FC2ブログ

日々を愛しみつつ、感じたことを綴る日記です。子どもが夢を描ける未来のため、私たちが輝きましょう! 

松原美里の謳歌ブログ「大人が輝く背中を見せる」


まいにち帝王学:慣れるより緊張する方が良い

東京都キャリアアップ研修 マネジメント
11月の3日目が終わりました。

ここのところ、1日versionや
時間の区分けがいつもとちがう中での
場作りで筋トレをさせていただいていたので、
今日の「働きやすい職場作り」はじっくりと
グループディスカッションや語り合い・全体シェアに時間を掛けることができ、
気づきの深まる豊かな時間になりました。

201911271.jpg

「研修を通して、自分の仕事の道標がはっきりしました。」
「保育士の仕事の素晴らしさ・やりがいを再認識できました」
「本当に大切なことに気付かせてもらいました」
〜という嬉しい言葉も。

みなさんの人生の中の
大切な時間にかかわらせていただいたご縁に感謝です💐



まいにち帝王学は、こちら!

* * * * *

慣れるより緊張する方が良い

慣れを感じているのなら注意が必要だ。
慣れは怖い。自分を磨こうとしなくなるからだ。

慣れるよりは緊張に襲われているくらいの方が良い。
成長が止まっているときに慣れが生じる。

成長し続けているものは、挑戦の連続であり、
に緊張の中に身を置くことになるのだ。

* * * * *

慣れたような気持になったころ・・・
大体、何か事件が起こります。

自分のミスだったり、
知らずに人を傷つけてしまったり、
大きな忘れて物をしてしまったり・・・。

そういった状況のことを、
かつてお会いした人は
「調子に乗るな、というサインだよ」と教えてくれました。
本当にそうだな~。。

最近は、慣れてきたら、
さらに何か切り込めることがあるのではないか?
何か怠惰になっているところはないか?と
自分に問いかけるようにしています。

そうすると、見てみないふりをしていた課題が
山積みであったことに気が付くのです。

慣れたなんて、思い上がり。
今の状況の中で、最低限のレベル感がどうにかクリアできる余裕ができただけ。

そんなことに気が付き始めてから、
思いがけずどんどんと次なる課題をいただけるようになってきました。
願ったり、叶ったり?

呼吸が浅くなりがちなので、
日々深呼吸して、目の前の日常に感謝していきたいですね。
スポンサーサイト



  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ウメハナリレーションズ代表 松原美里 

Author:ウメハナリレーションズ代表 松原美里 



こんにちは!松原美里です。

横浜女子短大 保育科を卒業。保育士資格・幼稚園教諭二種免許取得。横浜市の保育園~川崎市の児童養護施設にて保育に携わる中で子どもを支える大人のサポートの必要性を感じ、コーチングの道へ。2009年に米国認定コーアクティブコーチ資格取得。All About「育児の基礎知識」元ガイド。現在はエクレス子どもの家保育園 施設長を経て静岡県を中心に各地へ、コーチング・研修講師として保育士・子育て支援講座、監修等を行いながら、保育コミュニケーション協会 代表をしております。
こちらのブログでは、日々の活動の様子や、仲間との「人生を謳歌する毎日」をお届けしています。

【Umehana Relations HP】
 依頼をいただいて、全国にて講座展開中

虹募集中認定ファシリテーター講師育成講座 4月スタート園内ファシリテーター育成講座 4月スタート (関東・関西)・保育コミュニケーション協会 オンラインサロン 担当

虹公開講座

12月8日「意見を出しやすい会議のポイント 会議ファシリテーション

1月19日「保育はたら方カフェ~変化する保育とその葛藤

キラキラベルその他詳細はこちらをご覧ください


TVうめちゃんねる

 ゲストとの対話を通じて保育・子どもへのまなざしなどお話しています。

【松原美里へのご相談】
単発/継続セッション・研修依頼は、こちらからどうぞ!
【梅花ブログの楽しみ方】 ~About Blog~
詳細、こちらをご参照ください。

【日常に宝石のご褒美を】
matubaralabel.jpg 
Misato Matsubara

バナーを作成

☆  梅花 の 本棚  ☆

梅花が読んだ本の覚書です。

FC2カウンター

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー