日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


新人・中堅・ベテラン みんなが意見を話しやすい会議のポイント

10月18日(土)18:00~20:00で

新人・中堅・ベテラン みんなが意見を話しやすい会議のポイント

を開催しました。


参加者の感想は

「ワークで自分のインパクトを聞くことができ、

 今後の自分の調整に役に立つと思った。」


「テーマについて番号順に会議の考え方、捉え方、流れが示され、

 分かりやすかった。」


「“貢献”の意識が印象的でした。

 自分が今ここにいることの価値を再認識しました」


~といった声がありました。


会議や日常生活の中での会話・新人・中堅・ベテランの

何気ない会話のやりとり・・・。

こういったところで感じられる“空気感”にも、今回の講座は効果的です。

お互いにとってより良い園づくりのために、

DVDもありますので役立ててみて下さいね。


---以下、レジュメからご紹介します---

a1400_000429.jpg


1.職員が発言しやすい会議とは?

・発言するのは決まった人?!
 -なかなか若手が意見を言わない
 -声の大きい人の意見で決まってしまう
 -その後の影響を考えて、声が挙げにくくなっている
   ↓
「どうせ言っても無駄」~諦めムード
 意見はあるのに出てこない~停滞ムード

・通達会議になっていませんか?
 -声を上げない人にも、心の声がある
 -受け身な会議、主体的な会議

●そもそも会議とは・・・
 それぞれの視点によって、園に貢献できる

  <新人>
   全体像が見えない中で、自信が持ちにくく発言が出にくい一方、
   斬新な視点・帰省の枠に捉われない視点を持っている
  
  <中堅>
   業務を行う中で感じてきたことを改善するきっかけとなる
   一方、慣れてくる中で、見落としがちな違和感・
    園内の常識が社会の常識という視野の狭さも。

  <ベテラン>
    経験値が厚く、現実的な実現可能な意見を出しやすい
    一方 既成概念にとらわれ、視野が狭くなってしまうことも
 
 ・出てきにくい意見ほど 真理を突いていることも
 ・新しい風を起こす可能性を秘めている
 ・見落としがちな“リスク”に目を向けるきっかけとなる

●職員が発言をしやすい会議とは・・・
・否定しない
・話しやすい雰囲気がある
・受け止めあえる・面白がる空気がある
・根に持たない
・園に貢献している意識を持つ
・・・といったことを、新人も中堅もベテランも
みんなが体感できていることが大切です。

2.「自分ごと」になる議題の伝え方
<現状・理想の状態・課題を「みんな」に分かる言葉で>

 ●当事者にしか見えていない“前提”がある
 参加者が状況をつかめずに意見を出すに出せない・・・
 ~を防ぐためには?!

 ●提案者と意見を言う人の視点を一緒にしておくこと
 ~事前に内容を整理する“たなおろし”のススメ

 <現状>
 今自分に見えていること・気になっていること・上手くいっていること

 <理想の状態>
 何にも制約がないとしたら・・・といった視点で出てくる、良い状態

 <課題>
 理想の状態のために、気になっていること・ハードルとなっていること

 *ポイント*
 ・現場にどうかかわるのか?
 ・どういった影響が出るのか?
 ・自分ごととして捉えられる現象や出来事を盛り込むこと

 
 ●理想の状態になるための“意見”を募る
 ~現状・理想の状態・課題を踏まえることで
 提案者と発言者の視点が一緒になるため、
 どのような発言をすると役立つのか、求められていることが明確になる


【Let‘s TRY!】
 伝える内容を整理してみましょう

 (ワーク)

3.発言は場への貢献
 ●意見を上げにくい背景として考えられること
 ・人前で話をする体験があまりない
 ・自分の意見を求められる機会が少なかった
 ・自分の意見が正しいかどうか、自信がない
 ・勇気を出して発言をして、良い思いをしたことがあまりない。
 ・自分が発言をすることで、その後の人間関係への影響が気になる
   ~などが考えられる

 ●発言は場への貢献
 ・心の中で感じていることがあっても、
  確信や使命感がないと“声を上げる”というアクションは起きにくい

 ・大切なのは、発言者のモチベーションを高めるかかわり・
  使命感を持って発言をしてもらうための土台(雰囲気)作り

<発言者の“勇気”に感謝を伝える>
 ・発言によって、心の中で感じていた“意見”がスポットライトを浴びる
 ・勇気がいる理由は、評価判断を生むこと
 「そうなんだ」
 「それはどうかな」
 「それはいい!」
 「なし!」・・・etc
 ~「どんな風に感じられているんだろう?」という
      心のプレッシャーになる。

 ●発言をしてくれた勇気には、感謝の言葉を!
 「(勇気をもって声を出してくれて)ありがとう。」
 感謝=発言への存在承認によって、発言をした人の“勇気”が報われる。

 発言を承認する言葉掛けによって、
 「発言してよかった。」 「あれでよかったんだ。」
 発言することへの肯定感が生まれてくる

発言する ⇒ 認められる ⇒ 発言することへの抵抗が下がる
⇒ 発言がしやすくなるという“発言の好循環”につながる。

<その一言は、人の心を動かす“貢献”になる>
・「良い」「悪い」で切り捨てるのはもったいない
 -だれかの発言によって、場に影響が起こる
 -場に出すことで消化される声もある
 
・意見を上げることが提案者と場への貢献である

 ●発言によって見えてきた“視点・大事なポイント”を
  言葉にして全体に共有することから、はじまる

 「○○先生が声を上げてくれたことで、
  ○○という課題が見えてきましたね。
  大事な視点だと思います。ありがとうございました」

 ●発言を機に、その他の視点を募る
 「他にはどうですか?
  他の視点をお持ちの方はいませんか?
  いろいろな意見が上がると○○の意味で助かるので、
  どんどん声をいただきたいのですが」

 ●発言を機に、他者に波及した影響をキャッチし、
  心が動いた(ように見えた)人に意見を募る

  「○○先生、いま何か心が動いたようでしたね。
  良かったら聞かせてもらえませんか?」
   ~心が動いた直後は声を出しやすい

4.ハードルが下がり意見が出る、場づくり
・意見を話すハードルがある?!
 ‐手を上げにくい“場”
 ‐反対意見を言われるリスク
 ‐人間関係に影響が出るリスク

・ハードルを下げるには・・・。
 -否定しない
 -意見を面白がる
 -誰もが同じように話せるよう、お互いに配慮を
 -全体の場だと緊張感が生まれる。
 -少人数にすることで表現しやすい状態を作る

 <内省>
 紙を配り、テーマ(内容)を伝えて
 議題について感じていることを書き出す時間を作る
  
 自分と向き合う時間を取ることで、考えを整理する機会になる
 (意見を持っていないのではなく、準備ができていないだけ)

 *たくさんアイディアを出してほしい時は、
 ポストイットを数枚ずつ配るのも有効。
  
  ⇒ a.記載用紙を集めて後日集計
b.書き出したことで心のハードルが下がる
      ~隣同士で内容を共有など

 <2~3人組>
 ・隣同士で2人組になり、
  感じたことやアイディアを話してもらう
  (少人数で話すクローズドな場により、意見が話しやすくなる)

  ⇒全体の場では話しにくいことも、
  おしゃべりのような感覚で率直な感想が出てきやすくなる

 <共有>
 ・内省で紙に書いてもらったものを
  2~3人一組になって話し合ってもらい、
  その後、全体の場で代表の人に出てきた意見を共有してもらう

⇒自分だけの声ではなく、代表ということでハードルが下がり
  使命感から話がしやすくなる

  *全体の場でも様々な意見を拾いやすくなる

・提案者の在り方
発言を促進するかかわりかたとは?

 ●見守り
  内省・話し合い中、全体を回りながら出てきた内容に耳を傾ける。

 ●共感
 「なるほど~。」「それ、ありますよね。」「大事ですよね」等、意見に共感。

 ⇒「これでいいんだ」と意見を出す側への“承認”となる
  共有の際、心強い後押しに。

<否定しない、受け止めてどんどん出す“場の空気”を作る>
●提案者が受け入れ、後押しする姿勢
「それいいね~!」「おもしろいこと言うね!」
 ~提案者の在り方が後押しとなり、自由に発言がしやすい空気感を作る
 ~“場の空気”を意識してみましょう!

●意見を出してほしい場において、大切なことは・・・
良いことを言おうとしなくていい。
出し合う中で、ひらめきが起こる。

「なんでもいいから。○○って意見でもいいし、○○でもいいですよ。」
 ~出てきそうな意見をいくつか例示し、ハードルを下げる。

 ●“なかなか表立っては言えない心の声”も
 相手の立場に立って、意識的に入れておく。
 ⇒「ああ、本音を出してもいいんだ。」
  安心感が生まれ、自由な発言につながりやすくなる。

5.次につなげる仕組みづくり
 出てきた意見を、どう今後につなげていくのか?

 ●悪い流れ
  「結局なんだったの?」「言っても無駄」
  「リスク・周囲の反感を買いたくない」
    ↓
  発言しないムードへ
 
 ●良い流れ 
  具体的なアクションが起こり、
  現場が動いていくのを目の当たりにする
    ↓
「みんなで出し合って決めたことが、良い結果につながった」
 ~達成感・自信に。
 “自分たちの声が現場を動かしている”という実感が発言の原動力に

<ディスカッションの意義を感じる流れを園内に>
 ●すぐに実行できること
 ・小さな一歩(簡単なこと)
 ・“今すぐ!”必要としていること
 ・今ある仕組みの中に、すぐに取り入れられること
 ・必要としていたことの答え

 ●課題
 ・今後の仕組みの変更が必要なもの
 ・さらに意見を出し合って、煮詰めていく必要があること
 ・連携機関などと足並みをそろえていく必要があること
 ・タイミングが“今”ではないもの(猶予があるもの)

 ●タブーとすること
 ・これだけは園として“無し!”とする共通事項
 ・園内のルールと照らし合わせて、ラインを明確にすること
 ・まだ関係する出来事は起こっていないが、起こしてはいけない事態。
  (それに向けての準備が必要)
 ・最悪の事態の教訓など
~などを全体の場で共有して、
具体的なアクションとして落とし込むこと

<“声を上げて良かった”実感が好循環につながる>
 ●自分の意見が採用された、報われたという体験
  次回発言時の原動力となる。
  繰り返していくうちに“意見の出やすい場”の好循環が回る

 ●言いにくいことも伝え合う気風
  意見を出し合う場において、
  良い意見だけではなく苦言や言いにくいことを発言する人
   ~さまざまな視点を代弁してくれている人
   (誰もがどこかで感じている声を代表している)
      ↓
  課題として受け止め、今後の議題に!
      ↓
  言いにくいことを言ったことで新たな局面が開けた体験
      ↓
  揺るぎない信頼感・チームワークへとつながる


 ●大切なのは、進捗報告
  すぐには結果としてあらわれなくても
 「みんなに意見をもらった○○ですが、いまこうなっています。」
  ~と、時折 進捗状況を報告する
     ↓
 “園に貢献できた自分”を思い出す機会
  園全体としての意識の高まり
     ↓
  連帯感を持って進捗を見守る姿勢へ
     ↓
  結果・変化の現れがチームの満足感につながる
  現場としてのモチベーションが高まる

6.自分のインパクトを調整する
・どんなインパクトを発していますか?
 -良いところは?
 -改善できると良いところは?

・心の内側が、場に影響をもたらす。

 -あり方は口以上にモノを言う

---------------

【Let‘s TRY!】
 1.テーマを伝え、話をしてみて 提案者のインパクトを聞かせてもらいましょう!

 2.ここから、今後に生かすことは?

 (ワーク)

 ---------------

<まとめ・印象に残ったこと>


次回保育士コミュニケーション講座は

11月22日18:00~20:00 あさか保育人財養成学校にて

「後輩指導コーチング」です。

こちらもどうぞ、ご活用ください!

スポンサーサイト
  1. 保育士コミュニケーション講座
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。
「子どものために、大人が輝く背中を見せる」をモットーに保育やコーチング・コミュニケーションを切り口に・講師・執筆・監修を通じて日本を元気にする活動をしております。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長の傍ら、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行っています。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中♪

【認定こども園エクレス】
 認定こども園、新制度へ移行しました!私は保育園部の施設長です。

【保育士コミュニケーション講座】
DVDの販売を行っています。お役立てください♪

【講演依頼・取材・お問い合わせ】
   ~Imfomation~
こちらからよろしくお願いします。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・コンサル・アドバイスは、こちらからどうぞ!

【梅花ブログの楽しみ方】   
 ~About Blog~

詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

人気記事ランキング

謳歌日記人気記事ランキングです!

こちらも合わせてお楽しみください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー