FC2ブログ

日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


学力格差はつながり格差?!

こんにちは、松原美里です。


今朝の日経新聞に各県の学力状況に関するニュースが載っており、


64年には都心のほうが地方よりも学力が高かったが


2007年の調査では秋田や九州などの学力UPが目立っており、


逆に大阪など都心部のDownが気になったとのこと。



そういったところから調査を進めていった結果、


子どもたちの学力格差を生む主因が


「つながり格差」へと移っていったのではないか…

とのことが紹介されていました。




この「つながり格差」は「社会資本」ともいえ、


「信頼関係」や「きずな」「ネットワーク」「コネ」など


“人間関係を生み出す力”に要因があるのではないか・・・。


~といったことから、


身近なつながりの大切さについて書かれていました。




この記事を読んで、思い出したのが・・・。


児童養護施設の子どもが、学力が低い傾向にあることです。




子どもは、ふつうの家庭では父・母二人の親がいて


自分だけを見てくれる。=無条件の愛。


さまざまな感情や、出来事、良いところ・悪いところを受け止めてくれる。


多少変なことをしても、そこから軌道修正ができる。




~そういった基盤となる部分が安定した上に、


幼稚園や保育園でお友達とのつながりが生まれ、社会性が芽生えて


小学校で勉強が上に積み重なっていく・・・。




…というのが理想的な成長なのだと思います。


親は誰しも完璧ではないので、その時々で子どもが揺れることがあっても


そこをフォローすることも家庭では可能です。




一方、児童養護施設という環境の中では


親の愛情が欲しくてたまらない乳幼児期からの子どもたち


子ども20名に対して大人(職員)が9名。



とはいっても、交代制なので・・・いつもいられるのは3~4人。

掃除・洗濯・幼稚園の送り迎え・病人の看病・食事介助など

走り回っているのが現状かもしれません。



小学校・中学校になると、


常時いる職員が1~2名という状況でいっぱいいっぱいなので


なかなか、子どもの心の平安まで、手が届ききらないのが現状です。





そうすると…。


気持ちが不安な子どもたちは、物事に集中する力が続かなくて


勉強に身が入らなくなり、落ち着きがないと注意をされたり。


どんどん進んでいく勉強についていけなくなって・・・


・・・という、悪循環なスパイラルが存在します。





そういったことを避けるために私たち(かつては)職員が


マンツーマンで勉強を教えていたりもしたのですが、


子どもにとってはマンツーマンでいられる時間が嬉しいらしく



 モチベーションが上がる

    ↓

 勉強をする。




・・・という構図がありました。




それだけ、人間にとってつながりというのは心強く、


精神的に安定させてくれるもの。


強くさせてくれるものなのだ・・・と感じていました。




そういったことが、学力格差につながるのかもしれませんね。




余談ですが、私の周りの頭が良い方たち、


すばらしい方たちの昔のお話を聞くと、


共通することがあることに気がつきました。




親から「勉強しなさい」と言われてきたことがない。




・・・ということです。



あたたかい環境の中で、わくわくと自分自身の好奇心をはぐくむ中で


自然と興味を持って、勉強をし始めたのだそうです。


いわれてみれば、納得ですね。



みなさま、ぜひ子どもたちがつながりを感じられるような環境を


「見守ってもらえている」


と安心できる環境を 

声を掛け合って、みんなでつくって行きましょう~



いつもありがとうございます。

http://blog-imgs-36.fc2.com/u/m/e/umehanaglouriouslife/cb_bn.gif" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-36.fc2.com/u/m/e/umehanaglouriouslife/cb_bn.gif" alt="cb_bn.gif" border="0" width="120" height="29" /></a>">cb_bn.gif

コーチングについてはこちらをご覧ください。

私はコーチングバンク登録コーチです。


スポンサーサイト



  1. ニュース関連
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長を経て静岡県を中心に各地へ、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行いながら、保育コミュニケーション協会 代表をしております。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中

虹募集中認定ファシリテーター講師育成講座 4月スタート園内ファシリテーター育成講座 4月スタート (関東・関西)・保育コミュニケーション協会 オンラインサロン 担当

虹公開講座

12月8日「意見を出しやすい会議のポイント 会議ファシリテーション

1月19日「保育はたら方カフェ~変化する保育とその葛藤

キラキラベルその他詳細はこちらをご覧ください


TVうめちゃんねる

 ゲストとの対話を通じて保育・子どもへのまなざしなどお話しています。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・研修依頼は、こちらからどうぞ!
【梅花ブログの楽しみ方】 ~About Blog~
詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

« 2020 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー