fc2ブログ

少林寺のここが好き!@北海道東京会議

昨日は、北海道東京会議にてN氏が少林寺拳法についてお話をして下さりました。



ご自身の少林寺との出会い、感銘を受けた点。

そして、少林寺拳法創設の由来…。

その後、実際に見てもらおうということで、私が相方になり

上中蹴り・下受け蹴り小手投げ・燕返し・二段蹴り…etc

「もしも痴漢に手を握られたら?」

~ということで、実際に皆さんにも二人ひと組で体験をしていただき。


「もしも危ない人を見かけたら?」

「警察に連行するときには?」

「もしも包丁を持った人が襲いかかって来たら?」

~というように、ミニ劇場を交え。


100311_1925~01


N氏、私からも

◆少林寺は流派が一つ。転勤先でも転院して続けられる。

◆親子で出来る。(親子演武は感動です。)

◆子どもが年長者の背中を見て、年上の人への敬意を学ぶ。

◆大人になっても、常に成長できる。

◆技だけじゃなく、整体技法を学ぶ側面も。

◆道院は大きな家族であり、お互いに成長をサポートし合う。




…などなど、「少林寺のここが好き」をご紹介し。

たくさんの質問をいただきつつ、和気あいあいな1時間半でした。



後でいただいた質問には、こういった声も。

◆少林寺…っていうから、中国から始まって世界に広がっていったのかと思った!

じつは中国には、お坊さんが護身や自身を高めるためにしていた少林拳はあるものの

いま、全世界に広がっている少林寺拳法は

かつて戦時中に満州やお寺で身に付けた技を

戦後の日本の荒れた世の中をよくするため、開祖の宗道臣氏が

マインドの面とそこを裏付ける護身術としての技を体系化した

日本発祥の青少年育成を目的とした道なのだということ。


~私は昇段試験の時に勉強したんですが、

よくよく考えてみたら、少林寺を知らない人から見ると

「ただ技を磨くもの。」というふうに見えているのでしょうね~。

→「日本発だと、もっと発信した方がいいよ!」という声も。



◆年齢は、何歳までできるの?

S道院の同院長は高齢者向けの少林寺健康増進プログラムをしていたことが。

自分の体と相談をしながら、少しずつ慣らしていけると続けられる。

むしろ人生と一緒で、大人になってからの方が変な力みが取れて

技の本質を理解しやすいのでは。


◆近所で調べたら、どこでも入れるの?

全国にたくさんありますので、こちらからご近所を調べていただけると良いかと。


◆道着は特別なものなの?

柔道よりは薄いが、しっかりしたもの。

技がやりやすいように、手首や足首は少し長さが短くなっています。


◆裸足、寒くないの?

雪降る日の道場の床の冷たさから比べたら…(笑)

むしろあたたかかったです!



などなど。

私自身、中学の時に網走少年団に1年半ほど通い

大人になり、一人暮らしを始めて怖い目にあってからS道院に通い始め。

コーチングの勉強会や会の主催で2年半お休みをいただき、

1月からまた再開をしていますが

あらためて少林寺の目指すところ・そこにいる人たちの魅力など

学ばせていただくところがたくさんあります。



こういった場で、少林寺のことを紹介するお手伝いをさせていただけて

とても嬉しく。ほっこり心が温かくなりました。



Nさん、素敵な機会をご一緒させていただき

どうもありがとうございました♪




" ☆ . . : * ・ ゜ ☆ . . : * ・ ゜ ☆ . . : * ・ ゜ ☆ . . : * ・ ゜ ☆ : * ・ ☆


   “ 夢 ”を“ 形 ”に、“ 想い ”を“ 認められる努力 ”に!

        輝く大人の姿が子どもを勇気づける!!

        Umehana Relations 松原美里のコーチング

         ★ http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P87260390 " target="_blank" title="無料Skype相談、気軽にご活用ください">無料Skype相談、気軽に活用ください★


" ☆ . . : * ・ ゜ ☆ . . : * ・ ゜ ☆ . . : * ・ ゜ ☆ . . : * ・ ゜ ☆ : * ・ ☆
スポンサーサイト



2010-03-12 : 少林寺 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
本日、日本テレビ局入りし、私だけ先に収録致しました。今度はドタキャンはないようです。
何より、番組が春のスペシャル番組、「大河バラエティー、超近代史」司会、所ジョージ、明石家さんま、
ゲストビートたけし、進行、馬場典子(日本テレビアナウンサー)、その他、五感教育研究所、主席研究員、荒木行彦
放送日3月30日(火)19:00~22:48分、内容は「若者がお酒を飲まなくなった原因の一つにはお酒を美味しいと感じなくなっている」に対してコメントを出しております。
視聴率の高い番組と出演者の顔ぶれが凄いので、必ずや評判も高いと思います。私も光栄です。
また、フジテレビ「めざましテレビ」よい景色を見て食べる料理はなぜ美味しいのか、NHK「スタジオパーク」人の嗅覚研究、嗅覚の重要性などについての番組予定で取材があるようです。、日本テレビの他の番組からも企画段階ですが入っております。
今回の取材から、日本一受けたい授業に講師として出演する可能性も出で来ました。
このように人の五感が注目されるにつれ、私共も注目されてきました。荒木行彦
2010-03-12 23:40 : 五感教育研究所、荒木行彦 URL : 編集
No title
荒木 行彦 さまv-22

ご活躍ですね!
まさに今の社会が人間の五感の重要性を実感し、
あり方を見直そうとしているように感じます。

五感につながり、自然につながる。
人間本来のあり方を取り戻す生活へと移行していけるといいですね。
これからもご活躍、応援しております。
2010-03-14 22:49 : Umehana URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長を経て静岡県を中心に各地へ、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行いながら、保育コミュニケーション協会 代表をしております。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中

虹募集中認定ファシリテーター講師育成講座 4月スタート園内ファシリテーター育成講座 4月スタート (関東・関西)・保育コミュニケーション協会 オンラインサロン 担当

虹公開講座

12月8日「意見を出しやすい会議のポイント 会議ファシリテーション

1月19日「保育はたら方カフェ~変化する保育とその葛藤

キラキラベルその他詳細はこちらをご覧ください


TVうめちゃんねる

 ゲストとの対話を通じて保育・子どもへのまなざしなどお話しています。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・研修依頼は、こちらからどうぞ!
【梅花ブログの楽しみ方】 ~About Blog~
詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

カテゴリー