日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


妄想大陸~歴史の授業を体感型に!

こんにちは、松原美里です。

先日、とあるTV番組から「ラブい歴史の会」に取材の依頼がありました。


残念ながら、日程が合わずに見送らせていただくことになったのですが…。




今回、興味を持って下さった切り口は


・昔ながらの温故知新な知恵を、

  分かりやすいアプローチで紹介している点。

・目的は学ぶことではなく、「楽しむこと」である点。



私はてっきり「歴女」かと思ったので、

残念ながら、「歴女ではないんですよ~」と

お話しなくてはならないかと思っていたんですが…。



(マキ山さんは歴史を幼少期から愛する、歴史オタクです。

 歴女という分類ではありません。


 私は歴史が好きなわけではありません。むしろ苦手でした。

 マキ山さんの話が面白いから興味を持ち、

 いろいろな人の歴史観に興味を持って現在に至るだけです。)



実はこの歴史の会の“あり方”に関しても、様々な人から


「もっと学びを重視したプログラム作りに変更した方がいい」

「DVDにして販売戦略を取ろう。絶対に儲かる。」



~という話が出ていたこともあったんですが…。



私たちは非常にシンプル。


●主宰者である私自身が楽しみ、マキ山さんの歴史語りを一人でも多くの人と共有したい。

●マキ山さんに、しゃべる場を提供したい。

●できれば、終戦まで通しで網羅したい。



マキ山さんの「あなたの知り合いですか?」というような

ゴシップ調の歴史語り

参加者一人一人が“登場人物の役”になりきりながら聞いたり、話したりするうちに

純粋に歴史を楽しめて、その先に気付きや学びが生まれる。

(必要な時に必要なことが起こります。役も気づきも。)

結果的にそれが日常にリンクし、物事をとらえたり選択したりするヒントになる。



今回放送につながりはしませんでしたが、

こういう活動に「Good Job!」とメッセージをもらったようで

私はとっても光栄な気持ちなのです。




さて、“妄想大陸”とタイトルをつけたのには、理由があります。

もしも放送されていたとして、嬉しいことがあるとしたらどんなことか…?



そこを妄想してみたところ、こういったことが出てきたので

せっかくなのでブログでシェアしてみようかと



それは、「歴史の授業を体感型に!」という提案です。


私はもともと歴史の授業が苦手でした。

それは、一方的に受け身で教科書の流れを追い、年号を覚えさせられると感じていたから。

出来事はすべてが平坦で、抑揚のない“事実”。



もしも…


「義経と静御前…静は舞の、今でいうスーパーアイドル。

 AKB48の前田敦子みたいな。

(義経は誰なんだ…?嵐の二宮くんとか?)そんな二人が…。」



~なんて話をしたらば、一気に中学生、食いつくと思いませんか



歴史は身近に迫ってきて、モノクロで平坦だった歴史が

カラーで立体なドラマへと変わる。



そうすると時代背景にも興味が湧くし、

その中で人はどう葛藤し、何を大切に思い、選択したのか。

その結果、一連の出来事がどういう時代の流れにつながっているのか。




~そんなことに思いを馳せるうちに、覚えてしまうと思うのです。


そもそも、今思うと歴史の授業から学ぶことってそういった

「人間の選択の結果」「自分の国を知り、愛着を持つこと」

なのではないか…と。



自分ごとになるには、次のようなアプローチを

年初に一度入れてもいいかもしれません。



たとえば、クラスを5~6人のグループに分け、机を寄せて座ってもらう。

時代の流れを区切り、その中での登場人物を5~6人設定する。

それぞれにくじ引きで役を決めてもらい、

くじの紙には、役それぞれがどんな性格・人生だったのかが書いてある。

そして…それぞれに、なりきって(感情移入して)自己紹介をしてもらう。


「へえ、自分がやるこの役…この人ってこういう人なんだ。」


~と、それぞれに親しみを持ってもらったうえで

先生がその時代背景や出来事を少し詳しく話していく。



特に、登場人物の心の動きなどは丁寧に。



~そうすると、生徒たちそれぞれの中に、登場人物への共感が生まれ、

しだいに気持ちが同一化し、思ってもみなかったような感覚が生まれてくる。

その後、グループ内でそれぞれの感想を一言ずつシェアしてもらう。



感想は何を言ってもいいです。

「意外といい人だった」「ムカつくけどしょうがない」

「昔って大変だったんだね」「イメージが沸かない」…。



~そうやって自分の言葉で感想を話すことで、歴史が自分とクロスする。



そんな体験をした後、先生から

「歴史も私たちと同じように生きた人の残したものなんだよ。

 これから、いろんな人たちのドラマから学んでいこうね」


なんて話があったとしたら…。



受験対策な日本史が減るに違いない。




そう思うのです。

もしも生かせそうな方がいたら、ぜひ活用していただきたい。



日本の未来を背負う若者に、

せっかくなら…楽しく学んでほしいですもんね!




こんなふうに、時々降りてくる私の“妄想大陸”、

これからも不定期にてお届けいたします☆




ラブい歴史の会HP

・動画もあります。

2009年歴史会ツアー写真UPしました!

ラブい歴史の会

今月の開催は6月19日(土)13:00~17:00

戦国時代の今川氏に迫ります 参加受付中です!






  1. 妄想大陸☆
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。
「子どものために、大人が輝く背中を見せる」をモットーに保育やコーチング・コミュニケーションを切り口に・講師・執筆・監修を通じて日本を元気にする活動をしております。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長の傍ら、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行っています。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中♪

【認定こども園エクレス】
 認定こども園、新制度へ移行しました!私は保育園部の施設長です。

【保育士コミュニケーション講座】
DVDの販売を行っています。お役立てください♪

【講演依頼・取材・お問い合わせ】
   ~Imfomation~
こちらからよろしくお願いします。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・コンサル・アドバイスは、こちらからどうぞ!

【梅花ブログの楽しみ方】   
 ~About Blog~

詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

人気記事ランキング

謳歌日記人気記事ランキングです!

こちらも合わせてお楽しみください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー