日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


戦国時代、流れ公方の一生

本日は第29回歴史の会でした!

応仁の乱 003

応仁の乱の中、花開いた東山文化について・・・

・・・と思いきや。


マキ山さんいわく、

「東山文化、深すぎて間に合わなかった。」

・・・とのこと。


深いって・・・なにが?


実はマキ山さん、教科書的に紹介されている東山文化の

発祥や由来・考え方について掘り下げて研究していたのです。

そりゃあんた・・・。

そこだけ研究している職業の人もいるくらいなんですから!

どこまでマニアックに?!



~室町・東山文化の内容については

次回までにまとめてくれるとのことです。



今回は、応仁の乱の後の10代将軍:足利義稙の一生を追いつつ。

11代:義澄・12代義晴の人生もからめて

戦国時代の半分までを将軍視点で追ってみました。



この時代・・・、チョー地味でした!

一同テンションがあがるタイミングもなく。

(あるとしたら、腹黒い人を非難するくらい?)


初参加の方は興奮してくださっていたのですが、

なによりマキ山さんのテンションが一定でした!

(血なまぐさいときや元寇の時にはギラギラしているくせに・・・。)



特にスター性・カリスマ性のある人は出てこなくて

因果応報な裏切りや脱走が続出したり。


この流れの中で、事実上室町幕府が機能しなくなり、

管領の家で下克上が続出します。


<マキ山名言集>

応仁の乱 004


・応仁の乱の後・・・記述によると、「カラスしか飛んでない」状態。

 結局なんだったんだろう?あの12年・・・。

・管領はグランドマネージャー。将軍はお飾り。

・将軍職を廃された義稙・・・。

 当時の朝廷:同族会社の人事みたいなもの。

 お金がないので、お金を積まれれば「はいそうですか。」

・後でいくらでも巻き返しがきく!生きていればこそ!

 おとなしく流されて逃げろ!

・「平和になりました。和議を」・・・というところから、必ず騒乱になる!

・大物崩れ・・・あっけない。今までの因果が巡ってくる。

・細川晴元の三好さんへの新しい殺し方・・・宗教間の争いを利用した!

・疲弊していくエネルギー・・・時代が変わるときは、そうなる。

・畠山・斯波・細川の三管領は下克上により解体される。

・安房の国のつながり・・・地元の人は裏切らない。地力のつながり。

 (なぜなら、お互いに都合がいいから。)

・この時代は目的がない?!


<参加者の感想コーナー>

応仁の乱 002


・総理よりも大臣が力を持つようになる現代と通じる部分も。

 時代が変わる合図か?!

 ~野性の力のぶつかり合い。膨大なエネルギー→分散。

 それまでは一部の諸侯たちが持っていたものが、バラバラに。

 欲のスケールも分散した?!

 →とりあえず目の前の手戦に勝つことが目的に!

・京都がいちばん遅れてる!地方ではどんどん新しいことが進んでいる。

 「中央には任せておけない」という気持ちから、

 大内さんは山口県に帰っちゃった。(貿易上手くいってるし。)


・細川さんは代々キタナイな~。

 ~だからこそ、現代まで生きている!元は源氏であり、足利の分家だった。

・京都しょぼい!政治体制が中央集権から地方へと。

・登場人物はみんなパッとしないから争うのか?

 ~一つの家が続いていくと、どんどん弱ってくる。細川氏もしかり。

・初参加だけれども、めちゃめちゃおもしろかった!

 パッとしない将軍家とともに、文化や修験道や出奔などなど

 当時の人の美意識やポリシーが実はあって、それを垣間見れた気がする。

・この時代に文化が栄えた背景は何がある?

 ~地方は二毛作で裕福になり、子どもが全員で働かなくてもよくなった。
 
  その分、職人になる人も増えて選択肢も増え、品物も増え・・・という循環。
 
 京都がダメな分、身分の高い女性が地方の戦国武将の妻に。→小京都。

・リーダー不在な今、奥さんに天下の夢を吹き込まれて

 ドリームが膨らんだ武将たちも?!

・この時代の細川~下克上の流れ:中国の三国志に似ている。

 勝ったり負けたり・・・。

 たまたま当たった役だが、(中国出身の方。)

 最後に義稙の亡くなった場所は学生時代に過ごした場所だった!

・みんなよくやるなぁ~。飽きもせずに。

 足利13代に関する感情や人柄を表す情報がないので、キャラが立ってこない。

 この人たちが生きている感じがしない。

・主役が下の人たちに移っている!天皇に関するエピソードが出てこない!

 天皇→公家→武家→武将・・・ピラミッドがどんどん上から崩れてきた。


 時代を創る側(戦国武将=人気がある)と、

 時代に追われる側(目の前のことしか見えていない)がいる。


 ~時代を創る人には、時代のタイミング・場所がある。

 武田信玄はちょっと生まれるのが早すぎた。そして、甲斐の国はやりにくい。

 織田信長はちょうど時代がピッタリだった!

・恐怖に追われている?!勝ってもビジョンがない。

 ~権力が下に下りて来ている。
 
  ビジョンを立てたことがない人たちには、練習の時間が必要。
 
 (忠誠を尽くしていればよかった・・・考えなくても良い時代だった。)

 カリスマリーダーがいない時代、

 これくらい無駄なことをやりつくさなくちゃ、気がつけない。

 やりつくしたら、「国を治めなくちゃ!」という気持ちになる。
 



・・・ということで。

地味ではあるけれども現代と重なる部分もあり、

とっても学ぶところが多くありました。


この時代の中央から権力が地方へと移っていく様って

今の地元を元気にしようとする活動に通じるものがあるように

私は感じています。

本当に、日本復興のカギは、地方経済の活性化にあるのかも。



~そんなわけで、

次回の歴史の会。今度こそ、東山文化です!


「わび・さび」

「幽玄」

「秘すれば花」

・・・・この意味を、正確に説明できますか?

由来ではなく・・・。



これらの歴史を紐解きつつ、経済と生活に密着した視点から

底知れない東山文化を紐解きます!



7月18日13:00~17:00

カフェミヤマ渋谷公園通り店「ウメハナクラブ」です!

参加希望の方は、

こちらからコメントにて参加表明をお願いします♪







スポンサーサイト
  1. 歴史の会 報告
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。
「子どものために、大人が輝く背中を見せる」をモットーに保育やコーチング・コミュニケーションを切り口に・講師・執筆・監修を通じて日本を元気にする活動をしております。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長を経て静岡県を中心に各地へ、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行っています。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中♪


DVDの販売を行っています。お役立てください♪

【講演依頼・取材・お問い合わせ】
   ~Imfomation~
こちらからよろしくお願いします。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・コンサル・アドバイスは、こちらからどうぞ!

【梅花ブログの楽しみ方】   
 ~About Blog~

詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

人気記事ランキング

謳歌日記人気記事ランキングです!

こちらも合わせてお楽しみください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2018 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー