FC2ブログ

日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


まいにち帝王学:人生を味わう時間を取ること

かつて、語り合い会でご一緒いただいた平野さんから
一次審査員というお役目をいただき
8月の終わりからコツコツと応募作品を見てきた
集大成、網走オホーツクフィルムフェスティバルに2日目から参加してきました。

201911301.jpg

▲映画作りワークショップで、音声さんのマイクを持たせてもらいました!

2017年の網走結婚式では
清水さんが声をかけてくださって
急遽素敵な物まね&音楽ショーを見せてくださった
高畠 正明 (田村 まさか)さんとも再会できました♪

201911304.jpg

われらがLOVEあばしりの武内 孝行 さんもご夫婦で。
いつもミニコミ紙の発送、どうもありがとうございます♥

201911305.jpg

そして、本間正人先生の京都芸術造形大学の教え子さんである
女優さん:辻凪子さんにもお会い出来ました!

201911306.jpg

MCを担当させていただいた映画対談も
どきどきでしたが、
みなさん、映画の製作費についてなどぶっちゃけてくださり、
トークも盛り上がりました♬

201911303.jpg


その後は、
LOVEあばしり仲間と合流タイム!

みんなに会えて、ほっこり♥
炭よしさんの網走和牛、めちゃめちゃジューシーでした!

その後は夜カフェhusにて、
それぞれのマイブームと推しポイントを語るうち、
やっぱり網走の魅力について語り合っている私たち。

これまではら「なんとなく」だったのを、
語り合い会でさまざまな視点から語り合ってきたことで意識化され、
認知が深まって愛も深まってきたのではないかという気付きに。

201912013.jpg

次回、1月4日16時から
エコーセンター視聴覚室で開催する語り合い会、
テーマは「思いやり」です♬

なんで「網走〜北海道の人は優しいの?」
の謎を解明していきたいと思います。

ぜひ、ご一緒しましょう~。

▼詳細は、こちらからご覧ください

まいにち帝王学は、こちら!

* * * * *

人生を味わう時間を取ること

いろいろ物を買っても幸せを感じることができない。
物質的な幸せは、本来の幸せにつながらないからだ。
本来の幸せは日常の中にある。

自分や周りの人を愛すること。
美しい朝日を眺めること。
雨・風・鳥の声、小道の風景、
日々の人生を味わう時間を取ることが大切である。

* * * * *

網走から、都会にあこがれて横浜に出てきた23年前。
元町も、港の見える丘公園も、山下公園も、
みなとみらいも、すべてがまぶしかったです。

その後、川崎や東京に出ることが多くなり、
噂のスポットにも足を運んでみたり。
夜の街に踊りにも、たくさん行きました。

そして児童養護のお仕事を通して
様々な背景の人の人生を見せていただいたり
趣味(海・少林寺)を通じて
さまざまな価値観や生き様の人とかかわらせていただく中で感じたこと。

「お金を払うこと」で得られる幸福感って、長くは続かないのだということ。
その時は「やった!」と思っても、なぜか渇望感に苛まれる・・・という不思議な感覚。

一方で、体験によって、
分かち合うことによって得られる幸せな気持ちは
ずっと残り、自分を満たしていくーーー
ということに気が付き始めました。

そのあたりから、自分を作ってきてくれた原風景は網走なのだと気が付き、
LOVEあばしりを通じて 地域の魅力再発見ツアーをし始めたり。
人との出会いや気づきを分かち合う豊かさ・
古くからある網走神社を訪ねさせていただき、
イベント(神社de合コン)をやらせてもらったり。

最近は、朝散歩を通して 
四季折々の変わりゆく”この一瞬”を味わう喜びをかみしめているところです。

人は、一瞬一瞬を「味わう」ために、生まれてくるのかもしれませんね。
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト




まいにち帝王学:自分を愛すること

昨年のちょうど同時期に担当させていただいた
保護者支援の研修を受けた方から
お声掛けいただき・・・。

201911294.jpg

近藤先生が窓口となってくださって
山形県酒田市での園長・主任研修
「職員間のコミュニケーション」を担当させていただきました。

201911292.jpg

2時間半という時間ではありましたが、
事前アンケートに出ていた声をもりもりに盛り込んで
・ちがいを生かす職員間のコミュニケーション
・リーダーとしてのお役目
・チームの力を次の段階に進めていくには?
・理想の組織へ向けた戦略
~について場づくりをさせていただきました。

時間が足りない!様子のみなさま。
終わった後も立ち話ながら熱く語り合う様子が印象的でした。

アシスタントに来てくださった真由ちゃん
素敵な時間をありがとうございました!

201911297.jpg

201911291.jpg

まいにち帝王学は、こちら!

* * * * *

自分を愛すること

あなたが自分を優しくいたわっている姿を他の人々が見ると、
その人たちもそうしたくなってくる。
あなたのその生き方が、周りの良い見本になるのだ。

つまり、自分を愛することで、
他の人も大切にすることができるのである。
これが「無我」の光である。

* * * * 

深い・・・!深いですね。

まずは、自分を大切にすること。

これ、頭でわかっていても つい
「時間がない」「あれをしなければ」「●●をしてから・・・。」
~と、自分が後回しになってしまうことがあります。

(出張の前は、想定外の準備にあわあわして
 睡眠時間を削ることになったり・・・。。
 忘れ物も多く、基本的にうっかりです。)

そうすると、ぼんやりしているので
集中力が散漫になったり、周囲に配慮が行き届かなくなったりして
そんな自分に自己嫌悪を感じるという、悪循環が。

かつてはそんな自分が嫌で嫌でしょうがなくて、
「ちゃんとしている人」を目指し、
自分に厳しくすることでなんとかその場を乗り切ろうとし続けてきました。

でも、それを続けていくと 息苦しくなり
何者でもない不安な感覚に、埋もれそうになります。

そして、気付くんですね。
「自分は、理想としている姿ほど器用ではない」と。

「これが私だよね(笑)」と自分の特性を受け入れた上で
“やらかし”ても 「やるね~!」と
自分にウケてみたりして楽しみ始めると
不思議と自分に余裕ができ、いい状態でいられて
周囲の人に対するまなざしも柔らかくなります。

そうすると、ほんわかとした空気感が生まれてきて
「手伝ってもらえます?」
「教えてもらえます?」
~と気軽にヘルプを出せるようになる。

研修の中でも、
「数字に弱いので、間違ったら教えてくださいね」
…とお話したら、4人まで行うワークで一人忘れてしまった時に
会場から「先生、まだ3人目です!」と
3本指を並べて声を上げてくれる人が出てきたり。

お互いに「あはは!」と笑いつつ、
「失礼しました。助かります~。」
なんて言いながら場を作っていくと 参加者から
「研修が終わってしまったのが寂しい。
 あの居心地の良い時間がずっと続いてほしかった」
~という感想をいただけたりしてほっこりします。

エゴや自己愛ではなく、自分を尊重する。
ということなのでしょう。

それぞれが自分を愛することが、
結果的に社会の幸せになるのかもしれませんね。
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:他人のことより自立が先

近藤 浩司先生にご一緒いただき、
本間先生の三瀬保育園にお邪魔してきました。

人気のラーメン店を訪ねつつ、
 地域と保育について語り合う豊かな夕べを過ごさせていただきました。

みなさま、貴重な時間をありがとうございました!

201911283.jpg

まいにち帝王学は、こちら!

* * * * *

他人のことより自立が先
自分の事ができない人に他者の事はできない。

例えば、自分の痛みに寄り添うことができない人は、
人の痛みにも寄り添うことができない。

まずは自分が自立すること。
自立すると、落ち着き、安らぎ、希望、喜びに満たされていく
そうしてはじめて他人を手伝うことができるのだ。

* * * * *

人のことが気になるとき・・・
それは、向き合うのがしんどい課題があったり。

(人に意識の焦点を当てることで、
 その課題と向き合うのを避けているなど)

自分にも似たような課題があったり
人を通して自分に気付きかせてくれる機会となることが多くあります。

なので、人のことがやたらと気になるとき。
苛立ちやもどかしさを感じるとき。

【自分はどうか?】と焦点を自分にあて、
気になっていることや逃げていることなどを
書き出してみるようにしています。

そうすると、もれなく気が付くんですね。
「人のことに気を取られている場合じゃない。」と。

育成や仕組みづくりなどもそうですが、

“他人と過去は変えられない、
 変えられるのは自分と未来だけ”といいます。

ひたすらコツコツと、
自分になんとかできることに向き合っていきたいですね。

そうすると意外と、忘れたころに
「気になっていた他人」の状況が変わっていたりして☆彡
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:慣れるより緊張する方が良い

東京都キャリアアップ研修 マネジメント
11月の3日目が終わりました。

ここのところ、1日versionや
時間の区分けがいつもとちがう中での
場作りで筋トレをさせていただいていたので、
今日の「働きやすい職場作り」はじっくりと
グループディスカッションや語り合い・全体シェアに時間を掛けることができ、
気づきの深まる豊かな時間になりました。

201911271.jpg

「研修を通して、自分の仕事の道標がはっきりしました。」
「保育士の仕事の素晴らしさ・やりがいを再認識できました」
「本当に大切なことに気付かせてもらいました」
〜という嬉しい言葉も。

みなさんの人生の中の
大切な時間にかかわらせていただいたご縁に感謝です💐



まいにち帝王学は、こちら!

* * * * *

慣れるより緊張する方が良い

慣れを感じているのなら注意が必要だ。
慣れは怖い。自分を磨こうとしなくなるからだ。

慣れるよりは緊張に襲われているくらいの方が良い。
成長が止まっているときに慣れが生じる。

成長し続けているものは、挑戦の連続であり、
に緊張の中に身を置くことになるのだ。

* * * * *

慣れたような気持になったころ・・・
大体、何か事件が起こります。

自分のミスだったり、
知らずに人を傷つけてしまったり、
大きな忘れて物をしてしまったり・・・。

そういった状況のことを、
かつてお会いした人は
「調子に乗るな、というサインだよ」と教えてくれました。
本当にそうだな~。。

最近は、慣れてきたら、
さらに何か切り込めることがあるのではないか?
何か怠惰になっているところはないか?と
自分に問いかけるようにしています。

そうすると、見てみないふりをしていた課題が
山積みであったことに気が付くのです。

慣れたなんて、思い上がり。
今の状況の中で、最低限のレベル感がどうにかクリアできる余裕ができただけ。

そんなことに気が付き始めてから、
思いがけずどんどんと次なる課題をいただけるようになってきました。
願ったり、叶ったり?

呼吸が浅くなりがちなので、
日々深呼吸して、目の前の日常に感謝していきたいですね。
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:不平不満を言わない

浜松でのマネジメント研修3日目を終えました。

休憩時間に相談に来て下さったり、感動を伝えて下さったり。

運営をして下さっている先生たちから
取り組みのお話を聞かせていただいて
ネタが増えたりと、凝縮した一日でした。

201911264.jpg

帰ってからは、
近所の無人販売でGETした
青パパイヤとブロッコリー🥦をいただきました♬

まいにち帝王学は、こちら!

* * * * *

不平不満を言わない

不平不満を言うことは、
天に向かって唾を吐くようなものだ。
吐いた唾は自分に返ってくる。
だから、どんな状況であっても不平不満は言ってはいけない。

嫌なこと、辛いことがあったとしても、
それは今のあなたに必要があって起きていること。

今その体験をする必要があるのだと
受け入れることである。

* * * * *

先日、「なぜ、私がこんな目に!?」
~ということが募り積もって
「もういやだ!!」と思ったことがありました。

(そういう時期が続き、対応に必死過ぎて
 不満が止まらなくなりました。)

ですが、痛いご指摘をいただき
見たくない現状を振り返った時に
たしかに自分にも、逃げの対応や、落ち度がありました。

不満を言っているときは、向き合いたくないとき。
現実が痛すぎて、受け入れられないときかもしれません。

もしかするとーーー不平不満を言いながらも、
自分を正当化したりして、何度もそのドラマを再現し
「まさかーーー」
「まさかね。」
「いや、まさか、私か!?」
~と、現実を受け入れる準備をしていくのかもしれません。

おっしゃるように
「今その体験をする必要があるから、起きていた」のでしょう。

今起きているなにかも、きっと後々振り返ってみたら
「その体験が必要だったから、起きていた」
~ということがあるのではないでしょうか。

不平不満を言うことは、天に唾を吐くようなものーーー

そう思うと、恐ろしくて言えなくなりますね♨

まずは、起きていることと向き合い、受け入れて前を向く。
いう暇があったら、痛みをじっくり味わい
コツコツと自分なりの一歩を見つけていくことですね。
  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:面授で波動を浴びる

浜松での西部マネジメント研修 2日目を終了しました。

201911254.jpg

今日は、園の魅力を人に伝えるワーク・
園の資源を棚卸しして紹介し合うワーク・コーチングセッション・
防犯から腕を抜くワーク・
育成の言葉かけについて考えるワークまで。

前回 二週間前の1日目 3時間でいいスイッチが入っていたのか、
今朝は最初からみなさん、熱く語って下さっておりましたhttps://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/tf4/1/16/2728.png?_nc_eui2=AeFl8oiIY940QmAbURddswVsIhLQjpz3D0oxPWJkSSsicpMdvvDZ-rs8VX0MVZy5MLCk7dgJjMf4Ia2YBdYuJivc5Z87vThFyB8spB5Wc3KCIA");">✨

まいにち帝王学は、こちら!

 * * * * *

面授で波動を浴びる


師匠から教えを得るときは面授が良い。

エネルギーをダイレクトに味わい、身体で感じることだ。

人は良い波動のエネルギーを浴び続けることで覚醒していく。


動画や音声で学ぶのも悪くはないが、

デジタル化された時点でエネルギーの波動が薄れる。


だから、面授で学ぶ機会を最優先事項にすることだ。


 * * * * *


なるほど、面授のエネルギー。


これは、陰陽五行論塾 塾長のエネルギーを浴びるようになって

「見抜く力」「惚れさせるあり方」を体感させていただき、

この感覚を自分の力にするには、どうしたらいいだろうか・・・と

模索をする中で 自主開催の講座を通じてプログラムに落とし込み、

言語化をする流れに落とし込んでいる今日この頃。


自分が話をするときにも
同様の空気感をイメージ・体感するため

参加者から「先生の場が心地良い」「癒される」

といった感想をいただくことが増え、

かつて「言葉の教室」に通っていた私ですが、

発する音で聞き取りにくい音が減ってきたように感じます。


積極的に学び・吸収しに行ったものでは、

日舞の先生のお稽古(立ち居振る舞い)と、

落語(人をひきつける話し方・見せ方)も当てはまります。


~これら、喉から手が出るほど 身に着けたい・・・!!
・・・と思い、吸収しに行きました。


さらに前の記憶では、

面授---というかどうかはわからないですが

自分の空気感や場作りの源となっている体験の積み重ねとして、

高校生のころから通っていた 黒夢:清春の

観客に語りかける独特の空気感があったことに昨年、気が付きました。


体験によって、その人の感性や感覚が創られるなら、

やはり「どんな環境に自分を置きたいか」が大切な要素なのでしょう。

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:人生はパラドックスである

ボジョレーを楽しむ会in XYZ
まりちゃんにお声掛けいただいて、行ってきました♬


201911241.jpg


ちょっと煮詰まり気味だったのですが、

ワインを囲んでいろんなお話をする中で

風穴が開いた感覚がありました。


まいにち帝王学は、こちら!


 * * * * *


人生はパラドックスである


不安定さの中に安定が存在し、

安定の中に不安定さが存在する。


自由の中には不自由さが待っていて、

不自由さの中にこそ自由が待っている。

お金が欲しいと思っている間は、お金が入ってこない。

愛されたいと思っている間は、愛されない。


人生はパラドックスである。

逆説的に物事は展開していくのだ。


 * * * * * 


不安定さの中に安定が存在するーーー


この物事の例えとして、先生は

「自転車に乗る」ことを例に挙げてくださっていました。


怖いからと言って、恐る恐る漕いでいると・・・

ゆらゆらと左右に揺れて不安定な状態に。


一方で、

不安定を受け入れて思い切りこぐと速度が付き

物事が安定していくと。


確かにそうですね。


私は基本的に 保守的なので。

安全な場にいたい、傷つきたくない、変わりたくないーーー

できれば動きたくないし、ずっと漫画を読んでごろごろしていたいな~!

とときどき思います。



~ところが。


そう思っていると、その状態は長くは続かず

やむを得ず、変化を受け入れざるを得なくなります。


そもそも、児童養護施設を辞めてコーチングを学び

自分で仕事をする、という道を選んだ時点で
個人事業主という生き方を選んだ時点で不安定極まりないわけです。


はじめはその流れに逆らい、

アルバイトをしたり守りの生き方をしていましたが

何だか矛盾だらけ。


手探りで事業構築を学んでいく中で、ようやく

「ああ、エキサイティングな生き方を私は選んだんだな」と悟り。


日々、変わり続けていくこと・

チャレンジし続けていることを受け入れて

前を向いていく中で

覚悟が決まって不思議な安定感が生まれてきました。


時に願い、思い描き、手放しーーー

この逆説的な展開を楽しんでいきたいですね。

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:ものの見方・捉え方を変える

保育法人さんの全体研修 2回目の前半。
今回は、保護者とのコミュニケーションを通じて

子どもを真ん中に保育への理解を深める支援を切り口にした4時間。

参加された皆さんが主役ということで、あっという間の時間でした。


今回は、保護者の「うまく行っているところに目を向ける」

をテーマに心があたたまるEFカードを初導入してみました!


201911232.jpg


盛り上がる盛り上がるhttps://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/tf4/1/16/2728.png");">✨
そして、室内がhttps://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/t68/1/16/1f495.png");">💕であふれていました。


お互いへのあたたかいエネルギーの循環で、

子どもたちのまわりの大人の信頼関係を育んでいきたいですね。


201911234.jpg

やっぱりEFカードの威力は莫大ですね。


時間の関係で❶と❺だけにさせていただきましたが、

フルversionは岡崎 克哉 (Katsuya Okazaki)さんが

12月8日に保育コミュニケーション協会でやって下さいますので、

是非体感してみて下さいね♬


*****


ものの見方、捉え方を変える


凡人は得てして不毛な領域に可能性を観ない。

一方で天才は一見不毛に見える作業を誰よりも積み重ねていく。

ものの見方、捉え方が違うのだ。

凡人と天才の違いは、些細なことだ。


だが、そのほんの少しの違いが、

物事を成し遂げていく差になっていく。


そこに気がつけるかが重要だ。


*****


一見、無駄に見えることの積み重ねの中にこそ

鍛錬のプロセスが存在したり、

目に見えない信頼関係がじわじわと育まれていくもの。


先日、コワーキングスペースで

医大の受験生と家庭教師が

マンツーマンで指導をしているのが聞こえたのですが


「最初から効率のいい道を探してはダメなんだ。

 何が本当に効率がいいかは、やってみないとわからない。

 愚直にできることを全部やる中で、

結果的に "これが近道だった” と分かるもので、

やってないのに近道を求めるのは、ただの怠惰だ」


~と話をしていて、

なるほど・・・!たしかに!!と深く納得したのでした。


効率化、はたらきかた改革・・・

大切なことですが、それは結果であり

「どんな状態が理想で、そのためにどんな工夫をするのか」

といったプロセスが大切なのに似ているなぁと感じました。


=====


【陰陽五行論塾 東京 第4期スタート!】

 まいにち帝王学の大元となる、本質的な学びの場にご興味がおありの方、
 スタートのチャンスです。

 詳細はこちらから

toukyou4kki.gif



【保育コミュニケーション協会 12月8日オープン講座】

「人の素晴らしいところを伝えたい・・・でも、語彙力が!!」

「もっと言葉の引き出しを増やせたらいいなぁ」

~そんな風に感じている方。

「もっと職員が話しやすい会議の場作りをするには、どんな工夫があるといいの?」

と考えている方。

ぜひ、お役立てください。


e497e8048ecfe52342423f1f8601d374-768x512.png


【第一部】講師:岡崎克哉

「信頼を生む言葉の引き出しを増やすために

~EFカードワークショップ~」

人の価値観をあらわすポジティブな言葉が書かれた

EF(エナジーフィーリング)カードを用いたワークを交え、

円滑なコミュニケーションの秘訣を学びます。

ほめ言葉のボキャブラリーが増え、長所を見つける力も伸ばせます。

同時に人からほめ言葉を送られる嬉しさも体感できます。


【第二部】講師:松原美里

「意見を出しやすい会議のポイント

会議ファシリテーション」

人が集まる場で声を上げるのはなかなか勇気が要るもの。

とはいえ、新指針に沿った保育を実践していくためにもさまざまな視点から

「子どものために」と意見を出し合う中で生まれる答えが、保育にとっては宝物です。

大切なのは、発言のハードルを下げ、自分の内側から湧き上がってくる思いを分かち合う楽しさを感じられることです。

そのためのヒントを一緒に見つけて行きましょう。


【日時】2019年 12月8日(日)

 第一部13:00~15:00 第二部15:30~17:30

【場所】みんなの会議室

 東京都 千代田区 神田神保町 2-7-15 芳賀書店ビル 5階(神保町駅徒歩3分)

【料金】一般:4000円/1講座

 保育コミュニケーション協会会員:3500円/1講座

 2講座同時受講 一般:8000円 会員:7000円

 ※2講座お申込みのお客様には講師との質問・

 座談タイムが付きます(お菓子付き)


▼お申し込み・詳細はコチラからご覧ください


  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:他人の力量を借りる度量を持つ

園内全体園内研修 

後半の2回目を担当させていただきました。


ゲームから気づきを深めつつ、

自分を知り、相手を受け入れ、相手の視点に思いを馳せ

 「ともに創る」体験を通して語り合いの時間へ。


それぞれの立ち位置や経験によって見えること・

見えないこと・気づき合いが生まれ、

「明日への一歩」では、

小さいながらも大切なきっかけによってみなさんの表情が輝いていました。


言葉によって誤解や行き違いになることもあれば、

言葉があることで思いを見える化し、分かち合うこともできる。


コミュニケーションは奥深いですね♬


201911221.jpg

まいにち帝王学は、こちら!

 * * * * *


他人の力量を借りる度量を持つ


エゴが強い間は他者の力量を借りる度量を持つことができず、

独りよがりで、不器用な生き方になってしまう。


所謂、「井の中の蛙大海を知らず」の世界で生きる事になる。

自分が傷付きたくない、批判されたくない、

不安定に入りたくないという

表層的な守備本能のままで生きている間は、

独りよがりで、頑固なままで人生が終わる。


 * * * * *


焼津に引っ越してきて、

自分の事業に本格的に力を入れ始めた時期、

私は「仕事が追い付かない・・・!」

ということに悩んでいました。


時間があるはずなのに、

やってもやっても前に進まない。


何で私ってこんなに、

効率が悪いんだろう・・・!!


~そんな時、エクレス時代の事務長と飲む中で

「先生、抱えている仕事を

 一覧表にして書き出してみたら?


 先生にしかできない仕事と、

 託せる=システム化できる仕事に色分けしてあげるよ」


・・・というナイスな提案をいただきました。


なるほど・・・!!

さすが事務長!

私の苦手なことを見通す目をお持ちです♪


そんなわけでエクセルに書き出し。

お手伝いいただける方を募る中で

お一人・お二人・・・とサポート下さる方があらわれて

日々走りながら武器を拾うような形で役割分担を進めてきました。


最近、依頼をいただく研修のほかにも

自己主宰のもの・保育コミュニケーション協会の講座や

園内ファシリテーターさん/認定講師のフォロー・

事業構築勉強会のレジュメ作りなど、

やることが多くなってきて

スーパー秘書さんにもお手伝いいただく流れになってきた中で

かつて、事務長に色を付けてもらったシートを見返したところ・・・


「できてる!!」


~なんと、当時かき分けた業務の中で

自分がやらなくてもいいと判断されたもののほとんどを

どなたかに託させていただける流れになってきていたのです。


うまく行っていることでも状況が変わってきて

見直しの必要なことも出てきていたりと

依然として新たな形を模索し続けてはいるのですが

人生は一生ずっと変化し続けるもの。

チャレンジが常だと思っておけばいいですね。


いずれにせよ、人様の力を借りたことで

頭の中で思い描いたことを形にする

心の翼を手にしたことは確かなのです。


本当に、有難いことです。



=====


【陰陽五行論塾 東京 第4期スタート!】

 まいにち帝王学の大元となる、本質的な学びの場にご興味がおありの方、
 スタートのチャンスです。

 詳細はこちらから

toukyou4kki.gif



【保育コミュニケーション協会 12月8日オープン講座】

「人の素晴らしいところを伝えたい・・・でも、語彙力が!!」

「もっと言葉の引き出しを増やせたらいいなぁ」

~そんな風に感じている方。

「もっと職員が話しやすい会議の場作りをするには、どんな工夫があるといいの?」

と考えている方。

ぜひ、お役立てください。


e497e8048ecfe52342423f1f8601d374-768x512.png


【第一部】講師:岡崎克哉

「信頼を生む言葉の引き出しを増やすために

~EFカードワークショップ~」

人の価値観をあらわすポジティブな言葉が書かれた

EF(エナジーフィーリング)カードを用いたワークを交え、

円滑なコミュニケーションの秘訣を学びます。

ほめ言葉のボキャブラリーが増え、長所を見つける力も伸ばせます。

同時に人からほめ言葉を送られる嬉しさも体感できます。


【第二部】講師:松原美里

「意見を出しやすい会議のポイント

会議ファシリテーション」

人が集まる場で声を上げるのはなかなか勇気が要るもの。

とはいえ、新指針に沿った保育を実践していくためにもさまざまな視点から

「子どものために」と意見を出し合う中で生まれる答えが、保育にとっては宝物です。

大切なのは、発言のハードルを下げ、自分の内側から湧き上がってくる思いを分かち合う楽しさを感じられることです。

そのためのヒントを一緒に見つけて行きましょう。


【日時】2019年 12月8日(日)

 第一部13:00~15:00 第二部15:30~17:30

【場所】みんなの会議室

 東京都 千代田区 神田神保町 2-7-15 芳賀書店ビル 5階(神保町駅徒歩3分)

【料金】一般:4000円/1講座

 保育コミュニケーション協会会員:3500円/1講座

 2講座同時受講 一般:8000円 会員:7000円

 ※2講座お申込みのお客様には講師との質問・

 座談タイムが付きます(お菓子付き)


▼お申し込み・詳細はコチラからご覧ください


  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:弱者は情熱を、強者は謙虚さを

保育法人さんでの研修

「保護者との豊かなコミュニケーションのために」

後半を担当させていただきました。

201911213.jpg


アイスブレイクとして、

「あなたの育ってきた環境と、

 支えになっていたもの」

について話していただいたことで

一気に場があたたまり、

多面的にお互いを受け止め合うまなざしに。


ワークを通して、保護者から上がってくる
*夜、寝ない 朝、起きない
*食べないんです
*片付けをしないんです
*トイレットトレーニングが進まないんです
〜の声に対して、

みなさんの何気ない工夫を言語化することが

心強い支援になることを実感するひととき。


最後の振り返りでは、

コーチングのエッセンスを。


笑顔の花が咲く、素敵なみなさんなのでした。


まいにち帝王学は、こちら!


 * * * * *


弱者は情熱を、強者は謙虚さを


弱者は情熱が無ければ、開花しない。


反対に、強者は謙虚さを学び、

不安定な環境や状況に

積極的に飛び込んでいく事が

陽転するポイントとなる。



陰陽の両極を知るものが

魅力を持つことができる。


今の自分の枠を越えた、

正反対のことも取り入れていく意識を持つこと。


 * * * * *


自分はどちらなのだろうーーー?

~と考えた時に、
どちらでもあるなぁ・・・時と場合によって、
その場の中での立ち位置や関係性によってーーー

・・・ということを感じました。

たしかに、自分の影響力が大きな場面では
気付かないところで思いもよらないことにつながっていくことがあります。

そこでは、多くの人に見ていただいていること・
そのようなお役目をいただいたことに感謝をするとともに
誤解のないよう、謙虚さを体現すること。

また、声をかけていただいたり
お邪魔させていただいた・
かかわらせていただいた場に関しては
謙虚になりすぎると 期待にお応えすることが出来なくなることもあるでしょう。
基本的には謙虚でありながらも、
情熱をもって積極的に自分がお尽くしできるベストを尽くしていこうと
あらためて思いました。

そんなわけで、
審査員の一人としてお声掛けしていただきましたが、
身体の許す限り一人何役でも
スケジュールを組んでくださればやりますとお伝えしてあります。

会場内のいたるところに現れる予定ですので、
みなさん、11月30・12月1日は
網走エコーセンターに遊びに来て声を掛けて下さいね♪

=====


【陰陽五行論塾 東京 第4期スタート!】

 まいにち帝王学の大元となる、本質的な学びの場にご興味がおありの方、
 スタートのチャンスです。

 詳細はこちらから

toukyou4kki.gif



【保育コミュニケーション協会 12月8日オープン講座】

「人の素晴らしいところを伝えたい・・・でも、語彙力が!!」

「もっと言葉の引き出しを増やせたらいいなぁ」

~そんな風に感じている方。

「もっと職員が話しやすい会議の場作りをするには、どんな工夫があるといいの?」

と考えている方。

ぜひ、お役立てください。


e497e8048ecfe52342423f1f8601d374-768x512.png


【第一部】講師:岡崎克哉

「信頼を生む言葉の引き出しを増やすために

~EFカードワークショップ~」

人の価値観をあらわすポジティブな言葉が書かれた

EF(エナジーフィーリング)カードを用いたワークを交え、

円滑なコミュニケーションの秘訣を学びます。

ほめ言葉のボキャブラリーが増え、長所を見つける力も伸ばせます。

同時に人からほめ言葉を送られる嬉しさも体感できます。


【第二部】講師:松原美里

「意見を出しやすい会議のポイント

会議ファシリテーション」

人が集まる場で声を上げるのはなかなか勇気が要るもの。

とはいえ、新指針に沿った保育を実践していくためにもさまざまな視点から

「子どものために」と意見を出し合う中で生まれる答えが、保育にとっては宝物です。

大切なのは、発言のハードルを下げ、自分の内側から湧き上がってくる思いを分かち合う楽しさを感じられることです。

そのためのヒントを一緒に見つけて行きましょう。


【日時】2019年 12月8日(日)

 第一部13:00~15:00 第二部15:30~17:30

【場所】みんなの会議室

 東京都 千代田区 神田神保町 2-7-15 芳賀書店ビル 5階(神保町駅徒歩3分)

【料金】一般:4000円/1講座

 保育コミュニケーション協会会員:3500円/1講座

 2講座同時受講 一般:8000円 会員:7000円

 ※2講座お申込みのお客様には講師との質問・

 座談タイムが付きます(お菓子付き)


▼お申し込み・詳細はコチラからご覧ください


  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:今ある環境で極みをみる

4月から月に1~2回のペースで続けてきております
事業構築勉強会も、今回でVol.14となりました。

毎回、レジュメが間に合わない・・・!
とアセアセしている気はしますが(汗)

10年以上前に史さんに教わったことで
気付かないうちに血肉に変わっているものもあれば
その時はキャパオーバーで把握しきれず
いまになってとても新鮮な驚きとともに入ってくるもの・
一緒に調べながら納得するものがあったりします。

今回はセグメントとターゲティングについて、
芸能界から身近な趣味の世界・
自分のチャレンジや失敗を通し考えるひとときとなりました。

起きる出来事は一つであっても、
いろいろな角度から見ていく中で、
学べることがたくさんありますね。

201911191.jpg

まいにち帝王学は、こちら!

 * * * * *

今ある環境で極みをみる


今ある環境で、

今の自分でできるだけ精一杯に

全ての事象に対応する生き方を積み重ねること。

何であれ、他の環境を羨むことなく

今ここでやり切ることだ。


他の環境がよく思えるのは、

自分が作り出している幻想に過ぎない。


今の環境でやり切ることができないまま

他に移っても、また同じことを繰り返してしまうだけだ。


 * * * * *

やりたいことがどんどん膨らんでしまい、
つい、同時進行をしたくなり
気が付いたら荷物をたくさん抱えたまま走っている
(身弱なのに、睡眠時間を削りながら・・・)

~というサイクルを、
何年も繰り返している気がします。

ある時は、施設長と専門学校の講師をしながら
LOVEあばしりの代表として実務を抱え込んでいたり。

おそらく、人にはシステムの傾向があるのです。
たとえ一旦それを手放しても、
そういった引力の元に事象を変えて、内容を変えては
同じような出来事が磁力で集まってきます。

やりきっていないんだろうなぁ。

「根性論」で乗り切る、という意味ではなくて
このシステムを転換して、次のステージに舵を切るというプロセスを
自分自身がやりきっておらず、
完結をするのはいいことなのですが、
”手放す”だけになっているのも否めないでしょう。


それに気付いたので、はい。

いまいただいているお役目の中で
システムや考え方を変えて
次のステージへと移行できるようなヒントを
目下模索中です♨


=====


【陰陽五行論塾 東京 第4期スタート!】

 まいにち帝王学の大元となる、本質的な学びの場にご興味がおありの方、
 スタートのチャンスです。

 詳細はこちらから

toukyou4kki.gif



【保育コミュニケーション協会 12月8日オープン講座】

「人の素晴らしいところを伝えたい・・・でも、語彙力が!!」

「もっと言葉の引き出しを増やせたらいいなぁ」

~そんな風に感じている方。

「もっと職員が話しやすい会議の場作りをするには、どんな工夫があるといいの?」

と考えている方。

ぜひ、お役立てください。


e497e8048ecfe52342423f1f8601d374-768x512.png


【第一部】講師:岡崎克哉

「信頼を生む言葉の引き出しを増やすために

~EFカードワークショップ~」

人の価値観をあらわすポジティブな言葉が書かれた

EF(エナジーフィーリング)カードを用いたワークを交え、

円滑なコミュニケーションの秘訣を学びます。

ほめ言葉のボキャブラリーが増え、長所を見つける力も伸ばせます。

同時に人からほめ言葉を送られる嬉しさも体感できます。


【第二部】講師:松原美里

「意見を出しやすい会議のポイント

会議ファシリテーション」

人が集まる場で声を上げるのはなかなか勇気が要るもの。

とはいえ、新指針に沿った保育を実践していくためにもさまざまな視点から

「子どものために」と意見を出し合う中で生まれる答えが、保育にとっては宝物です。

大切なのは、発言のハードルを下げ、自分の内側から湧き上がってくる思いを分かち合う楽しさを感じられることです。

そのためのヒントを一緒に見つけて行きましょう。


【日時】2019年 12月8日(日)

 第一部13:00~15:00 第二部15:30~17:30

【場所】みんなの会議室

 東京都 千代田区 神田神保町 2-7-15 芳賀書店ビル 5階(神保町駅徒歩3分)

【料金】一般:4000円/1講座

 保育コミュニケーション協会会員:3500円/1講座

 2講座同時受講 一般:8000円 会員:7000円

 ※2講座お申込みのお客様には講師との質問・

 座談タイムが付きます(お菓子付き)


▼お申し込み・詳細はコチラからご覧ください


  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:不安定の先に安寧がある

早いもので、11月も半ばを過ぎました。
そろそろ年末の予定がちらほらと上がり始めましたね。

先日、資格取得前から数年来
セッションを担当させていただいていたクライアントさんが
新たなステージに向かわれるということで
コーチングのセッションを完了させていただきました。

思えば、お互いの多くの変化を体験してきた道のりでした。
コーチングの問いは、セッションの間だけではなく
日常生活に沁み渡り
定期的な機会があることで意識がじわじわと継続して
人生全般に大きな視点と転換をもたらします。

それはクライアントにも、コーチにとっても言えること。
クライアントへの問いを向けつつも、
その声を一番聞いている自分にも
同様の問いが向けられているのです。
逃れられない(笑)

だからこそ、自分自身に恥ずかしくない生き方・
道のりを歩んでこれたんだろうなぁ~と
クライアントさんの存在に感謝です。

4d8d8908b8325c9734d93cdf467efc63_s.jpg

コーチングの個人セッション、
2月以降は少し余裕が出来そうですので
ご興味のある方がいらっしゃったらお声掛けくださいね。

まいにち帝王学は、こちら!


 * * * * *

不安定の先に安寧がある


何か1つを極めることは

アンバランスで不安定であるが、

その先に安寧がある。


極みを知るものは、

振り子のようにその真逆の世界に振り切ることができる。

例えば成功と失敗、

結婚と離婚、

無明と智慧、

大資産と大借金、

生き甲斐と虚しさ、

健康と病気等は

1セットの振り子である。


両極を知ると、その中庸がわかるようになる。


 * * * * *

極めることが、
アンバランスで不安定を通り越して安寧につながるーーー。

そういえば、
コーチングの資格を取得するあたりの一時期
有料セッションのクライアントさん何人かとやり取りをさせていただく中で
コーチングセッションのみで生計を立てようとしていた時期がありました。

はじめは、ご依頼が増えてほしいと願っていたのですが・・・
増えてくると、自己管理の課題・
精神力が必要なことに気が付いたり
身動きが取れなくなってきたり
「飛び出したい」「電車に乗っていろいろな場所にいってみたい」
という思いが出てきたり
多くの人に関わりたいと感じるようになって来たり
さまざまなジレンマが湧いてきました。

そんな中で、自分にとって
幸せを感じるはたらき方ってどんな形なんだろうかと。
模索をしながら、今の形になってきました。

これから先も人生の局面は変化し続けるので
きっとその都度安寧と感じるものも変わってくるのだと思いますが
つねに模索し続ける中で
見つかる光なのではないかーーーと感じる今日この頃です。


====


【陰陽五行論塾 東京 第4期スタート!】

 まいにち帝王学の大元となる、本質的な学びの場にご興味がおありの方、
 スタートのチャンスです。

 詳細はこちらから

toukyou4kki.gif



【保育コミュニケーション協会 12月8日オープン講座】

「人の素晴らしいところを伝えたい・・・でも、語彙力が!!」

「もっと言葉の引き出しを増やせたらいいなぁ」

~そんな風に感じている方。

「もっと職員が話しやすい会議の場作りをするには、どんな工夫があるといいの?」

と考えている方。

ぜひ、お役立てください。


e497e8048ecfe52342423f1f8601d374-768x512.png


【第一部】講師:岡崎克哉

「信頼を生む言葉の引き出しを増やすために

~EFカードワークショップ~」

人の価値観をあらわすポジティブな言葉が書かれた

EF(エナジーフィーリング)カードを用いたワークを交え、

円滑なコミュニケーションの秘訣を学びます。

ほめ言葉のボキャブラリーが増え、長所を見つける力も伸ばせます。

同時に人からほめ言葉を送られる嬉しさも体感できます。


【第二部】講師:松原美里

「意見を出しやすい会議のポイント

会議ファシリテーション」

人が集まる場で声を上げるのはなかなか勇気が要るもの。

とはいえ、新指針に沿った保育を実践していくためにもさまざまな視点から

「子どものために」と意見を出し合う中で生まれる答えが、保育にとっては宝物です。

大切なのは、発言のハードルを下げ、自分の内側から湧き上がってくる思いを分かち合う楽しさを感じられることです。

そのためのヒントを一緒に見つけて行きましょう。


【日時】2019年 12月8日(日)

 第一部13:00~15:00 第二部15:30~17:30

【場所】みんなの会議室

 東京都 千代田区 神田神保町 2-7-15 芳賀書店ビル 5階(神保町駅徒歩3分)

【料金】一般:4000円/1講座

 保育コミュニケーション協会会員:3500円/1講座

 2講座同時受講 一般:8000円 会員:7000円

 ※2講座お申込みのお客様には講師との質問・

 座談タイムが付きます(お菓子付き)


▼お申し込み・詳細はコチラからご覧ください


  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:極みまでやりきる

【うめちゃんねる】先日のゆうゆうこと、
伊藤ゆうさんとの

「グローバルな人材を育成するために」動画が完成しました!


1.ゆうさんと英語
2.アブソリューションと普段のお仕事内容
3.英語とグローバルコミュニケーション
 ~日本語と共通のこと・ちがうこと
4.コミュニケーション力を鍛えるために
5.10の姿につながる体験

ぜひ、こちらからお楽しみください♪


https://youtu.be/tJpXbGiLFxo


 

お話に出てきた、ゆうさんの英語塾 
アブソリューションはこちらです
https://abso.jp/


ゆうゆうとは12年来くらいの仲なので、

(不遇の時代、一緒に

 六本木ヒルズタワーの屋上から夜景を眺めて

 勇気づけあっていました)

こうして一緒に仕事の面でかかわれるのはうれしいなぁ❤


まいにち帝王学は、こちら!


 * * * * *


極みまでやり切る


凡人は何に対しても中途半端な態度、捉え方、

考え方をしていて、極みをみない。


なんでもいいから、極みまでやりきること。

極めることではじめて何が大切なのか見えてくる。

極めるためには全てをやろうとしないことだ。


全てを対応することは誰にも出来ないので、

どれも中途半端になってしまう。


まずは1つのものごとを極みまでやり切ることだ。


 * * * * *

わかるなぁ~。
心が、腹が逃げちゃうもの。

やらないといけないのは、分かっているんです。
じゅうじゅう承知の助です。

でもーーー腹が逃げちゃって向き合えない時間が長いので
結局時間が無くなって 中途半端になってしまう。

自分に言い訳をするスキを与えてしまっているのかもしれません。
もしかすると、向き合うための覚悟に、力を溜めているのかも。

でも、「一つをじっくりと極めればいい」
と考えると、少し気持ちが楽になりますね。

さて、何から掘り進めましょうかーーー?

=====


【陰陽五行論塾 東京 第4期スタート!】

 まいにち帝王学の大元となる、本質的な学びの場にご興味がおありの方、
 スタートのチャンスです。

 詳細はこちらから

toukyou4kki.gif



【保育コミュニケーション協会 12月8日オープン講座】

「人の素晴らしいところを伝えたい・・・でも、語彙力が!!」

「もっと言葉の引き出しを増やせたらいいなぁ」

~そんな風に感じている方。

「もっと職員が話しやすい会議の場作りをするには、どんな工夫があるといいの?」

と考えている方。

ぜひ、お役立てください。


e497e8048ecfe52342423f1f8601d374-768x512.png


【第一部】講師:岡崎克哉

「信頼を生む言葉の引き出しを増やすために

~EFカードワークショップ~」

人の価値観をあらわすポジティブな言葉が書かれた

EF(エナジーフィーリング)カードを用いたワークを交え、

円滑なコミュニケーションの秘訣を学びます。

ほめ言葉のボキャブラリーが増え、長所を見つける力も伸ばせます。

同時に人からほめ言葉を送られる嬉しさも体感できます。


【第二部】講師:松原美里

「意見を出しやすい会議のポイント

会議ファシリテーション」

人が集まる場で声を上げるのはなかなか勇気が要るもの。

とはいえ、新指針に沿った保育を実践していくためにもさまざまな視点から

「子どものために」と意見を出し合う中で生まれる答えが、保育にとっては宝物です。

大切なのは、発言のハードルを下げ、自分の内側から湧き上がってくる思いを分かち合う楽しさを感じられることです。

そのためのヒントを一緒に見つけて行きましょう。


【日時】2019年 12月8日(日)

 第一部13:00~15:00 第二部15:30~17:30

【場所】みんなの会議室

 東京都 千代田区 神田神保町 2-7-15 芳賀書店ビル 5階(神保町駅徒歩3分)

【料金】一般:4000円/1講座

 保育コミュニケーション協会会員:3500円/1講座

 2講座同時受講 一般:8000円 会員:7000円

 ※2講座お申込みのお客様には講師との質問・

 座談タイムが付きます(お菓子付き)


▼お申し込み・詳細はコチラからご覧ください


  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:執着を手放すこと

園内研修 「心の水路がつながるコミュニケーション」

を担当させていただきました。


201911094.jpg


ふだん、建物が分かれていたり、

なかなか声を掛け合いにくい環境にある幼稚園の中で、

同じ方向を向いて保育をしていくために…


まずは、お互いを受け入れ合うこと・

違いをおもしろがること・個の豊かさに耳を傾けること、

そして、水路がつながるような工夫をお互いにしていくこと。


気づきと考えるスイッチが入り出すと、

みなさんキラキラと輝き始めます。


2時間でおさまらず、手放しだ所も多々ありましたが…

はじめの雰囲気とは変わり、

お互いを愛しむような眼差しに日常へのきっかけになるのでは…という予感がしました。


201911095.jpg


ワクワクしますね!


まいにち帝王学は、こちら!

 * * * * *

執着を手放すこと


執着にしがみつくと目先の安定や

社会的評価や過去の実績などにしがみ付き、

結果的に苦しくなってしまう。

手放すことが人生を豊かに生きるポイントだ。


依存や執着の源泉は「思い込み」である。

満たされていない、足りてない、と思うその根拠を疑い、

自分の勝手な思い込みではないか、自問してみることだ。


 * * * * *


以前は毎年、秋や季節の変わり目になると

「服がない・・・!

 去年は何を着ていたんだろう?」と不安になり

苦手なのに、服を買いに行き 悩んで 気持ちが悪くなって帰ってくる・・・

そして、何かを買わないといけないような気がして

よくわからない服を買い、帰ってきて落ち込む・・・ということがありました。


ここ数年は、自分に似合う色を見ていただき、

アドバイスをいただく中で 流行などといったことを手放して

自分に似合うものが見えてきて、その悩みから解放されました。


「食べなくちゃ・・・!」という

よくわからない不安に駆られているときもあれば


変わっていく関係性の中で 離れていった友達が寂しくて

何とか修復を試みてはあきらめざるを得ないこともありました。


つねに変わっていくのだ。

自分だって、変わり続けていくんだ。


~ということを受け入れることができるようになってからは

あまり執着がなくなりました。

そうしたら、ラクになり、毎日が輝きはじめました。


変わり続ける中で、今あるもの。

つねに「今」を大切に生きていきたいですね。


=====


【陰陽五行論塾 東京 第4期スタート!】

 まいにち帝王学の大元となる、本質的な学びの場にご興味がおありの方、
 スタートのチャンスです。

 詳細はこちらから

toukyou4kki.gif



【保育コミュニケーション協会 12月8日オープン講座】

「人の素晴らしいところを伝えたい・・・でも、語彙力が!!」

「もっと言葉の引き出しを増やせたらいいなぁ」

~そんな風に感じている方。

「もっと職員が話しやすい会議の場作りをするには、どんな工夫があるといいの?」

と考えている方。

ぜひ、お役立てください。


e497e8048ecfe52342423f1f8601d374-768x512.png


【第一部】講師:岡崎克哉

「信頼を生む言葉の引き出しを増やすために

~EFカードワークショップ~」

人の価値観をあらわすポジティブな言葉が書かれた

EF(エナジーフィーリング)カードを用いたワークを交え、

円滑なコミュニケーションの秘訣を学びます。

ほめ言葉のボキャブラリーが増え、長所を見つける力も伸ばせます。

同時に人からほめ言葉を送られる嬉しさも体感できます。


【第二部】講師:松原美里

「意見を出しやすい会議のポイント

会議ファシリテーション」

人が集まる場で声を上げるのはなかなか勇気が要るもの。

とはいえ、新指針に沿った保育を実践していくためにもさまざまな視点から

「子どものために」と意見を出し合う中で生まれる答えが、保育にとっては宝物です。

大切なのは、発言のハードルを下げ、自分の内側から湧き上がってくる思いを分かち合う楽しさを感じられることです。

そのためのヒントを一緒に見つけて行きましょう。


【日時】2019年 12月8日(日)

 第一部13:00~15:00 第二部15:30~17:30

【場所】みんなの会議室

 東京都 千代田区 神田神保町 2-7-15 芳賀書店ビル 5階(神保町駅徒歩3分)

【料金】一般:4000円/1講座

 保育コミュニケーション協会会員:3500円/1講座

 2講座同時受講 一般:8000円 会員:7000円

 ※2講座お申込みのお客様には講師との質問・

 座談タイムが付きます(お菓子付き)


▼お申し込み・詳細はコチラからご覧ください


  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:今ある幸せに感謝する

こんにちは、松原です。

出張前には、どうもやりたいこと・

やっておきたいことがパンパンになりがちです☆


そんなわけで、先日からの睡眠不足が続いたのが影響してか、

ゆっくりな朝&家事散歩のスタートとなりました。


仕事や生活のやり方を変える・見つめ直す機会かもしれませんね。

201911066.jpg


夜は、事業構築勉強会 第13回目でした。


事業を客観的に捉え、改善していくためのヒアリングや

調査の結果をどう読み解いて活用していくのか?
SWOT分析の考え方を元に、強み・弱み・機会・脅威について、

さまざまな身近な事業の事例やHPなどを

ZOOMで一緒に共有しながら、

自分のかかわっている外部環境・内部環境について

考えて行く時間になりました。


自らの振り返りになり、メンバーの事業のこと・

視点を聞かせてもらう中でお互いにとっての

意識が明確になるのを感じるひとときでした。

夜は、4月から月2ペースで重ねております

事業構築勉強会、第13回目を終えました。


201911072.jpg


まいにち帝王学は、こちら!
 * * * * *

今ある幸せに感謝する


どれほど辛いことがあっても、

そのマイナスに目を向けるのではなく、

今自分が得ている幸せに感謝するようになると運気が高まる。

今自分が得ている幸せに感謝するのだ。


他人と比べてではなく、

何が自分にとって必要で何が不要なのかを

きちんと見極めること。


 * * * * *


球体思考であり、陰陽の法則でもありますが

ものごとは多面体であり、

どんなに大変だと思っていること=陰であっても、

仕事にしても、友達にしても、コミュニティにしても

その前提には、「恵まれている」という真実=陽の要素があります。


つい、やることに追われてしまったり

自分のふだんの思考回路だと

周りが見えなくなりがちですが、

その状況の中で試行錯誤させていただけるというのは有り難いことです。


自分にとって大切なことは何かーーー。

それを見つめ始めると、

いろいろな声が頭の中に聞こえてきて

ますます動けなくなる感覚もありますが

感謝の上で、一歩ずつ歩みを重ねていくことが

じつは幸せなことなんですよね。


そう思うと、不思議なもので心が軽くなってきます♪



=====


【陰陽五行論塾 東京 第4期スタート!】

 まいにち帝王学の大元となる、本質的な学びの場にご興味がおありの方、
 スタートのチャンスです。

 詳細はこちらから

toukyou4kki.gif



【保育コミュニケーション協会 12月8日オープン講座】

「人の素晴らしいところを伝えたい・・・でも、語彙力が!!」

「もっと言葉の引き出しを増やせたらいいなぁ」

~そんな風に感じている方。

「もっと職員が話しやすい会議の場作りをするには、どんな工夫があるといいの?」

と考えている方。

ぜひ、お役立てください。


e497e8048ecfe52342423f1f8601d374-768x512.png


【第一部】講師:岡崎克哉

「信頼を生む言葉の引き出しを増やすために

~EFカードワークショップ~」

人の価値観をあらわすポジティブな言葉が書かれた

EF(エナジーフィーリング)カードを用いたワークを交え、

円滑なコミュニケーションの秘訣を学びます。

ほめ言葉のボキャブラリーが増え、長所を見つける力も伸ばせます。

同時に人からほめ言葉を送られる嬉しさも体感できます。


【第二部】講師:松原美里

「意見を出しやすい会議のポイント

会議ファシリテーション」

人が集まる場で声を上げるのはなかなか勇気が要るもの。

とはいえ、新指針に沿った保育を実践していくためにもさまざまな視点から

「子どものために」と意見を出し合う中で生まれる答えが、保育にとっては宝物です。

大切なのは、発言のハードルを下げ、自分の内側から湧き上がってくる思いを分かち合う楽しさを感じられることです。

そのためのヒントを一緒に見つけて行きましょう。


【日時】2019年 12月8日(日)

 第一部13:00~15:00 第二部15:30~17:30

【場所】みんなの会議室

 東京都 千代田区 神田神保町 2-7-15 芳賀書店ビル 5階(神保町駅徒歩3分)

【料金】一般:4000円/1講座

 保育コミュニケーション協会会員:3500円/1講座

 2講座同時受講 一般:8000円 会員:7000円

 ※2講座お申込みのお客様には講師との質問・

 座談タイムが付きます(お菓子付き)


▼お申し込み・詳細はコチラからご覧ください


  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:運気の下がりは上昇の入り口

東京都保育士等キャリアアップ研修

 マネジメント11月の1日目、終了しました。


今回はグッとスイッチの入るみなさんで、

じっくり語らいながら驚いたり身振り手振りで伝えようとしていたり、胸に秘めた熱さを感じてホクホクしております。


ワークの振り返りを終え、

16時半には狐につままれたような表情もhttps://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/t3a/1/16/1f98a.png");">🦊

また来週お会いできるのを楽しみにしております♬


201911062.jpg


その後は、根布谷アニキの恵比寿あてるいへ、

20年来の少林寺のアニキ志村さんと一緒に行ってきましたhttps://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/teb/1/16/2763.png");">❣️


ソラチエール、フルーティで美味しかったですhttps://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/tf4/1/16/2728.png");">✨


東京近郊でミニコミ紙LOVEあばしりを読みたい方は、

あてるいを尋ねてみてくださいね♬


20191106.jpg


まいにち帝王学は、こちら!


 * * * * *


運気の下りは上昇の入口


運気が下がると一般的に心が落ち込むようだが、

その程度で落ち込む人は開運しない。


運気が落ちたら「これからの運気上昇が楽しみだ!」と笑っていればよい。


運命の法則からすると、

運気が大きく上がる前は必ず一度運気が落ちることになる。

運の落ち込みは決して不運の入口ではなく、

むしろ幸運への近道なのだ。


 * * * * *


運気が下がっている時、上がっている時・・・。


明確に意識をすることはあまりありませんが、

なんとなくうまくいかないな~。

空回りしているような感覚があるな~という時があるのではないでしょうか。


よくよく考えてみると、Alwaysかも。。


何でこんなに前に進まないんだろうな~?

という感覚がいつもあります。

そして、「締め切り過ぎてるんですけど」という声に

本当にすみません・・・!と思いながらも


やっぱり納得がいかないと、前に進めず、

悶々としている自分を持て余しながら関係書籍を読み漁り、

家族や恩師に外に連れ出してもらったり 

研修のお仕事で外の空気を吸いながら
なんとか谷を越えていくという・・・。


でもこれも、ポジティブに捉えていくと

穴を掘り続けている時間なのでしょう。


深く掘り進めるほどに闇も濃くなったり
悩みこんでしまったりもするんですが
そのあとに地上に出てくるときにお日様がまぶしく、有難く感じられる。


そう思うと、「下がったっていいさ」と思えますし、

下がってもまた上がるから、いいだろうーーーと

ちょっとうらやかに世界を眺めることが出来るような気がしますね。



=====



【陰陽五行論塾 東京 第4期スタート!】

 まいにち帝王学の大元となる、本質的な学びの場にご興味がおありの方、
 スタートのチャンスです。

 詳細はこちらから

toukyou4kki.gif



【保育コミュニケーション協会 12月8日オープン講座】

「人の素晴らしいところを伝えたい・・・でも、語彙力が!!」

「もっと言葉の引き出しを増やせたらいいなぁ」

~そんな風に感じている方。

「もっと職員が話しやすい会議の場作りをするには、どんな工夫があるといいの?」

と考えている方。

ぜひ、お役立てください。


e497e8048ecfe52342423f1f8601d374-768x512.png


【第一部】講師:岡崎克哉

「信頼を生む言葉の引き出しを増やすために

~EFカードワークショップ~」

人の価値観をあらわすポジティブな言葉が書かれた

EF(エナジーフィーリング)カードを用いたワークを交え、

円滑なコミュニケーションの秘訣を学びます。

ほめ言葉のボキャブラリーが増え、長所を見つける力も伸ばせます。

同時に人からほめ言葉を送られる嬉しさも体感できます。


【第二部】講師:松原美里

「意見を出しやすい会議のポイント

会議ファシリテーション」

人が集まる場で声を上げるのはなかなか勇気が要るもの。

とはいえ、新指針に沿った保育を実践していくためにもさまざまな視点から

「子どものために」と意見を出し合う中で生まれる答えが、保育にとっては宝物です。

大切なのは、発言のハードルを下げ、自分の内側から湧き上がってくる思いを分かち合う楽しさを感じられることです。

そのためのヒントを一緒に見つけて行きましょう。


【日時】2019年 12月8日(日)

 第一部13:00~15:00 第二部15:30~17:30

【場所】みんなの会議室

 東京都 千代田区 神田神保町 2-7-15 芳賀書店ビル 5階(神保町駅徒歩3分)

【料金】一般:4000円/1講座

 保育コミュニケーション協会会員:3500円/1講座

 2講座同時受講 一般:8000円 会員:7000円

 ※2講座お申込みのお客様には講師との質問・

 座談タイムが付きます(お菓子付き)


▼お申し込み・詳細はコチラからご覧ください


  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:迷いの中に悟りがある

浜松での保育士等キャリアアップ研修

マネジメント1日目、終了いたしました。


3時間ということで、「リーダーシップ」から

「マネジメントの理解」に差し掛かった辺りでの終了。

意味深な問いについて考えるスイッチが入り始めたみなさんですが、

「もっといろいろな声が聞きたい」「分かち合いたい」といった

ワクワク感が感じられるスタートでした。

二週間開いての2日目が楽しみです♬

201911051.jpg


夜は、【認定ファシリテーター講師育成講座 ZOOM2】

伝える・インストラクションの工夫でした。


~相手が受け取りやすくなる表現にはどんな工夫があるの?
・・・ということで、
親子の会~宅配便のお兄さんにどう置き場所を伝える?

というインストラクションの工夫から内省のワーク・

グループワーク・ワールドカフェのインストラクションなど、

さまざまな機会に置き換えてスムーズに伝わる配慮に思いを馳せていきました。


最後は「魔法の手遊び講座」のシナリオを

自分の言葉で受講者に配慮をしながら読んでみるチャレンジを。

やってみて気が付くこと・

さらにレジュメに入れておきたいと感じたことが

新たに出てきた2時間でした。

次回は今月の実践の2.

あらたにレジュメに取りいれたいことが見つかりました。

こちらも楽しみです!


まいにち帝王学は、こちら。


 * * * * *


迷いの中に悟りがある


迷いは悟りの前段階だ。

迷わないと悟れないのだ。


迷いが先、悟りは後。

失敗や挫折や苦難は先、成功や成長や快楽は後である。

もし迷いの真っ只中にいるのなら、

その苦悩をしっかりと味わい、体験することだ。


そこで体験を味わうと、次のステージが見えてくる。


 * * * * *


迷いまくりですよ・・・!
~という毎日を過ごしている私には朗報な、今日の帝王学。

自分の宿命読み解きでも出ていましたが、
私は見た目は華やかだけれども
中身が伴っていないことにコンプレックスを持つ宿命のため
そこを埋めていくために
息を吸って吐くように常に学びを得ていこうとすることで成長できるとのこと。

そういう意味では、学び欲が常時あるのは理にかなっています。

が、恐ろしいころに、
学びのアンテナや引き出しが多くなればなるほど
自分自身の矛盾への気づきや、
これまでに学んできたことの解釈の違いによって
世の中の見え方がガラッと変わってきてしまい
「???」という状態に陥ることがよくあります。

そうすると、言葉に説得力がなくなり、迷いながら
共に悩みながら登壇することもあるわけです。
(絶賛炎上中とか・・・試されているとしか思えません)

そういう時に、不思議な体験をします。
ある真理のもとに、共に問いをもって向き合う中で
ふと一筋の光が腹落ちする瞬間があるのです。

それも、「今か・・・!」というタイミングです。

でも、みんな悩んでいるんですよね。迷っている。
だからこそ、一緒に光を見つけていく中で
会場に気づきの一体感が広がってくことがあります。

迷ってもいい。
とポジティブに受け入れ、味わうこと。

悟れたら、ラッキー!と
朗らかに受け入れられる
器の大きさを日々磨いていきたいですね。


  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:まず体を鍛える

北ちゃんと一緒のお休みの日ということで、

紅葉https://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/t8/1/16/1f341.png");">🍁を楽しみに清里方面へ
ゴリさんのぐうたら村を訪ねてみました。


201911042.jpg


人が間に入ることでお互いが生かしあえる

自然の中の仕掛け作りに

日常の中のヒントをいただく贅沢な時間でした。


201911043.jpg


201911045.jpg


まいにち帝王学は、こちら!


*****


まず体を鍛える


運命は動きの中にありと云う。

動くとは体に刺激を与えること、

それによって精神力が高まり新たなアイディアが創造される。

精神力を高めるには、

まず体力を高めることが必要となる。

体を鍛える機会を積極的に作るようにすると良い。


筋トレは精神力を鍛えるのにも役立つ。


*****
筋トレは精神力を鍛えるのにも役立つ。


たしかにそうですよね・・・!
朝の腹筋は初めて5年ほどになりますが、
きっかけは
「あれっ?なんだかお腹が出たまんまだな~。
 どうして引っ込まないのかな?」

と思ったことでした。

はい。年齢とともに代謝が落ちて、燃焼しにくくなることと
腹筋が落ちてくるとお腹のあたりにある臓器を
しまっておくための筋肉ががんばれなくなるからだ・・・
ということを、後で知りました。

「えっ、どうすればいいんですか?」
「腹筋をつけることです」
~そう言われてから等々力の頃は50回ずつ、
静岡に来てからは100回ずつするようにしています。

ですが・・・ちょっとでも気持ちが緩むと、
怠け者な自分が顔を出すんですね。
「いいんじゃない?今日くらい」と。
「忙しいし、時間もないし」と。

そんな声に飲まれていた頃、
どんどん体重も増加して収拾がつかないことになり
それ以外でもうまく行かないことがある中で
落ち込みに拍車を掛けました。
やっぱり、できることからコツコツやろうかな。
~ということで再会した腹筋と自力整体。


その頃、陰陽五行論塾の先生からも

「自分で自分が信頼できるようなあり方を」
「健康でいること・豊かに今を生きられることこそがギフト」
「夜の会食をしてもモデルや芸能人が細いのは、
 『食べてきたので』と食事を遠慮するなどして体型管理を徹底しているから。
 太っている人は、本人はなんといっていようと、その分食べているんだ。」
~とというお話を聞き、ああ、なるほど。と思い当たる節が走馬灯のように駆け巡り、

反省の嵐に襲われるような思いをしました。


自分にとって必要なこと・・・という点では
講師という仕事は“見られる”“見ていただく”お仕事でもあります。
リピート下さる方や受講生さんから
「美しい在り方」というお声をいただくこともあり
そこに少しでも答えていける自分でありたいなぁと。

まず、できることから。
コツコツ筋トレを続けていきたいなぁと思う今日今お頃です。



  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:生きるとは感動すること

園内ファシリテーター終了後勉強会、

第一回目を行いました。


201911103.jpg


知識としての構成やワークを

講座自体の中ではいろいろやりましたが、

重要なのはそこからの日常の中での筋トレ。


201911031.jpg


それぞれの担当コーナーにてみんなで

かかわりフィードバックをすることで

お互いの課題が学びになる時間でした。


あらためて、ここからは

それぞれが役割を分担して運営をしていく形に。


ファイルの中では白紙のページに

気付きやフィードバックを書き入れていきますが、

本当のスタートになるなのかもしれません。


その後の飲み会も盛り上がりました♬


201911034.jpg
まいにち帝王学は、こちら!
 * * * * *


生きるとは感動すること


感動とは、心が刺激を受けること。

感応することである。

自分から感動を探すように心掛けると

周囲にどれほど感動するきっかけがあるかに気が付くものだ。

今そこにある、何気ないことにも感動はある。

息を吸えること。

歩けること。

病気でないこと。

今日、太陽が昇ったこと・・・。


日々、感動とともにありたいものだ。

 * * * * *

当たり前、と気づかぬうちに
有難いという感覚が麻痺していってしまいますが
災害や、アクシデントを体験する中で

日々、当たり前にあることが 実は感動的に有難いことだったんだ・・・!
~ということに気づかせてもらうきっかけになります。

呼吸すること、酸素を体内に取り込むこと、
当たり前に体が動くことだって、病気や不調になって
その有難さに気が付きます。

気付かぬうちに、誰かに不快な思いをさせてしまい
人が離れていって初めて気が付く、
居てくれたことへの有難味もあるでしょう。

大好きだったお店が閉店してしまって、
「また行こう」=「いつでも行ける」と
どこかで思っていた自分に気が付きます。

「いつか」は、だれにも約束できないこと。
まずは「生きていられること」に感謝をし、
今あること、その有難味に日々感動を味わえる
豊かな毎日を、過ごしていきたいですね。
  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:不幸の原因は矛盾にあり

園内研修第二回目、

保護者とのコミュニケーション 終了しました。


201911021.jpg


シェアやワーク、短いセッションを交えての3時間あまり。
「時間がもっとほしいです!」という声もありつつ、

保育の専門性を子育て支援の観点からどう伝えていくか?

保護者の思いを引き出すコミュニケーションをどう図っていくか…

などなど、みんなで考える時間となりました。


201911022.jpg


じつは、11月は

保護者とのコミュニケーションをテーマにした研修が

あと3回あります。
(きっと、大きなる存在からのメッセージなのでしょう)


今回の感触から時間配分や掛け合いのファシリを検討し、

これからに役立てていきたいと思います。


有難いことに、学べば学ぶほどに役立てることが増え、

研修を担当させて頂くほどに

その後のみなさんに役立てていただける事例が増えます。


この好循環のためにも、

呼吸をするように学んでいきたいですね。


 * * * * *

不幸の原因は矛盾にあり


自分の中に矛盾があると、

それが原因となって不運が生じてしまう。


他にも、中途半端さや、

三つの過ち(油断、慢心、うぬぼれ)も

不運の原因となる。

できるだけ矛盾のない

一貫性のある生き方を心掛けること。


何かものごとに取り組むのならば、一所懸命にやる。

そして日々の生活に於いて過ちを犯さないように律することだ。


 * * * * *

自分の中にある、矛盾・・・
たとえば、ひとにはいいことを言っているのに
自分はそれができていないーーーなどでしょうか。

私のお仕事は、
自分でまとめたレジュメを踏まえて
「話す」声を自分自身が一番よく聞いており、
場に(参加者に)問い掛ける声もまた、
自分自身が一番よく聞いている。

真理として伝えていることを、
「あなた、本当にできているのーーー?」
~と、自らに問うということをしているのです。

網焼きの上に自分自身が乗っているような
感覚になることが多くあります。

これがまた、いい具合に自分に刺さる真理なんです。
施設長をやっていた頃は、研修を終えて帰ってくると
反省モードになっていることが多く
お土産を買って
「ごめん。冷静に振り返って、反省しました。」
~と帰ると、職員がにこにこした顔で
お土産に飛びつくという循環がありました。

いまは、うまい具合に
大いなる存在からの「お試し」が起こります。
そして、受講者に対して語りかけながら
自分自身が問われているような感覚になることがあります。

矛盾に気が付いたら、早い段階で 
反省して都合の悪い真実を受け入れる。

痛いけど、それが大切なことだな~と感じる今日この頃です。

  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

まいにち帝王学:信頼を積み重ねる

お散歩をしながら写真を撮り、
道端で作業をしていた方にご挨拶をしていたら、
「きれいな花でしょう。
 仏壇はあるの?持って行っていいわよ」
~とお声掛けをいただいて、
帰り道では両手にどっさりと仏様にお供えするお花をいただいてきました。

有難いことです~。


201911011.jpg

まいにち帝王学は、こちら!

 * * * * *

信頼を積み重ねる


仕事もプライベートも信頼が基本となる。

成功者は多くの人から信頼を得ている。

どうしたら信頼されるのか、意識しておくことだ。

信頼はすぐは得られない。


コツコツと積み重ねていくしかないのだ。

大切なのは在り方だ。

々の一挙手一投足が見られている。


誠実一所懸命生きること。


 * * * * *


ドキッ!!


本当に、言葉でいう以上の情報が

行動やあり方から、にじみ出ていますよね。


自分自身が信頼できる自分であること。


なによりも、自己信頼を積み重ねることーーーということで

まずはできることから、朝歩くことを続けていますが


他者との信頼においてはーーー


悩みすぎてレジュメの提出期限が過ぎてしまったり・・・。


頭の中で思い描いている工程・要する時間と

実際にやってみての時間にギャップがありすぎて

(しかも学習がなかなかできない)

時間に間に合わないことがあり、反省し。

~日々修行ということで、試行錯誤中です。


信頼は一朝一夕では積みあがらない。

そして、崩れてしまうと 薄皮を一枚一枚重ねていくような

繊細なやりとりを必要とします。


子ども・同僚・保護者・友だち・・・

人とのやり取りにおいて、常にここを頭に置きながら

かけがえのない時間を、愛しみながら過ごしていきたいですね。

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長を経て静岡県を中心に各地へ、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行いながら、保育コミュニケーション協会 代表をしております。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中

虹募集中認定ファシリテーター講師育成講座 4月スタート園内ファシリテーター育成講座 4月スタート (関東・関西)・保育コミュニケーション協会 オンラインサロン 担当

虹公開講座

12月8日「意見を出しやすい会議のポイント 会議ファシリテーション

1月19日「保育はたら方カフェ~変化する保育とその葛藤

キラキラベルその他詳細はこちらをご覧ください


TVうめちゃんねる

 ゲストとの対話を通じて保育・子どもへのまなざしなどお話しています。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・研修依頼は、こちらからどうぞ!
【梅花ブログの楽しみ方】 ~About Blog~
詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー