FC2ブログ

日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


まいにち帝王学:励まし、褒めて、指導する

保育法人さんの全体研修にて、

「ちがいから新たな未来を生み出すコミュニケーション研修」

を担当させていただきました。


質の高い保育、その大前提となるのが

保育にかかわる人と人との豊かなコミュニケーション。


一方で様々な立ち位置の人がかかわる

保育現場では、難しさも生まれてきます。


今回は「質の高い保育って何?」という問いから始まり、

多様性が生み出す豊かさという視点から、

「ちがいはおもしろい」

「自分でできる工夫・貢献を」

といったことを意図として
1. 質の高い保育が行われる環境
2. 園内の人間関係とは 
3. 人間関係を円滑にする4つのポイント

4. 園内の空気感を客観的に捉える
5. 保育は感情労働
6. まとめ

~といった流れで、

ワークで体感から得た気づきを中心に行う3時間に。

ワイワイとシェアが盛り上がる時間となりました。


この日の午後はなんと、大好きなさく子先生♥


~ということで、研修後そのまま参加させていただき、

お話に学ばせていただきました。


201905121.jpg

<印象に残ったさく子先生語録>


・時間のゆとりと心のゆとり、両方があるといい。
 ~そのためには、子どもの育ちを見るプロとしての保育士の目線と、手つなぎチーム

・指示命令よりも対話をしていけると創造につながる

・子どもに対しても、自分が人に言われて嫌なことはいわない。プロとして。

・0~5歳までの発達を据えて「~な姿が出てきています」と保護者と向き合うことが、子育ての支援にもつながる


・保育者のこだわりではなく、子どもに合わせて「環境構成をいかにデザインするか」


・子どもは今、何に困っているか?見極める確かな目を。
 ~目の前の子どもから学ぶ姿勢を!

・与える・動かす⇒子どもが選択できる環境へ

・怪我をしない保育~怪我をする子が出る。

・子どもたちはイタズラをしに来ている。子どもたちは計画を壊しに来ている。「今、そんな気持ち?」と切り替えるところから。

・6年間の放牧の先・・・自由な保育が、学級崩壊を招いている!?
 ~実際に子どもを信じてとことん必要な時期に必要な丁寧な保育を受けた子は、土台がしっかりしているため、困難も越えていける。(卒園児の小学校の運動会などに行っても、「生きる力」を確認している)

・高校性の授業・・・ゲーム脳。体験していない、団らんがない。家族間でも言葉でなくスマホでやり取り・・・幼少期、どう過ごしてきたか?今からでも子ども時代の忘れ物を取りに行ける(時間はかかるが、外に出て体験するところから!)

・現場の理想と現実(人がいない、忙しい)・・・現実を言い訳にしない。保育者が「やる」と決めることが、まず第一歩。実際に変わった事例がある。園目標・クラス目標を飾り目標にせず、日々の中で自分から保育の質につなげていく一歩を。


P.S その後談からの名言をこちらでもシェア。

・ブレない在り方のためには、もう一人の自分を目の前に置き、「本当に大切なことは?」と問うてみること。おのずと答えが見えてくる。

・「気になる子…」と10回唱えてみる。気になっているのは誰?あなたです。

・手つなぎチームを創るためには、個別の能力を見極めながら自分で気づき、ステップアップしていくための眼差し・支援も大切。


●素敵すぎるさく子先生のうめちゃんねるは、こちら!



これから研修登壇で発信が始まる時期に、

さく子先生の本質的な在り方のシャワーに刺激をいただくことができ、貴重な機会に感謝ですhttps://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/t68/1/16/1f495.png");">💕


素敵な影響をどんどん発信し、みなさんの気づきにつなげていきたいと思います。


まいにち帝王学は、こちら!

*****

励まし、褒めて、指導する


下に仕える者が、一所懸命に自分の職務を尽くすならば、

帝王たるものは励まし、褒めて、指導すべきである。

決して頭ごなしに抑えつけてはいけない。


抑えると、意気消沈し、それからは真心を尽くさなくなってしまう。


*****

こちらの言葉から、私が思い浮かべたのが
先日この世を去られた小出監督でした。

高橋尚子さんとのやり取りの中で、
決して鬼指導はせず、
「あとちょっと頑張ってみようかな」と思うような
声掛けをされていたそう。

だからこそあの笑顔、
だからこその、あの関係性なのでしょう。

名言集は、こちらにも紹介されています。

自分自身を振り返ってみても、
施設長としての部下にも
市民活動においても
管理をしている立場においても
後押しするようなかかわりをしているときは
牛歩ながらも前に進んでいきます。

人間ができていないもので、
たまにプチっと切れてしまうと
どんなに積み上げてきたものであっても、
一瞬で関係性は崩れていきます。

う~ん、やっぱり日々人間性を高めていくことが大切なのですね。
日々、精進。


スポンサーサイト
  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長を経て静岡県を中心に各地へ、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行いながら、保育コミュニケーション協会 代表をしております。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中

虹募集中認定ファシリテーター講師育成講座 4月スタート園内ファシリテーター育成講座 4月スタート (関東・関西)・保育コミュニケーション協会 オンラインサロン 担当

虹公開講座3月17日 発言しやすい会議の場を作るファシリテーション講座@西宮

4月13日 子どもと心が通う声かけ』&『気になる子への対応のポイント@東京

5月24日~5回講座 保育リーダーのための育成勉強会@静岡キラキラベルその他詳細はこちらをご覧ください


虹出張研修

3月 13日(長野)・14日(松本) 16日 秋田県 4月M園 園内研修・4月23日 栃木県・5月 島根県 ・6月東京都・徳島県    7月新潟県・藤枝市  9月府中市

10月 徳島県


TVうめちゃんねる

 ゲストとの対話を通じて保育・子どもへのまなざしなどお話しています。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・コンサル・アドバイスは、こちらからどうぞ!

【梅花ブログの楽しみ方】   
 ~About Blog~

詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

« 2019 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー