っているからなんですね。

ICF2008 181

こんな美しいところに住んでいるそうです。

ICF2008 182

人は生きている限り、辛いことやガッカリすることも多々あるけれど

そこばかり見ていると苦しくなるから切り替えて生きる筋肉が必要なんだそうな。

それは分かるけど、実際難しい。じゃあ、どうやって鍛えるかというと、

ICF2008 183

座禅なんですね。

「座禅、どんだけ?!」

……と思った方。

面白いのはここからです。

MRIで、座禅ビギナーと座禅マスターの方たちとを比較してみたんだそうです。

すると、ビギナーの方たちより圧倒的にマスターの方たちの脳波が

早く幸福な状態になる脳波を出し始め、安定してきたんだそうな。

(あんなMRIの中なのにね……。)

ICF2008 184


で、さらにリカーさんたち調べちゃいました。


ICF2008 185

収入が増加するにつれての幸せ曲線と

ICF2008 186

伴侶が亡くなった人の幸せ曲線。


あっ?!

どちらも一時的なものですか??!



……というわけで、

ICF2008 187

幸せとは楽しいことの継続ではない。

外の状況に影響されずに、自分自身の状態が良いままでいることを選ぶこと。

人生の変化に対応し、執着から解き放ってあげることが大切なんだそうです。


人はセンチメンタルな生き物なので、放っておくと、つい悲観的になるんだそうですよ。

(思い当たる……。)

幸せはカタログにはなく、人々を助けることで自分も幸せになれる。

……といって、学校を作ったり病院を作ったり、

子どもや人々と笑顔で楽しい毎日を過ごしているそうです。


ICF2008 188

みなさんは、人を助けていく側の人。

期待しています。と話をしてくれていました。


個人的に、リカーさんがとっても良かったです!





  1. I☆C☆F
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

ICF(世界コーチ会議) ~モントリオールからのフォトグラフ♪①

ICFでの写真たちをご紹介します~

↓モントリオールの空港に着きました!

ICF2008 015

空港の中に庭園があって、滝が流れていたりして

とっても癒されるぅ~。

ICF2008 016

石はひんやり冷たかったです!

ICF2008 020

モントリオール上空から……なんて美しい街!

ICF2008 023

着いたもんで、大喜びです

ICF2008 024

宿泊先はハイアットリージェンシー。

ロビーが優雅でステキでした。

ICF2008 029

エアーカナダの国内線は食事が有料で、みんな腹ペコ。

とりあえず乾杯です!

ICF2008 033

翌朝、モントリオールの観光バス乗り場に向かう乗り合いバスで

去年のICFで唯一くらい仲良くなったスーキーとばったり再会。

観光バスも一緒でした。

ICF2008 046


ICF2008 047

めっちゃ良いお天気ですよ~

ICF2008 048

セリーヌディオンが結婚式を挙げたというノートルダム教会。

ICF2008 053


ICF2008 057


ICF2008 058


ICF2008 066


美しい~完全にカメラ小僧です。


ICF2008 067


ICF2008 071


ICF2008 073

街にはフランスの香りが。

ICF2008 084


ICF2008 089

キャー、絵になる

ICF2008 095


ICF2008 099

ICFだからコーチを歓迎するバスなのね?!

……と思ったら、バスのことをコーチというらしい……。


観光を終えて、レジストレーション(受付)に会場にやってきました!

ICF2008 104


ICF2008 103

今回は同室のルシアさんのさっぱりキュートな魅力のトリコでしたよ。

(来年一緒にとある取り組みに参加することになりました!)


夜のパーティにて。

ICF2008 109

シルクドソレイユ出身地ということで、シルクドソレイユの人が!

ICF2008 110

写真撮ってもらっちゃいました。

ICF2008 111



その後、21:30~CTI Nightがあり、ジャズバーへ移動。

途中の町並みの美しいこと……!

ICF2008 114

ICF2008 120


ICF2008 121

こうして前夜祭の夜は更けていくのでした




  1. I☆C☆F
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。
「子どものために、大人が輝く背中を見せる」をモットーに保育やコーチング・コミュニケーションを切り口に・講師・執筆・監修を通じて日本を元気にする活動をしております。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長の傍ら、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行っています。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中♪

【認定こども園エクレス】
 認定こども園、新制度へ移行しました!私は保育園部の施設長です。

【保育士コミュニケーション講座】
DVDの販売を行っています。お役立てください♪

【講演依頼・取材・お問い合わせ】
   ~Imfomation~
こちらからよろしくお願いします。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・コンサル・アドバイスは、こちらからどうぞ!

【梅花ブログの楽しみ方】   
 ~About Blog~

詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

人気記事ランキング

謳歌日記人気記事ランキングです!

こちらも合わせてお楽しみください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー