FC2ブログ

日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


世界観を体現するエンターテイナー

「実習で……絵本、読めなかった。」

「読めなかった?読む機会がなかったの?

 それとも、読もうと思ったけど うまく読めなかったの?」

「恥ずかしくて、どうやって読んだらいいかわからなくて読めなかった…。

 絵本なんて、読んだことないもん。」



~そりゃそうか……。



保育科の学生か保育士・子どものいる人じゃないと

絵本を読む機会なんて、なかなかありませんよね。



実習(一日)に行く前に、絵本を読む機会を作ってあげればよかった……。


~という後悔は先に立ちません。



そこで、実習は終わってしまいましたが

今後、病院に来た子どもたちに絵本を読んであげる機会があるかもしれないし。

自分に子どもができたときに、自然に読んであげることができるかもしれないし。




是非機会を!ということで

専門学校の生徒に、読み聞かせのワークをしてもらうことにしました。


PA050202.jpg



進め方としては、こんな感じです。


1.生徒に絵本を私が読み聴かせる。

 ~あとで、味わいポイント・気を付けていることを口頭で伝える。


2.読み聞かせワーク

 ~4人グループで一人ずつ絵本を読んでもらい、

 聞き役の人から口頭で

 良いところ・さらにこうすると良くなるところをフィードバック。

 ●読んでいる生徒に、私が読み方を直接指導。

 ●生徒より、「おもしろかった!今度は○○が読みたい!」~というリクエストあり。


3.<翌週>私より、お馴染みの絵本を生徒に読み聞かせ。

 ~この後、振り返りでポイントを書いてもらいます。

 よく見て、何に気を付けると良いのかを思い出すよう伝える。


4.ミニテスト(先週の振り返り)


5.それぞれのテスト回答をもとに、

 グループごとにすりあわせディスカッション → プレゼン


6.絵本読み聞かせワーク(図書館で人気の本をセレクト♪)

 ~一人が読み(好きなのを選んでもらう)、ほかの人はフィードバックメモを書いて渡す。





絵本読み聞かせのポイントは、

(以前読み聞かせ協会の人のWSにちょっとだけ参加した時に教わった
 
 &私のオリジナルでしている工夫など↓)


★場面によって声の強弱をつける

★登場人物の感情を表現しながら読む

★子どもが食い入るように見ているので、味わえるようにゆっくりとめくる

★子どもに聞き取りやすいように、ハッキリと発音し、聞き取れる速さで読む。

★場面によってテンポを早くしたり、遅くしたり。

★わざと驚かせるような演出を入れてみたり。

★子どもが見えるような角度で本を立てる(読み手も字を追える角度で)

★聞き手の目を見て(順番に)、訴えかけるように読む。

★子どもたち(聞き手)の反応を見ながら、読み方を変えてみる

★全体を通して、何を伝えたいのか。メッセージを意識しながら読む。

★表表紙・裏表紙にも意味がある。通して子どもたちに見せることで、ストーリーの余韻を残す

★読み手自身が絵本の世界観を味わい、自らがその住人になって読む。

★読み手はエンターテイナー。世界観を自らで表現する。




~などなど。こうやって見ると、

 「なんのお小言だ?!」

……ってかんじですよね……。




ところが……。

彼女たち、できることをさっそく取り入れて 

見事にチャレンジをしていたのです。



PA050188.jpg


先週までとは、全然違う。


「できなかった…。」


~と言っていたのは、どこの誰?



とっても優しい表情で、豊かに、

楽しみながら絵本を読んでいた彼女たち。




「これで絵本文化は、しっかり後世に受け継がれる…。」

~と、妙な安心感を感じました。



↑いえ、そこじゃなく。



たった二回で、こんなにも成長する伸び幅がある。

その可能性に、ひたすら感激をしてしまいました。



絵本には、大人の心を優しくする効果もあり。

生徒の とろけそうに優しい表情が見れて、私も感無量でした。



また機会を創って、選りすぐりの素敵な絵本を分かち合いたいと思います。








スポンサーサイト



  1. 専門学校☆授業
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長を経て静岡県を中心に各地へ、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行いながら、保育コミュニケーション協会 代表をしております。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中

虹募集中認定ファシリテーター講師育成講座 4月スタート園内ファシリテーター育成講座 4月スタート (関東・関西)・保育コミュニケーション協会 オンラインサロン 担当

虹公開講座

12月8日「意見を出しやすい会議のポイント 会議ファシリテーション

1月19日「保育はたら方カフェ~変化する保育とその葛藤

キラキラベルその他詳細はこちらをご覧ください


TVうめちゃんねる

 ゲストとの対話を通じて保育・子どもへのまなざしなどお話しています。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・研修依頼は、こちらからどうぞ!
【梅花ブログの楽しみ方】 ~About Blog~
詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

« 2020 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー