FC2ブログ

日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


メディア・社会・つながる私たちの未来への可能性~Social Desginers Drinks8.26

昨日、Twitterの告知で知ったイベント「Social Desginers Drinks8.26」に参加してきました。

当初、社会起業家、Twitterというキーワードがあったので

「今までとはまた違った世界が広がるかも?」

・・・とドキドキしつつ、六本木へ。


行ってみると、Twitterを見てきた人は10人くらいで

社会起業に興味があって、実際に活動をされている学生さんや

支援する社会人、そして自らがそういった活動を

最先端でされている人たちの集まる場でした。


SSD 001

ユナイテッドピープル株式会社 代表取締役の 関根健次さん

 「イーココロ」「ワンクリック募金」などで雑誌でも注目を集めている、関根さん。

 後ほどお話をさせていただいたのですが、ご自身の衝撃体験を原点に、

 「奪い合いから分かち合いの世界を目指す」活動をされています。


特定非営利活動法人チャリティ・プラットフォーム理事長 佐藤大吾さん

「良いことをしたい、でもどうすればいいのか分からない」という人と、

支援があるとさらに活動が推進される

NPOなどをつなぐ仕組みを作っています。


greenz.jp クリエイティブディレクター 兼松善宏さん 

 「世の中には、本当は素晴らしい情報がたくさんある。そのことをもっと伝えたい。」

 ・・・というポジティブな発言、すてきでした!

 昨年のアメリカ選挙時に、オバマ大統領のSNSやブログ・Twitterを駆使した戦略を調べていたら

 Twitterでオバマ大統領のアートでぃれくションをしている人から「日本に来るので会わないか」と

 ダイレクトメッセージが来て、ご縁が広がったとか。

2025PROJECT 発起人福井崇人さん
 
 「公害のデパート、尼崎で育ったので

 環境問題や社会に目が向くのは自然なことだった」

 ・・・と、とってもナチュラルな語り口調で

 20年後の未来:2025年が持続可能な未来であることを目指して

 カンボジア・アフリカ・ネパール・インドをはじめとする

 世界のさまざまな状況を伝えつつ

 「何ができるのか?」→足りないピースを見つける活動を

 宮崎あおいさん、川嶋あいさんなど、世の中に影響力の大きな人と共に

 メディアを通じて行っています。

●映像作家 丹下 紘希さん 

 湾岸戦争が起こっている頃に、

 「テストなんかしている場合じゃない!」と白紙で出して

 単位を落としたことがあるんだそうな・・・。

 ミスチルや絢香など、アーティストのPVなどを手がけて

 熱烈なファンが多い丹下さんですが(ネットで検索して、そのすごさが分かりました)

 「障害者があたりまえにはたらけるニッポンへ」がキャッチフレーズの

 あたりまえプロジェクトなどに携わり、活動を展開されているそうです。

 熱くこみ上げてくるものを言葉にして空中に置いていく真摯な語りに

 惹きこまれ、思わず釘付けになってしまいました。

Warner Music Japan 四角大輔さん

 「アーティストたちは社会や世の中の仕組みにとても敏感であり、

 つねに何かを生身の自分を通して発信していこうとしている。」

 ・・・その社会に向けた感性に惚れ込み、ファンだけではなくもっと広く、

 グレーゾーンの人にも届くメッセージとして広めたい、と。

 興味のない人に、どう興味を持ってもらえるか。

 そこにはメディア+実感が大切である、と感じているとのこと。




~といった方たちが、

一部「社会企業家という生き方」

二部「メディアとクリエイティブの未来像1-今後の目であのあり方と社会の関わり」

三部「メディアとクリエイティブの未来像2-アーティストと社会的活動」ということで

とても気付きと学びの多いトークを繰り広げてくださりました。



こんなにたくさんの方が、素晴らしいことをしているのだと

知る機会をいただけたこと、感謝です。



そして、それまでは「だれかのもの」という遠い意識にあったメディアの存在が

TVや音楽・アート・そしてブログやSNS・Twitterなどを通じて

私たち一人一人に開かれている。



窓を開くと、広大に広がる海を目の前にしたような・・・

不安と期待と未来の入り混じる不思議な感覚。

これが、「私たちの未来への可能性」なのだろうな、と感じました。



自分の仕事のスキルを、世の中をよくしていくことに役立てていく。

このスタンスって、とても大切なんだなということを感じると共に、

社会にとっていいことって、じつは

自分サイズからいろいろできるのだということをあらためて感じました。



それを私に置き換えるとーーー

社会を元気にする活動として

コーチングでクライアントさんの可能性をサポートすること。

講座で「女性部下の力を引き出し、上司をメンターにする方法」

「保育士さん向けコミュニケーション講座」を通じて

お互いを生かし合い、循環の良い社会を作っていくこと。

ハンドマッサージで人の心と体をつなげていくこと。

歴史の会で、「勉強っておもしろいのか!

しかも、ついでにめちゃめちゃ学べちゃうよ~!!」

…という体感をお裾分けしていくこと。

(野望は、中学か高校での授業で、マキ山さんに講義をしてほしい。

 受験のための歴史じゃなく、より良く生きるための歴史に変わるから。)

あとは、私自身がやりたいことをちゃんとやって、

「大人も楽しいんだな~。」という背中を子どもに見せたい。

(月一ボランティアのYには話しています。)

これらは少しずつ浸透してきていることもありますが、

さらに深く・・・本当に必要としている人に

届くような工夫をしていきたいんですよね。




で、これから。




さらに視野を広げて行きたいと思っているのが、

やっぱり児童養護施設の子どもに関することなんですよね。

児童福祉出身の私だからこそ、伝えられることがあるんじゃないか。

アンテナを持っていなかった人にも。


ここは、今自分がやっている

月に一度の子どもとご飯を作って食べるボランティアの他に

どうかかわっていけるのか。どう切り込んでいけるのか。

自己満足ではなく、本当の意味で彼らの役に立てることはなんなのか。

社会福祉協議会で、里親の育成プログラムにかかわらせてもらうのか。

「里親の一歩手前の、人生のパートナーみたいな大人がいたっていいじゃん」

(~いま、私がやっているようなことですが。)を形にしていくのか。

ボランティア育成を手伝うのか。

(また、園によっても需要とその中身が違ったりするので微妙ですが。)

まだ、人がやっていないことで、見落としがちなこと。

私ならではの何かができないだろうか・・・。




そこを模索しつつ、何かの形にしていければいいなあと思っています。


これも、アンテナ立てておけば何か引っかかるでしょう(笑)




SSD 002

特記しておくべきは、

これらのイベントを立ち上げたのは

●慶應義塾大学環境情報学部一年の鶴田浩之さんと

●駒澤大学社会学部3年の江口晋太郎さん

…だということ。若いんですよ~!!


2週間前に思いつき、声を掛け始めて

これだけのゴージャスなゲストと共に

100人弱が参加したというからすごいです。

「世界一斉同時ゴミ拾い」を呼びかけたりもしています。



この、若いまっすぐなエネルギーが

さらに自由に羽ばたける社会って素敵だと思いませんか。

私はとっても感動いたしました。



それにしても、Twitterの書き込みでこれほど世界が広がるとは・・・。

おそるべし?!

・・・いえいえ、

「無限の可能性を秘めているものだ」

と、あらためて感じました。


スポンサーサイト



  1. ドキドキ。
  2. / trackback:0
  3. / comment:3
  4. [ edit ]

すてき。。

  1. 2009/08/27(木) 15:04:55 |
  2. URL |
  3. 順子
  4. [ edit ]
>(野望は、中学か高校での授業で、マキ山さんに講義をしてほしい。
>受験のための歴史じゃなく、より良く生きるための歴史に変わるから。)

これ、本当に思いましたよ。
歴史を通して、今、そしてこれから、どう生きるか、自分に何ができるか、そういうことを考えるとってもいい機会が持てたと思っています。

それにしても、発起人の方々、素敵ですね。。応援していきたいですね。。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2009/08/27(木) 21:03:00 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

  1. 2009/08/28(金) 23:57:40 |
  2. URL |
  3. Umehana
  4. [ edit ]
順子さん

どうもありがとうございました~!

そうなんですよね。

やらされ勉強じゃなくて、「楽しくて、やる。」

そこから生まれるパワーってすごいですよね。

日本の教育がみんな楽しくなっちゃえばいいのに♪


素敵なことをしている人、日本にもたくさんいますね。

光に目を向けていきましょうね!


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長を経て静岡県を中心に各地へ、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行いながら、保育コミュニケーション協会 代表をしております。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中

虹募集中認定ファシリテーター講師育成講座 4月スタート園内ファシリテーター育成講座 4月スタート (関東・関西)・保育コミュニケーション協会 オンラインサロン 担当

虹公開講座

12月8日「意見を出しやすい会議のポイント 会議ファシリテーション

1月19日「保育はたら方カフェ~変化する保育とその葛藤

キラキラベルその他詳細はこちらをご覧ください


TVうめちゃんねる

 ゲストとの対話を通じて保育・子どもへのまなざしなどお話しています。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・研修依頼は、こちらからどうぞ!
【梅花ブログの楽しみ方】 ~About Blog~
詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

« 2020 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー