日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


「保護者と信頼関係を築くコミュニケーション」ご報告&「子どもへの指導の仕方・かかわり方」ご案内

4月12日に、保育士コミュニケーション講座

「保護者から信頼されるコミュニケーション」

~保育の様々な場面に生かせるペーシング~

を開催いたしました。

IMGP1945.jpg
当日は4月から働き始めた方が保護者とのかかわりを学びにいらしたり。

ベテランの先生がふだんのかかわりや指導の視点を見直しにいらしたり。


これから働く方が心構えと学びのためにと参加され、

私自身の失敗体験を踏まえ、

保護者と信頼関係を築く上で大切と感じていること・

実際に戸惑う場面について

心理学やコーチングのワークを織り交ぜて展開する2時間半となりました。



以下、レジュメからご紹介します。


1.保護者対応、保育士としての信頼につながるきめ細やかなかかわりとは?」
   新しい子どもたちとともに、新たな保護者との関係性づくりもスタート!
   
 ・子どもを介して保護者と共有する情報
 ~子どもの状態、お家での出来事、食事の状況

 ・家庭との連携が、子どもの育ちに大きな影響としてつながっている
 ~信頼関係が結ばれている大人の背中から、子どもは信頼を学ぶ。

 ・普段の信頼関係が、
  いざという時に声が掛け合える安全ベルトになる。

 ・・・とはいえ、
 「先生として受け入れられていないのではないか・・・?」
 「何を言っても軽く聞こえてしまうのではないか?」
 ~といった不安から、ぎこちなさが出てしまうことも・・・。

 <保護者対応で戸惑いを感じる場面>

 EX1.何気ない雑談で、どう話をしていいのかわからない
 ・雑談はふだんのかかわりの中で子どもの様子を知ってもらう絶好の機会
  ~とはいえ、保育士としてきちんとした対応ができているのか、不安・・・。
  ~どう返していいのか、わからない・・・。

 EX2.質問をされたときに、上手く対応が出来ず戸惑ってしまう
 ・分かることは「一つの絵を一緒に眺めるように」説明する
 ・分からないこと・曖昧なことは「確認をしてからお伝えします」
  ~きちんと伝わったか?納得できたか、心配・・・。
  ~上手く対応できず、結局先輩に頼ってしまう・・・。

 <講座の最後に目指す状態>
 ◆リラックスして、保護者に寄り添うことができる力が身に付く
 ◆相手の本心をくみ取り、
  一緒に解決策を見出すコミュニケーションが図れるようになる
 ◆子どものために大切なことを
  相手が受け取りやすい言葉で伝えていく力が身に付く

 保護者対応で感じていること・講座の最後に目標とする状態


2.本音を引き出すコミュニケーション
・どこに意識が向いているか?
 「(自分は)どう思われているんだろう?」
 「(自分は)どうしたらいいのだろう?」
 ~と、内的対話(自分の中で起こってくる対話)で終始してしまう場合
            ↓
 目の前の保護者は、置いてけぼりの状態。
 *保護者の心の中では、何が起こっているのか?

・いいことを言わなきゃ、と思っていないか?
 相手が求めているのは「いいこと」ではない

・相手が本当に望んでいることは?
 表面的な会話のやりとりから相手側に寄り添い、少しだけ踏み込む。

 【ワーク】
  ●保護者役:
 A「子どもがなかなか寝てくれなくて…。寝不足なんですよね」
  ~と、雑談を持ちかけられた場合

 B「パートから正社員になったんですが、新制度になって、
  変更の仕方がかわるんですか?」~と声を掛けられた場合

  ●保育士役
  1.自分に意識を向けながら、聞く
  2.きちんと聞く
  3.本音を汲み取る 「~と思っていらっしゃるんですね」
  
 【感じたこと】
 

 *ペーシング
  無意識に行っている行動を相手に合わせていくことで、
  相手は自分に近いと感じて安心する。
  信頼関係によって心を開き相手の存在・言葉を受け入れやすくなる。

 【ペーシングを活用したワーク】 
 「保護者対応で感じていること」について、ペーシングを意識して


3.保護者の本当のニーズを引き出す
 ・不安を解消したい?
 ・子育ての知恵を必要としている?
 ・子どもに関する情報が欲しい?

【本音を汲み取り、理想の状態を質問で引き出す】
 ・どうなるといいでしょう?(理想の状態を引き出す)
  ~漠然としていたところから、考えるきっかけとなる
 ・そのために、どうしていきましょうか?(そのためのアクションを引き出す)
  ~一緒に考えていく態勢ができる

【大切なのは、担任・現場間での共有】
  ~今後の協力体制の土台を作るため、現場で共有していく

4.伝え方
 ・まずは、相手の気持ちに寄り添う
 ・園としてお役にたてそうなこと・提案を伝える
  ●黄金ルール (      ) + (     )+(       )

 EX:持ち物になかなか名前を書いてこない保護者に対して、
   名前を書いてくるよう伝える場面

【伝える内容】


5.本日のまとめ・振り返り

 <話し手>
  ここまでを振り返り、保護者とのコミュニケーションについて感じたこと・
  これからやっていきたいことについて話す
 <聞き手>
  ・どうなりたいですか?
  ・何をしていきますか?
    ~といった問いを投げ掛け、寄り添いながら話を聞く


 保護者との風通しの良い関係性が、充実した保育を支える力となる。
 まずは笑顔からはじめてみましょう!



<参加者の感想を一部ご紹介します>

IMGP1953.jpg


・保護者に寄り添う、真意を聞くことが人間関係を築くのに本当に大切で、
 良好な関係でお互いがwinwinですね!
 コミュニケーションのコツを教えていただきこれから失敗しながら?
 でも実践できそうな前向きな気持ちになりました。

・ぺーシングがどういうものなのかわかりやすく説明されて良かった。
 ワークとテキストに書き込むという順番が身に入りやすくて良かった。

・「よりそう」や「アンテナを立てる」という抽象的なことを
 ぺーシングという形、具体的にした点が良かった。

・2時間半という長さが丁度良かった。
 自分が今まで行ってきた保護者への気持ちを体感出来、
 感じることが多かった。

・ワークショップを行う事で、実体験ができた。
 その中で良かった点悪かった点が見えて、
 すぐに現場で実践できているのが良かった。

・先生の経験をふまえた、楽しいお話に時間を忘れました。

・ぺーシングは難しいものだと思っていたけれども、
 自分が気付かないうちに行っていたことが多かった。
 意識することで、気持ちを自分から相手に向けられ、
 呼吸を合わせて、気持ちを寄り添わせて、本音とニーズを聞き取れる事を学べた。

・自分に意識を向けやすい性格であること。

・ぺーシングがとても大切なこと。
 本音とニーズを受け止めたうえで話すことの大切さを感じました。

・ぺーシングと伝え方にある黄金ルールについて大変ためになりました。
 あとワークを二役やることで気付くことが多いのも良い点だと思います。


・あわてないで、意識を相手に向けて、
 学んだことをいかして気持ちをくみとれるような対応を心掛けたい。

・ペーシングゥが印象的でした。
 あとは、保育の現場でもまれることですね!

・まずは、笑顔で関わり、
 保護者の気持ちに寄り添って保育をしていきたい、
 またチームワークの情報共有を大切にしていきたいと思います。

・相手をより知るためにぺーシングをしてみたいと思います。


さてさて、5月の保育士コミュニケーション講座は

「子どもへの指導の仕方・かかわり方」

4月から保育の現場に入って奮闘されている先生が

講座を通して毎日の保育を振り返ることで

月曜日からできることを見つけていく

2時間半になりますように!

* … * … * … * …* … * … * … * …* …

「子どもへの指導の仕方・伝え方」
~スキルを“見える化”し、保育力を高める~

5月9日(土)18:00~20:30

<こんな方におすすめ>
・もっとクラスを上手にまとめられるコツが知りたい!
・子どもとの心の距離を縮めたい
・保育の質を上げ、上手にフォローが出来る様になりたい

複数担任・経験者と一緒に組むことができれば
先輩の保育ワザをまねることもできますが、
新しい保育園が増え、経験者が少ない環境の中では、
難しい事もあります。

今回は、上手くいく保育のさりげない仕組みを学び、
月曜日からの保育をスムーズに進める足掛かりを見つけていきます。

<プログラム>
◆子どもを楽しく乗せる、手遊び
 空気を換える~子どもは楽しいことが大好き
 ⇒心をつかんで、保育に誘導!

◆子どもが動きやすい声掛けの工夫
 全体像が分かるように、頭の中を整理してから子どもに伝えましょう!
 ⇒これからの時間に期待をふくらませ、楽しみながら行動できるように

◆全体を見ながら、個を見る意識
 クラス全体の動きを誘導することと、個別フォローの視点を同時に持つ
 ⇒それぞれへの働きかけのタイミングが、クラス運営のポイント!

◆時には叱ることで善悪の判断を育む
 叱るとは…社会のルールを伝えること
 ⇒大切なのは、保育士の向き合う姿勢と“伝え方”

◆信頼関係を育む日常のかかわり
 愛着関係の基盤を作る、スキンシップ
 ⇒大好きな先生だからこそ、心を傾ける気持ちになる

【日    時】 5月 9日(土)18:00~20:30

【 受 講 料 】3,500円(税込)

【 会   場 】あさか保育人材養成学校 
  http://hoikujinzai.com/blocks/index/00014
  東京メトロ有楽町線 麹町駅6番出口 徒歩3分
  JR市ヶ谷駅 徒歩5分

【 定   員 】30名(最少施行人数 5名)

【 お申込み 】
 ・会場での参加申し込み(実際の事例と体験を通じて、リアルに学べます)
  https://global-ssl05.jp/hoikujinzai.com/inquiry_logs/apply/00093

 ・DVD申込み(いつでも自分のタイミングで繰り返し学べます)
 http://hoikujinzai.com/blocks/index/00146" target="_blank" title=" http://hoikujinzai.com/blocks/index/00146"> http://hoikujinzai.com/blocks/index/00146


* … * … * … * …* … * … * … * …* …


保育の中で大切にしたい軸を見つめ直して、

みなさんの笑顔で子どもたちの笑顔を増やしていってくださいね!
スポンサーサイト
  1. 保育士コミュニケーション講座
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。
「子どものために、大人が輝く背中を見せる」をモットーに保育やコーチング・コミュニケーションを切り口に・講師・執筆・監修を通じて日本を元気にする活動をしております。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長の傍ら、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行っています。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中♪

【認定こども園エクレス】
 認定こども園、新制度へ移行しました!私は保育園部の施設長です。

【保育士コミュニケーション講座】
DVDの販売を行っています。お役立てください♪

【講演依頼・取材・お問い合わせ】
   ~Imfomation~
こちらからよろしくお願いします。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・コンサル・アドバイスは、こちらからどうぞ!

【梅花ブログの楽しみ方】   
 ~About Blog~

詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

人気記事ランキング

謳歌日記人気記事ランキングです!

こちらも合わせてお楽しみください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー