FC2ブログ

日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


日本最古の天満宮 ~ 南丹市 生身天満宮へ

南丹の保育者研修ということで、
菅原道真公の別荘があったこの地域の 縁深い生身天満宮にお参りしてきました。

634135711_2150266804989403_3845337172760592384_n.jpg 

634133633_2150266741656076_4911532202350608384_n.jpg

 634110818_2150266538322763_7223815424830341120_n.jpg

634105172_2150266718322745_6226892200475623424_n.jpg

634075972_2150266484989435_8451224998223282176_n.jpg

たくさんのメッセージをいただきました💗

私は研修を通して
地域のみなさんが真の姿に気がつく
お手伝いをさせていただいているんですね。

明日が良い時間になりますように✨
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

【うめちゃんねる】気になる子が教えてくれた“わく”を外した楽しみ方

気になる子…というと、どんなことが思い浮かぶでしょうか? 保育者も親御さんも、 一生懸命に向き合っているからこそ 「大変」「どうしていいかわからない」「振り回されてしまう」 ~など、ネガティブなイメージをお持ちの方も 少なくないのではないでしょうか。 ところが・・・ 先日、児童発達支援センターにお勤めのまきちゃんと BBQをしながらお話していたところ、 まきちゃんの子どもたちとのかかわりはなんだかとっても楽しそう! その秘訣を聞いてみると、 理解・発達…私たち大人も、みんなが実はでこぼこ。 それぞれが「できること」を見つけて、 「おもしろい!」という気持ちに火を灯し 「もっとやってみたい!」という気持ちから 今できることよりも“少しだけ先”の課題を埋め込んで ワクワクしながら取り組んで行けるような 環境調整を行っているのだそうな。 じつは、大人が持っている枠の中に 子どもを入れようとすることから、お互いに苦しい思いが生まれる。 大人が“タブー”だと思っていることの中に、 かえって子どもたちの意欲に火をつけたり 大人自身も楽しみながら成長を支援するヒントが隠れているのだそうです。 ドキッとしますね。 さて、私たちが“タブー”と思っていることとは? 枠にとらわれず、子どもの世界に入るとはどういうことなのでしょう?


  1. うめちゃんねる
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。
「子どものために、大人が輝く背中を見せる」をモットーに保育やコーチング・コミュニケーションを切り口に・講師・執筆・監修を通じて日本を元気にする活動をしております。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長を経て静岡県を中心に各地へ、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行っています。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中♪


DVDの販売を行っています。お役立てください♪

【講演依頼・取材・お問い合わせ】
   ~Imfomation~
こちらからよろしくお願いします。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・コンサル・アドバイスは、こちらからどうぞ!

【梅花ブログの楽しみ方】   
 ~About Blog~

詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

人気記事ランキング

謳歌日記人気記事ランキングです!

こちらも合わせてお楽しみください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2018 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー