日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


地震の心の影響を、抱きしめて。~大人も、子どもも心のケアを!

こんにちは、松原美里です。


地震酔い』---地震の後も、視覚情報とで平衡感覚のズレが原因で

ずっと揺れが続いているような感覚になること。



~こういった影響が、身近な人やラジオ・新聞などでも聞かれるようになりました。



たしかに、私も「おや?揺れている?」と思うと

自分の鼓動で体が揺れていた……ということがありました。



それと同時に、むしろ心配なのは

地震によって心にストレスが掛かり、

不安を強く感じる人が多くなっていることです。



11日の地震の際、子どもは避難訓練のおかげもあり、

なによりも尋常ではない揺れの大きさに、すぐに指示に従って

事無きを得た…というお話を聞いたのですが。


じつは、避難をしながらも震えていたり。

その後も、余震があると泣き叫んだり。

不安から、ママやパパから離れられなくなってしまう子どもも増えています。




増えている---というのは、

深刻な状況で気を張っていた状況から、少しずつ

コーティングしていた“気”が緩んで

子どもなりのストレス反応が顕著になってきているのだと思われます。



名所_日本045




不安を感じているのは、子どもだけではありません。




直後時には、

「大切な人を守らなくては!」

「避難しなくては!」

……と気を張っていた人も、同じように

大きな変化・未知の状況の中での不安を大きく感じています。



ですが、不安な気持ちを見て見ぬふりはできません。



追いやろうとするほどに、不安は追い掛けてきます。

 


まずは、自分の気持ちを抱きしめて。



「不安なんだ」ということを、自分が受け入れることです。




涙が出てきたら、気が済むまで、涙を流しましょう。

(人目が気になるのなら、トイレなど、人目のないところでも。)

声を上げて泣いたっていいのです。



そこで、初めてフラットになれる。



あなた自身がフラットになったら、

周りの人の“気持ち”を抱きしめてあげて下さいね。



(「どんな風に感じた?」「その時、どんな気持ちだった?」

 その時の出来事を聞く中で浮かび上がってくる気持ちを察して、

 「そう……。○○な気持ちだったんだね。」

  というように。)



不安な気持ちは、より一層の不安をあおります。


(不安な気持から、不確かな情報ばかりが耳に入り

 不安をあおられて不信に陥ったり、

 買い物に走ってしまったり。

 悪循環の渦に入ります。)




まずは、受け入れること。



不安から、地に足をつけて現状を受け入れて。

受け入れるところから、すべては始まります。




子どもへの対応は、抱きしめること。



トントンと触れながら声をかけましょう。

「怖かったんだよね」「不安だったんだよね。」

~と、気持ちに寄り添い、受け止めてあげて下さい。



体や指先から体温が伝わり、自分の存在を確認することができます。



(「大丈夫よ!」と言っても不安は癒えませんので、

 まずは受け入れてあげて下さいね。


 子ども自身、自分が何を感じているのか理解できず、

 ただひたすらの不安に突き動かされている場合があります。


 「そうか、不安だったんだ。」と感じられて、

 それを受け止めてくれる大人の存在を感じて、初めて

 「大丈夫よ」という言葉を受け入れられるようになるのです。)




また、子どもを抱きしめているうちに、

あたたかさやスキンシップで、大人自身が癒されるという効果もあります。




人間も、動物ですから。




不安な時ほど、スキンシップや

心の通うコミュニケーションが大切です。





冬105





まずは自分の心を抱きしめて。

身近な人との心の通うコミュニケーションで不安を緩和し、

安心できるように呼吸を深くして行って下さいね。


  1. 地震
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

「輪番停電・節約・復興へ向けての小さな一歩」

こんにちは、梅花です。

「輪番停電・節約・復興へ向けての小さな一歩」

~ということで、

身近に自分ができる生活の工夫を

シェアしてみたいと思います。




きっと、当たり前のこと。



私にとっては、祖父母と暮らした生活の中で

 (戦争を体験、満州からロシアへ送られ、命からがらに生き延びた祖父。

  厳しい時代の中で、我慢や贅沢、見栄、真実を踏まえた祖母。)


「上見て、キリない。下見て、キリない。」

 (人をうらやんでも、キリがない。貧しい人も、困っている人もきりがない。

 今あるものに感謝をすること。)

「人間バカでも、ゼンコ(銭=お金)バカじゃない。」

 (安い!お得!と思うものがあっても、それには理由がある。

  それなりのものは、それなりの値段がする。

  人間は流されてしまうこともあるけれど、お金は正直である。)


人物005


~という言葉が頭の片隅に残っており。



思春期には「いちいちうるさいなぁ!」と思っていたことが

今になって大切なことなのだ……と感じ、

あらためて実践を選択しております。



そこに、私なりにできそうな工夫を交えて

シェアしてみたいと思います。



人間の生活の基本は、衣食住。

小さなこと、当たり前の知恵かもしれませんが

一つでも役立ててもらえることがあれば、幸いです。



≪輪番停電・節約・復興へ向けての小さな一歩≫



◆今あるものを活かす(買い物に走るのではなく)

・買い置きの食糧で、買い物に行かず、

廃棄を減らして長く作れるようなメニュー・量を検討する。

  (スーパー・コンビニは不安を感じる人が過剰に買ってしまう恐れがあるので。

   今あるものをいかした上で、必要なものだけ、買い足してゆく。

   日本の食卓・食産業で廃棄するものだけで

   15万人の命が救えるというお話を聞いたことがあります。)

・保存のきくもの(煮物・漬物など)を多く作り、長く食べる。
 
・飲み物は水筒に入れて飲用する。

  (逐一沸かしたり、淹れたりするガス・電気料の節約。

   洗い物を減らす。)



 ◆暖の取り方。

・重ね着、しまってあったあたたかい衣服を活用する。

・カーテンをしっかり閉める。(すき間風を防ぐよう、留めるなど)

・すき間にはすき間テープ。

・風が入ってくるところには、段ボールや保温シートをあてるなど活用。

  (キャンピンググッズ・「いつか使うかも」の備えを活用しましょう♪)

・靴下の重ね履き(私は祖母の手編みの靴下カバーを愛用。)

・日中居られるときには、光を可能な限り取り込み部屋を暖めておく。

 

 ◆生活習慣

・早寝早起き。

  (寒くなったら布団に入る⇒余計な暖房を使わずに済む。)

・掃除をする。

  (朝起きたら、すぐ掃除⇒雑巾がけをするうちに、意外と体が温まる)

・ストレッチ、体操をする、体を動かす

  ⇒体があたたまり暖房が少しで済む、体調も良くなる。

  (私は少林寺の基本練習をこっそり家でやったり、

   システムシンキングで教わったスワイショー・たんとうこうをしてみたり)

・食べるモノの量を、8分目にしてみる。「腹八分目」By 祖母

   ⇒たくさん食べると、消化に負担が掛かったり効率が悪くなたりするそうです。

   食べ物その物の味を感じつつ、ゆっくり良く噛むことで満腹中枢が満たされてきます。

・一日に摂取する食べ物のカロリーを、基本(必要最小限)から見直してみる。

   ⇒「目で食べたい」、「ストレス食い」、「お付き合い」が

   過剰カロリーの元になっていますね。

・パソコンを使う時には、目的をはっきりさせてから。

 終わったら、消す。

  (ついだらだらネットサーフィンしちゃうんですよね。)

・情報との付き合い方を意識化する。

 必要な情報は何か?

 気になる情報は、自分にとってどんな意味があるのか?何をするといいのか?

 不安なので、ずっとラジオを聞いていたい気もするのですが、

 輪番停電・電池の寿命の限りもありますね。 

 限られた時間の中で、必要なものを見極め、選択していくことが必要かと思います。






そして、地震~震災ということに関しては、

関東に出てくるときから「地震が来るよ!」と警告をいただいており

小心者の私は愛児園時代も「子どものため!」という視点で

防災担当をしておりました。



余震が続いている今、私たちの生活にも

心構えとして役立つと思いますので、

2009年にアップしたものをこちらにてシェアします。



  
≪梅的 防災への備え≫

 関西の地震を体験された方のアドバイスを踏まえて

 ブログにまとめております。
    



 みなさんの工夫もぜひ、シェアして下さいね。




P.S

 午後の予定が震災の影響でキャンセルになったので、

 今日の計画停電時には、梅的防災グッズの点検

(あるもの、加えるもの、工夫できるもの)

 「いつか読みたい」と思って溜めてあった本を読むなどして

 有意義に過ごしたいと思います。



 みなさま、よい時間を!



★ 「おばあちゃんの知恵袋」に、

 生活に役立つ様々な智恵が紹介されています。

 この機会に重宝する智恵が見つかるかもしれません。

  1. 地震
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

(一人避難訓練。)

おはようございます、松原美里です。

今日は、早々のブログ更新です。


なぜこんなに早いのかというと…、

こんな理由があります。






前回の明け方の大きな地震の前に、

うちのインコが

「ギャギャギャギャギャッ」と鳴いたのです。



その時は「鳥も寝言を言うのね。」なんて

ほほえましく思っていたのですが、

後から考えると違うのかもしれません。



集合無意識で、動物が人間よりも繊細に

自然界の情報を受け取っているのだとしたら…?




それよりも短く、今回は4時15分過ぎに、「ギャギャッ」と鳴きました。


まさかね。

でも、もしかして…。



用心に越したことはない。



何もなければ、「避難訓練しちゃったね」で済むもの。



自分の都合のいいように自然は出来ていないので、

とりあえず用意だけでもしておこう。



…というわけで一人、避難の準備を始めたのです。



もしも地震がきたら…、



ガラスは全部割れる。

戸棚等は倒れてくる。

水は出なくなる。



~などを考えて、



以前から用意をしてあった


ドイレットペーパー・箱ティッシュ・ウェットティッシュ・

着替え・トンカチ・電池・非常用食料たち・ろうそく・マッチ

ウィンドブレーカー


などを部屋の中央に用意。





ダンボールをガラスのそばに待機。

(割れたガラスの上に敷いていくらしいです)




すぐに外に出られるように、着替えを用意。



(パジャマから着替えて、コートを…思うと、

 昔の人が着物で生活をしていたのは理にかなってますよね。

 そのまま外に出られますもん。)




どうやら、取り越し苦労だった模様です。


でも、発見もありました。




こういう目で見ると、普段から

トイレットペーパーとか箱ティッシュも買い置きしておいたほうがいいな、とか。

ガラスが全部割れて戸がゆがんだら、

私はいったいどこから外に出ればいいんだ?




…とか。




そもそも、震度5以上だと、我が家が危ない…?

(立地的に…。うちに来たことがある方は分かりますね★)



昨晩NHKで放送していた

関西淡路大震災の再現イメージが、頭にフラッシュバックします。


今度、本当に大きな地震がきたら、きっと

関西の地震のときみたいには助けは来ないんじゃないだろうか…。


関東一円がそうなってしまうから。


そう思うと、強く生きないと!ですよね。




園時代には防災担当だったこともあり、(あとは小心者なんですね。)

これらはもっと有事に備えた準備をしておこうと思いました。



気象量の地震情報(常に更新をしてくださいとのこと)



<以前の地震関連のブログ>

鳥の知らせ(ああ、地震予測の鳴き方はキュンキュンでしたね★)

・地震~持ち物・環境・その時に備えて~



<大変参考になったサイト>

・関西淡路の地震を体験された方からの地震への備えの提起

↑読んでいるだけでゾッとします。



とてもリアルなので、一度目を通すと

気持ちの備えが出来るのではないでしょうか。

  1. 地震
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

鳥の知らせ

20091218091040
こんにちは、松原美里です。


今朝、キュンキュンキュンキュン…と

かなしそうな音が聞こえてきました。



私は目を覚まし、

ああ、と思いました。


鳥の寝言だ、と。


「大丈夫?」

…と声を掛けると、

しばらくしてから

ドキドキした表情で巣箱から出てきたインコは、

しばし呆然としていました。


大丈夫だよ、と声を掛け眠りについた30分後

グラグラグラ…!

地震が来たのです。


鳥は集合無意識で

地震をキャッチしていたのかもしれません。
  1. 地震
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

見て見て!最近の非常食

20090818123048
昨日、東急の非常食コーナーを通り掛かったら、

こんな非常食と目が合ってしまいました。


うっ…!

ラブい……!!


昔は非常食って、塩味の乾パンだけだったのに…。


(よく園から期限切れをもらい、家飲みのお供にしていました。)


こんな非常食なら、楽しんで蓄えられますね!


地震が来る前に食べてしまわないよう

気をつけなければ…☆

最近の非常食、オススメです!
  1. 地震
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。
「子どものために、大人が輝く背中を見せる」をモットーに保育やコーチング・コミュニケーションを切り口に・講師・執筆・監修を通じて日本を元気にする活動をしております。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長の傍ら、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行っています。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中♪

【認定こども園エクレス】
 認定こども園、新制度へ移行しました!私は保育園部の施設長です。

【保育士コミュニケーション講座】
DVDの販売を行っています。お役立てください♪

【講演依頼・取材・お問い合わせ】
   ~Imfomation~
こちらからよろしくお願いします。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・コンサル・アドバイスは、こちらからどうぞ!

【梅花ブログの楽しみ方】   
 ~About Blog~

詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

人気記事ランキング

謳歌日記人気記事ランキングです!

こちらも合わせてお楽しみください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー