FC2ブログ

日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


まいにち帝王学:まずは片方の極みを目指す

この日は、仕組みづくりについて

愛子ちゃんに相談に乗ってもらう日でした。


「こうなったらいいな」ということがあって、

それを形にするには、どうしたらいいか・・・と考える中で

それをさまざまな視点からアイディアをもらえると視野が広がりますね!


こうやって人の力を貸してもらえばいいのか!!

~と腑に落ちた瞬間でした。


201907231.jpg

▲これ、沁みますよね!


まいにち帝王学は、こちら。


*****

まずは片方の極みを目指す


本来は中庸で、全ては良くも悪くもないというのが本意である。


だが、いきなりそのレベルで生きる事は難しく、

成長レベル合わせることも必要だ。

どうせ偏るのなら、

力量がつくまでの処世術として、

肯定的な側面から捉えると良いだろう。


まずは片方の極みを目指し、振り切ってしまえばよい。


*****


良くも悪くもない。

まずは片方の極みをーーー

なるほど。
私はマニアックにハマり、極端な性格なので
放っておくとマンガ喫茶に何日いても飽きません。

マンガを借りてくると、楽しくなって動けなくなります。

また、海にハマった時。
踊りにハマった時。
少林寺に集中していた時。
仕事にハマった時。
家族の時間を大切にしたいと感じた時。

~などなど、
その時その時で優先するものは変わってきますが
「ちょうどいい」距離を見つけるには、
不器用ながらに模索に徹する時期が必要な気がします。

働き方改革、というちょうど良さも、人によって違う気がしますし
そもそも仕事と趣味・生きる喜びの区別があいまいすぎて
中庸がどこなのか、目下模索中であります。

気が済むまでやってみて
ひとぞれぞれの「ちょうど良さ」を見つけて行きたいですね♪


スポンサーサイト



  1. まいにち帝王学
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長を経て静岡県を中心に各地へ、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行いながら、保育コミュニケーション協会 代表をしております。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中

虹募集中認定ファシリテーター講師育成講座 4月スタート園内ファシリテーター育成講座 4月スタート (関東・関西)・保育コミュニケーション協会 オンラインサロン 担当

虹公開講座3月17日 発言しやすい会議の場を作るファシリテーション講座@西宮

4月13日 子どもと心が通う声かけ』&『気になる子への対応のポイント@東京

5月24日~5回講座 保育リーダーのための育成勉強会@静岡キラキラベルその他詳細はこちらをご覧ください


虹出張研修

3月 13日(長野)・14日(松本) 16日 秋田県 4月M園 園内研修・4月23日 栃木県・5月 島根県 ・6月東京都・徳島県    7月新潟県・藤枝市  9月府中市

10月 徳島県


TVうめちゃんねる

 ゲストとの対話を通じて保育・子どもへのまなざしなどお話しています。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・コンサル・アドバイスは、こちらからどうぞ!

【梅花ブログの楽しみ方】   
 ~About Blog~

詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー