日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


「子どもスイッチ!コーチング」公開講座のお知らせ

こんにちは。

こちらでお知らせをするのをすっかり忘れておりました!

保育士コミュニケーション講座

講師の松原美里です。


2016年6月11日(土)17:30~20:30の

コミュニケーション講座、テーマは

「子どもスイッチ!コーチング」です。

o0640042613648456979.jpg

講座の詳細をご紹介させていただきますね~。


子どもと一緒に過ごしていると、

さまざまな場面がありますが・・・


この写真のように、なるべくなら

子どもも、私たちも

笑顔の瞬間を多くしていきたいですね。



コーチングとは---私は、

対話をする中で相手の心の中に火を灯し

意欲が湧いてくるコミュニケーションだと思っています。


コーチング自体は、保育の中で

・子ども

・保護者

・同僚・先輩・上司(ひそかに)

・関係機関との連携の際


~などに役立つものですが、


今回は「子ども」に焦点を当てて、

「子どもの意欲を後押ししながら

一緒に一枚の絵を見るように前に進んでいく」

そんなコミュニケーションをご紹介していきます。



コーチングというと、「横文字?外国のもの?」

・・・と身構えられる方もいるかもしれませんが、


もともとは日本でも、コミュニケーション上手な方が

何気なく行っていたコミュニケーションを

理論化・体系化し、

体験からスキルとして体得していくものです。



おそらく、ベテランの先生は

何気なくやっていらっしゃるのではないでしょうか。


なぜ私がコーチングに注目し、

資格を取得していったかというと

実は、私自身が とってもコミュニケーション下手だったからです。


子どもとも、保護者とも、上司とも、

よくぶつかっていました(笑)


引くに引けなくなり、

最悪の状態になったことも何度もあります。

(今でも気を抜くと、癖が出ます★)


そんな中で、わらにもすがる思いで飛び込んだのが

コーチングの世界だったのです。


学んでみたら、とっても良かった。

だからこそ、保育業界で頑張っている皆さんに

ぜひ、役立てていただきたい。


そう思っています。


コーチング、私自身はCTI-JAPANで学んだのですが

実際に資格を取り、自分の“モノ”にしていくには

長い時間と繰り返しの練習が必要です。



ただ、保育の現場に立っていらっしゃる方は

ラッキーなことに、

毎日「練習の機会」にあふれていますね?


それだけ、取り組み甲斐があるというものです。


ちょっとでも興味がわいた方は、ぜひ。


そして、

「以前参加したけれど・・・やってみたらよくわからなかった」

~という方は、学び直しのチャンスです♪


学習には階段のように、段階があります。


一段一段登っていく中で、

気が付いたら 何気ない会話の中で

コーチングができていた---



そんな日が来るのです。


子どもと共に喜びを分かち合えるコーチングの世界へ、

まずは、一歩踏み出してみましょう!


<こんな方へ>

・子どもの自主性を引き出したい

・子どもの個性を伸ばしてあげたい

・子どもに自信をつけてあげたい

・子どものエネルギーを持て余している


日々の保育の中で、

子どもに声を掛ける場面が多々あるのではないでしょうか。


私たちは、どこかで

「言えば分る」「教えれば、できるようになる」

と思っている部分があるかもしれません。


しかし「教わる」と「出来る」には

大きな大きな溝があるのです。


その溝を埋めるのが、

「学びを自分のものにする」という段階です。


教えるだけではなく、やる気を“引き出す”こと。


子どもの「やる気にスイッチ!」を入れるのが

「コーチング」の役割です。


今月は、保育の場面で役立つ

「コーチング」の活用方法を学んでいきましょう。


<コーチング6つのアプローチ>

●“自分ごと”へと視点が変わる、質問
・気持ちを引き出す質問
・どうなりたいかを引き出す質問
・行動を起こさせる質問~アクション

●信頼感・安心感から勇気が生まれる、承認
相手のいいところ(できていること)を伝えることで
信頼感・安心感が生まれ、勇気につながる。

●相手に気づきが起こる、観察・フィードバック
様子・気持ちの変化・表情の変化を観察し、言語化すること。
無意識に発しているサインを受け止め伝えることで、
相手に気づきや変化が起こる。

●可能性を信じる
可能性を信じてくれる人の存在は、勇気づけになる。
⇒心を開き、一歩踏み出すきっかけに。
子どもの無限の可能性を信じて寄り添う存在に!

●リクエスト
要望や提案を“アイディア”として伝えるが、決めるのは本人。
自分が決めたことの結果は本人が引き受ける。

●自己管理
大人の側の思いやエゴをいかにフラットに保つか?
子どもの気持ちを尊重しながら寄り添うための感情との付き合い方

<プログラム>
1.保育の中でのさまざまな場面
 指導・ティーチング・模倣・コーチング
2.環境としての保育者
 ~共に創る側:大人の自覚
3.コーチングとは
 People are Naturally Creative, Resourceful and Whole
 (人はもともと創造力と才知にあふれ、欠けるところのない存在である) – CTI JAPANより-
4.コーチングスキル・事例の紹介と、ワーク体験
5.まとめ 振り返り
6.質疑応答

<講師プロフィール>
松原美里
YMS_oki1.jpg

Umehana Relations 代表 保育士
認定こども園エクレス 保育園部 元施設長(2011年4月~2016年3月)
米国認定プロフェッショナル・コーアクティブコーチ(CPCC)
保育園・児童養護施設を経て、
保育にはコミュニケーションが重要と痛感し、
2007年より保育士コミュニケーション講座を主催。
元AllAbout「育児の基礎知識」ガイド。
「子どものために、大人が輝く背中を見せる」がモットー。

<実施概要>
■日 時:2016年6月11日(土)17:30~20:30
※開場は15分前となります。
■受 講 料 :5,000円(税込)
(実践保育力検定取得者は1,000円引きになります)
■会 場 :あさか保育人材養成学校
アクセス :東京メトロ有楽町線 麹町駅6番出口 徒歩4分
JR市ヶ谷駅 徒歩4分
  http://hoikujinzai.com/blocks/index/00014
■お申込み :https://global-ssl05.jp/hoikujinzai.com/inquiry_logs/apply/00288
■みなさまからの質問、受付中!
https://ws.formzu.net/fgen/S38036339/
・現在 気になっていること
・現場で悩んでいること
・なんとなく聞けずにいること
~などなどありましたら、事前にこちらよりお寄せください。
講座の中でお応えさせていただきます。


<過去の参加者の感想>
・保育の中のありがちな場面を1つひとつ例を挙げて頂いて、
自分もその場面を思い浮かべながらお話を聞けたので
とても分かりやすく、吸収しやすかったです。

・子どもの気持ちに寄り添い承認することの大切さを感じました。

・経験を交えてお話下さり、とても共感できる部分があり、
話に入っていきやすかったです。

・自分の子どもへの目線のネガティブさをポジティブに
承認の大切さを実感して、了承してもらって母としてもうるうるきました!

・コーチングを子どもに特化して学べる事が
とても分かりやすく具体的にイメージできた。

・自分が子どもの仮になる事で子どもの気持ちを感じる事が出来ました。
ワークは学ぶことが多いです。

・気になる子の良い所を10個あげてみると
その子に対する思いが大きく変わった。
より大好きになった。

・実際に事例を紹介しやってみることによって
子どもの気持ち、大人の思いをより理解できた。

・コーチングについて整理ができた。
特にリクエストについては明日から行っていきたい。

・子供達一人ひとりの可能性はとても信じていても、
そこを上手く引き出してあげる言葉が出てこず、
もどかしい思いをした日々あります。
その言葉を引き出すヒントをたくさん得ることが出来ました。

・できた時に、ほめる時間をしっかりとっていたか、
自分に問う瞬間がありました。

・子どもの気持ちを受け止めると思っていても、
実際出来ていないんだなぁと今日の講座を受けて感じました。

・ワークをやって、実際に子ども側の気持ちに立ってみて
“あぁ、こんな気持ちだったんだ”
ということに気づくことが出来ました。

・「あれが出来ていないな」「こうして欲しいな」
という保護者の思いを優先しがちだったが。
子どもはどうしたいの?という子どもの気持ちに気付くことが大切ですね。

・自分のかかわりを見直すことができた。
そして明日への活力を得られたことがとてもよかった。

・子どもの感情にアクセスしていく事。
子どもを見て感情を言葉にして伝えていく事が大切ですね。

・保育の時につい感情的になってしまう事があり
どうすれば良いのかと思っていたので疑問が解けてよかった。

・保育の現場と、スポーツの現場の類似性と
子供は未就学でも小学生でも同じと感じた。

・子どものかたくなさはわかってくれなさである。
自分の気持ちを理解できないが誰より本人が知っている。

・子どもの可能性は無限大だと学びました。

・子どもと一緒にニコニコを目指す!
という環境を作っていきたいです。

・かかわりの中でイライラしてしまうことがあったら、
一度リセットしてまた子どもに寄り添ってみようと思いいます。

・良いところを見つけ、
子どもの気持ちに寄り添う保育をしていきたいと思います。

・メガネは、はずして保育します。

■なお、DVD参加を希望の方はこちらからお申し込みください。
http://hoikujinzai.com/blocks/index/00289#11


~皆様とご一緒できるのを、楽しみにしております。
スポンサーサイト
  1. 保育士コミュニケーション講座
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。
「子どものために、大人が輝く背中を見せる」をモットーに保育やコーチング・コミュニケーションを切り口に・講師・執筆・監修を通じて日本を元気にする活動をしております。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長の傍ら、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行っています。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中♪

【認定こども園エクレス】
 認定こども園、新制度へ移行しました!私は保育園部の施設長です。

【保育士コミュニケーション講座】
DVDの販売を行っています。お役立てください♪

【講演依頼・取材・お問い合わせ】
   ~Imfomation~
こちらからよろしくお願いします。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・コンサル・アドバイスは、こちらからどうぞ!

【梅花ブログの楽しみ方】   
 ~About Blog~

詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

人気記事ランキング

謳歌日記人気記事ランキングです!

こちらも合わせてお楽しみください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー