日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


保育士さんのコミュニケーション講座 「後輩に伝わる指導の仕方」

「保育士さんの講座を再開します!」

~と先日のブログで書いて、

さて、何の講座から始めようかな~?

と思いを馳せていたところ、

これまでの参加者よりリクエストをいただきました。

テーマは……後輩指導


      人物033



暴露します。





私、とってもダメダメな先輩でした。


いえ……そもそも、先輩としてどうかという以前に

新人時代の自分はどうだったかというところからお話しましょう。




夢は大きく、憧れの保育士生活。



~けれども、始まってみると

何をやっても怒られる。

空気は読めない、

頼まれた洗濯一つとっても、家でやるのとは勝手が違い

あとでお説教の時間が待っている……。



そういった時間の積み重ねで

すっかり夢も自信も崩れ(むしろ、自分が信じられなくなっていた)、

先輩の顔色を窺ってびくびくしながら生活するようになっていました。




そんな私ですが、なんとか基本的なことが身についてきたころ、

新人さんが入ってきたんですね。




一人目は、多くを語らなくても 割と勘が良く

自分で考えてテキパキとアクションを起こす後輩。



そして……次にやってきたのが、

「え~!!私がやるんですか?! めんどくさ~~い。」

~と、口に出してしまう新人。



私自身、ダメダメな新人だったことをすっかり棚に上げて

怒り狂いましたね(笑)。



「お給料もらってるんだから、

 やることやってから偉そうなことを言いなさい!」



それはもう、バトルな日々でした。


私は会うたびに、彼女のダメなところを見つけてはイライラし。

その都度お小言を言う。



でもですね。

そうしていても、平行線なんですよ。



一年が経とうとする頃(遅!!)、

彼女と心が通じ合うきっかけとなる出来事がありました。




そこから、これまでの自分の「教える」という概念が変わり、

指導のスタイルが変わりました。



後輩への指導。


そのための大事な5つのポイントは……



1. 伝え方

2. 確認の仕方・引き出し方

3. 相手の不安を和らげるペーシング

4. 見守る・承認する

5. 注意の仕方・叱り方



~です。



新人さんと一言で言っても、人それぞれですし

「こうすれば上手く行く!」

というマニュアルはありませんが、

保育という独特の環境の中でこういったことの合わせ技でかかわっていくと

独り立ちしていきやすいな、という感覚をつかみ。




それ以降、新人や後輩育成でイライラすることがなくなりました。

不思議なくらいに。




今回はその5つの切り口を、

3時間の講座の中でワークを交えて一緒に学んでいきたいと思っています。

終了後は恒例のランチ会も予定していますので、

ふだんは職場でなかなか話せないこと・聞けないことなどざっくばらんにお話しましょう~。




" ☆ . . : * ・ ゜ ☆ . . : * ・ ゜ ☆ . . : * ・ ゜ ☆ . . : * ・ ゜ ☆ : * ・ ☆


<この講座は諸事情により開催見合わせとさせていただきました>

お問い合わせ等ありましたら、こちらからメッセージをお願いいたします。


保育士講座「後輩に伝わる指導の仕方」

「難しい保護者」 005

新人さんが入ってきて新しい生活が始まった今。


「新人類過ぎて、話が通じない」

「教えることでストレスが溜まる」

「いうことは立派だけど、いつになったらできるの?」

「今度こそは…!と期待の分だけガッカリする繰り返しで、疲れる」

「本当は、ちゃんと成長させてあげたいのに……。」


~そんな風にお悩みの方はいらっしゃいませんか?


誰でも、最初は新人さん。

けれども保育の世界では覚えることが書類上も保育上も目白押し。

なかなか悠長にしてもいられない……。



そこで今回は

「新人に伝わる指導の仕方」

という切り口で講座を開催いたします。


この時間を通じて、


◆伝わる指導の仕方が分かる

◆新人さんとのパートナーシップが向上する

◆新人が自信を持って成長していく

◆気持ちが楽になり、ストレスが溜まりにくくなる

◆園内がスムーズに回る



~そんなコツをお伝えいたします。

お役に立てそうな方、ぜひお越しください




■ 日にち : 2012年 5月 13日(日)

■ 時 間 : 9:00 開場 

        9:15~開始

12:00 終了



■ 場 所 : 東京ウィメンズプラザ

■ 料 金 : 3,500円

■ 定 員 : 15名



090811_1721~01

1. アイスブレイク

2.本日の講座の流れ:講師自己紹介

3.参加の目的・自己紹介

4.後輩指導5つのポイント

 ① 伝え方

 ② 確認の仕方・引き出し方

 ~ 休 憩 ~ 
 
 ③ 相手の不安を和らげるペーシング

 ④ 承認

 ⑤ 注意の仕方・叱り方
 
  
5.まとめ





★終了後のランチおしゃべり会(ランチ実費のみ)では、

話したりない保育のあれこれを

わいわい食べながらお話しましょう~。

楽しくおしゃべりしたら、月曜日からまた元気な自分になれますよ!


■お申込みはこちらのフォームからお願いいたします

 パソコン用URL https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P24068169

 携帯電話用URL https://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P24068169

第5回・里帰り 022


" ☆ . . : * ・ ゜ ☆ . . : * ・ ゜ ☆ . . : * ・ ゜ ☆ . . : * ・ ゜ ☆ : * ・ ☆


なにより、指導をする人が良い状態で居られることが大切ですね。

今回の講座で指導の心構えをGETして、

明日からの保育に気持ちよく臨んでくださいね!



応援しております。




  1. 保育士Shaberi-BA
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

「明日から使える!魔法の手遊び講座」大盛り上がりでした!

昨日は「明日から使える!魔法の手遊び講座」をウィメンズプラザにて開催してきました!

保育園にお勤めの方、ピアニストさん、リトミックの先生など

バラエティ豊かな素敵な皆さんにご参加いただき、

大盛り上がりの中、ランチ会まで有意義な時間となりました~。


IMGP3513.jpg



講座の流れは以下の通りです

1.初めのあいさつ

2.参加者自己紹介

3.手遊び歌 20

 1.ひげじいさん 

 2.~おもしろVer.

 3.~アンパンマンVer.

4. ~ドラえもんVer.

 5.山小屋いっけん

 6.~パン工場(アンパンマン)Ver.
 
 7.~大きくなったらなんになる

 8.ごんべえさんの赤ちゃん

 9. ~おはぎがおよめに行くときはVer.

 10.~一丁目のどらねこVer.

11. ~ウルトラマンVer.

 12.~アンパンマンVer.

 13.りんごコロコロ

 14.なっとう


 15.おべんとうばこ

 16.~ありVer.

 17.~洋風弁当Ver.

 18.宇宙人

 19.だんごむし

 20.せんたく


4.休憩

5.覚えたい!手遊び <ベスト5♪>

6.これだけは持ち帰ろう!ペアで発表タイム

7.振り返り&まとめ

8.終了



手遊びは子どもに関わるお仕事をされていう方にとって

とてもニーズのあるものなのですが……

昨年の手遊び講座を終えて、私たちが感じたことは


「あ~、面白かった!

 で、何ならったんだっけ?思い出せない!!」


~では、意味がない!!ということ。

どうやったら、持ち帰ることができるのか?

どんな仕組みを作ればいいのか?


そういったことを3人で話し合い、

試みたことが3つありました。


1.覚えやすいように、展開曲を中心に構成すること

  ~ 20の手遊びを紹介するけれども、

  同じメロディで登場人物が変わるもの、設定が変わるものなどを中心に

  Daiちゃんの新鮮な手遊びを組み込んで構成をしてみました。


  「20個もあったから、絶対覚えられない!!と思ったんですが

   意外と全部覚えられました!

   早く保育園に行って、子どもたちにやってあげたいです♪」


  ~という素敵な感想も聞こえました。
 


2.BEST 5 形式をとったこと

  いっぱい習った。で、あの曲は何の曲だったっけ?

  ~ということがないように、人気投票でBEST5をみっちりと復習する時間を取ったこと。

  「大体覚えたな」という曲は上がってこないので、

  気になる、覚えたい曲でBEST5が上がってきたんですね。

  
  今回は、BEST5に関してさらにアレンジバージョンでの展開も入れたことで

  体を使った、全体での大きな遊び歌に発展していったり。



  アレンジの幅が自在と気づいて、らくになった人がいたりしました。

ちなみに、BEST5はこちらです!


 IMGP3525.jpg


1.りんごコロコロ


2.宇宙人


3.大きくなったらなんになる


4.カレーパンマンがお出かけするときは


5.せんたく




3.自分が発表をする時間を作ったこと

 受け身で歌っているだけでは、いざという時に

 「ここ……こうだったっけ?」とあいまいな部分が出てきます。

 (恥ずかしさが出てきて、安全パイに走ったり…。)

 「自分でやってみる!」という状況を作ることで、意識が切り替わること。

 実際にやってみたことに対して、パートナーから

 ・良かったところ

 ・さらにこうしたらいいと思うところ

 ~へのアドバイスをもらうことで、実践に生きることがあるんですね。

IMGP3533.jpg


こういった工夫もあり、参加者からは笑い声あり。

チャレンジングな姿も見られたり……の活気のある時間となりました!



<参加者の感想はこちらです>

・さまざまな手遊びを覚えられたり、知り合えたので とても良かったです。

 いろいろなバージョンやアレンジの仕方が分かったので、

 自分内なりにやれるようになれそうです。

              (J.Mさん 女性 保育士)


・たくさんの手遊びが学べたこと

・参加者の皆様と同じ空間を楽しめたこと

・講師の皆様がとっても素敵だったこと

・自分自身が保育の世界に飛び込んだ原点を思い返せたこと

             ~がよかったです!

              (A.Iさん 女性 保育士)



・すわってやる手遊びだけではなく、立って動いて楽しめるアクティブなものまであり、

 明日から活用していきたいなぁとおもいました。

               (M.Fさん 女性 保育士)


・変形バージョンを知ることができてよかったです

                (T.O さん 女性 保育士)


・明日から使える手遊びが増えました。

 ありがとうございました。
 
                (松井 美樹さん 保育士)



・なんとなく知ってる手遊びをしっかりと覚えられました。

                (知久 記子さん 保育士)


・自分がかなり楽しんで手遊び歌ができたこと

 体を動かすことで楽しさ倍増!と思いました。

 内容もたくさんで良かったです。

                (愛知とし子さん ピアニスト)


・子どもとスキンシップをとりながら遊べるものが学べたので。

 実際に子どもと遊んでいる姿が想像できて、より実践的だった。

                (下澤 真理子さん 保育士)



・楽しく手遊びを知ると共に、時間を忘れ他の保育士さんと知り合うことができました。

                (A.Oさん 女性 保育士)



・今までも知っていた手遊びでも、声のトーンや早さを変えるだけで

 印象も全然ちがうし、気持ちが引きつけられることに気付いた。

 すぐに実践したいと思えるものばかりだった。

                 (Y.Iさん 女性 保育士)



・最後に個別に自分がやることで確認できた。
 
 二人一組というのがよかった。

 いろいろなバージョンを教えてくれたのがよかった。

                 (M.Kさん 女性 臨床心理士)


・りんごころころ、せんたくなど 一般ではあまり知られていない手遊びを

 教えていただけてよかったです。

 実際に二人組でやってみることでいろいろなことが見えてきて良かったです。

 どうもありがとうございました。

                 (S.Tさん 女性 リトミック講師)
  




講師として、一緒にすばらしい手遊び講座を展開してくださったDAIちゃん

どうもありがとうございました!!




保育士さんのコミュニケーション講座 

次回は10月ごろに「伝え方」講座を予定しております。




ぜひチェックしてくださいね♪





 


  1. 保育士Shaberi-BA
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

大事なのは、使えるよう身につけること。

こんにちは、松原美里です。


昨日は土曜保育の後、

手遊び講座の内容を煮詰めに

ゆーちゃんと保育men DAIちゃんとMTGをしてきました!



昨年開催して大好評だった手遊び講座ですが、

じつは手遊びの最大の難点は……

「覚えられない!」

なのではないでしょうか?



いえ…私の場合、そうなのです。



「おお~!その手遊び、最高!!

 教えてもらったから、さっそくやってみよう♪」




~と、数日後にプリントを見るものの…。



うん?音が思い出せない。。


歌詞を見ても、なんだかピンとこない。



あんなに面白いと思ったはずの手遊びが、

急に色あせて感じてしまう瞬間だったりします。



そうすると結局、いつものおなじみの手遊びを

やってしまったりするんですね。



そこで、DAIちゃんに聞いてみました。

「どうやって、いつも 新しい手遊びを覚えているの?」

(大ちゃんの頭の中には無数の手遊びたちが存在します)



「う~ん、絶対覚えるぞ~!って気持ちがいつもあって、

 全部じゃないんだけど、“これは‼”と思ったものは

 その場でも、終わった後も、自分のものにできるまで練習します。」



この情熱。


これなんですよ。



何を隠そう、池袋TVのKenさんに撮ってもらった時も

正直、直前まで曖昧な部分(歌詞)がありました。

(物覚えが悪いので…。)


でも、

絶対やるんだ!!


~という妙な使命感のようなものがあり。




動画を撮った後は、あのレパートリーはいつでも

私の中から引っ張り出せるようになりました。

(歯科検診で順番待ちの子どもたちにやってみたり。)




じつは、専門学校の授業では、昨年から

毎回手遊びを一つずつ教えていたんですね。




~なのですが、

ただ一緒にやるだけでは、彼女たちの頭の中をスル―してしまう。



そこで、今年は

①この手遊びの意味~表現するものを説明。

②パーツを練習~掛け合い練習

③私がお手本、みんなは見ながら。

④一緒に歌いながらやる。

⑤私は歌だけ。

 二人ひと組でやってもらい、そこにフィードバック。

 (「いいね!」「もっと気持ちを込めて!」etc)


~という流れでやっているんですね。



そうすると、彼女たち、

今日の手遊びを配布しただけで

自分で歌いながら、トライするようになってきています。



~というわけで。



今回の手遊び講座、ただ

「こういうのがありますよ」

と提案練習をするだけではありません。



まずは20種類(展開モノも含めて)みんなでやってみて、

その中で特に「覚えたい!」というものを募り

BEST5を特に濃厚に練習。



そして、一曲を 二人組のペアでやってもらい、

パートナーに感想やアドバイスをフィードバックしてもらう。



~という仕組みを考えました。



そうすると、時間がいっぱいいっぱいになるので

「施設長と語ろう」はランチ会の情報交換の時にでも♪



みんなでブレストをしていると、

発展的なアイディアが出てきて面白いですね。



当日が楽しみです!


  1. 保育士Shaberi-BA
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「明日から使える!魔法の手遊び講座」6月26日開催です!

こんにちは、松原美里です。


「明日から使える!魔法の手遊び講座」

を6月26日に開催いたします!


「いろいろな手遊びを身につけたい!」

「自由自在に手遊びができるようになりたい」

「手遊びの効果をもう一度確認したい!」



~そんな気持ちをお持ちの方、

楽しみながらお得に手遊びが身に着く講座です。

ぜひお役立てください!


第6回目 014


保育士にとっては、身近な手遊び。


その効果を考えてみたことはありますか?




じつは……手遊びは子どもの成長・心理学の側面から考えても

素晴らしいものなのです。




<子どもにとっての効果>

・赤ちゃんや子どもは音楽が大好き!歌が始まるとご機嫌になる。

・リズム感やテンポが身につく。

・音楽療法の側面からも音楽は感情と連動

  ~感情のコントロールが容易になる

・リズムに合わせて体を動かすことで感情が変化する

・ストーリーに感情移入することで、感受性が豊かな子に育つ

・ストレス解消・リズムに合わせて呼吸が整う

・リラックスできる

・集中力・発想力・想像力が広がる

・行動力が促進される

・手を動かすことで脳の活性化

・両手を使うことで右脳と左脳のバランスが良くなる

・歌の歌詞の中で物の名称を覚えていく~認識が増える




<手遊びをする側にとっての効果>

・双方向のコミュニケーションによって心が通じ合い、笑顔が生まれる。

・歌いながら自分が落ち着く

・アレンジによってアイディアが広がってゆく

・子どもの感情に左右されず、態勢を立て直すことができる

・いつでもどこでもお金を掛けずにできる

・子どもとのアイコンタクトで心が通じ合う

・子どもの好きな歌でペーシングすることで、子どもに安心感が生まれる

・手を使う~五感(触覚)が刺激されることで、心に安定が生まれる

・子どもの期待感や感情の鎮静など、感情のコントロールが容易になる

・気持ちのバランスを取り戻す (優しい気持ち・あたたかい気持ちになる)



こんなに素晴らしい効果のある手遊び。

ですが、ただ教えてもらうだけでは

「自分のモノ」にはなりません。



手遊びを「自分のモノ」にするポイントは


1.表情豊かに、子どもを巻き込んでゆくこと。

2.メロディを覚え、声に抑揚をつけて歌うこと。

3.背景や効果を理解し、創り出したい状況をイメージすること。



~この3つが大切です。




今回は、保育 MEN DAIちゃん を講師に迎えて、

・一つのメロディを覚えるだけでアレンジの幅が広がる!お得な手遊び

・乳児さんも楽しい気持ちになれる手遊び

・「覚えたい!」新しい手遊び



~を織り交ぜた20の手遊びをみなさまにお届けいたします。



あなたの手遊びで保育が彩り豊かになり、

子どもたちの笑顔が広がって行くのを 楽しみにしています!



9回目 005



◆日にち:2011年6月26日(日)

◆時 間: 9:15~12:00(受け付け開始:9:00)

       ◆ 20の手遊び紹介

       ◆「これだけは覚えたい!」Best5の集中レッスン♪

       ◆ 明日から使える!手遊びアドバイス


      終了後、「野菜畑」にてランチ会をします!(希望者のみ)

     「他の園ではどうなっているの?」という情報交換、

     「施設長の立場から見た保育の現場ってどうなっているの?」

      というざっくばらんなトークなどなど……。

      時間を忘れて語り合う、大人気の時間です。

◆場 所:東京ウィメンズプラザ

  map ウィメンズプラザ.jpg

◆料 金:3000円

◆お申込み:パソコン用URL https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P24068169
      携帯電話用URL https://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P24068169 



ご一緒できるのを楽しみにしております!

  1. 保育士Shaberi-BA
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]

手遊びの効果~子どもにも、保育士にも

昨年大好評だった「魔法の手遊び講座」をリニューアルし

6月26日に開催します。


*   *   *   *   *

手遊びとは、保育士が場面の切り替え時に子どもに向かって

歌を歌いながら、手や体を動かす「お楽しみの歌」。


こういうやつですね。





それにいったい、どんな効果があるのか……?



こちらにてご紹介をいたします!



<子どもにとっての効果>

・歌の歌詞の中で物の名称を覚えていく

 ~認識が増える

 →「手」「おなか」「きゅうり」「大根」などなど、

手遊び歌の中には名称が覚えら得るものがたくさんあります。

  子どもはモノと名前が一致していないところからのスタートとなるため、

  歌を通じてモノへの認識をはぐくんでいくのです。



・赤ちゃんや子どもは音楽が大好き!

 歌が始まるとご機嫌になる。


 →泣いている子でも、音楽がかかると顔が上がることが。

  気分の切り替えに役立つんですね。



・リズム感やテンポが身につく。

 → 体を動かす中で、自分なりのリズム感を養っていきます



・音楽療法の側面からも音楽は感情と連動

  ~感情のコントロールが容易になる


 →音楽に気持ちが寄り添って感情が浄化され、

  その後は自然と切り替えが出来るようになります



・リズムに合わせて体を動かすことで

 感情が変化する


 →リズムの早いものを取り入れると子どもはワクワクし、

  ゆったりしたペースで行うと呼吸もゆったりし、

 気持ちの面でも落ち着きを取り戻します



・ストーリーに感情移入する習慣がつくことで、

 感受性が豊かな子に育つ


 →「かわいそう!」 「心配!」 「あ~、良かった!」 「あれぇ、どうして?」

  手遊び歌の中のシーンは、子どもを物語へと誘います。

  進行するにつれて、心の旅を終えたような充実感を感じるとともに

  感情の機微を感じられる子へと育っていくのです。



・リトミック~ストレス解消・

 リズムに合わせて呼吸が整う・

 リラックスできる


 →雨の日・外に出られない事情がある時・梅雨時期など、

 子どもが外に出られずに鬱々とするときにも

 体を動かすリズミカルなものを取り入れることで

 気分がスッキリし、手足の心地よい運動には

 「あ~、楽しかった!」と深い呼吸が得られ、リラックスを感じることが出来ます。

 

・集中力がつく

→つかみ効果もそうですが、子どもは動くもにに目が行きます。

 その動くものが、どのような世界を展開していくのかを目と耳とで感じつつ

 そこに自分も一緒にやるんだ!という思いから、

 自分なりに手の動きに集中します。



・想像力が広がる

 →実際には目の前にない情景であっても、

 手遊び歌の歌詞や身ぶり・手振りを通じて表現をすることで

 子どもの中に独自のイメージが広がります。

 情景をイメージする力 ⇒  未知のものごとを想像する力へとつながるのです。


・動作に合わせて楽しく動くうちに行動力が促進される

 →手遊び歌は、意外とハードなものもあり、

 体の小さな子どもにとって、大きなアクションを必要とするものもあります。

 歌に沿って動くうちに体を動かす楽しさを知り、

 スムーズに行動する習慣へとつながりやすくなります。



・手を動かす~手と脳はつながっている

 →両方の手につながるそれぞれの脳の働きを

  活性化することにもつながっています。



・利き手だけではなく、両手を使うことで

 右脳と左脳のバランスが良くなる


 →右利きの子は右手、左利きの子は左手…と、使う手が限られるのではなく、

  無限の可能性を秘めた幼少期に

  手遊び歌を通じて両手を使うことは、

 バランスの良い成長につながります。

 
・発想力がつく

 →手遊び歌を何度か繰り返すうちに、子どもの中には

 「じゃあ、これはどうなんだろう?」「こういうのはどう?」

 ~とアイディアが浮かんできます。

 手遊びをする側が 「おもしろいね!」 と柔軟に取り入れることで

 子どもの中にある無限の発想力の扉がさらに開いていきます。




<保育士にとっての効果>

・子どもとのアイコンタクトで心が通じ合う

 ⇒歌いながら視線と視線を合わせ、気持ちを届けようとすることで

 子どもには相手の気持ちが伝わり、心と心の交流が始まります。


・双方向のコミュニケーションによって心が通じ合い、

 笑顔が生まれる。


 ⇒自分の中だけで空回りをしていた状態から、

  子どもとの双方向のやり取りによって視界が広がり
 
  子どもの笑顔を見ることで心にゆとりが生まれ、

  笑顔の循環が生まれてくる。



・歌いながら自分が落ち着く

 ⇒歌っている自分の声を自分で “聴く“ ことで

 自分の軸に意識が戻り、

 子どもに向かって歌うの腹式呼吸で酸素が体中に行き渡るため

 気持ちが安定してくる。

 

・子どもの好きな“歌”でペーシングすることで、

 子どもに安心感が生まれる


 ⇒その子の好きな歌・今抱いている感情と近い歌を歌うことで

 意識のレベル 

(あ、この歌、だいすき!…と感じ、心のガードがほどける。)

 無意識のレベル 

(ん?なんだか受け止めてもらっている感じがするという感覚)

 で、子どもは自分の世界に近づいてくれたことを感じ、

 安心感から心を開いてくれやすくなります。



・手を使う~五感(触覚)が刺激されることで、

 心に安定が生まれる


 ⇒大人が“どうしよう、そんなことしている場合じゃないよ~!”

 …なんて感じている時、そのそわそわが子どもに伝わって

 余計にイライラを煽るような事件が起こりがちですが…。

 そんな時も、手遊び歌で聴覚・触覚・視覚などの五感を使うことで

 大人自身が自分の軸に戻り、

 その安定を受けて子どもたちも心が落ち着くという

 相乗効果がハーモニーとなって生まれる

 ことが、よくあります。



・子どもの期待感や感情の鎮静など、

 感情のコントロールが容易になる


 ⇒子どもが盛り上がってしまっている時、

 テンションが高めの時などは

 「静かにしなさい!」といっても効果がないのは…

 みなさんご承知ですよね。

 そんな時のテンションコントロールには、

 手遊び歌で気持ち良く乗ってもらい、

 お歌の最後に声のスピードやトーンでクールダウンさせるようにすると

 子どもたちは 

 『楽しかった~!は~、落ち着いたな。』

 というように、あっけなく静かになります。



・優しい気持ちになる

 ⇒子どもたちの手遊びの反応って、とってもかわいいんですよ。

 小さな手でひらひらと表現をしてみたり、

 お歌の中の登場人物に感情移入して

 「かわいそう…。」と泣きそうになったり…。

 “昨日はできなかった身ぶり手ぶりが、今日はできた!”

 なんていう成長の証が見えたりすると

 手遊びをしながらもほほえましく、

 優しい気持ちが生まれてきます。



 ※ 仕事に追われている時・気持ちに余裕がない時などは

   こうして子どもに癒してもらうのもアリです!



・アレンジによってアイディアが広がってゆく
 ⇒自分としては歌の通りに歌ったつもりでも、

 子どもの発想力は無限大。

 時として、ハッとさせられるような

 素晴らしいアイディアに出会うことがあります。

 それによって

 いかに自分が無意識の枠組みにとらわれていたかに気が付き

 子どもと一緒に創り出す喜びを感じることが出来ます。



・子どもの感情に左右されず、態勢を立て直すことができる

 ⇒泣きわめいていた子であっても、手遊び歌の調子によって

 意識がふっと変わり、感情が変化することがしばしばあります。

 子どものコンディションをコントロールする側面があるのです。



・いつでもどこでもできる

 ⇒いつものおもちゃに飽きてしまった子どもであっても

 手遊びが嫌いという子はなかなかいません。

 (やったことがなくて恥ずかしがる子はいますが。)

 子どもは本来、自分に興味を持って、承認をくれる人を通じて

 自分の存在意義を確認し、安心して成長していくもの。

 モノもいらずに自己肯定感をはぐくめるのが手遊びです。


*   *   *   *   *


~こうしてあらためて手遊びの効果を考えると、

もっともっと手遊びをマスターしたい!という気持ちになりますね。



「いろいろな手遊びを身につけたい!」

「自由自在に手遊びができるようになりたい」

「手遊びの効果をもう一度確認したい!」



~そんな気持ちをお持ちの方、

楽しみながらお得に手遊びが身に着く講座です。

ぜひお役立てください!


9回目 005



◆日にち:2011年6月26日(日)

◆時 間: 9:15~12:00(受け付け開始:9:00)

     終了後、「野菜畑」にてランチ会をします!

◆場 所:東京ウィメンズプラザ

  map ウィメンズプラザ.jpg

◆料 金:3000円

◆お申込み:パソコン用URL https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P24068169

携帯電話用URL https://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P24068169



あなたの手遊びで保育が彩り豊かになり、

子どもたちの笑顔が広がってゆくのを楽しみにしております!

  1. 保育士Shaberi-BA
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。
「子どものために、大人が輝く背中を見せる」をモットーに保育やコーチング・コミュニケーションを切り口に・講師・執筆・監修を通じて日本を元気にする活動をしております。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長の傍ら、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行っています。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中♪

【認定こども園エクレス】
 認定こども園、新制度へ移行しました!私は保育園部の施設長です。

【保育士コミュニケーション講座】
DVDの販売を行っています。お役立てください♪

【講演依頼・取材・お問い合わせ】
   ~Imfomation~
こちらからよろしくお願いします。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・コンサル・アドバイスは、こちらからどうぞ!

【梅花ブログの楽しみ方】   
 ~About Blog~

詳細、こちらをご参照ください。


【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

人気記事ランキング

謳歌日記人気記事ランキングです!

こちらも合わせてお楽しみください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー