FC2ブログ

日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


まいにち帝王学:長所は短所

久々の焼津朝散歩。

ついでに足を延ばして、
以前 着物グッズでお世話になった
川口呉服店さんにお邪魔してみました。

2019063018.jpg

こちら、素敵だなぁ~!と感じていたのは
着物はもちろんのこと、焼津の魚河岸シャツなど
着る人のニーズに細やかに合わせながらも
幅広く衣服を通じた焼津の歴史を魚河岸シャツ作り教室や
地域の中で協会を作られたり、発信していく活動をされていることです。

2019063014.jpg

焼津に来てからの最初の数年間を、
こういった地域の歴史や文化を感じられる場所で過ごせていることが
贅沢なことだなぁ~と感じました。

魅力的なので、やいづTVにお声掛けしてみたのですが
今はお忙しいとのこと。
そっとタイミングを待ちたいと思います!

「まいにち帝王学」は、こちら♪

*****

長所は短所


人は長所で失敗する。

長所を使いすぎると失敗する。


強みは、見方よっては

弱みもなりうるということを意識しておくことだ

また、短所はあって当然である。

なくならないし、なくす努力は必要ない。


短所は人間らしさでもあり、それが愛嬌もなる。


*****


人は長所で失敗する。


ドキッ!!とする一言です。


たしかに・・・言われてみるとそうなんです。


たとえば、私はフットワークが軽いと言われますが
移動するのが苦でない分、

ガンガン予定を詰めてしまい

準備をする時間に苦慮したり。


一連の行動が終わった後に魂が抜けてしまうなど♨


もうちょっとペースを落としたほうがクオリティが上がるのでは?

~と、セルフつっこみを入れることがしばしばあります。


短所に至っては、「うかつ」過ぎることがしばしばありすぎますが・・・。

最近は、できるフリをするのを諦めました。

だって、中身が見合わないですから♨


また、社交性が高そうに見えますが、基本 職人肌です。

生きていく上で大切だったので、
コミュニケーション力を獲得してきたようです。


保育コミュニケーション協会も、
自分自身がさまざまな地雷を踏んだからこそ
そこから「ああ、大切なんだな。」と実感し

後天的に獲得していったものです。


笑いながら支えてくれる仲間がいてくれて本当に感謝です。

だからこそ「お互い様」で、

相互サポートし合える関係性を増やしていけたらいいなぁと思う今日この頃です。


  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト




まいにち帝王学:真の成功を目的にする

保育コミュニケーション協会、
6月のコミュニケーション講座を開催しました!


*第一部「保育・給食・看護が手をつなぐコミュニケーション講座」担当:松原美里


IMGP9608.jpg


*第二部「同僚と心が通い合うためのコミュニケーション講座」担当:上野里江


保育・給食・看護・・・さまざまな背景のあるみなさんのお仕事への熱い思いに、語り愛が深まる場となりました。


IMGP9657.jpg


こちらのテーマを開催するにあたり、保育園の給食・調理担当の先生たちのことや

看護師さんとしてかかわる先生たちのことを学び直しさせていただきました。


自分自身にとっても学び深く、
あらためて尊敬の念が湧いてくるとともに
保育コミュニケーション協会としても大切な

コミュニケーション連携のテーマであることを実感しました。

引き続きアンテナを立て、学ばせていただくとともに
意義深いテーマだったので来年も開催したいと思っております。


さて、本日の「まいにち帝王学」は、こちら!


 * * * * *


真の成功を目的する


お金を稼ぐこと、成長すること、
権力を得ることを目的してはいけない。

それらは大切ではあるが、単なる手段でしかないからだ。

成功とは、儲けること、有名なること、
優秀なることではない。

関わる人が幸せなり、
自分自身も幸せなることが真の成功である。


* * * * *


こちら、1月にLOVEあばしり語り合い会で
ご講演をお願いさせていただいた

美幌に始まり、網走をはじめとする全道で数々の事業を展開され

網走では映画・網走バス・おーろら号・花水木など

決して順風満帆ではない中で、赤字を引き受けながらも

「街のために」と力を尽くして今を築いていらした

株式会社タカハシの高橋康弘会長の講演の中で

しびれた言葉の一節でも、ありました。


「社会貢献無くして、事業は無し。」


事業がいい形で成果につながっていくことは大切なことですが、

それが目的で始めるのでは、大切なものを見失ってしまうそうです。


‟かかわる人が幸せになること”を大切に据えられたからこそ、
赤字だった網走バスやおーろら号の立て直しに入られたんだということを
講演の中の言葉の端はしに、
滲み出る地元愛から感じさせていただきました。


愛から始まると、

かかわる人も‟愛の在り方”に心を揺さぶられ、
変化していきますね。


  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学 :心のあり方を客観的に見る

この日は、新宿にて
認定ファシリテーター講師育成集中講座の二日目を行いました。


今回はメンバーさん開始の30分前に集まってくれたので、

実際の研修の様子を講師育成用に許可をいただいた動画をもとに

インストラクションの意図や参加者・

場の変化を見ていただきながら

1日目の学びを振り返り、気が付けばあっという間の10時間でした。


*インストラクションとファシリテーションの分量
*ワークの意図
*受講者の表情の変化
*起こっている出来事の本質は何か?
*どうなりたいのか?--システム思考は理想の状態から
*ファシリテーターの在り方
~などなど、印象に残っていたようです。


201906291.jpg


ここまでの学びの振り返りを前に立ってお話しいただいたところ、
1日目の学びをしっかり自分のモノにされた在り方の変化に、お互いに驚き合う一幕も。


素晴らしいですね~♪

心のあり方を客観的見る
内省とは、自分の心のあり方を深く見つめ直すこと。客観的見るのだ。言い換えれば、自分の心を違う角度から見つめ直すのだ。


まいにち帝王学は、こちらです!


*****


心のありかたを客観的に見つめる


良い因縁を生むためは、本当の自分とは何か、
を追求していくことが大切だ。


そのため欠かせないのが内省である。

内省とは、自分の心のあり方を深く見つめ直すこと。

客観的見るのだ。
言い換えれば、
自分の心を違う角度から見つめ直すのだ。


*****


自分の心が何かから逃げていたり、

過度な恐れを抱いていたりすると

その心が、それに沿った周囲の関係性を築いていくということがあります。


以前、コーチングの勉強を始めて

自分ではとてもいいと思っているけれども

これって本当に社会で通用するのだろうか??

~と恐れを抱いていたころ、

周囲に「恐れを具現化した人」を無意識に関係性で選び、

置いていたことに気が付いて ゾッとしました。


逆に、世界コーチ会議で さまざまなコーチが
社会問題に向き合っている様子を見て

コーチングのかかわりに確信を持ってからは

自然とそういった人間関係から外れて行きました。


おそらく、心が「選んで」いたのでしょう。


それ以降にも、しばしば ハッとすること・ゾッとすることがありました。


この現実を引き寄せている「心」は何か?

自分の心のあり方を振り返ることは大切ですね。


それが分岐点となり、未来を選び直していくことに
つながるかもしれないのですから。

  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:ちがう角度から物事を見てみる

この日は、徳島県 市町村保育士等の
保護者対応研修を担当させていただきました

201906264.jpg

ちょうど今月初めに保護者講演会を担当させていただく中で感じた
保護者の葛藤や不安などを
「保護者の声」としてお伝えさせていただくとともに
日々、現場で葛藤されているみなさんの
事前アンケートの声や事例をもとにプログラムを再構築する中で
気付きが深まる場をファシリテートさせていただきました。

保育士の当たり前」と「保護者目線」のちがいは
戸惑いとしてある一方で
じつは子育て支援として役立つ大切な情報である・・・
・・・という気づきに一同、ハッとし
「当たり前だと思っていたけれども、
 保護者に役立ちそうな保育エッセンス」
をたな卸ししてみるワークを急きょ入れてみたり。

「違和感を園内共有の機会にする」、
「正論よりも共感を」などなど、
グループシェアの時間との相乗効果で
それぞれができることを持ち帰る時間となりました。

* * * * *


物事を違う角度から見てみる


狭い視野で物事を見て、

自分の考えが正しいと思い込み、疑いもせずに

その考えに沿って行動してしまうことは愚かである。

何度となく襲ってくる悪い考えも

『真実』とは限らない。


物事を違う角度から見て、

何が真実なのかを見極めることだ。


 * * * * * *


TVや新聞・ニュース・誰かのお話・・・


そもそも自分たちの物事をとらえる前提は

自分たちの生きてきた体験からの価値観によって判断されていることが多く

「ええっ!?」というアクシデントによって簡単に覆され、

気づきによって視野を広げさせていただくといった体験は日々あります。


最近は、それがちょっと怖くなってきて

自分の視点は本当にそうなのだろうか・・・?

~と不安を感じて、ディベート道場に通い始めました。

(ZOOM参加ですが)


物事は立ち位置によって見え方が全く変わってくるので、

賛成だと思っていても、あえて反対の立場から物事を捉えてみる。


反対側に回ってみたら、

また別の気づきや視点があった・・・ということもたくさんあります。


でもそもそもは、対立することが目的ではなくて

Happyに生きることが目的なんですよね。


そこを大切に、様々な角度から物事を捉えていく筋トレを続けていきたいと思います。



  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:苦と思えば苦、楽と思えば楽

翌日が徳島の保護者支援研修ということで・・・


途中下車し、

くろちゃんと新神戸で作戦会議をしてきました。

201906253.jpg


くろちゃんとは、夫を通じて

一緒に神戸で飲ませていただいて以来で
この日はあらためて、

くろちゃんのこれまでの人生について聞かせていただきました。


保育の現場に立ち、「おや?」と思うこと、立ち止まること・・・

当たり前のように日常を飲み込んでしまうと

気が付くアンテナが鈍ることもありますが

他の業界から保育をまっさらな目で見たことで、

その違和感に気が付くこともあるのではないでしょうか。


それが、くろちゃんの園内改革の今にも

つながっていると、お話し下さりました。


職員として働いていると---なかなか、

こういった園長先生の率直な葛藤のお話、

聴く機会がないのではないでしょうか。


その姿勢が、手探りで光を見つけ出そうと

模索されているみなさんの勇気になるのだと感じています。


8月4日の保育フェス、松原が担当させていただく

「保育はたらき方カフェ

 〜明日からはじめられる対話コミュニケーション」

特別ゲストとしてみのり認定こども園

園長 黒川弘則さんに登場いただきます。


201906252.jpg

保育現場に入り、モヤモヤを感じ、

現場と対話をしながら保育の見直しを

進められている背中にきっかけをいただいて

「語り合い」の楽しさやそこから生まれる

気付きの灯火をそれぞれの職場に持ち帰りましょう♬


ご一緒できるのを楽しみにしておりますhttps://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/tf4/1/16/2728.png?_nc_eui2=AeFl8oiIY940QmAbURddswVsIhLQjpz3D0oxPWJkSSsicpMdvvDZ-rs8VX0MVZy5MLCk7dgJjMf4Ia2YBdYuJivc5Z87vThFyB8spB5Wc3KCIA");">✨

●保育フェス2019in神戸
https://homika2015.wixsite.com/mysite-1/hoikufes2019


陰陽五行論塾、まいにち帝王学はこちら。


 * * * * *


苦と思えば苦、楽と思えば楽

良いことも、悪いことも、表裏一体、

陰陽は常半分半分でバランスが保たれている。


らか偏ることもなし、偏らせる必要もない。


苦しさの中も喜びがあり、

楽しいときでも涙したりと、

人の心は山の天気のようコロコロと変転変化していくものだ。


 * * * * *


予定変更が結果的に仕事が進んだり。


体重は増えてしまったけれども

めちゃめちゃ楽しい時間が過ごせたり。

(→翌日、干します☆)


一見悪いことの裏側には、

良いことが付いてきています。


で、怖いのが

うまく行っているように見えることの反対の側面。


問題がないように見えるときにも、

気を引き締めていろいろな事態を想定し

他で起こっていることは
自分のところでも起こるかもしれないと

謙虚に学ばせていただく姿勢が大切ですね。


目の前のことを味わいつつも、

どこかで冷静なまなざしを持って

反対側・また別の角度や視点で俯瞰する意識を

持って行きたいなぁと感じる今日この頃です。




  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:ありのままに見聞きする

出張続きの中日(焼津滞在)の一日は、

やりたいことが満載でテンパりますね~。

201906241.jpg

ふと気が付くと、レジュメなどなどの提出期限が重なっていました。

お仕事をいただけるなんて、有難いこと。


ただ、私の力量が追い付かないのがもどかしいですね(涙)

よし、どんどん認定講師に託していこう!


そのための道のりを作ることに、

生きがいを感じ始めた最近の私です



さてさて、やいづTV 「うめちゃんのシェアしまSHOW」
今回のゲストは、 焼津GRユナイテッド
チーム代表 良知正浩さん、選手 川内滉大さんでした。


焼津にプロのバスケットチームがあること、ご存知でしたか?

・いま、バスケが熱い!
 ~NBAに先発された八村選手、東京オリンピック3×3公式種目、などなど
・焼津発のプロバスケチーム!
 ~市内を挙げて、多くの協賛支援が!!
・焼津のバスケットボールアイドル:川内滉大さん
・8月25日(日)に日本のトッププロリーグの熱い試合が焼津にやってくる!
 ~焼津で見られるのは、一年に一度だけ!


・・・などなど、お話しいただきました。
どうぞご覧ください♪



まいにち帝王学は、こちら!

*****


ありのままに見聞きする


人は世界をあるがままに見ているのではなく、

自分が見たいように見ているのだ。


言葉も同じ。

聞きたいことだけが耳に入ってくる。

不安に見えるのは、

自分がそう見たいと思っているからだ。


その思い込みから解放された時、

本当に自由になることができる。


*****


世界を見たいように見ているーーー


あああ、耳の痛い話です


失敗した後で気が付くのですが、

「いいように解釈している」ことが多くあります。


いやいや。

世の中、そんなにあなたの都合のいい解釈になるように

地球は動いていないんですよ、と。


落ち込みつつ、セルフつっこみを入れまくりな私ですが。


不安に見えるのは、

自分がそう見たいと思っているからだ。


その思い込みから解放された時、

本当に自由になることができる。


目に映る世界の色で、

自分が今 どんな精神状態にいるのかな?と

気が付き、見方を変えることに取り組み始めました。


基本、ネガティ部なので

放っておくと最悪な事態を連想し続けてしまい、

嫌な法の引き寄せが起こりまくります。


それではーーー誰も幸せにならないではないか!

・・・と、気が付きました。


とはいえ、思考のくせですぐに陥るので、

気が付いたら「また、入っちゃったね!」

セルフつっこみを入れて

「事実は何だっけ?」

と客観視することを意識しています。


とはいえ、常に何らかのフィルターが掛かって目に映るわけで

ありのままに見聞きするって、修業ですね。


‟いくつかの眼鏡を意識的に架け替えていく。”

~これはかつて、

STARクラブでDANNAが話してくれたことですが

そんな風にして「ありのまま」を模索したいなぁと思います。




  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:とことん魅力を追求する

園内ファシリテーター育成講座 実践3、終了!

気付きに耳を傾けるという体験から、

場への共感・スキルを踏まえて

実際に場をリレー方式でファシリしていきました。


201906231.jpg

「耳の痛い気付きもありましたが、自分の中に入ってきました」
「出来事よりも気持ちへの共感、が印象に残りました。」
「場そのものを意識する…って、こういうことなんだ」
「ファシリテーターの心意気が大切」
「実際やってみると難しいので、ワークを引き続きお願いします」
〜といった感想に、

みなさんの変化と開いた感性が光っていました。


201906232.jpg


いやぁ~。

ファシリテーションって面白いんですよ。


あの、人から生み出される気づきの連鎖、喜び。

味わえる人が増えて行ってくれますように♪


どんどん現場へ持ち帰って

チャレンジしていってほしいですね。


まいにち帝王学は、こちら!


 * * * * *

とことん魅力を追求する


人はどこまでも魅力的なれる。

重要なのは、どのレベルで魅力を放たいかだ。

その魅力が、自分の影響力となる。


優れた人ほど自分課すハードルが高い。


手を抜こうが、諦めようが、

誰からも何も言われない。


どこまで追求するのかは自分次第だ。


 * * * * *


どのレベルで魅力を放ちたいかーーー


それを考えたことは、ありませんでした。


憧れは、萬田久子さん。

そして、JEEPを素敵に乗りこなし、

着物を粋に着こなせる人でありたい。


~そんな自分の中の憧れがあり、ずっと邁進してきています。



その自分はきっと、ただ外見だけの話ではなくて

中身も、努力もそれなりにしているんだろうな、と。


JEEPはGetしましたが、

ワイルドに乗りこなすには程遠く、

運転スキル上昇に取り組み中です♨


そして、着物もまだちょっと 

時間が経つと着崩れてきてしまうんですよね~。

目下、取り組み中ですね。


その魅力が、自分の影響力となる。


そうなのか!と目から鱗が落ちる感じですね。


やっぱり、理想を掲げることは大切かも。


放っておくと、楽に流れてしまうので。

そんな自分を知っているので、

毎朝自力整体と腹筋をしたり、朝散歩をしたり。

朝散歩をするようになってからは

家にいる日でも、必要最低限のメイクをするようになりました。

(どこで誰に会ってもいいように☆)


気になった本はなるべく取り寄せて読んだり

タイミングの合う時には会に足を運んだり。


「うめちゃんねる」に出ていただくようになってから、

いろいろな魅力をお持ちの方に

お話を聞くチャンスをいただけていますが


・・・さらにさらに。


魅力的な人に会いに行ってみようかな。


既存の友達を大切にしたいと思うほど

「私には、これ以上のキャパは無理だぁぁ!」

「今いる友達と会う時間を大切にしたい」

守りに入りがちになる私ですが、

ちょっと待てよ。


もしもさらに魅力的な人からインスパイアされたら、

その分自分もさらにVersion UPして 

大好きな仲間たちにも還元していけるではないか。


よし。

アンテナを立てて過ごしてみようと思います。


  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:目先の利益を求めない

この日は、6月の陰陽五行塾でした。

今日も受講者からのシェアに対しての

先生からのお言葉によって、

痛い気付きが満載で

見える景色が転換する感覚が3回くらいありましたが・・・

どこかでこの答えを、知っていた。

言われてみて、腹の髄が納得する感覚がありました。


やっぱり本質の、こういうお話を

私はずっと望んでいたんだなぁ〜と感じました。

5年は長いなぁと思っていましたが、気が付けばもう2年3か月。

限りある学びの時間を堪能したいと思います。


201906222.jpg

【 こころに刻まれた気付きのシェアは、こちら 】

・「愛している」---

 相手の尊厳を愛しているのか?私事を扱っているのか?
・帝王は常に、心配り・気配りをする。
 リーダーや経営者・影響力のある人ほど私事を扱ってはいけない。

 目の前の人に、何がしてあげられるだろうか?それだけを考える。
・自分のマーケットを人が持って行っても、その人もまた持っていかれる。

 企業本人が、目の前の人を慈愛を持ってかかわること。

 技術ではなく、「人」。法人格~「人」として。
・みんなTakeしたい。だからこそ、先に提供する。

 先に愛する。居場所を創る。

 だから、一極集中する。人心掌握した人が、一番強い。
・やり方は、愛すればいい。無防備に愛すること。
惚れさせること。

 技術どうこうではなく、人として愛されている。居場所があると思えること。

・慈しむこと。感情に寄り添うこと。
・ほとんどの会社が淘汰されるのは、自分を満たそうとしているから。

 まず、目の前の人の居場所を作ること。
・いろいろな人を助けて、いろいろな人を生かしたからそのご縁で生かされているだけ。
・陽転するポイント:私事を扱わない。

 目の前の人に尽くす。飽和した時に、陽転する。
・私事のエゴを出すから、不安が増える。
・非論理的な世界にしか、真実はない。
・利害関係の中で愚痴を出すと、関係性が壊れる。
・エゴ⇒欲求⇒苦しみ
 ~見たい現象を選択できる。
・苦しさは豊かさに転じる。
・何かを全否定すると、反対側の極が経つ。中庸を心掛ける。
・欠けているかもしれない、間違っているかもしれない。
 「こうでなくてはならない」を手放す
 多様性を持っていろいろなものを受け入れるように。
・経営者~自分の力量以上の人を雇ってこそ、シナジーが起こる。
・在り方の課題。
・人の尊厳に差別・区別はない・人としての特徴というだけ。


201906221.jpg

陰陽五行論塾 まいにち帝王学は、こちら。

 * * * * * 

目先の利益を求めない


目先の利益は小さいものだ。


大きな利益を得たいのなら、目先の利益を捨て、

誠心誠意お尽くしすること。

その方が長期的にも繁栄する。

お尽くしした対価がすぐに返ってこなくても良い。


返ってくるのが遅ければ遅いほど、

大きな利益やチャンスがドカンと入ってくるのだ。


 * * * * *

目先の利益ーーー

自分が損をしたくないという気持ちが不安とともに訪れると
急にせこせこと回収したくなってきて
結局自分のもとの範囲から、出られなくなる。

その傾向が、強いなぁと・・・自分で感じていました。

そんな自分が「快」か?「不快か?」というと、
居心地の悪い不快感が残るのに。。

これはどこから来るのかなぁ~と思うと、
おそらく未来を信じられない不安や自信のなさから来ているのでしょう。

だって、どうなるか分からないじゃない?
だから、今のうちに足場を固めて自分を守らなくちゃ。

~そんな声が脳内に聞こえてきます。

・・・なのですが、陰陽五行論塾に行くようになり
「目の前の人にお尽くししなさい」
「まず、自分から微笑みかけなさい」
「オーナーシップを持って、かかわりなさい」
「飽和量を超えるまで」
~といったことを、恐る恐るやり始めたら・・・

ほんとだぁ!!

・・・という現実の変化があちこちで起こり。
「そうなのかもしれない」と思い始めました。

何より、周囲との関係性が抜群に良くなります。

先輩たちの事例を聞かせていただけるのも、
大変有り難い。

未来は、信じられるのかもしれない。
まずは、自分が信じることから。

目先の利益を求めず、誠心誠意お尽くしする。

まだ、「損したくない虫」がちょろちょろすることがありますが、
小さい自分を笑って、
ちょっとずつ成長していきたいなぁと思う今日この頃です。

  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:帝王は魅力的であれ

認定ファシリテーター講師育成講座第2期、
ZOOMでの全5回を終えて、
ふだんは6時間×5日間で行っていることを
少人数精鋭ということで2日間に凝縮したコースの一日目でした。


お昼を挟んで10時間という長すぎる1日でしたが、
参加された方は目をキラキラさせて
「あっという間でした!
 気になったことをすぐに聞けるのが良かった。」
「ZOOMも学びが多かったですが、
 やっぱり実践は楽しいですね!!」
~と、充実した時間を過ごしてくださった模様。

いろいろなやり方があるんだなぁ~と、
また一緒に進めて行く中で
保育とファシリテーションのちがいといったところも
ディスカッションで上がってきたりして
探求も深まるひとときでした。


ご縁をいただいた講師たちはそれぞれ愛おしくて、

人生の中でご自身が培ってきた魅力を引き出し

生かせるような工夫を私自身ができるよう、

学び続けようと決意を新たにしました。


201906211.jpg


陰陽五行論塾まいにち帝王学は、こちら!


 * * * * *

帝王は魅力的であれ


帝王とは、自分で何でもできる人のことではない。

自分よりも能力のある人を

動かすことができる人が帝王として君臨できる。


まずは自分を磨くこと

圧倒的な魅力でどんな存在をも惚れさせろ。


相手を魅了して、

この人のために動きたい!と思わせるのだ。


 * * * * *

人を動かすーーーというと作為的な感じもしますが、
人が動いてくれちゃうような魅力的な生き方、在り方の人。

そんな憧れる方たちに
たくさんご縁をいただいてきました。

ですが、その方たちは
ただ愛されて、憧れられているわけではないのです。

たくさんの配慮を周りにされていて、
ご自身を常に磨き、歩み続けているからこそ、
そして目指す方向が明確だからこそ
周りのいろいろな人がバックアップしてくれるのでしょう。

私は、見かけとどうやら違うようなのですが・・・

どう頑張っても数字や段取りに弱く
細やかな作業はできないですし、
抜けも多く、自分で自分に脱力することが多いのですが。
必要以上に自分を責めるのをやめて
(責めても何にもならないですし)
正直にさらして、借りられる力を借りて行こうと思っています。

力を貸してもらえるように、
配慮を学びつつ‟自分磨き”にいそしみます💛

  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:悩んだら原点に立ち戻る

今月のFM網走「WE LOVE あばしり」のゲストは、

東京農大オホーツクキャンパス卒業、焼津市在住の

奥山 友輔 さんです!


網走の思い出深いお話、

バイクとカメラを愛した奥山さんの目を通した

”道東ベスト3”な風景などなど、聞かせていただきました。



夜は、事業構築勉強会Vol.4 。


今回は、自分の事業を必要としている人に知ってもらう

「認知」という段階、

関心を持って聞いてもらえるための

「セールス」という段階について、

それぞれのお客様体験を踏まえて、

いろいろな角度から考えて行きました。


「認知」し、「セールス」で耳を傾けた上で、

その後につながるアクションにはやっぱり

「信頼」が大切なんだなぁ~としみじみ。


たとえばブログやHPでも、「この人なら」

と思ってもらえるような発信の仕方が大切で、

そのためにはお客様はどんな人なのか?


その方の持っているニーズにはどんなものがあるのか?

どんなベネフィットがあると喜んでいただけるのか?

を知って発信していくことが大切です。


私自身も迷走しまくってきた2007年あたりの時期を振り返り、
どういう形がいいのか?誰に向けて何をしているのか?

そもそも合っているのか間違っているのかさえも分からない中で、

とっちらかりながらも行動学習の中で

確信が深まってきたプロセスなどを紐解く中で、

すべてが、いろいろな人に知ってもらい

関心を傾けてもらう「認知」というプロセスでの

種まきだったなぁ~としみじみ感じていました。


今、保育コミュニケーション協会は

必要としている方の元に届くように「認知してもらう」段階です。

あらためてコツコツ発信・行動を積み重ねていく

プロセス自体を楽しんで行こうと思いました。


勉強会を開く、自分が一番学びが深まっている気がします。
機会に感謝https://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/t6c/1/16/2764.png");">❤


▼事業構築勉強会 https://umehanarelations.com/jigyo/study_jigyokoutiku/


陰陽五行論塾 まいにち帝王学は、こちら!


 * * * * *


悩んだら原点に立ち戻る

時の流れとともに状況も変わる。

なぜこの仕事、今の人生を歩んでいるのだろうか?


悩むときは原点に立ち戻ること。

原点の軸とのズレをセンタリングするのだ。


進む道に迷ったら、困難な道を選ぶこと。

楽そうな道には落とし穴があるのが定石だ。


 * * * * *


立ち止まり、原点を考えるーーー。


LOVEあばしりの活動について、

ここのところずっと考えていました。


どんどん開催回数が増えてきて、

協力してくださる方も増え、

やることも そのための人員も 手間も必要になってくる。


本業との兼ね合いもあって

時間やできることに制約が出てきます。


そうすると、本来の目的を見失って

「やること」が目的にすり替わってしまうーーー。


なんだか、違和感。

そして、いまの自分にできることってなんなんだろう?

プレイヤーとして最前線で、苦手なことを陰で涙しながら

必死で続けることが大事なんだろうか?


~そんな疑問が次第に積み重なり

苦しくなってきていました。


何よりも違和感を感じていたこととしては、

原点として、本質的な求める変化に向けて

「続けること」だけが意味があることなんだろうか?


いまの自分では、できることが限られているのでは?

もっと学んでVersion UPすることも大切なのでは?

~という思いが、ぬぐえなくなっていました。



悩むときは原点に立ち戻ること。

原点の軸とのズレをセンタリングするのだ。


進む道に迷ったら、困難な道を選ぶこと。

楽そうな道には落とし穴があるのが定石だ。



何が正解かは分からないけれども、

あえて、立ち止まることも大切なのでは?


――バラバラになってしまうリスクを取って

立ち止まることが、私にとっては「困難な道」でした。


勇気を出して、地元メンバーに運営を託し

少し離れた場所から、活動を支援することを決めたのは、12月。

1月の語り合い会は、私がお休みさせていただく前の

区切りのイベントとなりました。


そんな中で、不思議なタイミングでいただいたのが

FMあばしりの月1パーソナリティのお話でした。


「離れていても、大切な場所がある」


~これは、


「地元にいないから、顔を合わせて話ができない。」

「美里さんの言っていることと、

 地元メンバーの温度差が、苦しい」


・・・そんな、離れているが故の悩みの狭間にいましたが、

離れているからこそを逆に生かす

‟てこの原理”な、役割でもありました。


そもそも、何のために始めたんだったっけ?


地元網走を、市民の網走愛をつないで

未来へ向けて盛り上げていきたい


~その思いが原点でした。


いま、地元メンバーが私がかかわらずとも

ミニコミ紙LOVEあばしりの最新号を作ってくれたり。


7月末のはたもくカフェに向けて

ZOOMで話をして準備を進めて行ってくれているのは

嬉しい発展です。


それぞれの場所で、

それぞれの力を生かして輝けるお役目を。


ときどき原点に立ち返りながら、

大きくすそ野を広げていきたいなぁと思う今日この頃です。



  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:変化は豊かである

保育コミュニケーション協会 

6月のオンラインサロンを開催しました。


201906191.jpg


「業務効率化のために」というテーマでしたが、


・本質=子どものためは握り、いかに手放せるものを削減するか。
・やりがいが「趣味」の域に入っていたら?
・効率化は「させられること」はなく、

  職員の「やりたい」の結果になるようにマネジメント
・仕事以外にも人生の喜びを感じられる働き方を


~といったことが上がってきました。


いろいろなことを考えるきっかけになるひとときでした。
参加された皆様、ありがとうございました!


陰陽五行論塾まいにち帝王学は、こちら♪


 * * * * *


変化は豊かである

仕事も人間関係も、進んで変化させる考え方の方が、

この世は常に変化をし続けている。


変わり続けることが当たり前のことで、

これを避けることはできない。


変化に抗うのはエゴである。


結果的に上手くいく。

恐れずに挑戦することだ。


失敗や不幸も、ただの変化に過ぎない。


 * * * * *


変化ーーーって恐ろしいこと。


基本的には、変化することへの恐怖を根底に持ち続けています。

だって、大切なことや嬉しいことも、変わっていくかもしれないし。


せっかく今ある豊かさを、手放さなくてはならなくなる。

それなら、変化を拒んで今この場所に居続けたほうが幸せなのではないか。


~変化せざるを得ない状況の狭間にいて、

何度もそんな思いが襲ってくるのをやり過ごしています。


だって、それは妄想ですから。


「変化したくない」と思っている「いま」ですら、

じつは常に変化の土台の上にある。


美しいなぁ~と見惚れていた女優さんが

いつの間にかおばあさんになっているように


自分自身も、

体力だって、健康だって、お肌も、見た目も。

人は常に変わり続けていきます。


たとえば「見た目」と「気力」


これは、「アンチエイジング」といった話題が

陰よ五行論塾のシェアに時間に出てきたときに

とっても印象的だったのですが、


「若さによっていいことって何?

 お肌が水をはじくことと、

 ユニクロでも素敵に見えることでは?

 年を重ねることで、人としての魅力も 

 精神的な豊かさも、増していく。」


~というお話があり。


たしかに、若いころよりも

自分であること・日常生活の豊かさ

楽しめている自分に気が付きます。


これからの楽しみは、

グレイヘアにメッシュを入れて

素敵な大人を楽しむことです♪


人生100年時代といわれていますが、

まだまだ先は長い(かもしれない)。


きっと、想像さえもできないような社会・

時代になっていくことでしょう。


変化を楽しむ。


それができるような

‟自分づくり”にいそしみたいですね~。




  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:他人は変えられない

ここ数日は、焼津で内職Days。


これからのレジュメづくりだったり

認定講師に依頼をしていた 

保育コミュニケーション協会の記事の確認だったり

作り込みたいこと・考えておきたいこと・読みたい本・

溜めておいた掃除(見てみないふりをしていましたが・・・)

~などがあって、一日が嵐のようにあっという間です☆


201906182.jpg


連携を取らせていただいたり、

託せる人がいるというのは豊かなことですね。


一人では見ることができない、

限界のある世界を越えて広げていくことができるのですから。


すごいなぁ~。


それとともに、自分自身がこの事業の中で

プレイヤーとして仕事をすることとはまた別の

統括や任せていくというお役目に気持ちも実践も

少しずつ移行してきているのを受け入れ始めたところです。


自然にこれが動いていくように、

意識のステージを上げていきたいですね♪


陰陽五行論塾:まいにち帝王学は、こちら!


 * * * * *


他人は変えられない


他人の課題を自分が解決することはできない。


その人が自身で解決できるように、

影響を及ぼすことしかできないのだ。

他人を変えることも根本的に不可能である。


変えられるのは自分だけ。


力量をつけ魅力的になり、

はじめて相手に影響を与えられるようになる。


 * * * * *


そうそう、これ。


自分の課題と人の課題を分ける、という

アドラーの真理を知ったときに衝撃を受けたとともに

これに気が付いて、私自身とっても楽になりました。


けれども、この学問の温かくて素敵なところは、

自分自身が魅力的になることによって、

相手に素敵な影響を与えることができるかもよ♪

~というところです。


人を変えることはできないけど、

自分で自分と向き合う中で、

生き様を魅力的に改革していくことはできる。


それは、人に何かを言って

「どうして○○なの!?」ともやもやするよりも

本質的で、かつ難しい 

腹を据えて現実と向き合う試練でもありますが

なにより実践的で、目の前にあふれた課題に対して

できることが満載なことでもあります。


私にとっては、一番の軸はY。

愛児園で出会って、彼の人生と並走させていただく中で

「個の人の人生を希望で支えていける人になりたいな~。」

~と思ったことが、自分の人生の岐路を分かち、

いまを支えています。


人間としての力量を高めて

次世代を応援していける人になりたいですね♪

  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち五手王岳:自分自身を認める

久しぶりの焼津朝散歩から。
海がきれいですね~💕

201906171.jpg
さて、この日は歯医者の定期検診に行き。

3か月集中!な形で行っております
ファシリテーター講師育成講座、最後のZOOM:5でした。

・講師としての在り方
・振り返り~クロージング
・お役に立てるための仕組み

~などなど、

なんだか感慨深いひと時でした。

さていよいよ、今週の金曜日は集中実践1です。
みっちり行きますよ~♪

陰陽五行論塾「まいにち帝王学」は、こちら!

 * * * * *


自分自身を認める


自信がないことは傲慢である。


自分の価値を低く見ているだけだ。


謙虚になり、自分が自分のことを認める練習をすること。

まず自分自身を認めなければ、

他人を認めることはできない。


認めるために条件は必要ない、

今のままの自分をただ認めればいいのだ。


 * * * * *


自信がないことが傲慢って!!?


もう、頭が混乱するんですけどー!?

何言っちゃってるんですか?


謙虚だから、自信がないんじゃないですか?


~と、まだ混乱収まらずですが(汗)。


もしかすると、だから

いろんなことがつながっていないのではないか?


・・・とそーっと薄目を開けて

しばし世界に慣れてきたところです。


謙虚に「自分で自分を認める練習をする」こと。


~たしかに、自分自身の存在を無条件に承認できていないのに

人を無条件に承認することなんて、できないのではないか。

「○○が出来ているから」「〇〇(成果)が出せているから」

~そんな条件付けで自分を見ていたら、

同じようなまなざしで人のことも見てしまいますよね。


それって、評価判断なのでは?


保育の中でも子どもに大切なのは

基本的自尊感情といわれていますが、

私たち大人にも大切なのが、

自分自身の基本的自尊感情をフラットに抱きしめ、

土台を作ることなのかもしれないと。


それがあることで、相手も認められるし

その上に、重要なチャレンジの過程も乗ってくるのではないか。


チャレンジの結果が出るまでの道のりも

自分自身で認め、受け止めながら創っていくことで

目先ではなく大いなる「結果」につながってくるし

それをしている他者をも仲間として大らかに認め合い、

共存していくことができるのかもしれません。




  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:生き方を見つめ直す

アイチ亭でコハラさんとウメハナZOOM打ち合わせをし、

新宿に滞在していた北ちゃんと合流して新澤先生にご挨拶に行き。

帰り道に鶴巻温泉に浸かり。

夜は、お母さんの77歳のお誕生日祝いをしてきました♪

201906161.jpg

元気でいて下さって、ありがとうございます❤

まいにち帝王学は、こちら!

 * * * * *


生き方を見つめ直す


大事なものを失くすのは、

生き方がずれているサインである。


このままだともっと大切なものを失くしてしまう、

というお知らせ現象である。

普段の行動を変えない限り、

また同じことが続いてしまう。


お知らせ現象気がついたら、

一旦立止まり、

生き方を見つめ直してみることだ。


* * * * * 


生き方がずれている・・・。


それってどんな感じなんだろう。

私はものすごい遠回りをして

(おそらくいらない体験も踏んで)

今に至るのですが、

自分では全部必要な体験だったなぁ~と感じています。


たとえば、怖くて逃げていることでしょうか。


でも、腹が逃げていることを

一番自分が良く知っている。


誰よりも、自分はごまかせない。


だから、苦しくなって結局

一番痛いところに戻って来ちゃうんですよねぇ。

で、結局その道をとぼとぼ歩いているうちに

仲間に出会い、勇気づけてもらい、

それでもいじけたりエゴエゴが漏れてきたりして

そんな中、脳天かち割るような出来事が起こったりして

(↑あ、これか!!)

結局また、コツコツ途方もなく気が遠いような道のりに戻ってきて

じつはこの瞬間瞬間が幸せなんだ、と気が付くという。


成長しないな、私。


でもま、この人生自体がギフトですから♪

楽しんで行きましょう。


  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:言葉で人を動かす

保育法人さんの園内研修vol.1
「保育を見つめる」を担当させていただきました。


yabutyaaan.jpg


量の確保の後は、質を高める保育へ。


これまで、自分たちがそれぞれの場所で体得してきた保育と

新指針で進んでいる保育には、乖離がある。


けれども、じゃあ、どうやって?

これまでのあたりまえを、どこからどう手を付けて変えて行けばいいの?


大きな枠を変える前に、まずは日常の捉え方の枠組みを変えてみる。

考え方・子どもを見るまなざし・かかわり方・・・

できることから、まずは初めて見る。


さまざまな混乱の声もありつつ、

動画や振り返りを交えて「気づき」を分かち合う時間を大切に。


混乱は変化の入り口と捉え前向きに受け止めながら、

まずは「子どもの気持ちを感じる」

「気持ちに寄り添う」ことから、始めて行くことになりました。


みなさんの気づきと変容をサポートできるよう、

私自身も学びを深めてプログラム内容の練り込みに勤しみたいと思います。


201906153.jpg


夜はりょうちゃんと、

気になっていたお店 三陸ワイン食堂 ケラッセ東京へ!


岩手のワインの飲み比べ、美味しかったですhttps://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/t6a/1/16/1f497.png");">💗
近況・保育・社会…楽しい語り合いはあっという間でした。


素敵なお店だったので、また行こうと思います♪


本日のまいにち帝王学は、こちら!


 * * * * * 


言葉で人を動かす


帝王は言葉で人を動かす。

言葉一つで人心掌握をし、

本当大切なこと気付かせ、そ向かせ、

向かう勇気と力を与える。


話術だけで人は動かない。


話す前、物事の本質を見抜く力、

行動を引き出すための語る力、

自分がお手本となる実行力が必要だ。


 * * * * *


言葉で人を動かすーーー


これ、浅い人間性でいくら言葉を吐いても、

人は動きません。


結局は、その人の在り方・積み重ねてきた信頼関係・

この人がそういうのなら、という心の動きがあって初めて


「結果的に、言葉で人が動く」

のだなぁと。


体験から学ばせていただき、感じます。


物事の本質を見抜く力を身に着けるためには、

学び続けることと

自らが体験から学び、

本質を見る視線を養うことが必須です。


行動を引き出す語る力のためには、

語れるだけの‟何か”があることが大切で、

あることに気が付いていない人は

自らの体験や気づき・感じていることの棚卸と

言語化・伝わるためのトレーニングも大切です。


そして何より、自分がお手本となる実行力

だれよりも、上に立つ人は見られています。

一挙一動が、お手本となれるような人としての在り方を、

人生を通して身に着けていくからこそ、

そんな姿にインスパイアされた人が心を寄せていくのでしょう。


この辺は、「人間だもの。By 相田みつを」

な世界で、人生の波は受け入れつつも、

手放さずに握り続けることが大切ですね。


だからこそ、

「まずは、目の前の人にお尽くししなさい」

~につながっていくんですよね。


帝王ほど、目の前の人にお尽くししなさい。

日々謙虚に、積み重ねていきたいですね。

  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

成長への貪欲さはエゴではない

Loveあばしり東京会 

新橋でカニを囲んでワイワイ語ろう会を開催しました~♪


今週ご一緒させていただいた道産子さんも、
美味しいものを囲んでワイワイ語り合うとグッと仲良くなれますねhttps://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/t6a/1/16/1f497.png");">💗
皆さま、楽しい時間をどうもありがとうございました!

二次会は六本木のノッシーさんのお店へ。

昭和&北海道ソングで心がひとつになるひとときでしたhttps://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/tb4/1/16/2b50.png");">⭐️

ノッシーさん、みなさま。
どうもありがとうございましたhttps://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/te3/1/16/1f490.png");">💐


久しぶりなにご一緒できて嬉しかった方も、

大好きな人たちと一堂に会せる場。

また、気になっていたことを相談出来たり、

大好きな人同士が仲良くなってご縁が始まったり。

懐かしい話で盛り上がったり、

そこからまた新たな展開が生まれて行ったりと

こういう時間は本当に心の活力になりますね♪


せいちゃん、準備や清算など、何から何までありがとうございました!

次回は秋ごろかな?


またご一緒できるのを楽しみにしております~。

201906142.jpg


201906141.jpg


201906143.jpg

菅沼さんのアメコミレストランはこちら!


 * * * * *


成長への貪欲さはエゴではない


成長すればするほど欲が出るが、

成長のための貪欲さはエゴではない。


欲も上手く利用して、

自己成長につなげていくことだ。


今よりも自分自身を高めるためには

「成長したい」という欲が不可欠である。


無欲のままでは、成長にセーブがかかってしまう。


 * * * * *


成長したい~!!


雨後のキノコのように、

曇り空を見上げて猛烈に成長欲求に駆られるのが

日常の私です。


たぶん、この成長欲求のおかげで

本当は職人気質で一人で家にこもって漫画を読んでるのが至福なのに

勉強会や交流会に出ていくのでしょう。


これがなかったら、たぶん私、干からびているな・・・。


成長って、楽しですよね♪


自分がどんどんversion Upしていくと、

見える世界が変わってきて、やってみたいことが浮かんできて

お役に立てるかもしれない人の顔が浮かんできて、

実際にやり始めたら「えっ!?そうなの?」という想定外ばかりで

学ばなくちゃ!!という猛烈な意欲に駆られて

また学び続けるというループ。


一生学び続けるのでしょう♪


そして、そんな変化し続ける世界を

一生楽しんでいきたいですね~。


  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:耳に痛いことを受け入れる

事業構築勉強会 第三回目「ニーズを深める・広める」

終了しました~。


201906133.jpg

▲こちら、ご飯が食べたくて

 自分でお部屋に入ったアオコさん。


ZOOMで4月から開催している事業構築勉強会 

どんなに「いいものだ!」と思って

思いや意義を伝えて行っても、

なかなか次につながらない・・・。

そう思っていた私に痛く響いたのは

‟ニーズ”という概念でした。


ふだん、何気なくお客様になっている私たちですが・・・


私が意味があると思っていること・

役立ててほしいと思っていることではなく、

対象者は誰なのか?


その人は、どんなニーズを持っているのか?

にアンテナを立てることが大切。


ひたすらニーズを考え、

書き出していたことを思い出しました。


~それを踏まえて、実際に手に取ってもらい

(アクションを起こしていただき)、

何度もお役に立てる流れのためには、

どう捉え、考えて行けばいいのだろうか?

・ご依頼主
・対象者
~のニーズは何だろうか?


顕在ニーズは?

潜在ニーズは?


201906132.jpg


・・・と紙に書き出して、

仮説を立ててからプログラムを組み始めます。


何かを買う時、

そこには必ず「ニーズ」があり、心が動いています。

当時の私にはそういった視点がなかったので、

ものすごい衝撃と共に電車に乗っても、

どんな事業を見ても意識的に

「このサービスのニーズは・・・?」と悶々と考え、

現在進行形で世の中にあふれる事業たちに

学ばせていただいております。


そんなことを考える世界の扉を開ける、

エキサイティングな2時間となりました。

事業構築勉強会はこちら


本日の「まいにち帝王学」は、こちらから。


 * * * * * 

痛いことを受け入れる


他者からのフィードバックを自分の成長の源とすること。


自己の努力も大切だが、

それだけではすぐ限界がきてしまう。

大人なればなるほど、

叱られるャンスは減っていく。


痛いフィードバックをいただいたら、

「ありがたい」と受け取ることだ。


 

 * * * * * 


耳に痛いことって・・・

聞かなかったことにしたかったり、

「そんなことを言われる筋合いはない!」と思ったり。


はたまた、


「えっ、そうなのかな・・・。

 

 てことは、これまで私が信じてきたことって

 いったい何だったんだろうーーー。


 ○○は?

 △△は?

 ××は?


 ああ、もう、何もかも分からないーーー!!

 消えてしまいたい!」


~と思ったり。


じつは私は、後者の方が多かったです。


なぜかすぐに、自己否定に走るという・・・・。


なので、自分で事業を始めてからはとっても生きにくくて、

すぐに壁にぶち当たり、

そもそもそれが的確なアドバイスなのか?

その方のエゴが入っているのか?

目を通した投影のアドバイスなのか?


全く分からない中ですぐに

嵐に巻かれて動けなくなる状態になっていました。


(そこから、戻ってくるまでが長いんですが、

 幸いなことに アルバイトや

 仲間との学びの機会が定期的に入っていたので

 仲間にいじけて悪態をつく中で

 厳しい愛をいただいて浮上のきっかけを見つけていました)


そのうちにだんだん、

「あ、半分は ご本人の投影かもしれないな。

 そして半分は、私にもその要素があるのだろう。」

~ということが分かってきました。


そこからは、

「そういう課題が自分にあるのかもしれない」

・・・と受け止め、関連する課題の世界の本や学びの場に

足を運ぶようになりました。


そうしたら、果てしなく学びたいことがあふれてきて

すっかり学び好きな毎日です♪


耳が痛いことを言ってくださるって、

リスクを伴うこと。


嫌われるかもしれませんし、

関係がそこで途絶えるかもしれません。


感じても、そこまで関係性がなければ

この後もずっとお付き合いをしたいと思わなければ、

言わないでそっと離れる方がいい場合も多いのではないでしょうか。


勇気に感謝をして、

自らの成長のチャンスに変えていきたいですね。



  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:膨大な努力を積み重ねる

6月の保育士キャリアアップ研修 

マネジメント三日目、終了!


今回は、あさか保育人材養成学校で数年前に

保育現場コミュニケーションの授業にて

かかわらせていただいていた先生が

ミドルリーダーとして参加されていたり。


お世話になっている園の先生とゆかりの深い方が

キラキラした目で参加して下さっていたり。


いろいろなご縁と、それぞれの「いま」を感じる

感慨深い時間でした。


これからの毎日の中で、園のために

ご自身を発揮していって下さることを応援しておりますhttps://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/te3/1/16/1f490.png");">💐



その後は、ほいくあっぷの打ち合わせ。


201906123.jpg 201906122.jpg


「お悩み相談室」を担当させていただいておりますが、

今年の秋からは 新人・主任・園長向けの研修を

担当させていただくことになりました。


また、詳細はお知らせさせていただきますね。


まいにち帝王学は、こちら。



 * * * * * 


膨大な努力を積み重ねる
々の積み重ねを、大切するかしないか。


そこ価値があることを自覚するかしないか。

天才と凡人との差はそこある。


才能を磨くには、長い時間と、

非常に地味な基礎の繰り返しが求められる。


どれだけ膨大な努力の積み重ねができるかどうかだ。


 * * * * *


凡人なので。


しかも不器用で、身弱なので

(思っていた以上に体力もなかったようで。 

 気力だけで持っていたことが発覚!)


人がすんなりいくところも、

なぜかつっかかり、納得がいくまで食い下がる気質にあります。


少林寺の時も、ホント

 アニキたちにお付き合いいただきました。

(納得がいくまで手の極め方や、

 逆後手で転がさせていただきました♨)


でも、あの体験からはたくさんの学びをいただきました。


どんなに下手でも、人よりも遅くても、

自分のダメダメポイントを分析して

どうすればそれを解消できるのか?


足運びなのか、手の角度なのか、重心なのか、

一つ一つクリアにして検証していく中で

確実に体運びや反応が変わってくることが実感できたからです。


(いまだに、電車の中や 都心で歩いていて 

 揺れたり ぶつかられそうになった時、

 さっと重心を交わして足で逃げ、

 巻き込まれるのを回避できますもん。)


それは、その後の仕事の仕方にも

感覚としてつながっていきました。



ただタラタラやっていたって、駄目なんです。


なにが起こっているのか?

どうなるといいのか?

ちなみに今、どんな効果が出ているのか?

必要な工夫は何か?


ダメダメだったので、

徹底的に考えるようになりませんでした。


不器用なりに、考え得る手はすべて打つ。

コツコツと。


そうすると、忘れたころに掛けてきた細い細い糸が

信頼として積み重なってきていて

思わぬところで嬉しい出来事に心が救われる。


そういう体験がモチベーションになって、

「もうちょっとがんばっちゃおうかな♪」

~につながっていく。


凡人の努力には、工夫と気長な時間が必要です。


そんな毎日を、笑顔で楽しめる自分でありたいですね。


  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:自分の力量以上の人に会う




マネジメント研修 二日目が終了!

今回はシェアの時間の切り替えに音叉を取り入れてみました。

おもしろいもので、後輩への隠れた愛の共有コーナーでは あたたかく広がる音に。
ピリッとしたテーマでは、しょげたような音に。
みなさんと一緒に、場に起こっていたことを振り返る豊かな場になりました。臨床育児・保育研究会。危機管理について、いざという時の対応についての学びをたくさんいただきました。その後の懇親会もいろいろな方とお話ができて充実した時間でした!


その後は場所を移して、臨床保育・育児研究会へ。

201906115.jpg

さんざん入口が分からず、迷いましたが(涙)

いま、最も興味関心のあった危機管理に関するお話を

体験された方の口からじかに聞かせていただけるという、貴重な機会。


痛みの先にある誰もが加害者にも被害者にもなり得る事故について

マスコミ対応の仕方について、

保護者や子どもを守るためにできること・・・などなど

正解がない中での心構えとして 何ができるのか。


どのような配慮ができるのか。

ショックを受けた子どもたちの心の傷が癒えていく過程などなど・・・


胸が痛くも、学びの多い時間でした。


修了後の懇親会も、とっても豊かな時間でした。


201906113.jpg

▲さく子先生と♪

201906114.jpg

▲若葉ちゃん・松尾さんと♪


まいにち帝王学は、こちら!


 * * * * *


自分の力量以上の人会う


自分より力量のある人積極的会い行くこと。


自ら動いた新しい出会いこそが、

人生を変えるきっかけとなる。


大切なことは、自分とって、

お手本となる人がいるかどうかだ。


どんな多くの本よりも、

「現実の出会い」がなより自分を成長させてくれる。


 * * * * * 


自分の力量以上の人---



「これ(この学び)だ!」

「この人だ!」と思ったら、マニアックの本領発揮で

猛烈に通い詰め、学ばせていただいております。


元来学び好きのため、

スイッチが入ると止まらなくなるのですが

いまもさまざまな方たちに学ばせていただき

学ぶほどに奥深さに気が遠くなり

自分の無知を思い知りながら、

今自分ができることで社会に貢献していこうと

意を新たにする毎日です。



有難いことに、最近は

研修や講座などの「学び」の場以外にも

「うめちゃんねる」や「やいづTV」

「WE LOVE あばしり」を始めたことによって

生きざまに学ばせていただく機会が増えました。

(みなさま、ご協力ありがとうございます!)


出会ってお話を聞かせていただくたびに

その人の見ている奥深い世界に学ばせていただく

チャンスをいただけるのが有難いですね。


まだまだ気になっている学びや人がいるので

これからも引き続き学ばせていただきたいと思います。

  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:教わるのではなく盗むこと

やいづTV 保育コミュニケーション協会
「うめちゃんのシェアしまSHOW」
ゲスト:焼津さかなセンター まぐろ専門店やま本 の山本実さんに
●そもそもまぐろ専門店「やま本」さんとは?
 ~駅前に朝市(元闇市)があった!?
●やま本さんの一日
●マグロの美味しいいただき方
●どんな人が買いに来るの?
●焼津さかなセンターの可能性
~といったことを聞かせていただきました。
   


* * * * *


教わるのではなく盗むこと


「学ぶ」の語源は「真似ぶ」である。


良き行動を盗み取り、真似すること。

そして、自分の力量に転化していく努力を怠らないことだ。


謙虚に学ぶ姿勢は大切だが、

教えられたことだけをやっていては成長しない。


師の仕事を観察し、

その技術を盗んでこそ成長に役立てられる。


 * * * * *


「見て盗め」

~これは、保育者になったころ、先輩たちからずいぶん言われ、

そして自分自身なかなかそれが出来ずに苦戦したことでもあります。


要領が悪いタイプなので、一通りの地雷を踏んだ後、

ようやくその言わんとしていることが分かってきて

‟模倣”のスイッチが入ってきました。


そして、講師というお仕事を選び。


師匠の直人さんに 

何度もアシスタントをさせていただきました。



直人さんの芸風(?)、

一参加者として参加させてもらう場合には

「あはは・・・!ジーン。」

~でいいのですが、

あれを自分がやるとなると・・・


どういう思考回路で?

どう内容を組み立てている?

どう場を読んで、どうアレンジしている?

参加者によって クギを刺す場面、

大きな愛で包み込む全編

一挙一動、インストラクション、

ワークの振り返りの厚さなど

学ばせてもらおう、盗ませてもらおうとするほどに気が遠く。


書きおこしをさせていただこうとチャレンジをしては

情報量と工夫の細やかさについていけず

気絶(挫折)しました。。


まるまる自分のモノには、できない。

では、ここから何をどう吸収出来て

どう自分色にアレンジができるのか?

もう、やってみるしかありません。


やり始めて、試行錯誤しながら今の形を作ってきました。


かつ、ここ2年ほどは 陰陽五行論塾の先生にも

その在り方・声の出し方・場の見抜き方・語り口・・・

などなど、感染させていただいております。


学ばせていただいたら、チャレンジしてなんぼ。


幸い、チャンスはたくさんいただけているので

それを自分の血肉にするとともに、

認定講師や園内ファシリテーターの皆さんには

アシスタントに入ってもらう機会などを通じて

いい意味で‟盗んで”もらえるチャンスを

増やしていきたいと考えております。

  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:居場所は自分で作るもの

京都での保育コミュニケーション講座


第一部「ちがいを越えて尊重し合うコミュニケーション」
第二部「これまでを見直し新たな文化を創るコミュニケーション」
終了いたしました。


201906094.jpg


今回は東京からも観光がてら来てくださったり。


奈良や兵庫からも来てくださって、

一緒に職場のはたらき方改革にメスを入れ、

できることやコミュニケーションを見直していく時間になりました。


201906097.jpg


みなさま、どうもありがとうございました!



場所をお貸し下さったllenoさんの

神田 樹希 (Tatsuki Kanda)さん、みなさまに感謝ですhttps://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/te3/1/16/1f490.png");">💐

201906096.jpg


まいにち帝王学は、こちら!


 * * * * *

居場所は自分で作るもの


気がついたら身の回りにあった環境は、

自分の居場所ではない。


自分の意志で選択して作り上げた環境こそが、

本来の自分の居場所である。


他人から与えられた居場所を

自分の実力と思い込んではいけない。


実力のない者は、往々にして

後になってから失墜してしまう。


 * * * * *



他人から与えられた居場所を

自分の実力と思い込んではいけない。


なるほど!


自分の意志で選択して作り上げた環境こそが、

自分の居場所である。


人生は選択の連続ですし、

常に選択し続けてきた連続線上に今があるので

(そうでない人っているんですかね?)

今いる場所は、

自分の居場所であると言えるのかもしれません。


けれども、居場所も、居心地の良さも、

一緒にいてワクワクする人 そうでない人も

その時の自分の在り方や立ち位置によって

変わるのではないでしょうか。


一か月を振り返ると、

「濃厚だったなぁ~。」

~という感覚が毎月ありますが

おそらく、ひと月前の自分と今の自分は違っていて

確実に変化し続けている。


合う友達、合わなくなっていく友達と考えてみても

変化や成長のスピードが合う人・

大事なものを共有できる人たちが

つかず離れず いい形で寄り添いながら

お互いの居場所を作っているように思います。


意識的に、大切にしていきたいですね♪






  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:課題は分解して取り組む

菊川のこども園の参観日後 保護者講演会にて、

お話をさせていただきました。


201906091.jpg


園長先生が「まいにち帝王学」を楽しみに

してくださっているということで、

タイトルはその中の「すべての体験に学びがある」に。


201906093.jpg


・子どもと過ごす中で感じられる豊かな時間

・葛藤との向き合い方

エリクソンの発達段階

・子どもとのかかわりで大切にしたい声掛けアプローチ

・10の姿を楽しもう


~といった内容で1時間半、

時折前後左右の方とのシェアを交えて

あっという間の時間となりました。


子どもと向き合うことに葛藤を感じていた

最初の頃の自分の体験は、親御さんたちの勇気になったようで

涙ぐんでいらっしゃる方もちらほらと。


「子どもは、小さな体に大きな魂が入っている…

  本当にそうだと思いました。」


「子どもにポジティブな声掛けをしていきたいです」


「気持ちを味わう・・・

 振り回されてしまう毎日なので、

 立ち止まって感じられるようにしていきたいです」


「子育てのお話を

 他のお母さんたちとしたことがなかったので

 シェアの時間でお互いの戸惑いが知れて、新鮮でした」


「お父さんにも聞かせてあげたかった」


「子どもの行事(参観日・講演会)に出ることで、

 子どものことを考え一緒に過ごす時間が増えていきます」


~といった感想をいただきました。


終了後の園内探検(ご案内いただきました!)でも

先生たちの工夫や手作り・園作りのプロセスを聞かせていただき

とっても豊かなひとときでした。


201906092.jpg


陰陽五行論塾 先生の名言集:「まいにち帝王学」は、こちら!


 * * * * *


課題は分解して取り組む
大変な課題だと思ったら、

それを小さな仕事にどんどん分解していくことだ。


全ての仕事は簡単な最小単位で取り組めばよい。


どんな山積した課題も、分解していくと

最小単位の仕事は簡単なことでできている。


その集合が難解に見えているだけなのだ。


 * * * * *


まさに・・・。


出張の多い今日この頃。

帰ってくると、


・事務所でしかできない仕事

・気になるけど見て見ぬふりをしていた家事

・家族との時間

・出張時の清算系

・今日の仕事

・これからの出張の準備


~といったことが凝縮しており、

なにから手を付けたらいいのかわからない状態になります♨


そういう時に想定外の連絡があると、

フリーズし、どうやって呼吸をしたらいいか

分からなくなることもしばしば。


そういう時は、JEEPで気分転換をしてから、

・身近なところから

・いつも忘れがちな業務

・溜まっていることがストレスになっていた○○な雑務

・最優先の取り組み

~に取り掛かることにしています。


まずは、忘れがちな業務ですね・・・。


分解して、できることから。


そして、最優先のことから、

ゆっくり息を吐き出して、呼吸を取り戻すところから

とりかかっていきたいと思います。

  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:挑戦する姿が人を魅了する

大ちゃんにお声掛けいただき、

保育人材創発laboに参加させていただきました。


201906072.jpg


201906071.jpg


迷子になってしまい、後半からの参加となりましたが

素敵な皆様との出会いに学ばせていただき、楽しい夜となりました。


印象に残ったのは、

キャリアアップの取り組みが始まったことによって

保育者のキャリア意識が高まったという調査結果を受けて

「その背景には何があるか?」について、グループで話し合ったことです。


・これまで保育者は「保母」と呼ばれていた時代もあり、 

 スキルアップの意識がある一部の人を除いては

 学びへの意欲が高くない人も多くいた。

→キャリアパスの仕組みが入ってきたことによって認識ができた。


・それまでは自主的に学びに来る機会のなかった層も

 キャリアアップの仕組みにより、足を運ぶ人が増えた

 ~結果的に学びの底上げとなり、キャリア意識が高くなってきた。


・お給料への意識が高まった


・男性の保育者が増えたことにより、

 キャリアアップへの意識(家族を養う収入への意欲)が高まった


~などなど。

さまざまな視点からグループの皆さんの声を聞かせていただく中で

多面的に起こっている現状を捉え直し

堀深める機会となりました。 面白かった!


201906073.jpg


大ちゃん、貴重な機会にお声掛けいただき

どうもありがとうございました❣️


本日の陰陽五行論塾:まいにち帝王学は、こちら!


 * * * * *


挑戦する姿が人を魅了する


自分の枠を超えて生きる姿に人は魅了され、

心を動かされる。

人を動かす魅力が欲しいのなら、

常に枠を超える努力をすることだ。


やったことがないことに挑戦し、練習し、

乗り越えていくこと。


その繰り返しが自分の限界を高め、

器を大きくしてくれる。


 * * * * *


基本的に保守的でネガティ部な私は、

自分の枠を超えるーーーということを

それほど意識をしたことはありませんでしたが・・・。



児童養護施設で働く中でやりたいことが見つかり、

目指すべき姿・取組を実現するためにはーーーと考えて行くうちに

どんどん課題が見つかり、

そこを解決するべく前のめりに取り組んでいくうちに

多くの人とのご縁をいただき、

応援して頂いたり、

私にできる恩返しをさせていただいたりしながら

結果的に自分の枠を超え続ける人生につながっていました。


そもそも、私のちっぽけすぎる枠の中だけで生きていても

誰にも貢献できません。


「自分のため、はすぐに一杯になる。

 自分を越えた社会のために、仕事をしなさい。」

~と教えて下さったのは、修業憲一さんでした。


せっかく命をいただいたんですから、

日本の社会に貢献したいですよね。


そうすると、日々世界は変化し続けていますし

立ち止まるのは後退なので、

日々、チャレンジをし続けることが結果的に現状維持になります。


いや待てよ。

それじゃ、何にもならんですな。


現状維持、よりも、

ちょっと先に出ていけるように。


私たちが敷いた絨毯の上を歩いた人が

喜びと共に、その先の未来に

新たな絨毯を広げていってくれるように。


そんなキラキラする好循環を、作っていきたいですね♪




  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:言葉の与え方を変える

ご依頼いただいた研修の事前アンケートを読んで

研修の構成に悩み、

園をはしごさせていただき、様子を見せていただきました。


なるほど。

うんうんうなっても出てこないヒントがたっぷりあり。

あらためて、「現場に答えがある」ことを実感しました。


じつはこれら、元職員とのやり取りでも気になったことがあり

立ち止まって見直しをしていったことだったのです。


あらためて保育コミュニケーション協会でも

掘り下げていくであろうテーマ

「こどもとのかかわり」の、奥深さも痛感しました。


こちら、どんなふうに言語化していこうかと考え中です。


午後は、新保先生に相談に乗っていただきつつ

研修同行として学ばせていただきました。

先生の深い愛と広い視野に感謝です。

しっかり生かしていこうと思います。


201906062.jpg


そして夜は・・・

園内ファシリテーター育成講座の第3講でした。


テーマは、「気づき」。


変化は「気づき」によってもたらされる。

それぞれの気づきの体験のシェアに 

前回からのチャレンジのお話もあり、一同ほっこり。


参加されている方自身の気づき・・・というところでは、

「向き合う」ことによって得ていけるけれども、

職場の周りの人の気づきには、

どうやって寄り添っていけばいいのだろうか?


ここで「気づき?」「気づきの場を作るとは?」

「気づきの場をどう作っていくか?」と

それぞれの事例やケースを通じて

アンテナに灯がともり始めました。


コーチングの概念を知り、

ファシリテーターとしての在り方を持ち帰るとともに 

一緒に受講している仲間との連帯感が感じられる

嬉しい2時間でした。


アンテナが立ったこの感覚を、実践3へつなげていきたいと思います♪


 * * * * *


言葉の与え方を変える


心の在り方が言葉なって表れている。


人生どんな言葉を与えているか。

その言葉の与え方でその人の人生の価値が決まる。

々、自分どんな言葉を与えているのかを

振り返ってみること。


自分力を与えてくれる言葉を

意識して使うようするとよい。


 * * * * *


使う言葉って・・・考えていることが反映されるものですね。

「自分の発した思いや言葉が、結果的に自分に返ってくる」
ということを知ったときは、かなり衝撃的でした。

どうりで・・・。
ネガティブなことを言った後は、
そのモヤッとした余韻が嫌な感じで続くのを
うすうす感じていました。

これ、自分で発した波動に自分がやられていたんですね♨

いい言葉を使う、というのは結果的に
自分を取り巻く環境を良くしていくこと。

捉え方のくせを知り、
意識的に見方を変えていくことでもあります。

基本、ネガティ部なので。
まだまだ筋トレ中ですが、
爽快な気分でいられる時間が伸びてきたのは
自分にとってもギフトだなぁと感じる今日この頃です。
  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:自分の枠を超える

この日は麹町にて、

東京都キャリアアップ研修マネジメント 

6月の一日目でした。


リーダーシップと園内の役割の話で

気付きの表情を浮かべる方、

マネジメントの概念を踏まえた上で

親子へのアプローチを見つけていく場面もあり、

当たり前の中にある 資源に気がつく場面あり。


不審者を見極める第六感アンテナは

共通の感覚を持っていたことが事例から分かったりと、
あっという間の一日目でした。


その後は場所を目黒に移し、

はじめさんと「うめちゃんねる」

イノベーションを成し遂げるチームのリーダーシップ

~を放送させていただきました。


201906052.jpg


14年前、CTIのお友達が「滝行があるんだけど、行く?」

と声を掛けてくれた先でご縁をいただき、

その後も七転八倒な時代からずっと

気に掛けて下さっていた、はじめさん。


LOVEあばしり 

冬の流氷ツアーに来てくださったこともありました!


・大切なのは「やること」ではなく「デザイン」

・人間の特性を知っておく

・このリーダーについていったら大丈夫だ、という安心感

・イノベーションの定義とは?

・イノベーションが起こるチームとは

・リーダーの在り方

 ~などについてお話を聞かせていただきました。



一度お会いすると、老若男女誰もが目がファンになってしまう

はじめさんの思考回路をシェアさせていただく、貴重なチャンス。 


はじめさんのような素敵な

大人になりたいなぁとしみじみ思いました♪


 * * * * *


自分の枠を超える


今までの自分の枠を捨て去り、

新たな可能性飛び込んでいくか、

行動変革をするかで、人生の体験が大きく変化する。

今までの自分では決して選択しないものを選び、

好奇心を持って取り組むこと。


今まで話したこともないような人

興味を持ってみることだ。


 * * * * *
私は基本、ネガティブで安全欲求が強いので
危険なチャレンジはしたくないですし
苦手なことはしたくないタイプです。

けれども・・・・・・

自分の枠の中にいるーーーというのは、
安心なようで、つまらないこと。

失敗をして、閉じこもり。
傷ついた気になっていじけても
その時は安全なようでいて
それ以上前にも進めなければ何にもならないことに、
だんだん気が付いてくるのでした。

というか、
個人事業主という生き方を選んだ時点で
それは無理なお話でした。

陰陽五行論塾で私のネガティ部に雲が開けたのは、
「傷つくというのは幻想だ」という先生の言葉でした。

えっ、幻想じゃありませんよ。
あんなに胸が痛んだりあちこちが重くなったりするのに・・・。

~と思いましたが、それを通り越して考えてみたら、
たしかに「思い込み」だったのかもしれない・・・と今は思います。

そうすると、怖いけど、
目をつぶってチャレンジしてみるのもありかもしれません。

あえて、自分が選ばない選択肢へ。

結果的に気づいたのは、
・反応は選べるということ
・失敗しても生きている
~ということでした。

自分の枠を超えること。

それは、まだ見ぬ可能性の扉を開くことに
つながるのではないでしょうか。

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:学んだことは実践する

一日ってあっという間であり、

そう思ってみると意外といろんなことができるものです。


この日はエイトコーヒーでモーニングをして

動画編集の傍らで郵送物を手配したり、

土曜日の講演の打ち合わせをしたり。


201906041.jpg


石松園さんに贈り物をお願いしたり。

うるおい八楠さんにアンケートをお願いしたり。

夜は、認定ファシリテーター講師育成講座 ZOOM第4講 を行いました。


こちらの認定ファシリテーター講師育成講座第二期は、

初めての取り組みで 

実践をギュギュっと2日間に凝縮して

6月末に行うことになり。

それまでに、ZOOMで1~5までの

気づきを重ねていくこととなっております。


今回はその4回目ということで、

いよいよ佳境に差し掛かってきました!


前回からのふりかえりを交える中で、

面談の中でのコミュニケーションに

変化が起こってきたという、うれしいお話も聞かれました。


今回のテーマでもある

少し難しいかなと感じていた「システムで捉える」という感覚ですが、

保護者と向き合う中でたくさんの場面体験している保育者だからこそ、

すんなりと認識がつながり、体感しやすい感覚だったようです。


*システムを変えるきっかけとなる「サイン」は

 どうすれば、気づけるようになるか?

*ファシリテーターは器になり、場の声を代弁していく
*場は答えを持っている
*時間に対してのアプローチ
明日からできることを考えるひとときとなりました。
まいにち帝王学は、こちら。

などなど、日常に思いを馳せながら


この感覚を知っていると、

物事を様々な視点から捉えることができようになります。


研修や講座の中はもちろんのこと、

「面談でも生かせそう」

「子育て支援の講座でもやってみたい」

~といった声もうれしいですね♪


今回やってみて、

もしかするとほかの地域でも

ZOOM+実践濃厚二日間コースで

認定ファシリテーター講師育成講座

園内ファシリテーター育成講座

実施することができるかもしれないと感じました。


もしも開催ご希望の方がいらっしゃいましたら、

お声掛けください



 * * * * *


学んだことは実践する


知識は経験を通して初めて智慧に変わり、

自分の能力として身につけることができる。


学んだことは日々の生活で実践していくことだ。


いくら帝王学を学んでも、

実際に使ってみなければ役に立たない。


いいことを学べてよかった、

で終わっていては現実が変わることはないのだ。


 * * * * *


学ぶとーーー不思議なことに、

それを実践するチャンスが嵐のようにやってくることは、ありませんか?


ものすごい後悔をしたとき。


チクッと、ちょっとした反省をしたとき。


「リベンジのチャンスですよ」とばかりに

神様がチャンスをくれているように感じることがよくあります。


本当に、有難いことです。


うまく行かなくても、

「ちょっとやってみる」のがポイントかなぁと。

そうすると、学びにもなりますし、

「次の時にはこうしよう」というセットアップも生まれます。


学ばせていただきましょう。

定着させていただきましょう。


へタレな心を鍛える筋トレだと思って、

有難くチャンスにあずかることにしている、今日この頃です。

  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:魅力が現実を動かす

午前中は野中こども園にて

中村先生が子どもたちに寄り添う姿を見せていただき。


201906022.jpg


近くの景色が素敵なカフェ

「土一揆」にてランチをしてきました。


この日のうめちゃんねるは、こちらです。


 

 
まいにち帝王学は、こちら!


 * * * * *


魅力が現実を動かす

魅力は誰でも後天的つけられる。

帝王とは究極、魅力をつけるための問である。


五徳本能で言えば、信徳該当する。


最後はその人の魅力が現実を動かしていく。

才能や年齢は関係ない。


今すぐ生き方・在り方をび、改善し、

自分を磨いていくことだ。


 * * * * *


魅力がほしい・・・!!


~と、喉から手が出るように思った時期が、

何度かあります。


きっとこれからも 新たな目標ができる度にそう思うのでしょう。


自分が「魅力的だ」と感じる人をイメージして、

その人の立ち居振る舞いや発言をイメージして

そこに近づけるような本を片っ端から読み

近づけるようなセミナーに参加できる限りお邪魔して

言葉遣いや立ち居振る舞い・思考回路など

その時に出来得る努力たように思います。


これがまた、楽しいんですね!


ある時は、CAさんのように素敵な笑顔の人になりたくて

割り箸をくわえて家で仕事をしていました。

(口角が自然と上がるようになります)


ある時は、日舞の腹の据え方や

指先まで張り巡らせた意識をテーマに

電車通勤を過ごしていたり。


自分が講座で話している動画を見て打ちのめされてからは

一人客観視トレーニングを試み、

何気なく動画を撮っては落ち込みながら

イメージと現実のギャップを縮めていくチャレンジを楽しんでいました。

(これは、いまでもうっかりすると気が抜けるので

 写真にガッカリした時はマイブームに浮上します)


タイムラグがあって、

その時にはすぐに反映されないのですが

学びを通じてアンテナが立ち、

忘れたころに人から言ってもらって

自分の一部になっていたことに気が付きます。


魅力は見た目や振る舞いはもちろんのこと、

諸所での決断や腹の揺れ・行動にも表れるもの。


研修の中で「職場の理想の状態」を書き出し、

そこへ向けてできることーーーを考えていくのですが、

ここはみなさん、現実の道のりの長さに 

どよーんとするところです。


人は、思うようには動いてくれない。

一人一人と信頼関係を大切にし、

「この人のためなら」と思える魅力を日々培っていく中で

結果的に物事が動いていくのではないでしょうか。


魅力的な人に学ばせていただき、

これからも長い道のりを楽しんでいきたいと思います。


  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:失敗から学ぶ癖をつける

とうりょうこと中島ファシリテーション塾in富士宮に参加してきました!

201906021.jpg


14年来となるとうりょうの

「あり方」を大切に、様々な叡智を散りばめた

ファシリテーションを体感させてもらい、

手放せるものや新たに握っておきたい本質が

ちらほらと見えてきました。


とうりょうがこれまで様々な場面で実際に舵を取り、

自分自身が問われ続ける中で握ってきた本質の軸の重要性とともに

その場にいる一人一人の魅力に焦点を当てる場を愛でることで

場にいる一人一人がどんどん輝いていきます。


「愛」の灯を受け取った人は、

日常の中で「愛」を軸にしたファシリを展開していく。

そしてその場にいた人はまた、新たな灯を心に灯していくーーー。


とうりょう、貴重な学びをありがとうございました!!
(インコ仲間も、引き続きよろしくhttps://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/tac/1/16/2665.png");">♥


よ〜し、いろいろ見直すぞー!

皆様とのご縁に感謝ですhttps://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/t6a/1/16/1f497.png");">💗

https://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/t6a/1/16/1f497.png");">

<その他、印象に残った学びのシェアはコチラ>

・人間はネガティブだから生き延びてきた。

・毎日幸せに生きたかったら、

 良かったこと3つを良かった理由とともに家族に話すこと。

・ダライラマ:生きる目的は、幸せになること。

・自由すぎると力が出ない。最大限力を発揮してもらうために、ルールが必要。

・当たり前と思ってしまうが、

 これからは多様な中で想定外に適応する力が必要。

・会話の時代から、対話の時代へ。

・変化の時代は、やってみないとわからない時代

・正解を創るんだ!

・お金よりもコミュニケーションが地域通貨になる!?

・レガッタとラフティング(想定外)のちがい

・生きるため、多様性の喜びを味わえること~独自の文化につながる

・自己実現するために、ファシリテーション

・一人一人の中にある知恵

・自分のスタイルを確立する

・表と裏の二面性が一致していく~シンプルになる

・アメリカ合衆国の軍司令官も、一斉ではなく現場の声から創る

・体→味→頭→心の時代

人は好奇心を持ってくれた人に好奇心を持つ

・継続して初めて、成果が出る

・チェックイン:みんなここに来るまでに人生を背負っている。

・SHARE(分かち合い)

    ↓ 

  ACCEPT (受容)

    ↓

 SYMPATHY ・ENPATHY(共感) 

    ↓

 FAITH(信頼)

 ~イノベーション・モチベーション

・体験・気づき・活用

・「自分のことを見てくれている」と感じられる

 他者への愛を育むこと

・彼岸と此岸

 ~ファシリテーター自身がどういう存在であろうか?

・引き出す三種の神器(受け止め方・いまにいる・質問)

・お釈迦様「言い続けると真実になる」

 ~身口意

・縁起手法~YES AND(YESに命をかける!)

・ファーストコンタクトで予定調和を外す

・日本人には想定外を想定する力がある

・勇気のためには、認められること

・イノベーション:一人では出てこないことが出てくる

・コンセンサスのためには、何かをそろえる。

 価値観・目的・ゴール

・身をゆだねて、引き出される

・今出てきたことを言葉にする

・ファシリテーターは自分の言葉で。

  受け取る・受け止める。

・生きている言葉。信じて飛び込む。

・声は思いの発露

・宿命~運命~天命~使命

・意識の広がりが、運命を大きくしていく

・クロージングした後の方が大事

 希望(爽快感)・感謝・認知~達成感~充実感

・幸せになる人は、「成功」か「学び」しかない


~棟梁が十何年かけて学んできたこと・

日々、大企業の中で 問われるように体感で刻み込んできた生きる知恵が

ファシリテーターとしての在り方に現れているのを感じました。


そうそう。ここなんです。

最近、私が伝えていかなくてはと感じていた本質=あり方が。


さっそくファシリテター系レジュメを見直します!


学びに感謝❤


陰陽五行論 「まいにち帝王学」は、こちら。


 * * * * *


失敗から学ぶ癖をつける


失敗を恐れて何もしないよりは

失敗してそこから学んだ方がよい。


失敗の繰り返しの中から私たちは学んでいく。


反省すべきことはしっかり反省し、

その失敗から何かを学んだら、

それ以上は深刻に考えないこと。


失敗から学ぶ癖を身につけるのだ。


 * * * * *


本当に、失敗の多い人生です。

そこら辺にある地雷は、たいてい踏んで前に進む
運動神経も要領も悪いタイプ。
若い頃はそんな自分が嫌で嫌で、
効率よく前に進める人がうらやましかったし、
不器用な自分が大嫌いで持て余していました。

(ちょっと過剰なタイプですし。。)

でも、ある時から
「ああ、これってネタなんだな~!」と気付き始めました。
ニヤリ。


うっかりですし、
「そういう人るよね!」
「やると思った!」
・・・と期待通りに失敗街道のオンパレードなんですが
(想定外だらけでパニクりまくりですし。)
その分、転んでもただでは起きないことにしています。

元を取る。

どんなサインだったんだろうなぁ。
これを引き起こしたものはいったいなんだったんだろう?
今の気付きって?
これからに、どう生かしていく?

嫌がらずに学びとして受け取らせていただくと、
結果的に良い星周りになると言いますか、
助けの手が現れたり。
最悪の事態にはならないように
なんとか生き延びさせていただいてます。

なので、失敗する人を見るとーーー親近感が沸く!!
「ですよね!!」と細い目でまろやかに微笑みたくなります。

一緒に学び、乗り越えていきましょう♪


  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まず自分を見つめ直す


保育法人さんにて、
リーダー研修を担当させていただきました。


身体を動かして和みながら腑に落ちる場面あり、

混乱もあり…


場に居たそれぞれにとって「前提を見直す」

大切な気付きの時間となりました。


が。

その後は私自身は悶々とした振り返りの時間に突入。


アニキのルデッサンにて

マインドマップで起こったことを振り返りつつ

ホタテのラーメンをいただいて

その時間と体験を発酵させることにしました。


201906012.jpg


終わった後の感想メッセージより、

お一人お一人にとっては気付きとなったようで

あれはあれでよかったということが分かりましたが

私の中では、なんだかスッキリしない。


もっとできるやり方があった気がするんですよね。


体験を今後に役立てますhttps://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/te3/1/16/1f490.png");">💐


まいにち帝王学は、こちら。


 * * * * *


まず自分を見つめ直す


人間関係の課題は50:50である。


らか一方だけが悪い、ということはない。

必ず双方課題があるのだ。


どんな相手が悪く見えても、

相手の課題は一旦脇置くこと。


まずは、自分の課題を見つめて改善していくことだ。


 * * * * *


そうなんだろうなぁ。


この日、後味の悪い学びをしたことも、

まさにそれだったのだと思います。


そして、相互に影響をし合っているのでしょう。


その時、そこで起こった必然がきっと

学びのタイミングだった。


なので、自分の課題は自分で振り返りつつ、次へ生かす。

相手の課題は、相手に委ねる。


~そして、学んだら引きずらない!

手放す!!


↑ここが重要です。


どうもじめじめと引きずってしまうところがあるのですが

この日は夫に誘われて蛍を見に行ったりして

結果的に癒されました。


気分転換って、大事!


 ~ ~ ~ ~ ~


この内容は、実は 

保護者対応でめり込んでしまった方にも

研修の中でお伝えしていることです。


「もっと私の言い方が違っていたら・・・」

「あの時の不用意なかかわりのせいで・・・。」


・・・そういって自分を責め、

夢の中まで出てきて眠れなくなる保育者がいます。

(かつての私もそうでした。。

 ↑その頃は波乗りに救われていました。)


ですが、それは「相手の課題」です。

相手の課題は、横取りしてはいけないんですね。


心理学を学ぶ中で、ここにとても救われました。


自分は自分の課題と向き合い、次につなげていく。

相手の課題は、相手自身が向き合っていく「人生の宿題」。


分けて考えてみると、

気持よくお仕事ができるのではないでしょうか。






  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長を経て静岡県を中心に各地へ、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行いながら、保育コミュニケーション協会 代表をしております。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中

虹募集中認定ファシリテーター講師育成講座 4月スタート園内ファシリテーター育成講座 4月スタート (関東・関西)・保育コミュニケーション協会 オンラインサロン 担当

虹公開講座3月17日 発言しやすい会議の場を作るファシリテーション講座@西宮

4月13日 子どもと心が通う声かけ』&『気になる子への対応のポイント@東京

5月24日~5回講座 保育リーダーのための育成勉強会@静岡キラキラベルその他詳細はこちらをご覧ください


虹出張研修

3月 13日(長野)・14日(松本) 16日 秋田県 4月M園 園内研修・4月23日 栃木県・5月 島根県 ・6月東京都・徳島県    7月新潟県・藤枝市  9月府中市

10月 徳島県


TVうめちゃんねる

 ゲストとの対話を通じて保育・子どもへのまなざしなどお話しています。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・コンサル・アドバイスは、こちらからどうぞ!

【梅花ブログの楽しみ方】   
 ~About Blog~

詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー