日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


トークショーの一部は「NPO日向ぼっこ」へ寄付させていただきます。

こんにちは、松原美里です。


いよいよ明日に迫ってまいりました、

「人と一緒に幸せを創る!成幸者の仕事術」

こちらのイベント、久米さんと天野さん

ミッションを、人と喜び合える“ビジネス”につなげてゆく

その秘訣をお話いただき。

その後は、このテーマに惹かれた皆様との

楽しい懇親会を行います♪



さて、今回のトークショー。

その参加費の100円を、 「日向ぼっこ」というNPOに寄付させていただきます。

日向ぼっこ


私が「日向ぼっこ」を知ったのは、昨年の八月。

めったにTVを見ない私が、

たまたまぼんやりと見てる中で、飛び込んできたのが

「子どもサポートネットワーク」の話題でした。



私は6年前まで、泊まり変則勤務も、夜中の会議も当たり前で。

子どもと一緒にお風呂にも入るし、

親御さんと一緒に人生の建て直しをしたり。

子どもと一緒に日々、一喜一憂をしていました。




職員だった私が、コーチングを通じて

「子どものために大人が輝く」を目指して活動を始めたのは

あの子たちとの宝物のような時間と、やるせなさが背中を押していました。



「日向ぼっこ」は、そんな児童養護施設出身の

渡井さゆりさんが代表を務める、

社会的養護を受けていた当事者が参加し

より良く生きるためのサポートをし合うNPOです。



児童養護に当たるケースというのはさまざまあり、

・親が虐待をしてしまった。

 (虐待には、傷をつけてしまう虐待と、
  ほったらかしにして育児を放棄してしまう虐待があります。)


・借金を背負ってしまい、生活ができない。


・母子家庭になってしまったので、
 働かなければならない。


・父子家庭になってしまったので、
 働いている間、子どもを見ることができない。


・親が精神病になってしまったので、
 子どもを見ることができない。


・親が犯罪を犯してしまったので、
 子どもと一緒に生活をすることができない。



・両親がいない。


~などなど。


事情が様々あるだけに、

児童養護の適用される期限ともいえる学校卒業後には、

中卒であれ、高卒であれ

親や親族からのサポートは得られないケースがほとんどです。



卒業後は、自分で生きて行かなければならないのですが、

住む所や・金銭的な悩みはもちろんのこと、

親から無条件の存在承認をもらっていない彼らは

セルフイメージが低い事が多く、

存在意義を疑ってしまったり、仕事人間関係の葛藤と共存しながら生きていくことが、多いのです。




私はその番組を見て、かつての子どもたちへ抱いていた

愛情のような、葛藤のような、

もどかしさのような感情で涙が止まらなくなり。




それ以来、賛助会員として

寄付をさせていただいたりしております。




私の身のまわりでもそうなのですが、

「児童養護施設の職員だった」というお話をすると、

「豊かな日本で、そんなことがあるなんて、知らなかった」

~とショックを受け、

「なにかできることはない?」

とおっしゃる人が、多くいらっしゃいます。



(先日も、Twitterを介して

 愛知県の方が、元園へ絵本を送ってくださりました。)




中には、何かをしてあげたいと思いながらも、

どこに何をしたらいいのかがわからない人

もいらっしゃるかもしれません。



実は、誰かのために何かをするというのは、

ボランティアであれ、なんであれ

「かわいそうだから」「そんな自分が好き」などではなく、

相手を通して自分が満たされる…

双方が満たされる、釣り合いのとれた関係です。




私自身、Y(今は中2、ボランティア5年目。)に月に一回会うことが励みになって

「あいつに情けない顔、見せられないわ。」

乗り越えられている部分があるのです。




「してあげたい」人と、「必要としている人」をつなぐこと。

それによって、お互いにあたたかい気持ちで生活ができること。


~そんな架橋の一端を、担えればいいなぁと。




今回のトークショーは、

そんな「日向ぼっこ」さんを一人でも多くの人に知っていただきつつ、

がんばって生きている皆さんの

少しでも、お役に立てて頂ければいいなぁと思い、

一部を寄付させていただくことにしました。




昨日、お電話で渡井さんにその旨をお伝えしたところ

中卒高卒で社会で働いていらっしゃる皆さんが

「資格を取りたい」と思ったときに、

元になるお金がないと相談を受けるケースが多いそうで

ちょうど、みなさんの資格取得用の基金を作ったとこだったそうです。



今回のイベントが、そういった形で少しでもお手伝いができると思うと

嬉しいかぎりです。




↓ 飛び込み参加も大歓迎です!

「人と一緒に幸せを創る!成功者の仕事術」


「人を幸せにする会社を創る」をミッションに掲げ、

様々なフィールドで活躍中の会計士天野敦之さん と、

天野さ~1



墨田区観光協会の理事や明治大学商学部の講師も勤められる

久米繊維代表取締役の、久米信行さん
kume01.jpg


私の尊敬するお二人のトークショーを10月26日に開催いたします


コトのいきさつは、

北海道東京会議の久米さんの講演を聞いて

すっかりファンになってしまった私が

猛烈に本を読んだり(ブログ道やり抜く技術

ネットで久米さんのお仕事を拝見したりしているうちに

最近ご一緒させていただいている天野さんとご縁があることを知り、

一緒に墨田裏路地ランチへ行ったこと。



その時のお二人のやり取りが素敵だったんです!



たくさんの本を出版されているお二人なのですが、


・苦難を越えて、今に至る。

・ここまでの経緯を惜しみなくオープンにしていらっしゃる。

・想いだけではなく、きちんとしたビジネス展開

 ~現在の本業をしっかり進めていらっしゃる。

・お互いを生かし合う社会づくり

・熱い支持者が全国にたくさんいる

・ネットでもリアルでもつながりを深めながら、

 広がり続けている感じがある



~というところが共通のように感じました。



それでいて…なんというか


「ゆるさ加減」が素敵だと思ったんです! 



世にいう自己啓発の本や仕事術の本は

私も大好きでよく読むんですが…。



その時は「そうか!」と思っても実際にやり始めると

心が苦しくなる感じがするというか。



久米さんと天野さんとのやり取りは

実際に様々な現場を見てきて、

やる時は猛烈に仕事をしていながらも、

仕事だけ切り離された成功者というわけではないんです。



私が特に素敵だと思うのは、

そういったところで…



人生全体を通して

自分の努力だけで思い通りになること・

ならないことがある日常の中で

もろもろの状況を時には苦難をも受け入れながら、

新しい自分の側面を楽しんでいる感じが素敵なんです。





児童養護施設の親御さんは

明らかに仕事や共倒れになる人間関係に

不幸の渦に巻き込まれていく方たちが

多くいらっしゃいました。




ですが実際に、児童福祉以外の世界で

世に言う「成功者」のお話を聞いていても

その家庭は本当に幸せなんだろうか?

と考えてしまうことがよくありました。



生きるというのは、仕事だけではないはずで。



家庭も自分の時間も、

社会や経済の動きも多面的にある中で

自分であることを“全機”させる生き方。


周りの人をも“全機”へと導くような

生き方をされているお二人に

ぜひ“対談”という形で、

味わい深いお話を伺いたいと思いました。



2007年名作集 006
蓮の花は、水の汚い所にも 美しい花を咲かせますね。


そんな思いでラブコールをしたところ、

「いいですよ。」と気さくに対談が実現!!




今回お話いただくのは、

こういった3段構成です。



 <その1> 地に足のついた仕事術

  ここまでの経緯を踏まえて、

  ミッションとしていること

  それを踏まえて、お二人がどんな風に

  時間のマネンジメントをしているのか?!


  
  また、

  具体的な思考の流れというか、

  どんなことを考えて

  アクションに移しているのかを教えていただきたと思っています!


 (きっと、見えているところと見えていないところでの

  積み重ねがあると思うのです)



<その2>自分の状況・感情との向き合い方

 自分の弱さ・人の弱さを受け入れつつ、

 人とかかわりながら作っていくこと

 思いが大きいほどに期待をしてしまったり、

 愛が伝わらなかったり。



 理想と現実のはざまでプレッシャーが大きくなったり、

 勇気づけになったり。

 
 いろいろな人がいて、

 私なんかは一喜一憂してしまいますが

 その時の、人や自分への目線の向け方・

 感情との付き合い方などが知りたい!



<その3>人と自分を生かし合う関係作り 


 お互いの空気を共有し合いながら、そこで創造してゆく

 人は一人では生きていけないんですが、

 一人で頑張ってしまう人も多いなぁと。



 これからはつながりを生かすことがカギだと思うのですが、

 人と一緒に仕事をする上で心掛けていることは

 どんなことなのでしょうか?



 久米さんの

「みんなで出して、みんなで儲けましょう!」

 …というのが私は大好きなのですが

 お互いを生かす関係を自分から作る時に、

 どういったことを大切にしているのかなど。




…といったことをお話いただきたいと思いました!



こういったことは、意外と今までの本には書かれていないこと。



地に足のついたつながり・生かし合いを

ピンポイントに必要としている人にお届けできる。


そして、そこで受けた気付きを

その後の懇親会にて

(食べ物たっぷり!&飲み放題 1時間つけちゃいました!!)

実際に久米さんと天野さんとの交流を通じて

明日からの決意に変えていけるような。



そんな、ワクワクする場にしていきたいと思います!




結果的に、今すでにファンの方はさらに

お二人の伝えたいことが腑に落ちていくと思いますし、

今回の告知を機にお二人の生きざまを知る人にとっては

自分の人生を生きることに勇気をもらえる

ターニングポイントになるのではないかと思います。


ぜひ、期待をふくらませてお越しください!!


◆ 日にち 2010年 10月 26日

◆ 時 間 19:00~22:00

◆ 場 所プラットフォームスクウェア DELI CAFE 



◆ 料 金 5,100 円  (トークショー&飲み放題+軽食付き!)

 ※100円はNPO法人 日向ぼっこ に寄付させていただきます。


◆ 当日の進行


 19:00 司会(松原)よりお二人のご紹介

     トークショースタート!!


     ☆ Part 1☆ 地に足のついた仕事術

     ☆ Part 2☆ 自分の状況・感情との向き合い方

     ☆ Part 3☆ 人と自分を生かし合う関係作り


 21:00 懇親会、開始
 
 22:00 終  了


 
 
みんなで一堂に会し、

希望の“きっかけ”を持ち帰れる場。

終了後には久米さんや天野さんとの

ざっくばらんな飲み会を楽しむも良し。


同じ思いを持って集まった人たちと、語り合うも良し。


ここでさまざまな化学反応が起こり、

一生モノのご縁が生まれたり。



ワクワクする取り組みが始まったりしたら、

私は最高にうれしいです!



お申し込み、お待ちしております!!

ぜひご一緒しましょう~。




<お申込みはこちらからお願いいたします!>
 


 ★ 携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P19699634

こちらのイベントに際して、

これからもいろいろな角度から記事をUPしていく予定です。


楽しみに当日を迎えましょう~


■ 久米信行 氏 ■

イマジニアで株式ゲーム、日興証券で相続診断システムを開発後、家業の三代目となる。
T-GALAXY.comで日経インターネットアワード.IT経営百選受賞。現在第二創業期に
邁進し、日本でこそ創りえる久米繊維謹製Tシャツを世に問う。
明治大学商学部講師。東京商工会議所IT分科会長、墨田ブランドアップ推進会議委員。
連載は経営者会報.日経パソコン.日経ITpro.日経ベンチャー等多数。
著書に『メール道』『ブログ道』『すぐやる!技術』『認められる技術』『やり抜く技術』などがある

* 久米信行氏 Tシャツ道日記 http://kume.keikai.topblog.jp/ *

■ 天野敦之 氏 ■

コンサルティングファーム・金融機関を経て「人を幸せにする会社」を創ることを
ミッションに、公認会計士として財務会計の視点から人の幸せと企業の利益を
両立させるためのアドバイスを提供。チベットサポート・チャリティセミナーの開催、
歌手やヨーガ講師など異業種とのコラボレーションセミナーの開催など、
さまざまな分野で意欲的に活動中。「幸せな会社を作るコミュニティ」は400名越え。
著書に、『会計のことが面白いほどわかる本』、『価値を創造する会計』、
『君を幸せにする会社』、『宇宙とつながる働き方』などがある。

* 天野敦之氏 公式HP:http://sinzenbi.net/ *

■ 主宰・司会 松原美里 ■

IMG_0269.jpg

保育園・児童養護施設での子どもの支援・親指導をする中で「子どもが幸せになる
ためには大人が輝いていることが大切」と痛感、米国認定コーアクティブコーチ資格を取得。
2007年~2009年までAll About「育児の基礎知識」のガイドとして78本の記事を執筆。
現在は「子どものために大人が元気な背中を見せる」をミッションにパーソナルコーチング、
執筆・監修・「女性社職員スキルアップ講座」「保育士のためのコミュニケーション講座」
子育て講座などの講師を務める。「お子さんの才能見出します!」~子どもの才能発掘セッションも好評。

* 松原美里 公式HP:http://umehanarelations.jimdo.com/ *




<関連ブログ>

墨田区にてスカイツリー&芸術ランチ!

墨田区の噂のカレー屋で、ゴージャスな対談が決定!

久米信行氏・天野敦之氏トークショー!「人と一緒に幸せを創る!成幸者の仕事術」

墨田区観光協会~ネットでみんなで地域を生かす!取り組み

生き様から学ばせていただく~久米さん・天野さん「人と一緒に幸せを創る!成功者の仕事術」

来週開催!久米さん&天野さん「成幸者の仕事術&和気あいあい懇親会」


<10月26日のトークショーの様子は、こちらをご参照下さい>

「人と一緒に幸せを創る!成幸者の仕事術」報告♪





  1. CSR
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

CSRは進化の条件---雑誌「オルタナ」森摂さんのお話を聞きました!

昨日は北海道東京会議にて

「オルタナ」編集長 森摂さんのお話を聞かせていただきました。


もろもろ 019


パタゴニアの経営者による「社員をサーフィンに行かせよう」を翻訳した際の

社内の環境への取り組み姿勢をきっかけに、アメリカのほかの企業へ

そして国内にある素晴らしい環境・CSRへの取り組みをしている企業へと視野が広がり

こういった取り組みをひろく社会に紹介したい…

そんな思いが創刊のきっかけとなったという、雑誌「オルタナ」



オルタナとは…第三の価値、

日常的とされるもの…それ以外のモノサシ。




「環境とCSRと志のビジネス情報誌」として、


1)環境や健康、CSR(企業の社会責任)など、

 新しい(オルタナティブな)ビジネスの価値観で動く企業を

 積極的に報道する。

2)こうした企業と連携し、コミュニティをつくり、相互交流を図る。

3)私たちの社会に、新しいビジネスの価値観を植えつける。




~といった取り組みをされている雑誌です。




紙媒体・WEBではYahoo JAPANとの提携も果たし、

様々な入口から関心を持った人たちによって

ページビューは五万~五億になることもあるそうです。





地球環境・地球上で起こっている様々な出来事へ

企業やNPOなどが行っている、

様々な取り組みを様子をご紹介されたり。




ドラッカーやコトラー、ポートラーといった

経営の神様といわれる方たちの

社会的活動を重視する考え方を紹介するなど…


広い視点から環境・CSRの活動を推進しています。




かつて「環境政策」というと

「設備改修に余計なお金が掛かる…」

と煙たがられる風潮もありましたが、それはじつは一時的なものであり。



エネルギーの負荷を減らすことは

経営を成功させることと同軸のものである、



…ということに日本の企業も気が付き始め、

経団連同友会でも取り組みが始まったり。



リコーではCO2の67%削減を発表したり、

といった動きが見られています。



(ちなみに、日本は鳩山さんが首相だった時代に国連で

 「温室効果ガス25%削減!」を打ち出しましたね。

 首相は変わりましたが、

 日本という国が打ち出したインパクトは、事実として世界に残っています)



“持続可能な社会=サスティナビリティ”を考えて活動をすることは、

企業が存続していくためにも、大切なことであり。





ダーウィン進化論にも、

「強いものではなく、変化に対応できるものが生き残る」

とあるように、


私たち人間が生きていくためにも

これまでの常識の軸~人間だけではなく、

地球上に生活する生物の多様性を尊重するという、

“第三の軸”を持った時に、見えてくる

CSRを軸に据えた世界があるのです。




たとえば、衝撃的な動画を見せていただいたのですが…、

ネスレの森林破壊の実態を知ったNPOによる、環境破壊たたきのように。





(2008年のICF:世界コーチ会議では、コカコーラの事例が上げられていましたね。

 コーチ仲間が取り組んでいるチェンジ・ザ・ドリーム

 こういったことについて考えるきっかけを提供しています。)



大きな企業であっても、地球環境全体という視点で見た時に

真意が問われる時代に変わってきている。




これまでの物質優先の産業の中では

当たり前のように行われていたことが、リスクになりうる。




でもそれって、よくよく考えたら…

当たり前のことなのかもしれません。




むしろ、日常生活の中で…企業も、人も社会的生物として

社会に価値を生み出す営みの中で生活をしていることを考えれば

これらはごく自然な取り組みであり、



日本でも近江商人が大切にしていた“三方良し”の精神を、

現代版として「自分も人も環境も

大切に育んでいくための視点でもあるんですね。



企業経営と、CSR。



その両方に同軸として取り組み、ファンを増やしている

素晴らしい日本の企業もいくつかご紹介いただきました。



北海道東京会議ということで…北海道の企業では、

びっくりドンキーのアレフの環境への取り組み。


私の尊敬している久米さん の久米繊維株式会社では、地球環境への配慮と

コットンを栽培する児童労働者への健康被害を防ぐために

オーガニックコットンのTシャツにこだわっていたり。

http://blog-imgs-45.fc2.com/u/m/e/umehanaglouriouslife/organic_squarebutton.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/u/m/e/umehanaglouriouslife/organic_squarebutton.png" alt="organic_squarebutton.png" border="0" width="126" height="126" /></a>">organic_squarebutton.png


(着る方には農薬もオーガニックも変わりがないが、

 発展途上国で栽培をする児童労働者の

 健康被害が深刻な問題になっているのだそうです。)


また、素敵だなぁと思ったのは、

たねやグループの取り組み。


和菓子で使うヨモギを無農薬で作りたいと、

地元のお年寄りに手積みでの雑草処理、をお願いし、お年寄りも

「俺たちが育てたよもぎまんじゅうだ。」と誇りを感じていたり。

バームクーヘンの残りを養豚場を作り、餌にしていたり。



国産の間伐材を用いた割り箸、竹羊羹の竹を再利用…などなど

森さんのお話を聞いて、HPを読んでいる中でも

感動的な(思わず涙してしまう)取り組みがたくさんありました。



ポールニューマンの経営していたドレッシング会社

税引き後利益の全額を寄付している取り組みだったり。



パタゴニアがすべてのコットンをオーガニックにし、

利益の一部を寄付していたり。




社会的(Social)な動きをビジネスとして立ち上げた社会起業家としては

山口絵里子さんマザーハウスなどが有名です。

(銀座にも出店。先日マーケティング賞をもらいましたね!)



そういった動きを、「かっこいい!!」

とする学生も増えいるそうです。



一方で、就職活動の中でも

「御社のCSRを聞かせてください」

「入社したら、CSR部門で頑張りたいです!」

と目を輝かせる新入社員と

「そんなイイコト言ったって、食っていけないんだよ!」

と、一般的な企業との間の温度差があり、

しゅんとなってしまう若者も少なくないのだとか。



森さんの

「かつての学生は、不安を感じると

 学生運動やオウムなどに走ることがあったが、

 こんな風に社会活動に目を向ける若者が増えているのは、素晴らしい。

 ぜひ大人が大切にしていかなければ。」


~という言葉に、素敵な大人の後姿を感じました。



(実際にオルタナでは、

 志の高い学生たちの意欲を生かせるような場も用意されたりと

 それぞれの視点を生かした取り組みもされています。)


ドラッカー

「これからは企業は非営利な流れへ向かう」という言葉を残しているように、

利益ありき”の経営ではなく、

地域や社会・地球上で必要とされる“社会的な存在=”へ。





企業も、そして私たち一人一人も手をつなげる社会へと、

一歩ずつ近づいている。




それは、地球の意志でもあるのだろう…

ということを、あらためて感じさせていただける時間でした。



森さん、貴重なお話をどうもありがとうございました!



"☆..:*・゜☆..:*・゜☆..:*・゜☆..:*・゜☆:*・☆..:*・゜☆..:*・゜☆:*・☆

      久米信行さんとhttp://sinzenbi.net/ " target="_blank" title="天野敦之">天野敦之さんから

      仕事も家族もコラボレーションも…

    人と一緒に幸せを創る秘訣を教わりましょう!

  ~エネルギッシュでゆる~い、トークショー&飲み会

         10月26日 19:00~22:00

   http://umehanaglouriouslife.blog52.fc2.com/blog-entry-1973.html

     ↑ 参加者募集中です


"☆..:*・゜☆..:*・゜☆..:*・゜☆..:*・゜☆:*・☆..:*・゜☆..:*・゜☆:*・☆

  1. CSR
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。
「子どものために、大人が輝く背中を見せる」をモットーに保育やコーチング・コミュニケーションを切り口に・講師・執筆・監修を通じて日本を元気にする活動をしております。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長の傍ら、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行っています。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中♪

【認定こども園エクレス】
 認定こども園、新制度へ移行しました!私は保育園部の施設長です。

【保育士コミュニケーション講座】
DVDの販売を行っています。お役立てください♪

【講演依頼・取材・お問い合わせ】
   ~Imfomation~
こちらからよろしくお願いします。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・コンサル・アドバイスは、こちらからどうぞ!

【梅花ブログの楽しみ方】   
 ~About Blog~

詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

人気記事ランキング

謳歌日記人気記事ランキングです!

こちらも合わせてお楽しみください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー